みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

着圧ソックスの効果|履くだけで足が細くなるって本当?

f:id:m-danjyo:20171102103322j:plain

着圧ソックスの効果で、美脚になれるの?

足が細くなると言われている着圧ソックスですが、本当に履くだけで効果があるんでしょうか?

着圧ソックスには、血行を良くして、足のむくみを解消する効果があると言われています。

 

「仕事が終わると、足がパンパンになっちゃう」

「立ち仕事だと、足がだるくて重い感じがする」

という人は、足のむくみが原因で、寸胴な足になっているのかもしれません。

 

一般的にむくみを解消するには、マッサージや運動が効果的だと言われています。

でも「そんな時間ない!」「楽して痩せたい!」という人も多いのではないでしょうか?

 

そこで重宝するのが、着圧ソックス。

着圧ソックスを履くだけで、マッサージしたような効果が得られるんです。

 

むくみが解消されると、ムチムチだった足は細くなりますよね。

 

では着圧ソックスには、その他にどんな効果があるのでしょうか?

また、効果的な使用方法についてもご紹介しましょう。

 

効果的に利用すれば、簡単に美脚を手に入れることができますよ。

 

着圧ソックスは、どんな人に効果があるの?

CMでもお馴染だったことから、一度は着圧ソックスを見たことがあるのではないでしょうか? 何だか気持ち良さそうですが、そもそもどんな人に効果があるのか見ていきましょう。

 

むくみやすい体質の人

着圧ソックスの主な効果は、むくみを解消すること。そのため、むくみやすい体質の人にはオススメです。足は、体の中でも特にむくみやすい場所。

着圧ソックスは、足に圧力をかけることで、足に溜まった血液を押し上げる効果があります。そのため、むくみを解消してくれるんです。

 

もし足で血行がとどこおってしまうと、全身の血行が悪くなってしまいます。そうなると「ダイエットをしても痩せにくい」とか「足のだるさが抜けない」など、さまざまな支障が出てくるんです。それを改善してくれるのが、着圧ソックスなんですよ。

 

妊娠中の人

ダイエットグッズの多くは、妊婦さんにはオススメできない物ばかり。そもそもダイエットは、妊婦さんにオススメできないですよね。

 

でも着圧ソックスだけは、別なんです。

 

妊婦さんはむくみが出やすく、それを改善しないと「妊娠高血圧症」になったり、「下肢静脈瘤」になったりする恐れがあります。もともとむくみやすい体質の人だと、とくに下肢静脈瘤が心配です。

 

下肢静脈瘤とは、静脈が腫れたように浮き上がり、見た目にも異常な状態になることがあります。命に関わる症状ではないものの、ひどくなると手術が必要になります。その予防に、着圧ソックスが効果的なんです。

 

飛行機で長時間フライトする人

仕事の出張で飛行機に乗ることが多い人、バカンスで長時間のフライトをする人などは、「エコノミー症候群」が心配です。ビジネス・ファーストクラスでも発症することがあるので、「ロングフライト血栓症」と呼ばれることもあるようです。

 

これは長時間おなじ体勢でいることが原因で、血栓ができてしまう症状のこと。

血栓ができると心臓への血流がストップして、脳梗塞や心筋梗塞を起こす恐れがあります。

 

飛行機に乗っていなくても、同じ体勢のまま長時間すごすと、エコノミー症候群になる恐れがあります。長時間のドライブも、注意が必要です。

 

そこで活躍してくれるのが、着圧ソックス。

この場合には、膝下までの「ハイソックスタイプ」で、充分に効果が期待できそうです。

 

デスクワーク・立ち仕事の人

長時間おなじ体勢でいると言えば、デスクワークや立ち仕事の人もそうですよね。立ち仕事の人は動くことが多いと思いますが、血流が重力で下にたまりやすいので、足がむくみやすいでしょう。

 

そして立ち仕事より危険なのは、じつはデスクワークの人。

 

たとえば、自宅で徹夜して仕事を仕上げるような場合には、意外とキケン。集中しすぎてトイレにも立たない状態だと、エコノミー症候群になる恐れがあるんです。もし、しばらく席を立たないことが予想される時には、着圧ソックスを履いておいたほうが良いかもしれません。

 

着圧ソックスの効果は、むくみ解消でダイエット

着圧ソックスを履いたことがない人も、本当に効果があるのか半信半疑の人も、まずはどんな効果があるのか知りたいですよね。では、着圧ソックスの効果を見ていきましょう。

 

血行を良くして、むくみ解消

仕事などで同じ姿勢がつづくと、足がむくみやすくなりますよね。着圧ソックスは、下から押し上げるようなマッサージ効果があるので、足のむくみを解消してくれます。

 

その理由は、血行が良くなるから。足のむくみを解消するには、血行を良くする必要があります。

 

それに着圧ソックスは、下から段階的に圧が変わってくるので、揉み上げているような感覚になるんです。これが気持ちいいんですよね~。ぜひ試してみてください。

 

代謝アップして、脂肪が燃焼しやすくなる

むくみやすい人は、代謝が落ちている可能性があります。なかなか痩せられないのは、むくみが原因かもしれませんよ。

 

でも着圧ソックスを履けば、血流が良くなることで代謝がアップします。

 

代謝がアップするということは、脂肪が燃焼しやすくなるということ。つまりダイエット効果がアップするということなんですよ。だから着圧ソックスで痩せたとか、足が細くなったという口コミがあるんですね。

 

手足が冷えやすい人は、冷え性の改善

体が冷えるのは、血行が悪いことが原因です。血流は、全身を巡って心臓にもどりますが、とくに足は心臓から一番遠い場所にあるので、心臓まで血液が戻りにくいんです。

 

でも着圧ソックスを履くことで、この血流を心臓まで押し上げる効果が期待できます。

 

血液が溜まっている足に圧をかければ、血液が押し出されて、上に昇っていきますよね。そのため足に溜まった血流が改善され、冷え性が改善されます。また血行が良くなると体温も上がるので、代謝や免疫力もアップします。

 

疲労物質が流れて、だるさや疲れを回復

疲れがたまると、血液中に「疲労物質」や「老廃物」がたまります。それと同時に血行も悪くなってしまうと、疲労をなかなか回復できなくなるんです。

 

これが、いわゆる「血液ドロドロ状態」。

 

体が重く感じたり、足にだるさを感じるのは、ドロドロの血液によって血行が悪くなってしまうからなんです。

着圧ソックスは、この血行を改善することで、疲労物質を排出しやすくする作用があるんです。そのため、疲れを回復することができます。

 

自分に合った「着圧ソックス」の選び方

ダイエット効果や疲労回復、血栓などの病気を予防する効果まである着圧ソックス。これは是非とも試してみたいですよね。では、着圧ソックスの選び方はどうすれば良いのでしょうか?

 

「圧力」が自分に合ったものを選ぶ

着圧ソックスは、足首・ふくらはぎ・太ももで、それぞれ圧力レベルが違います。一番下の足首に強い圧力がかかり、上に行くにしたがって弱くなっていきます。

 

そのため着圧ソックスは、マッサージと同じような効果が得られるんです。 

 

一般的な圧力レベル

「足首20~30hPa(ヘクトパスカル)」「ふくらはぎ10~20hPa」「太もも5~15hPa」

 

適度な着圧が必要なので、弱すぎても強すぎてもダメなんです。自分に合った圧力レベルを見極めましょう。

 

大きいサイズだと効果なし

着圧ソックスは、商品によって圧力レベルが違います。「きつ過ぎたら困るから」と大きいサイズを買ってしまうと、効果がない場合もあります。

 

初めての使用で、どれくらいの圧力が良いかわからない場合には、弱めから試したほうが良いでしょう。きつ過ぎると、苦しくて履いていられないですからね。

 

足のサイズに関しては、ジャストサイズが良いでしょう。とくに「かかと」の位置がズレると、適切な位置に圧力がかからなくなってしまいます。

 

「夜用」か「昼用」かをチェック

着圧ソックスには「夜用」と「昼用」があります。何が違うのかと言うと、着圧の強さが違うんです。昼用よりも、夜用のほうが圧が弱く作られています。

 

そのため着圧ソックスを使う時間帯で、選ぶと良いでしょう。

 

昼用の着圧ソックスを履いて寝ると、圧が強すぎて良くありません。使い分けをしたいなら、両方持っていると便利ですね。

 

ハイソックス・ニーハイ・タイツなどの種類

着圧ソックスには、いろいろなタイプがあります。

 

  • 膝下までの「ハイソックス」
  • 太ももまでの「ニーハイソックス」
  • お尻まで入る「タイツ」や「ストッキング」

 

足痩せ効果なら「ニーハイ」や「タイツ」、むくみ解消なら「ハイソックス」でも効果があります。どんな効果が欲しいかによって、選ぶと良いでしょう。

 

また足の指まで隠れるタイプや、オープントゥもあります。夜用ならオープントゥが良いでしょう。5本指タイプもあるみたいです。自分に合ったタイプを見つけてみてくださいね。

 

医療用は一般商品より圧が高い

着圧ソックスには、医療用もあります。そもそも最初は、医療用に開発されたソックスだったんだとか。医療用の着圧ソックスを「弾性(だんせい)ストッキング・ソックス」と呼びます。

 

医療用は、一般用の着圧ソックスよりも圧力が強いのが特徴です。

 

弾性(だんせい)ストッキングは、医師の指導のもと使用するので、基本的には病院で購入できます。

「心臓疾患」や「血流障害」のある人は、一般の着圧ソックスを使う場合でも、医師に相談してから使うようにしましょう。

 

着圧ソックスの正しい履き方

着圧ソックスは、正しい履き方をしないと効果が得られません。ここで正しい履き方をご紹介しておきますね。

 

たぐり寄せてから、順番に履いていく

着圧ソックスはキツイので、ふつうの靴下のようには履けません。たとえば、ゴムの所だけつかんで足を入れても、つま先まで入らないんです。

 

そのため履く前に、たぐり寄せておく必要があります。そして「つま先」「かかと」「足首」「ふくらはぎ」という順番で、履いていく必要があります。

 

「かかと」の位置をしっかり合わせる

着圧ソックスは、足首の位置がしっかり合っていないと効果がありません。なぜなら、足首にいちばん強く圧力がかからないと意味がないからです。

 

足首の位置を合わせるには、かかとの位置をキッチリ合わせる必要があります。これが大事なんです。

正しい位置に正しい圧力がかかることで、下から上へ揉み上げる効果を得ることができます。

 

シワが寄らないように履く

着圧ソックスはとてもキツイので、順番に履いていかないと、途中でシワが寄ってしまうことがあります。シワがあると正しく圧力がかからないので、効果が半減してしまいます。

 

そのため着圧ソックスは、シワが寄らないように丁寧に履きましょう。そうすることで、効果を最大限に発揮させることができます。あわてて履くと、うまくいきませんよ。

 

着圧ソックスを履く時の注意点

着圧ソックスを履く時には、いくつか注意点があります。大前提として先にお伝えしておくと、持病がある人は、医師に相談してから使用してください。

他には、どんなことに気をつければ良いのか見ていきましょう。

 

寝るときに「昼用」を履くと危険

着圧ソックスには、「昼用」と「夜用」があるとお話しましたよね。寝る時に履く「夜用」は、圧力が弱めに作られています。そのため「昼用」を履いて寝ると、圧迫しすぎる危険があります。

 

キツ過ぎると着圧ソックスは、安眠できないだけでなく、血流がとどこおってしまう恐れがあります。そのため寝る時は、必ず夜用を使いましょう。

 

24時間つづけて履かない

着圧ソックスでむくみを解消したい人は、足を細くするために、長時間履いていたほうが効果がアップすると考えるかもしれませんね。

 

でも24時間つづけて履くのは、オススメできません。

 

ワタシは着圧ソックスをはじめて知った時、「こんなの履いて、血が止まんないのかしら?」と心配になったくらいです。長時間つづけて履くと、やっぱり血流を止めてしまうこともあるようなんですね。

 

使いすぎると逆効果になることも

着圧ソックスは毎日使ったほうが良いという情報も見かけますが、毎日履くのはやめてください。頻繁に使いすぎると、逆に足がむくんでしまうこともあるんです。

 

つまり、履きすぎると逆効果になることもあります。

 

着圧ソックスを履いている時は、体の一部の機能が停止している状態です。そのため着圧ソックスに頼り過ぎると、自分の体の機能が衰えてしまうんですね。

人間の体って、使わないとどんどん退化するんです。これって怖いことですよ~。そのため、むくみがひどい時だけ使用するようにしてくださいね。

 

圧力が強いほうが、効果が高いわけではない

着圧ソックスは、圧力が強いほうが効果が高いわけではありません。足を細くしたい人は、頑張ってキツめの着圧ソックスを選んでしまいそうですが、適度な圧力の物を使用してください。

 

とくに持病がある人は、「そもそも着圧ソックスを履いて良いのか?」という所から医師に確認する必要がありますので、とくに注意して履くようにしましょう。

 

蒸れやかゆみに注意

着圧ソックスの素材は、その機能性を考えると、まず「綿」ではない可能性が高いです。つまり「吸汗性」や「通気性」が悪い素材の場合もあります。

 

そのため「蒸れ」や、かぶれによる「かゆみ」に注意しましょう。

 

ゴムの締めつけで、かぶれてしまうこともあるでしょうし、素材が体質に合っていない場合もありますよね。異変があればすぐに使用を中止して、他の商品に変えてみましょう。

 

着圧ソックスの「足が細くなる効果」をアップさせる方法

着圧ソックスには、足が細くなる効果があることがわかりました。では、さらに着圧ソックスを効果的に利用するには、どうすれば良いのでしょうか?

 

足痩せ・下半身痩せならニーハイソックスがおすすめ

着圧ソックスに興味がある人は、きっと「足痩せ」や「下半身痩せ」がしたいのでしょう。ダイエットのために着圧ソックスを履くなら、どのタイプが良いのでしょうか?

 

足痩せ効果なら「ニーハイソックス」がおすすめです。

 

足痩せしたい人が一番気にしているのは、太ももですよね。太ももが細くなれば、足痩せは成功したも同然。となると膝下までのハイソックスでは、ちょっと足りないんです。太もも痩せ効果を狙っている人は、ニーハイソックスにしてみましょう。

 

食生活やサプリで、むくみ体質を改善する

着圧ソックスには、むくみ解消の効果があります。でも、それは一時的な解消だと言えます。本当にむくみを解消したいなら、体質そのものを変える必要があります。

 

食生活やサプリ、運動習慣などで、むくまない体質に変えていきましょう。

 

着圧ソックスは、あくまでサポート的な役割。体質を変えるための「お助けマン」だと考えておきましょうね。着圧ソックスの効果を引き出すには、生活習慣も変える必要があります。そこをお忘れなく。

 

運動をプラスすれば、代謝がさらにアップ

昼用の着圧ソックスは、動いても大丈夫な設計になっているそうです。そのため代謝をアップするには、多少の運動をプラスすること。

これが、着圧ソックスの効果を最大限に引き出す方法です。

 

本来なら、運動かマッサージでしか得られない代謝アップの効果。それを「着圧ソックス」がやってくれるんです。一時的な効果ではあるものの、着圧ソックスの効果は絶大です。

でも本当に痩せやすい体質になるには、根本的に生活習慣を変える必要がありますけどね。

 

着圧ソックスを上手に使えば、美脚効果あり!

ダイエットしてるのに足だけ痩せない人、夕方になると足がむくみやすい人などは、着圧ソックスを履くことで改善できることがわかりました。

 

着圧ソックスを上手に利用すれば、代謝や血行を良くしてくれます。注意点に気をつけながら、着圧ソックスで理想の美脚を手に入れちゃいましょう。