みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

胸の大きさって遺伝するの?胸が大きい人と小さい人の違いは子供時代の過ごし方

f:id:m-danjyo:20171026104628j:plain

胸が小さいのは、遺伝と関係してるの?

親子って、顔も体型も似ていますよね。

 

時には、性格まで似てると言われたことはありませんか?

近所のおばさんに「あなたの明るい性格は、お母さんにそっくりね」って言われたり。

 

だから胸が小さいことも遺伝が関係していて、「お母さんの胸が小さいから、私も小さいんだ」と考えたことはありませんか?

果たして気になる胸の大きさは、本当に遺伝するんでしょうか……?

 

じつは、遺伝しない可能性のほうが高いんです。

 

胸の大きさは、遺伝よりも生活習慣のほうが関係していて、とくに子供時代の過ごし方によって胸の大きさが決まると言われているんですよ。

 

「じゃぁ、もう間に合わないじゃない!」と思ったあなた……

 

ちょっと待ってください!!

 

これから生活習慣を変えれば、充分に胸を大きくすることは可能なんですよ。

では胸の大きさに関わる「遺伝」と「生活習慣」について見ていきましょう。

 

胸の大きさって遺伝じゃないの?

冒頭で「胸の大きさは遺伝しない可能性のほうが高い」と言いましたが、これは遺伝の要素もあり、遺伝ではない要素もあるという意味です。では、胸の大きさと遺伝との関係を見ていきましょう。

 

遺伝の可能性があるのは「身長」や「体質」

そもそも親から子へ、どのような部分が遺伝するのでしょうか? 一般的には、身長や体質が遺伝すると言われています。

体質といっても、体臭は遺伝すると言われていて、薄毛は遺伝の可能性があるというレベルです。すべての体質や特徴が、遺伝されるわけではないんですね。

胸の大きさも体質の一種のように感じますが、胸の大きさはどうでしょうか?

 

胸の大きさが遺伝する確率は30~40%

母から娘に胸の大きさが遺伝する可能性は、30~40%という確率だと言われています。ある統計によると、娘がAカップの場合、母親でいちばん多いのはCカップだそうです。ちなみに「母親もAカップである」というのが第2位となっています。

 

では、それ以外の残り60~70%は、何が胸の大きさと関係していると思いますか? じつは、子供時代の過ごし方が胸の大きさをある程度決めてしまうそうです。どんな子供時代を過ごすと、胸が小さくなってしまうのでしょうか?

 

胸が小さいのは、遺伝の他に子供時代の過ごし方が関係している

胸が小さい人は、母親からの遺伝でない場合、何が関係しているのでしょうか?

それは成長期の過ごし方だと言われています。

 

塾通いや勉強で、睡眠時間が短い

女性の胸にとって大切な時期は、成長期だと言われています。成長期とは10~18歳にあたり、小学4年生~高校生ですね。この時期に塾や勉強で夜更かししてしまうと、睡眠不足で女性ホルモンの分泌が減ってしまうんです。

 

成長期は、少しずつ大人の体つきになっていく大事な時期です。その時期に睡眠不足になると、大人になってから支障が出てくることも考えられます。

成長期はよく食べ、よく寝て、元気に過ごすのが一番なんです。

 

過激なダイエットをして、栄養不足になった

遺伝以外で胸が小さくなってしまう理由は、成長期に過激なダイエットをして、栄養不足になったことが考えられます。最近は、若い女性が過激なダイエットをすることが多いようですね。

 

美意識が高いことは素晴らしいのですが、女性の体はデリケートですから、体調のことをもっと考えないといけません。大人になってから後悔しても、もう時間は戻せないのですから。

 

家庭環境や学校で、ストレスの多い生活をしていた

遺伝以外で胸が小さくなる原因は、成長期のストレスも関係しています。成長期は多感な時期ですから、悩みやストレスを感じやすい年頃なんです。しかも学校と家庭が世界のすべてだと感じている節があり、すごく狭い世界でいきている時期なんです。

 

そんな閉塞的な環境でストレスをためると、一気にデリケートな女性の体は、悪影響を受けてしまうんです。

 

たとえば、家庭環境で両親の不仲があったり、学校ではいじめにあったりすると、多大なストレスによって女性ホルモンの分泌が減ってしまうこともあります。そのため胸が小さくなる可能性があるんです。

 

お菓子などのジャンクフードばかり食べていた

小学校から中学生の頃はとくに、お菓子が大好きですよね。学校から帰って来て、テレビを観ながらお菓子を食べたりしませんでしたか?

カップラーメンなどのジャンクフードも、なぜか大好きな年頃ですよね。すると女性ホルモンの分泌が減ってしまい、胸が育たないまま大人になってしまうことも……。

 

体は食べた物でつくられますので、栄養バランスはとっても大事なんですよ。でも大丈夫! 今からでも遅くはありません。生活習慣の改善によって、胸を大きくすることも不可能ではありません。

 

では次に、母と子で胸の大きさが遺伝しない理由を違う視点で見てみましょう。姉と妹で胸の大きさが違う場合にも、当てはまることがあるはずです。

 

若い世代のほうが胸が大きい理由

姉と妹で胸の大きさが違う場合、妹のほうが大きい確率が高いようです。つまり、若い世代のほうが胸が大きい確率が高いことになります。それは一体なぜなのでしょうか?

 

時代の流れによって、胸が大きい女性が増えた

女性の胸の大きさの変化を見てみると、昔よりも現代の女性のほうが、胸が大きいことがわかります。ある調査によると、1980年代ではAカップの女性が半数以上だったのに対し、2010年代になるとCカップの女性が最も多いという統計が出ています。

 

これは恐らく、食の欧米化によって、女性の体の構造が変わってきたことが関係しているのではないかと思います。実際のところ、最近は驚くほど足の長い小学生の女の子とかいますよね。「体型も欧米化している」という証拠なのかもしれません。

 

成長期のうちから、バストアップ方法を実践していた

生活習慣が胸の大きさに関係していると言っても、同じ母親から生まれ、同じ環境で育った姉妹でも、胸の大きさが違う場合もありますよね。これは、なぜなのでしょうか?

 

考えられる理由として、成長期の頃からバストアップ方法を実践していた可能性があります。ちょっと早熟の女の子だと、成長期の頃から、胸が大きくなるように努力を重ねていた場合があります。

女性らしい体をつくりはじめる段階でバストアップ方法を実践すれば、女性ホルモンの分泌が活発になることでしょう。その努力の差が、大人になってから現れることがあります。

 

胸が大きくなる生活習慣でバストアップ

では、具体的にどんなことをすれば胸が大きくなるのでしょうか? 大人になった今からでも、生活習慣を改善することで、バストアップは可能です。

 

栄養バランスの良い食事をする

女性ホルモンの分泌をうながして胸を大きくするなら、栄養バランスの良い食事も大切です。胸に栄養を届けないといけませんから、そもそも栄養不足では無理ですよね。そのため過激なダイエットは、ひかえるようにしましょう。

 

その中でも、バストアップ効果のある食べ物を摂ると良いですね。たとえば、女性ホルモンと同じような働きをする「大豆イソフラボン」や、女性ホルモンの分泌をうながす「ボロン」などがオススメです。

大豆イソフラボンは大豆製品に含まれていて、ボロンはキャベツやリンゴなどに含まれています。

 

バストアップ効果のある食べ物とNG飲み物|マシュマロでふんわりバストが手に入る!?

 

充分な睡眠時間を確保して、さらに安眠する

充分に睡眠をとると言うのは簡単ですが、実践するのは意外とむずかしいですよね。質の良い睡眠をとるためには、入浴や運動などの助けも必要です。

体温を上げてから、冷えていく段階で眠気が生じると言われています。そのため運動や入浴には、安眠効果があるんです。

 

乳腺を発達させるマッサージをする

成長期の過ごし方が重要な理由は、女性ホルモンの分泌を良くするため。女性ホルモンの分泌が増えると、乳腺が発達すると言われています。

胸を構成しているのは、9割の脂肪と、1割の乳腺です。乳腺を発達させれば、自然と脂肪がつくようになっています。乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌が必要なんです。

 

女性ホルモンの分泌をうながす方法として、マッサージが効果的です。マッサージの方法は、こちらを参考にしてみてください。

バストアップマッサージの効果を最高にする方法|バストアップクリームで相乗効果もアップ

 

また女性ホルモンの分泌を活発にする「ツボ押し」も効果的です。

デコルテをふっくらさせて胸を大きく見せるバストアップ方法

 

自分に合ったブラジャーをする

胸を大きくするには、自分に合ったブラジャーをするのも大切です。ブラジャーのサイズが小さいと、胸を圧迫して、血行を悪くしてしまいます。逆にブラジャーのサイズが大きいと、しっかりと胸を支えることができません。

 

また寝る時も、締めつけないナイトブラをすることで、胸の横流れを防ぐことができます。ナイトブラの効果については、こちらを参考にしてみてください。

ナイトブラの効果と正しい選び方|ナイトブラを着けて寝るメリットが多すぎる

 

体を冷やさない

胸が大きくなる生活習慣は、体を冷やさないことが大切です。体が冷えると血行が悪くなり、胸に栄養が届かなくなってしまいます。せっかく胸を大きくする栄養を摂っても、血行が悪いと意味がないんです。

 

体を冷やさないような服装をしたり、入浴や運動で体を温めることも大切です。女性の体は、冷やして良いことは1つもありません。

 

ストレスをためないようにする

胸が大きくなる生活習慣には、ストレスは大敵です。ストレスは体の血行を悪くしますので、胸が小さくなる可能性があります。またストレスがたまることで女性ホルモンのバランスが崩れ、胸が大きくなるのを妨げてしまうんです。

 

そのためストレスを上手に解消する方法を、自分なりに持っておくと良いでしょう。人それぞれストレス解消の方法は違いますから、自分に合ったストレス解消法を考えましょうね。

 

タバコとカフェインをひかえる

女性ホルモンの分泌を減らす嗜好品としては、「タバコ」や「カフェイン」が挙げられます。タバコは美容と健康に悪い影響しかありませんから、できれば今すぐにやめたほうが良いでしょう。

 

またコーヒーなどのカフェインは、血行を悪くして、胸を小さくする作用があります。コーヒーをたくさん飲む人は、そうでない人よりも胸が小さい傾向があるそうです。

 

胸の大きさは、遺伝だけで決まらない

胸の大きい人と小さい人の違いは、遺伝だけではないことがわかりましたね。

胸の大きさには生活習慣が大きく関係しているので、今すぐに見直してみましょう。

 

早く始めれば、胸が大きくなる可能性が高くなります。即効性はありませんが、地道に続けることが大切です。

胸を大きくする方法は、健康とつながっています。美肌効果もあり、女性らしさを磨くことにもつながります。あきらめずに、実践してみてくださいね。