みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ハゲる前兆ってあるの?早めの対策で薄毛は予防できる

f:id:m-danjyo:20170929204812j:plain

ハゲる前兆をチェック!薄毛は早めの対策が大事

 

いつ、どのようなハゲる前兆があらわれるのか、ハラハラしている人もいるのではないでしょうか?

 

ハゲる前兆は、「頭皮」「髪の毛」の状態によってチェックすることができます。

薄毛を予防するためには、ハゲる前兆があらわれた段階で対策する必要があります。

 

早めの対策が、あなたを薄毛から守ってくれるかもしれませんよ。

 

頭皮の状態でハゲる前兆をチェックする方法

頭皮の状態から、ハゲる前兆をチェックしてみましょう。

 

頭皮が赤く、ヒリヒリすることもある

頭皮が赤く、ヒリヒリ痛い場合には、ハゲる前兆だと考えられます。この状態だと、すでに抜け毛を増えていることが多いでしょう。

また黄色くなっているのは、赤くなる前の段階だと考えられます。

 

では、どのような状態が正常な頭皮なのでしょうか。それは、「白い頭皮」なら健康な証拠です。白より赤のほうが血行は良さそうなイメージがありますが、赤いということは、炎症を起こしている状態なのです。

 

頭皮が硬くて、マッサージしても動かない

頭皮が硬いと、ハゲる前兆であると考えられます。頭皮を触ってみてください。マッサージした時に、頭皮が動きますか? 動くなら、まだ間に合います。

とくに頭頂部が硬くなりやすいと言われていますので、硬い部分を中心に頭皮マッサージをしてみましょう。

 

頭皮が柔らかくて、弾力がない

頭皮が硬いのがハゲる前兆なら、柔らかければ良いのか? と思いますよね。でも、頭皮が柔らかすぎるのも良くないと言われています。

では、どのような状態がベストなのか? それは弾力のある頭皮です。押した時に、ゴムのような弾力を感じるのがベストです。

 

髪・毛根の状態でハゲる前兆をチェックする方法

髪の毛と毛根の状態から、ハゲる前兆をチェックしてみましょう。

 

髪質が以前よりも細く、柔らかくなった

髪質が以前よりも、細く柔らかくなったと感じたら、それはハゲる前兆と考えられます。寝ぐせができにくくなるとも言われています。最近は、朝の準備がカンタンだと感じていませんか?

 

嬉しいことだと思っていたら、実はそれがハゲる前兆である場合もあります。髪が細くて柔らかいということは、髪の毛が充分に成長する前の段階ということです。

これが何を表すのかというと、成長している髪が少ないということは、抜けるまでのサイクルが早くなっているということ。つまり髪が成長する前に抜けてしまい、髪の量が減っていくことを表しているのです。

 

髪がパサパサに乾燥している・ベトベトして脂っぽい

髪がパサパサに乾燥している場合には、頭皮も乾燥していると考えられます。それは頭皮に潤いが足りず、肌荒れしている状態です。

また逆に、髪がベトベトして脂っぽい場合には、頭皮もベタついていると考えられます。それは皮脂の分泌が過剰になっている状態です。

 

頭皮の皮脂が多くなるということは、「乾燥」が原因の場合も多いです。頭皮の皮脂が多くなると、毛穴をつまらせ抜け毛の原因になります。毛穴がつまると、髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまうのです。

 

抜け毛の量があきらかに増えた

正常な人で、1日80~100本くらいの抜け毛があると言われています。これは毛周期が完結して、役目を終えた抜け毛の正常な量です。

しかしハゲる前兆がある場合には、抜け毛の量が200~300本以上になることもあります。これは成長途中の髪の毛まで抜けてしまうことを意味しています。

 

つまり以前よりも、あきらかに増えた場合にはハゲる前兆と言えます。2~3倍に増えるわけですから、だいたい感覚でわかるはずです。

 

抜け毛の毛根が小さい・白くない

抜け毛をチェックしてみてください。毛根が小さくありませんか?

ハゲる前兆として考えられるのは、毛根がない・もしくは毛根が小さいことです。これは、栄養が髪の毛に充分供給できていないことを表しています。

 

また毛根が白い場合には、正常だと考えられます。しかし毛根が黒い場合には、髪の毛への色素が供給されている段階で抜けたと考えられます。

つまり、まだ抜ける時期ではない髪が抜けたことを意味します。これはハゲる前兆と言えるでしょう。

 

ハゲる前兆を感じたら、どうやって薄毛予防するの?

ハゲる前兆を見つけたら、早めに対処することで薄毛を予防することができます。

 

タバコとアルコールを控えめにする

抜け毛を予防するには、タバコとアルコールを控えめにすることです。タバコは頭皮の血行不良を引き起こすので、抜け毛を助長していることに繋がります。

 

またアルコールを解毒する段階で、抜け毛を防ぐ栄養を消費してしまうと言われています。さらにアルコールを摂取すると、抜け毛の原因になる「ジヒドロテストステロン」の分泌量が増えると言われています。

 

栄養バランスの良い食生活をする

薄毛を予防するためには、栄養バランスの良い食生活をすることが大切です。抜け毛を予防する栄養はいくつかありますが、いちばん大切なのが「栄養バランス」です。

つまり何でも食べましょうということですね。薄毛予防をするには、体が健康でないといけません。健康を保つためにも、栄養バランスの良い食事が必要なのです。

 

睡眠の「質」と「時間」をしっかりと確保する

抜け毛予防には、「良質な睡眠」と「充分な睡眠時間」が必要です。このような睡眠を確保できなければ、薄毛予防を完全にコンプリートすることはできません。

 

また、先ほども言ったように、体が健康でなければ薄毛予防はできません。そのため、睡眠で「疲労回復」と「ストレス解消」をおこなう必要もあります。

質の良い睡眠がとれれば、寝ている間に成長ホルモンが分泌され、体の修復や頭皮の皮脂量の調整などもおこなってくれます。

 

適度な運動で「血行促進」「新陳代謝」をうながす

適度な運動をすることで、薄毛予防をすることが可能です。適度な運動というところがポイントで、ハードな運動では逆効果になる場合もあります。適度な運動とは、有酸素運動のようなことで、血行を促進して、新陳代謝をうながす作用があります。

 

新陳代謝とは、痩せやすい体質のことだけでなく、皮膚の生まれ変わりも含まれます。つまりターンオーバーが正常でなければいけないということ。顔と同じように、頭皮もターンオーバーをしているんですよ。

 

頭皮マッサージは薄毛予防に不可欠

薄毛予防をするなら、頭皮マッサージは絶対に欠かせません。1日の生活の中で、頭皮マッサージをする時間を確保しましょう。

頭皮マッサージをするタイミングは「入浴中」「入浴後」「洗髪後のドライ前」などが効果的です。血行が良くなっている状態の時にマッサージすると、効果が倍増になります。

 

頭皮マッサージで頭皮の血行を良くし、髪の毛の成長を助けましょう。それが薄毛予防に大切な要素です。とくに頭皮の硬い部分を重点的にマッサージしてくださいね。

 

育毛剤は早めに使うのがベストタイミング

頭皮マッサージをするなら、育毛剤を使うと相乗効果で、より薄毛予防に役立ちます。まだハゲてないのに、育毛剤を使うことには抵抗があるかもしれません。でもまだそれほどハゲてないからこそ、育毛剤の効果が最大限に発揮されるんです。

 

育毛剤を使って頭皮マッサージをするなら、「洗髪後のドライ前」か「乾かした後」でも良いでしょう。頭皮にしっかりと栄養を行き届かせることで、髪の毛の成長を助けてくれます。そして抜け毛を予防するのです。

 

早めの薄毛対策が、あなたの髪を救う

ハゲる前兆をチェックする方法をご紹介しました。

早めの薄毛対策が、将来のあなたの髪の毛を救うのです。

 

少しでも前兆があらわれたら、生活習慣を改善して、薄毛対策をしてみましょう。また育毛剤がもっとも効果的なのは、前兆があらわれた段階です。今こそ育毛剤を使うベストタイミングかもしれません。

 

この時期を見逃さないように、自分の髪のことを本気で考えてあげましょう。あなたの髪を救えるのは、あなたしかいないのです。