みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

キャベツのバストアップ効果|女性ホルモンを増やして胸を大きくする方法

f:id:m-danjyo:20171024151222j:plain

キャベツの栄養にバストアップ効果がある!?

ダイエットには成功したけど、胸だけ大きくする方法が知りたい!

スタイルを保つためにダイエットを頑張っても、胸まで小さくなってしまうと困りますよね。

 

そんな女性の強い味方になってくれるのが、「キャベツ」。

キャベツには、なんとバストアップ効果があるというんです。

 

キャベツなら安いし、カロリーも低いから太る心配もありません。

でも、なぜキャベツを食べるだけで胸が大きくなるのか不思議ですよね。

 

それでは、キャベツでバストアップできる真相をのぞいてみましょう。

 

キャベツのバストアップ効果は「ボロン」による作用

キャベツでバストアップできる理由は、「ボロン」という成分が含まれているからです。ではボロンには、どのような効果があるのでしょうか?

 

ボロンは「エストロゲン」の分泌を増やす

キャベツに含まれているボロンには、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌をうながす作用があります。エストロゲンには女性らしいカラダをつくる効果があり、女性特有の美しい曲線のあるスタイルを実現させてくれます。

 

エストロゲンにより「乳腺」が発達する

女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が増えると、「乳腺」が発達すると言われています。乳腺はバストに張りめぐらされていて、乳腺が増えることでバストアップ効果が期待できます。

 

乳腺が増えると「胸の脂肪」が増える

バストに張りめぐらされている乳腺が増えると、「胸の脂肪」が増えると言われています。乳腺で母乳がつくられるため、女性のカラダは乳腺を守ろうとして脂肪がつきやすくなるんです。これは妊娠していなくても、女性特有のカラダのメカニズムです。

 

バストアップ効果を狙うなら、乳腺を増やし、脂肪をつけることで胸が大きくなると考えられます。乳腺を増やすために、女性ホルモンの分泌をうながす「ボロン」を食べると良いということです。

このように直接的にバストアップするわけではありませんが、女性ホルモンの分泌をうながすには、キャベツが効果的なんです。

 

バストアップに効果的なキャベツの食べ方

ではキャベツをどのように食べれば、バストアップ効果が期待できるんでしょうか?

 

ボロンは加熱に弱いので「生」で食べる

ボロンという成分は熱に弱い性質があるので、加熱調理をしないで「生」のまま食べましょう。加熱してしまうとボロンの量が減ってしまうんです。

そのためバストアップのためには、ロールキャベツや野菜炒めではなく、サラダや塩ダレなどで食べると良いでしょう。

 

1日に食べるキャベツは200gまで

ではバストアップのためには、キャベツをどれくらい食べれば良いのでしょうか?

ボロンの1日あたりの摂取量目安は、3mgだと言われています。キャベツ100gに含まれているボロンの量は1.45mgなので、1日200gということになります。

 

食事+キャベツを食べる

バストアップ効果のためにキャベツを食べるなら、栄養バランスの良い食事にプラスして、キャベツを食べると良いでしょう。キャベツを食前に食べれば、血糖値の上昇をおさえることができますし、満腹感で食べ過ぎを防ぐこともできます。

つまりダイエット効果も得られるというわけですね。一石二鳥です。

 

キャベツを食べ過ぎるとガンになる!?

では、キャベツを食べ過ぎるとどうなるのでしょうか? バストアップ効果があるとはいえ、食べ過ぎは良くありませんね。

 

女性ホルモンが増えすぎると、子宮ガンのリスクが

キャベツに含まれる「ボロン」を食べ過ぎることによって、女性ホルモンの分泌が増えすぎる可能性があります。女性ホルモンの分泌が増えすぎると、子宮ガンや乳ガンなど、女性特有の病気にかかるリスクがあります。

キャベツを食べ過ぎると、必ずガンになるわけではありませんが、バストアップ効果が高いほど、そのリスクは高くなると考えられます。

 

ホルモンバランスが崩れ、生理痛がひどくなるかも

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」がありますが、キャベツを食べることでエストロゲンの分泌だけが増えると、ホルモンバランスが崩れる恐れがあります。

 

女性ホルモンの分泌は生理周期と関係していますが、エストロゲンの分泌が減る「生理前~生理中」にキャベツを食べると、PMSや生理痛がひどくなる可能性があります。

 

バストアップしたくても、キャベツだけ食べちゃダメ!

ここまでバストアップのためにキャベツを食べると良いとお話してきましたが、キャベツだけを食べるのはオススメできません。

 

キャベツだけ食べると、ホルモンバランスが崩れる

バストアップ効果のために、またダイエットも兼ねて「キャベツだけ食べよう」と考えている人もいるかもしれません。でもキャベツだけでは栄養バランスが偏るので、肝心なホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れるとバストアップ効果が得られませんので、本末転倒です。上手にキャベツを取り入れて、しっかりと他の食事も摂るようにしましょう。

 

食べ過ぎると、下痢や便秘になる恐れがある

バストアップのためにキャベツを食べ過ぎると、下痢や便秘になる恐れがあります。基本的には便秘解消の効果があるのですが、たくさん食べれば良いというわけでもありません。

 

ボロン以外でもキャベツにバストアップ効果はある?

キャベツには、ボロン以外にもバストアップ効果のある成分は含まれているのでしょうか?

 

ビタミンCで美しいバストをつくる

キャベツには「ビタミンC」が含まれているので、美肌効果があると言われています。ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートして、肌にハリと弾力を与えてくれます。そのためバストにもハリが出て、肌がキレイになることが期待できます。

 

またビタミンCは水に溶けやすい「水溶性ビタミン」のため、水で洗うだけでも流れてしまいます。生で食べるのはもちろん、切る前にキャベツを洗ったほうが良いでしょう。

 

食物繊維とカリウムでバストに栄養が届く

キャベツには「食物繊維」と「カリウム」が含まれているので、デトックス効果があります。食物繊維は便秘を解消することで、体内の老廃物を排出する働きがあります。またカリウムは余計な水分を排出することで、むくみを解消する働きがあります。

 

そのため血行を促進して、バストにまで栄養が届きやすくなると考えられます。バストの血行が良くなることと、バストに栄養が届くことで、さらなるバストアップ効果が期待できます。

 

便秘を解消すると、バストの大きさが目立つ

食物繊維によって便秘が解消されると、ウエストサイズが細くなる効果が期待できます。ウエストが細くなることで、よりバストの大きさが際立つようになりますね。

視覚的な効果ですが、これも女性らしいカラダをつくるのに大切な要素です。

 

キャベツ以外でバストアップ効果のある食べ物は?

では、キャベツ以外でバストアップ効果のある食べ物はあるのでしょうか? 簡単にご紹介します。

 

「タンパク質」である鶏肉や乳製品

人間の体にはタンパク質が必要です。それはもちろん、バストも同じ。とくに低カロリーで高タンパクな「鶏肉」を食べると、バストアップ効果があると言われています。

また同じくタンパク源である「乳製品」には、他にもビタミンなどの栄養が含まれています。そのためバストアップ効果が期待できるでしょう。ただし乳製品はカロリーの高い物もあるため、食べ過ぎには注意しましょうね。

 

「大豆イソフラボン」が含まれる大豆製品

女性ホルモンと似たような働きをすることで有名な「大豆イソフラボン」にも、バストアップ効果が期待できます。豆乳や納豆などの大豆製品に含まれていますね。

ただし女性ホルモンと似たような働きをするため、体に充分な女性ホルモンが分泌されていると錯覚させてしまう恐れがあります。

 

すると自発的な女性ホルモンの分泌を減らしてしまう可能性があります。そのため大豆イソフラボンの摂り過ぎには注意しましょう。せっかくバストアップ効果のために食べても、逆効果になったら困りますよね。

女性ホルモンの分泌を増やすキャベツと一緒に食べると良いでしょう。

 

キャベツでバストアップする秘訣は栄養バランスの良い食事

キャベツのバストアップ効果について、ご紹介しました。

でもキャベツだけを食べてもダメなんですね。

 

キャベツでバストアップする秘訣は、栄養バランスの良い食事。

それがホルモンバランスを整えるコツです。女性ホルモンのバランスが整っていないと、バストアップ効果は得られないですからね。