みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

脚やせストレッチでマッサージ効果もアップ|スラっとした美脚を目指そう

f:id:m-danjyo:20171004143403j:plain

脚やせストレッチでマッサージ効果アップ

足を細くしたいけど、筋トレとかエクササイズはイヤだなぁ……って思う人は多いのではないでしょうか?

でも大丈夫!

ストレッチだけでも、脚やせ効果が期待できるんです。

 

足を細くするためには、「マッサージ」「エクササイズ」「ストレッチ」が効果的なんですが、エクササイズなしでも徐々に細くすることは可能です。

 

しかもマッサージと併用することで、脚やせ効果がグ~ンとアップしちゃうんです。

ストレッチはハードな運動ではありませんので、リラックスしながらできます。そんな簡単で楽チンな脚やせストレッチの方法をご紹介していきますね。

 

脚やせストレッチが効果的な理由

脚やせストレッチで脚が細くなる理由をご紹介します。なぜストレッチだけで脚やせ効果があるのでしょうか。

 

ふだん伸ばさない場所を伸ばして滞りをなくす

脚やせストレッチをすると、血液やリンパの滞りをなくすことができます。だから脚を細くすることができるんですね。

ふだんの生活で中々うごかさない場所というのは、ズバリ「股関節」です。脚の付け根のことです。

 

股関節って前に曲げることはあっても、後ろに伸ばすことってありませんよね。しかも限界まで伸ばす動作は、まずないはずです。

だから血行やリンパが滞りやすい場所なんです。そこを意識してストレッチしてあげることで、脚やせ効果が期待できます。

 

脂肪が燃焼しやすくなる

ストレッチで脚が細くなる理由は、伸ばすことで血行が良くなるからです。そもそも血行が悪いことが原因で、脂肪がたまりやすくなります。血行が良い場所に、脂肪がたまることはないんです。

 

脂肪がついている場所をストレッチすることで、脂肪が燃焼しやすくなるんですね。またストレッチは、適度に筋力をアップすることもできるため、代謝がアップするんです。

 

血行促進で、むくみや冷え性が改善する

脚やせストレッチで脚が細くなる理由は、血行が促進されることで、むくみや冷え性が改善するからです。そもそも脚がむくむ理由は、体が冷えることにより、血行が悪くなることが原因なんです。

 

その根本的な原因を解消することで、脚を太くしている「むくみ」を改善することができるんですね。冷え性やむくみは代謝も低下させるので、より脚が太くなりやすくなります。ストレッチでそれを阻止しましょう。

 

筋肉疲労や血行不良を予防できる

脚やせストレッチをするだけで脚が細くなる理由は、血行不良を予防することもできるからです。血行不良を予防できれば、筋肉疲労や筋肉痛を予防することもできます。

 

運動後にストレッチをすると、疲労物質が排出されやすくなるんです。そのため筋肉が硬くなってしまうのを防ぐこともできます。つまり筋肉太りが原因で脚が太くなるのを防ぐことができるというわけです。

 

脚やせストレッチのコツ

では、脚やせストレッチを効率的におこなうためのコツをご紹介しましょう。ストレッチ自体はとっても簡単なので、ぜひちょっとしたコツを見逃さないでくださいね。

 

脚やせマッサージの前にやると効果アップ

脚やせストレッチのコツは、脚やせマッサージの前にやることです。マッサージの前にストレッチで血行を良くしておくと、マッサージの効果が劇的にアップします。運動にたとえると、ストレッチがウォーミングアップのような役割です。

またはストレッチで助走をつけて、マッサージで高くジャンプするようなイメージです。「ストレッチ」と「マッサージ」はセットでやることが大事だと、おわかり頂けますか?

 

お風呂上がりにやると効果的

脚やせストレッチを効果的にやるなら、お風呂上がりがベストタイミングです。お風呂上がりにまずストレッチをして、その後に脚やせマッサージをやりましょう。

 

ちなみにお風呂上がりに水分補給をしてから、ストレッチやマッサージをしてくださいね。お風呂上がりは体内の水分が減っているので、水分補給をしないと血液が流れにくくなります。せっかく体が温まって血行が良くなる準備ができているのに、もったいないですよ。水分補給を忘れずに。

 

ストレス解消も兼ねてリラックスしながらやる

脚やせストレッチをするなら、リラックスした状態でやりましょう。ストレスがたまっていると、血行が悪くなりやすいんです。イライラした時に、手が冷たくなったのを感じたことはありませんか?

それがまさに、血行が悪くなっている証拠です。

 

疲労困憊(こんぱい)の時も、血行が悪くなりがち。だからリラックスしてストレッチすることで、脚やせ効果を高めることができるんです。

 

脚やせストレッチの方法

ではいよいよ脚やせストレッチの方法をご紹介します。本当にカンタンなストレッチですから、毎日でもできますよ。

 

前屈ストレッチで筋肉太りを改善する

f:id:m-danjyo:20171004172250j:plain

前屈ストレッチは、とってもオーソドックスな柔軟体操ですね。ふくらはぎや太ももの後ろなどをしっかりと伸ばすことができます。

運動をして筋肉が硬くなるのは、ふくらはぎや太ももの血行が悪くなってしまうことが原因です。しっかりと運動後に伸ばしてあげることで、筋肉太りを予防することができます。

 

やり方は、説明不要ですよね。足を伸ばして床に座り、上体を前に倒します。10秒くらいキープすると良いでしょう。その後は、運動で使った筋肉をしっかりと、マッサージで揉みほぐしてくださいね。

 

股関節ストレッチで滞りを改善する

股関節をストレッチすることで、劇的に下半身の血行が良くなります。とくに女性の場合には、骨盤の歪みなどによって下半身の血行が滞っていることが多いんです。

脚が太くなる原因も、股関節の滞りが直接的な原因かもしれませんよ。

f:id:m-danjyo:20171004172309j:plain

  1. 床に座り、両足の足裏同士をくっつけます。
  2. 膝はなるべく床に近づけるようにして、股関節を開きましょう。
  3. そのまま上体を前に倒していきます。
  4. できれば顔を床につけるまでストレッチします。
  5. そのまま10秒くらいキープします。

 

f:id:m-danjyo:20171004172328j:plain

  1. 床に座り、右足の膝を曲げます。
  2. 左足は後ろに伸ばします。このまま10秒くらいキープします。
  3. この体勢がツライ場合には、右足で立ち、手を床につきながら左足を後ろに引いて、限界まで股関節を伸ばしましょう。
  4. 反対の足も同じようにやりましょう。

 

開脚ストレッチで全身の巡りを良くする

f:id:m-danjyo:20171004172417j:plain

開脚ストレッチは、股関節の柔軟性を高め、筋肉も柔らかくほぐします。そのため全身の血液やリンパの巡りが良くなるんですね。

 

下半身の血行が良くなるのはもちろんのこと、全身の血行が良くなるんです。つまり代謝がアップするということ。ダイエット効果もアップして、脚も細くなりやすくなります。

 

開脚ストレッチの方法なら、こちらもオススメ!

開脚ストレッチで下半身痩せ|疲れ・腰痛解消にも効果が!

 

足首グルグル体操だけでも効果的

足首も普段はあまり動かさない場所ですよね。歩いている時に動かしていますが、その可動域は限られています。でも足首って、意外と可動域が広いですよね。

だからリンパや血行が滞りやすい場所なんです。脚がむくんでいる人は、とくに足首がつまっているはずですよ。

 

  1. イスに座って、両足を床から少し上げます。
  2. 膝を伸ばした状態で、足首を立てて、つま先を上に向けます。
  3. 次に足首を伸ばして、足の甲を伸ばします。
  4. これを10回くらい繰り返しましょう。

 

  1. 1までは上と同じです。
  2. 膝を伸ばした状態で、足首をグルグルと回しましょう。
  3. 右回しと左回しをそれぞれ10回くらい繰り返します。

 

脚やせストレッチならヨガもおすすめ!

脚やせストレッチの方法とコツをご紹介しました。どれも簡単で、楽チンな体操でしたよね。継続的にストレッチをやることで、少しずつ体の柔軟性も高くなってきます。そこまでいけば、全身の巡りが良くなった証拠です。

 

全身の血行が良くなれば、脚のむくみがなくなり、筋肉が硬くなることもなく、脂肪がたまってしまうこともなくなります。おわかりですか? なんと、すべての脚太りの原因が解消されるんです。スゴイですよね。

 

血行を良くするためには、リラックスしながらストレッチするのが効果的です。そのため「ヨガ」なんかもオススメですよ。