みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

おでんダイエットは成功しやすい|失敗のポイントとコンビニおでんで選ぶ具材

f:id:m-danjyo:20171006144500j:plain

おでんダイエットが成功しやすい理由

本当におでんでダイエットできるの?

そう思っている人もいるかもしれません。

 

おでんダイエットは、続けやすくて成功しやすいんです。

 

年末が近づいてくると外食が増えますよね。

そんな時は、夜のお付き合いも増えるでしょう。そこで活躍してくれるのが「コンビニおでん」です。

 

夕食が飲み会の日は、昼食をおでんにしてコントロールしやすいんです。しかも居酒屋でもおでんを注文できるところもあるでしょう。

だから気軽に続けられるのが、成功のポイントです。

 

自宅で食べる時でも、おでんは作り置きができるので、朝食をおでんにすることも簡単です。そんなおでんには、他にもダイエット効果があるんです。

 

おでんダイエットが成功しやすい理由とは?

おでんダイエットが成功しやすい理由を、くわしく解説していきますね。ダイエットで陥りやすい失敗を、見事にクリアできるポイントです。

 

突発的な予定に対応できる

おでんダイエットが成功しやすい理由は、突発的な予定にも対応できることです。

ダイエット中って、突発的に飲み会や食事会の予定が入ると、どうしても及び腰になってしまいますよね。そうなると付き合いが悪いと思われて、人間関係にヒビが入りかねません。

 

でも、おでんダイエットならその心配がないんです。夕食で外食の予定が入れば、急きょ昼食をおでんにすることも可能です。寒い時期なら、コンビニに必ずおでんがありますからね。便利な世の中です。

 

自宅で作り置きできる

おでんダイエットが成功しやすい理由は、作り置きができること。

仕事で疲れて帰って来てから、夕食を作るのって本当に面倒ですよね。でも作り置きをしておけば、温めるだけで簡単に食べられます。

 

休日に作っておいて、平日はそれを温めて食べると良いでしょう。こんな続けやすさが、ダイエット成功のポイントです。

 

手軽にコンビニで買える

「自宅でおでんを作るのは面倒」という人には、コンビニで手軽に買えるのが成功しやすいポイントです。ダイエットって、続けたくても作るのが面倒だと挫折しやすいんですよね。

 

でもおでんダイエットなら、「最悪コンビニで買えばいいや」と思えるので楽チンです。ちょっとしたことですが、これが続けやすさの大きな理由なんですよ。

 

おでんダイエットの効果は?

おでんダイエットには、どのような痩せる効果があるのでしょうか。上手に食べれば、痩せやすい食べ物なんですね。

 

体がポカポカに温まる

おでんダイエットの効果は、体がポカポカに温まることです。冬は体温が低下して、代謝が落ちると言われています。でも、おでんを食べて体が温まれば、血行が良くなり代謝もアップします。

単純なことですが、大事なダイエットのポイントです。

 

食物繊維が豊富に含まれている

おでんダイエットの具材には、食物繊維が含まれている物が多いです。「ごぼう」や「大根」などの根菜類、「こんにゃく」などには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

 

また「こんぶ」などの海藻類にも水溶性食物繊維が含まれています。食物繊維はコレステロールを排出したり、便秘解消の効果があるのでダイエットに最適です。

また満腹感も得られるので、無理なくダイエットが進められますね。

 

低カロリーの具材を選べば効率的

おでんの具材の中には、高カロリーの物もあります。なるべく低カロリーな具材を選んで食べることで、ダイエット効果がアップします。

どんな具材がダイエット向きなのか、後ほどご紹介しますね。

 

おでんダイエットのやり方

おでんダイエットのやり方をご紹介しましょう。特別むずかしいやり方ではありませんので、ご安心を。

 

1日1食をおでんにする

もともと朝食を食べていない人は、1日1食をおでんにすると良いでしょう。1日3食しっかり食べている人は、2食をおでんにしても良いでしょう。

 

おでんを主食にすることで、大幅なカロリーダウンを狙います。美味しく食べてダイエットできるなら、それほど嬉しいことはありませんよね。

 

おでん以外の食事で栄養バランスを

おでんダイエットのやり方は、おでんだけを食べるわけではありません。栄養バランスを考えて、ほかの物も食べましょう。

ただし主食をおでんにして、ご飯はなるべく食べないほうが良いでしょう。おでんの具材の中にも、炭水化物が含まれている物があります。

 

5品目くらいを良く噛んで食べる

おでんダイエットでは、食べ過ぎたら意味がありません。具材は5品目くらいにして、よく噛んで食べましょう。

食物繊維が豊富な具材は、よく噛むことで満腹感がより高まります。食事の最初に食べることで、食べ過ぎを防止することもできますね。

 

おでんダイエットで選ぶべき具材とは?

おでんダイエットで選ぶべき具材をご紹介します。好きな具材が入っていると良いですが、どうしても食べたい物があるなら、少なめにすると良いでしょう。

 

  • こんにゃく
  • しらたき
  • こんぶ
  • 大根
  • たまご

 

こんにゃくは、言わずと知れた低カロリー食材ですよね。でも、それだけでは栄養が足りません。こんぶや大根で便秘も解消しやすくなります。

またダイエット中はタンパク質も必要なので、たまごは外せません。でも1個にとどめましょう。

 

おでんダイエットで失敗しやすいポイント

おでんダイエットで失敗した人もいます。その失敗ポイントは、どこだったのでしょうか。

 

汁には塩分と添加物がたっぷり

おでんダイエットで失敗しやすいポイントは、「汁を飲んでいる」ことです。

おでんの汁には、「塩分」と「添加物」がたっぷりと入っています。これは、むくみの原因になりますね。

 

体がむくむと代謝が低下して、脂肪がたまりやすくなります。これでは、せっかくおでんを食べても意味がありません。汁は飲まないように気をつけましょう。

 

甘味噌はつけない

おでんにも色々あり、「玉こんにゃく」や「味噌田楽」もおでんの一種と言えるでしょうか。こんにゃくには味噌が良く合いますよね。でも甘味噌は、けっこう高カロリーなのでオススメできません。

 

とはいえ発酵食品なので、悪いわけでもないんですね。ただ毎回というわけにはいきません。たまに飽きた時に食べる分には良いでしょう。何しろこんにゃくは低カロリーですからね。

 

高カロリーの具材を食べ過ぎない

いくらおでんダイエットを継続しても、高カロリーの具材ばかりでは、当然やせられません。「もち巾着」「ちくわぶ」「さつま揚げ」などは確かに美味しいんですが、そればかり食べたら太ります。

 

高カロリーの具材は1つだけに決めるとか、最後に食べるとか、何か工夫をして食べると良いでしょう。おでんダイエットで失敗するのは、食べ方に問題があることがほとんどです。

 

おでんダイエットは続けやすさが魅力

おでんダイエットで成功しやすい理由と、失敗ポイントをご紹介しました。

何といっても続けやすさが一番の魅力と言えるでしょう。

 

ダイエットは続けないと意味がありません。外食のたびに「今日はいっか」では、なかなか成功できないですよね。

でも、おでんダイエットは突発的な予定に対応できるので、頑張って続けてみてくださいね。