みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

乳腺マッサージのやり方|乳腺を刺激すると胸の脂肪が増えてバストアップ

f:id:m-danjyo:20171028091053j:plain

乳腺マッサージが究極のバストアップ

バストアップについて調べると、必ず出てくるのが「乳腺」。

「乳腺って、そもそも何なの?」

「乳腺がバストアップと、どう関係してるの?」

と気になっている人も多いはず。

 

胸は、ほとんどが脂肪でできてるのに、なぜ乳腺が関係しているんでしょうか?

じつは乳腺って、胸を大きくする上で、かなり重要な存在なんです。

 

なぜって? それは、乳腺が発達しないと、胸に脂肪がつかないから。

つまり乳腺が大きくならないと、胸が大きくならないんです。

 

では、どうしたら乳腺が大きくなるんでしょうか?

 

乳腺が発達すると、胸が大きくなる

「胸のほとんどは脂肪でできてる」って、一度は聞いたことがあると思います。

実はその通りで、胸の10%が乳腺、90%が脂肪からできています。

 

「じゃぁ、胸の脂肪を増やせばいいじゃない?」と思いますよね。

では、胸の脂肪を増やすには、どうすれば良いのでしょうか?

 

それは、乳腺を発達させることなんです。

 

たった10%しかない乳腺ですが、そもそも乳腺が発達しないと、胸の脂肪は増えないんです。つまり、乳腺を制する者は、バストアップを制すると言っても、過言ではありません!

 

では、なぜ乳腺を発達させれば、胸が大きくなるんでしょうか? 今度は、胸が大きくなるメカニズムについて見ていきましょう。

 

なぜ乳腺を刺激するとバストアップできるの?

胸を大きくするには、乳腺が発達しないとダメなのはわかりました。でも、なぜ乳腺が発達するとバストアップできるんでしょうか?

 

乳腺を守るために、脂肪が増えるから

乳腺は、女性にとって大切な器官。乳腺は乳房に張りめぐらされている組織なんですが、じつは赤ちゃんの母乳をつくる場所でもあるんです。この大切な「乳腺」を守るために、乳腺のまわりには脂肪がついているんです。

 

だから乳腺が発達して大きくなれば、それを守るために脂肪も増えていくというメカニズム。なんだか生命体の神秘みたいな話になっちゃいましたね。女性の体は、すごいんです。

 

脂肪だけ増えても、乳腺が発達しないとダメ

胸の大きさに乳腺が関係しているのはわかったけど、「太ったときに、胸も大きくなった」と感じた人もいるのではないでしょうか? 胸のほとんどは脂肪ですから、たしかに太れば、胸の脂肪も多少は増えます。

 

でも残念なことに、脂肪だけ増やしてもダメなんです。

 

そもそも胸にだけ脂肪をつけるのは難しいですし、仮に胸だけ大きくなったとしても、乳腺が発達していないと、痩せたら真っ先に胸が小さくなります。

胸の脂肪は、つきにくく落ちやすいという性質があるんです。

 

でも乳腺を発達させることによって脂肪がついたなら、それは本当にバストアップに成功したということ。では乳腺が発達するというのは、乳腺が増えるという意味なんでしょうか?

 

乳腺は増えないので、育てて大きくする

結論から言うと、乳腺が発達するというのは、乳腺が増えるという意味ではありません。乳腺は、増えることはないと言われています。

では、どのように乳腺を発達させれば良いのでしょうか?

 

それは乳腺マッサージをして、乳腺に刺激を与えれば良いんです。乳腺をやさしく刺激することで、乳腺が発達して胸が大きくなります。つまり乳腺を育てて、大きくするというイメージですね。

 

乳腺が発達しない原因は、ココで解決!

乳腺について、ある程度の知識があった人は、すでに乳腺マッサージに挑戦した人もいるかもしれませんね。でも思ったようなバストアップ効果が得られず、あきらめてしまった経験はありませんか?

乳腺が発達しない原因は、ココで解決しておきましょう。

 

猫背やコリで血行が悪い

乳腺マッサージをしても胸が大きくならない原因は、猫背や肩こり、胸の上部の胸筋にコリがあるせいかもしれません。猫背やコリがあると血行が悪くなり、胸に栄養が届かなくなるんです。

 

栄養は、血流に乗って胸まで届くのですが、血行が悪いと胸まで栄養が届かないんですね。胸に栄養が届かないと、乳腺がうまく発達してくれません。だからリンパマッサージや乳腺マッサージをして、血行を良くする必要があるんです。

 

乳腺マッサージを強くやりすぎている

正しい乳腺マッサージのやり方を実践しているのに、胸が大きくならない人は、刺激が強すぎるのかもしれません。

 

乳腺はとてもデリケートなので、あまり強くマッサージをすると、逆に胸を小さくしてしまう場合もあるんです。

乳腺マッサージをする時は、やさしく刺激するのが鉄則。

 

強くマッサージをすると、クーパー靭帯という「胸を支えている靭帯」まで損傷してしまう危険もあります。

 

クーパー靭帯は一度損傷すると修復がむずかしいので、くれぐれも強くマッサージしないでください。自分の胸をいたわるようなイメージで、やさしく話しかけながら揉んであげてくださいね。「おっぱいちゃん、大きくなってね❤」という風に。

 

生活習慣が乱れている

乳腺マッサージを強くしてないし、血行にも気をつかってるのに胸が大きくならない人は、そもそも生活習慣が乱れているのかもしれません。

 

胸を大きくするには、乳腺を発達させることが大事ですが、カラダの基本となる生活習慣も大きく関係しているんです。

バストアップをさまたげる生活習慣は、喫煙・睡眠不足・食生活の乱れなどが考えられます。

 

また仕事などのストレスがたまると、バストアップのさまたげになります。

ストレスは血行不良を引き起こし、胸への栄養補給のさまたげになります。さらにストレスによって自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌を減らしてしまうんです。

 

胸を大きくするには、心身ともに健康でないとダメなんですね。

 

バストアップマッサージの中でも、乳腺マッサージが効果的

では、いよいよ乳腺マッサージのやり方をご紹介します。

バストアップマッサージは、おもに2種類あります。

  • 乳腺マッサージ
  • リンパマッサージ

 

バストアップにはどちらも大切ですが、胸を大きくするためには、乳腺マッサージが効果的です。では、乳腺マッサージのやり方をご紹介します。

 

乳腺をやさしく刺激するマッサージのやり方

www.youtube.com

 

  1. 左胸の上部に、右手をやさしく当てます。
  2. 左胸の下部を、左手でやさしく支えます。
  3. 右手は左脇へやさしくさすり、左手は胸の谷間に向かってやさしくさすります。
  4. 往復して、行ったり来たりさすっても良いですが、3の方向を意識しましょう。

 

胸のまわりの血行とリンパの流れを良くする方法

胸の血行やリンパの流れを良くして、乳腺が発達しやすくなるマッサージ方法です。

胸の上部の「胸筋」の筋肉と、脇の下のコリをほぐすことが目的です。

 

ちょっと長めの動画ですが、手順を簡単に説明すると、以下の通りです。

  1. 胸のリンパを流す準備をする
  2. 脇の下のリンパを流す
  3. 胸のまわりの血行やリンパの流れを良くする
  4. 脇から胸にかけて、リンパの流れを良くする

 

www.youtube.com

 

✔ 胸のリンパを流す準備をする
  1. 首から鎖骨にかけてのリンパを流しておく。
  2. 胸の上部の筋肉のコリをほぐす。
  3. 胸を開くストレッチをして、血行をうながす。

 

✔ 脇の下のリンパを流す
  1. 左脇に右手を当てて、左脇から左胸の上部にかけてマッサージする。
  2. 脇の下のコリをほぐすようにストレッチして、リンパを流しやすくする。
  3. 脇の下を軽く刺激(押し揉み)をして、リンパの流れを良くする。

 

✔ 胸のまわりの血行や、リンパの流れを良くする
  1. 胸の真ん中から肩の付け根に向かって、手で半円を描くように滑らせます。
  2. バストラインに沿って、谷間から胸の下を通って、肩まで手を滑らせましょう。
  3. 両手を上に上げて、伸びをするようにストレッチします。そのまま左右に倒して、ストレッチしましょう。

 

乳腺マッサージのやり方は、意外と簡単ですよね。後半はリンパマッサージですので、乳腺マッサージの前にやっても、後にやっても良いでしょう。

 

そしてマッサージのポイントが1つ。

それは、マッサージクリームやジェルをつけてやること。そうしないと刺激が強くなり、皮膚も傷めてしまいます。バストアップ効果のある成分が配合されていると、より効果が高まりますよ。

 

女性ホルモンの分泌は、程よい刺激がベスト

女性ホルモンと乳腺は、まるで双子のように影響しあっています。乳腺マッサージをすると、女性ホルモンの分泌が活発になります。逆に、女性ホルモンが活性化されると、乳腺が発達します。

 

女性ホルモンの分泌をうながすには、乳腺マッサージで程よい刺激を与えることが大切。この「程よい」というのは、けっこう大事ですよ。強すぎず、弱すぎず、気持ちいい程度に胸を刺激してください。

 

彼氏に揉んでもらうのも、かなり効果的ですよ。とくに乳首を軽く刺激すると、女性ホルモンの分泌が活発になると言われています。

 

女性ホルモンが分泌される「ツボ押し」も効果的

女性ホルモンの分泌をうながすには、ツボ押しも効果的です。女性ホルモンの分泌が活発になるツボがありますので、ここで2つご紹介します。

 

✔ 壇中(だんちゅう)

f:id:m-danjyo:20171028093158j:plain

画像:https://pure-la.net/jamu/bustupjamu/bustup-tubo.htm

 

両胸のちょうど真ん中にあるツボが「壇中(だんちゅう)」です。このツボを押すと、女性ホルモンの分泌が活発になると言われています。

親指を当てて、3秒間くらい押しましょう。これを5回くらい繰り返します。

 

✔ 天渓(てんけい)

f:id:m-danjyo:20171028093214j:plain

画像:https://pure-la.net/jamu/bustupjamu/bustup-tubo.htm

 

乳首から横にずれた、バストの外側にあるツボが「天渓(てんけい)」です。肋骨の間くらいにあるツボを、バストを寄せるようなイメージで、内側に向かって押しましょう。親指で、左右同時に押すと良いでしょう。

このツボを押すと、乳腺が発達すると言われています。

 

乳腺を育てる方法は、生活習慣も関係している

では、乳腺マッサージ以外にも、乳腺を発達させる方法はあるのでしょうか?

ここでは、乳腺を育てて大きくする方法をご紹介します。

 

質の良い睡眠をたっぷりとる

睡眠は、健康にも美容にも欠かせない時間ですよね。美肌のために良いと言われている「お肌のゴールデンタイム」を知っていますか? これは22~2時の間のことで、この時間に眠っていると、美肌になると言われています。

 

じつはお肌だけでなく、バストアップにもゴールデンタイムだったんです!

ゴールデンタイムに熟睡していると、女性ホルモンの分泌が活発になります。そのためバストアップ効果が期待できちゃうんですよ。美肌になって、胸も大きくなるなんて、女性にとっては大きなメリットですよね。

 

ストレスは早めに解消する

仕事や家庭で、大きなストレスを抱えている女性は多いと思います。毎日忙しく過ごして頑張ってるのに、何だかうまくいかないことってありますよね。でもストレスは、バストアップの大敵なんです。

 

先ほども触れたように、ストレスは血行を悪くして、バストに栄養が届かなくなってしまうんです。できるだけストレスはためないようにしましょう。

 

といっても、ストレスをためないのは無理ですよね。だから、ストレスを早めに解消することを心がけてみてはいかがですか? 大好きな香りのアロマを見つけたり、仕事帰りにカフェでのんびりしたり。自分なりのストレス解消法を見つけるのも楽しいですよ。

 

イライラしないで、楽しく穏やかに過ごせば、自然と乳腺は育っていきます。胸が大きい女性って、どこかポヤ~ンとして、天然っぽい感じしませんか? イメージですけどね。でも少なくとも、イライラ・ギスギスしている女性に、胸の大きい人はあまりいないはずです。

 

食事の栄養で女性ホルモンの分泌をうながす

食事、ちゃんと食べてますか? 朝は時間がないからと言って、朝食抜きで出社。昼は休憩時間がズレ込んで、パンをかじって終わり。夜はコンビニ弁当をチンして、ビールと一緒に食べるだけ。

 

こんな食生活をしていては、残念ながら乳腺を育てるのは難しいです。ここまで食生活が乱れていなくても、スナック菓子やカップラーメンを食べたり、お酒を飲み過ぎたり、コンビニ弁当ばかりでは、栄養が偏ってしまいます。

 

バストアップのためには、栄養バランスの良い食事をすることが大切なんです。それにプラスして、バストアップ効果のある食材も取り入れてみましょう。

 

  • イソフラボン
  • ボロン
  • タンパク質
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • ビタミンB群

 

イソフラボンといえば大豆製品、ボロンはキャベツに含まれています。タンパク質は、動物性なら肉や魚、乳製品やタマゴなどです。ビタミンEはアンチエイジング効果があり、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

 

ポリフェノールはゴマやココア、ビタミンB群はタラコやウナギなどに含まれています。乳腺を育てるには、バランスの良い食事をした上で、これらの栄養をプラスしていきましょう。

 

体を冷やさない。とくに胸が冷えないように

乳腺を育てるには、とにかく体を冷やさないようにすることが大切です。とくに胸が冷えてしまうと、胸の血行が悪くなり、胸が小さくしぼんでしまいます。

毎日のリラックスタイムである入浴時間をゆったりと過ごしたり、日頃から体を冷やさない服装をすることが大切です。

体を冷やさないためには、日頃からちょっと意識するだけでOKです。

 

  • 入浴
  • 腹巻
  • マフラー
  • 胸が露出しないトップス

 

このような方法で、体が冷えないように注意しましょう。胸に近い場所を温める「腹巻」や「マフラー」は、オススメですよ。

逆に、胸が谷間まで露出するようなトップスは、なるべく避けたほうが良いでしょう。

 

男性から、魅力的な女性に見られたいという気持ちは、痛いほどわかります。でも、あまり露出の多い服装は、品がないと思われてしまいます。デートやパーティーなど、ここぞという時だけにしておきましょうね。

 

猫背と肩こりを解消する

猫背がバストアップに悪いのは、単に血行が悪くなるだけではありません。じつは胸の上側の筋肉である「大胸筋」がこってしまうんです。肩こりのように筋肉にコリがあると、血行が悪くなりますよね。

 

それも胸の上側ですから、直接バストに関係しています。そのため乳腺マッサージのところでご紹介したような「ストレッチ」をすることで、ほぐして血行をうながすことができるんです。

 

姿勢を直すことで、見た目にもバストアップ効果があります。見とれるほどキレイな女性は、みんな姿勢が良いですよね。女性の美しさは、姿勢からはじまります。

 

乳腺マッサージをするならリラックスがポイント

乳腺を発達させて、バストアップする方法をご紹介しました。マッサージ以外にも、いろいろな方法がありましたね。

 

でも、やる気を出し過ぎないでください!

 

乳腺を発達させるには、リラックスすることがポイントなんです。頑張りすぎるのではなく、ゆったりとした気持ちで、長く続けることが大切です。まずは、ストレスを解消することから始めてみませんか?