みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

下半身太りは子宮冷えが原因|子宮冷え取りエクササイズで生理痛も改善できる

f:id:m-danjyo:20171020154543j:plain

子宮冷えを改善して、下半身痩せと女性ホルモン活性化

子宮冷えって何?

と思っている人も多いと思います。それが下半身太りに関係あると言われたら、やっぱり気になりますよね。

 

簡単に説明すると、子宮周りの血行が悪くなることで、子宮が冷えてしまうことを「子宮冷え」と言います。

血行は熱を運ぶ役割もあり、子宮周りの血行が悪くなると、熱が運ばれずに冷えてしまうんです。

 

子宮冷えは下半身太りの原因になるだけでなく、生理痛がひどくなることもあるんだとか。これは早めに改善しないといけませんね。

 

子宮冷えは、他にも女性のカラダに悪影響を及ぼします。

これから子宮冷えを解消する簡単なエクササイズと、生活習慣をご紹介しましょう。

 

「子宮冷え」とは? 引き起こされる症状

「子宮冷え」とは、医学的な見解ではないようですが、現代の女性に多い症状の1つです。子宮が冷えると、どんな不調が引き起こされるのでしょうか?

 

生理痛がひどくなる

生理痛がひどいと、仕事をするのもツラいですよね。

生理痛がひどくなる原因は色々考えられますが、子宮冷えも原因の1つです。子宮の周辺の血行が悪くなることで、子宮の機能が低下してしまうんです。

 

子宮筋腫など女性特有の病気になりやすい

子宮冷えによる症状は、女性特有の病気になりやすいということです。

とくに子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮の病気のリスクが高くなります。女性ホルモンのバランスも崩れやすくなり、さまざまな不調を引き起こす恐れがあるでしょう。

 

不妊症・不育症になる

子宮冷えになると、不妊症になる恐れもあります。女性は妊娠したい時に、いつでも妊娠できると思っている人も多いんです。でも実は不妊症だったという場合も多いんですよ。

 

また妊娠はするのに、流産や死産をくり返す人もいます。これを不育症と言います。とくに定義は決まっていないようですが、ワタシもおそらく不育症だったんだと思います。

一般的には、流産や死産を2回以上連続でくり返す場合は、不育症の可能性があります。妊娠初期に起きる場合に限ります。

 

下半身太りになる

子宮が冷えることと下半身太りは、一見関係ないように感じますよね。でも、かなり関係しているみたいです。子宮が冷えるということは、子宮の周辺の血行が悪くなっている証拠です。

 

子宮の血行が悪くなると、下半身への血流がとどこおってしまうんですね。そのため下半身がむくんだり、下半身太りになったりするんです。

 

あなたは大丈夫? 子宮冷えチェック

では子宮が冷えているかどうか、どのように確認すれば良いのでしょうか? あなたも子宮冷えチェックをしてみてください。

 

お尻を触ると冷たい

自分のお尻を触る機会って、普段ほとんどないですよね。ちょっと試しに触ってみてください。服や下着の上からでは、冷たさを感じないことがあります。

お尻の皮膚を直接、手で触ってみましょう。どうですか? 冷たいですか?

基本的にお尻は冷たいことが多いと、以前なにかで聞いたことがあります。ほとんどの女性は、冷たいと感じるかもしれません。

 

お腹、とくに下腹部が冷たい

お尻は冷たくても、お腹が冷えていなければ、まだそれ程ひどくはないかもしれません。下腹部を触ってみましょう。子宮冷えをダイレクトに感じる場所のはずです。日頃からお腹が冷えないように気をつけている人は、温かいかもしれませんね。

 

生理痛やPMSの症状がひどい

子宮冷えの人は、生理痛や生理不順などになりやすいです。PMS(月経前症候群)の症状がひどい人もいることでしょう。生理痛の原因はいろいろ考えられますが、子宮冷えを改善するのが、いちばん手っ取り早いんです。

 

ワタシも以前は、PMSがひどくて困りました。生理が来るたびに彼氏(今の夫)とケンカして、何度別れそうになったことか。原因がPMSだと判明しても、夫は容赦しませんでしたけどね。

「そんなの女性なら、みんな同じでしょ」と言われ、「症状はみんな違うんだよ」と説明するのが面倒で、あきらめましたけど。

 

手足の先端が冷えることが多い

体はそれほど冷え性ではなくても、手足の先端だけ冷えを感じる人はいませんか?

これを「末端冷え性」と呼びます。

子宮冷えを起こしている人は、全身の冷え性であることも多いのですが、とくに手足が冷たくなることが多いようです。

 

子宮冷えの原因|解消法は温める習慣

子宮冷えの原因は、普段の生活習慣の中にかくれています。意外とやってしまいがちな習慣を改善することで、子宮を温めることができますよ。

 

長時間、座っていることが多い

子宮冷えの原因として、いちばん考えられるのが「長時間座っていること」です。

デスクワークの人は、ずっと座っている時間が長いですよね。すると血管が押しつぶされたような状態になり、血行が悪くなってしまうんです。

 

また立ったままでいることも、下半身の血行が悪くなると言われています。つまり、長時間同じ体勢でいると、筋肉が固まってしまうそうなんですね。そのため血行が悪くなり、冷え性が生じるというわけです。

 

冷たい飲み物を飲む

冷たい飲み物が好きな人は、子宮冷えになっている可能性が高いです。子宮が冷えるのはもちろん、胃腸も冷やしてしまいます。胃腸が冷えると腸内環境が悪化しますので、便秘を引き起こしやすくなります。

 

お風呂に浸からない

子宮冷えになる原因は、お風呂に浸からずにシャワーで済ませることです。

湯船にゆっくり浸からないと、なかなか体は温まりません。とくに子宮冷えは、直接的にマッサージしたりできないので、温めることがいちばん効果的なんです。

 

ストレスが多い

ストレスがないという人はいないと思いますが、ストレスが多すぎると血行が悪くなります。全身の血行が悪いということは、子宮の血行も悪い可能性が高いです。子宮の血行が悪くなることが原因で、子宮冷えになってしまうんです。

 

ストレスの緩和のためにも、ゆっくりとお風呂に浸かるのは効果的ですよ。疲労回復や免疫力アップ、安眠効果も得られますので、入浴はとても大事なんです。

 

下半身太りを解消する「子宮冷え取りエクササイズ」

以前テレビで紹介されていた、子宮冷え取りエクササイズをご紹介します。

 

子宮を温める「フラミンゴ」エクササイズ

  1. 足を肩幅に開いて立ちます。
  2. 両手は横に広げ、肩の位置まで上げます。
  3. 左足を上げて、右膝につくようなイメージです。
  4. そのまま上半身を左にひねります。
  5. ゆっくりと元の状態に戻しましょう。

左右5回ずつ、2セットおこないます。

 

足を上げるのが大変な人は、かかとを床から上げた状態で、反対の足に近づけるだけでもOKだそうです。

 

太もも・お尻に効く「スケーターキック」

  1. イスの後ろに立ち、背もたれを両手で持ちます。
  2. 足は肩幅に開き、軽く膝を曲げてしゃがみます。
  3. 膝を伸ばして元の体勢になったら、左足を後ろに蹴ります。
  4. もう一度、軽くしゃがんで戻ったら、今度は右足を後ろに蹴ります。

左右1回ずつを1セットとして、30セットやってみましょう。

 

足を後ろに蹴る際には、床から5センチくらい上がっていればOKです。

無理して足を高く上げる必要はありません。無理のない範囲でやってみましょう。

 

ふくらはぎ強化の「モグラたたきスクワット」

  1. 足を肩幅に開いて立ち、手を頭の上で組みます。
  2. 軽く膝を曲げて、スクワットをします。
  3. 膝を伸ばしたら、そのままつま先立ちをして、ゆっくりとかかとを下ろします。

これを10回くり返しましょう。

 

子宮冷えを解消すれば、女性ホルモンを活性化!

子宮冷えを解消する方法をご紹介しました。

子宮冷えを解消することで、下半身痩せに繋がるんですね。

 

また生理痛を和らげる効果も期待できるので、女性には絶対にオススメですよ。

毎日5分くらいでできる子宮冷え取りエクササイズは、かなり改善された人もいるようなのでお試しくださいね。

 

子宮冷えを解消すれば、女性ホルモンのバランスも整い、毎日を元気に過ごせることでしょう。冷えに負けない体を作りましょうね。