みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

脚やせダイエットならチューブトレーニング|引きしめ効果で美脚を手に入れる

f:id:m-danjyo:20171002171045j:plain

チューブトレーニングで脚やせ効果【インナーマッスル】

 

ゴムチューブの抵抗を利用してインナーマッスルを鍛える「チューブトレーニング」。

上手に使いこなせれば、脚やせ効果が期待できます。

 

筋トレにちかいエクササイズをしますが、チューブトレーニングの良いところは、それほどツラくないこと。

アウターマッスルを鍛えるわけではないので、筋肉の限界に挑戦する必要はありません。

 

では、脚やせのためのチューブトレーニングをご紹介しましょう。

 

チューブトレーニングで脚やせできる理由

チューブトレーニングで脚やせできる理由をご紹介していきます。チューブトレーニングには、意外なダイエット効果があるんですよ。

 

インナーマッスルを鍛えて引き締められる

チューブトレーニングで脚やせできる理由は、インナーマッスルを鍛えられるからです。インナーマッスルとは、カラダの骨や関節の近くにある内側の筋肉のこと。これに対してアウターマッスルとは、目で見えるムキムキになる外側の筋肉のことです。

 

インナーマッスルを鍛えると、ムキムキにならず、カラダを引き締めることができるのがメリットです。そのため脚を引き締めて、美脚効果も得られるんですね。

 

骨盤矯正の効果もあり、下半身痩せができる

チューブトレーニングは、歪んだ骨盤を矯正する効果も期待できます。骨盤の歪みが改善されると、血行が良くなり代謝がアップすると言われています。

また血行が良くなることで、むくみも解消されると考えられます。下半身太りが気になる人は、もしかしたらむくみが原因かもしれませんね。

 

下半身を鍛えると代謝がアップする

脚やせ効果のあるチューブトレーニングをすると、下半身を重点的に鍛えられます。下半身には大きな筋肉があるので、全身の代謝がアップすることができるのです。

つまり脚やせチューブトレーニングをすると、ダイエット効果がアップするというわけです。全身が痩せて、脚は引き締まるというWの効果が期待できるんですね。

 

脚やせ効果のためのチューブトレーニング方法

脚やせ効果のためのチューブトレーニングの方法をご紹介しましょう。どれも簡単で、それほどツラくありません。だからこそ、美脚効果が得られるんですよ。

 

ゴムチューブで足パカダイエット

「足パカ」とは、仰向けに寝て、足をパカパカと開いたり閉じたりする体操のこと。

この体操にゴムチューブを取り入れると、さらに脚やせ効果が期待できます。

 

使用するゴムチューブ

  • 結んで輪っかを作ったゴムチューブ
  • 輪っか状のゴムチューブ
  • 八の字になっているゴムチューブ

 

  1. 仰向けに寝て、両足にゴムチューブを引っかけます。
  2. 足を上に伸ばし、そこから開いたり、閉じたりを繰り返します。
  3. 10回を3セットやってみましょう。

足を閉じる時は、ゴムチューブの反動にまかせず、ゆっくりと抵抗するように戻しましょう。

 

座ったままできるチューブトレーニング

座ったまま脚やせできるチューブトレーニングも、足パカと同じゴムチューブを使います。座ったままなら、テレビを観ながらできますね。

デスクワークなら、こっそり仕事中もできちゃうかも。

 

  1. イスに座った状態で、両足にゴムチューブを引っかけます。
  2. 膝を開いたり、閉じたりを繰り返します。
  3. 10回を3セットやってみましょう。

 

ヒップアップ効果もあるチューブトレーニング

ヒップアップ効果もあるチューブトレーニングに使用するのは、長めのゴムチューブが良いでしょう。またはグリップ付きのゴムチューブでもできます。

 

  1. 床に四つん這いになります。
  2. 両足の足首か、靴の部分にゴムチューブを引っかけます。
  3. 片足ずつ斜め上に押し上げましょう。
  4. 片足10回ずつ、3セットやります。

 

お尻と、ももの後ろ側に負荷がかかっているのを感じながらやりましょう。

 

内もも痩せができるチューブトレーニング

内もも痩せができるチューブトレーニングは、立った状態でおこないます。

 

使用するゴムチューブ

  • 輪っか状のゴムチューブ
  • グリップ付きのゴムチューブ
  • 長さ調節ができるゴムチューブ

 

  1. 立った状態で、足首にゴムチューブを引っかけます。どこかにゴムチューブをくくっても良いですし、両足首にゴムチューブを引っかけても良いです。
  2. ゴムチューブを引っかけてある足を、内側に引っ張ります。
  3. 片足10回ずつ、3セットやってみましょう。

 

内ももに負荷がかかっているのを感じてみましょう。

 

これら全てのチューブトレーニングを、一気にやる必要はありません。1日1種類ずつでも良いですし、同じチューブトレーニングを毎日やっても良いでしょう。

足のどの部分に効かせたいのか、それに合ったチューブトレーニングを選んでくださいね。

 

脚やせ効果のあるチューブトレーニングのコツ

脚やせ効果のためのチューブトレーニングは、ちょっとしたコツがあります。コツを把握しているだけで、効率的にダイエットができますよ。

 

ゴムチューブに抵抗するように、ゆっくり動かす

効率よく脚やせ効果を発揮させるには、ゴムチューブに抵抗する感じで、ゆっくりと動かすことです。一気に負荷をかけると、インナーマッスルを鍛えることができなくなります。行きも帰りも、ゆっくりじっくり動かしましょう。

 

やり過ぎるとアウターマッスルがつくこともある

チューブトレーニングで一気に負荷をかけ過ぎたり、ハード過ぎるくらいやってしまうと、インナーマッスルではなくアウターマッスルを鍛えてしまう場合があります。

 

アウターマッスルを鍛えると、筋肉が大きくなる可能性があります。引き締め効果を狙うなら、適度な回数にとどめておくと良いでしょう。

 

呼吸をしっかりしながらやると、代謝もアップする

チューブトレーニングで効率的にダイエットするなら、呼吸を止めないことです。呼吸が止まるくらいハードなエクササイズは、アウターマッスルを鍛えてしまう可能性があります。

 

呼吸ができるくらいの負荷でチューブトレーニングをすると、有酸素運動の効果も期待できます。そのため脚やせだけでなく、全身の代謝がアップすると考えられます。

 

意外と簡単なチューブトレーニングで美脚効果

チューブトレーニングで脚やせする方法をご紹介しました。

チューブトレーニングというと、何となくツラそうなイメージがありますよね。でも、意外と簡単なんです。

 

毎日簡単なトレーニングをするだけで、美脚効果が得られるのは嬉しいですね。

ゴムチューブを1つ持っていると、暇な時にトレーニングできて便利ですよ。