みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

インナードライ肌を改善する化粧水の選び方|乾燥を防ぐスキンケアは美容液や乳液に注目!

f:id:m-danjyo:20171109042714j:plain

インナードライ肌に効く化粧水・美容液・乳液とは?

「肌がテカってニキビができやすい」

「なんだか肌が潤ってる気がしない」

「化粧が崩れやすくなった」

 

そんな悩みは、ありませんか?

もしかして、それって「インナードライ肌」かもしれません!

 

インナードライは肌の表面に皮脂が多くなるので、「脂性肌」と勘違いしやすいのです。そのため間違ったスキンケアをしてしまい、肌の内部の乾燥がどんどん悪化するケースも……。

 

インナードライ肌にいちばん必要なのは「保湿」です。

とくに化粧水の選び方が重要で、乳液や美容液の使い方にもポイントがあります。

その全てを詳しく解説していきますね。

 

インナードライは、脂性肌と間違えやすい

インナードライ肌は、脂性肌と間違えやすい傾向があります。まずは、自分の肌質を知ることが大切です。インナードライ肌とは何かをご紹介していきましょう。

 

8割以上の女性はインナードライ

女性の肌質は、人によってさまざまです。また季節や生理周期などでも、常に変化している可能性があります。そんな中でも8割以上もの女性が「インナードライ肌」の傾向があると言われています。これって、スゴイ数字ですよね。

 

ワタシも一時期、何をやっても肌状態が良くならないことがありました。それがまさしくインナードライだったのです。その頃は肌がベタつくのがイヤで、化粧水しかつけていませんでした。でも乳液もつけるようになったら、肌がもっちりとして、乾燥も感じなくなりました。そこで「保湿が足りなかった」と気づいたのです。

 

脂性肌と勘違いして皮脂をとり過ぎる

インナードライ肌は、表面には皮脂が多く、肌の内部が乾燥している状態です。そのため見た目的には、脂性肌に見えるのです。そこで脂性肌だと勘違いしてしまうと、皮脂をとることばかり考えてしまう人が多いでしょう。

 

するとインナードライはどんどん悪化して、肌の内部の乾燥は止まりません。肌の内部が乾燥することで、さらに皮脂の分泌が多くなっていくのです。

 

肌には自己防衛本能みたいな機能があり、乾燥すると皮脂を分泌して保湿しようとします。つまり乾燥すればするほど皮脂が多くなり、肌がベタつくということです。

これを食い止めるには、保湿しかありません。

 

混合肌とインナードライの違い

部分的に皮脂が多い場所と、乾燥している場所があるような肌質を「混合肌」と言います。良くありがちなのは、Tゾーンは皮脂が多く、頬は乾燥している状態。一見インナードライと良く似ていますが、決定的な違いがあります。

 

インナードライ肌は、ある意味では混合肌ですが、肌の内部(奥のほう)が乾燥しているのが一番の問題なのです。混合肌は、表面的に乾燥肌と脂性肌が混在している状態。乾燥肌と普通肌、脂性肌と普通肌の場合もあります。

 

でもインナードライ肌は肌の内部が乾燥しているので、改善するのがむずかしく厄介なのです。

 

インナードライ肌の特徴

では、インナードライ肌には、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

 

ニキビができやすい

インナードライは肌の表面に皮脂が多いので、ニキビができやすい特徴があります。皮脂が毛穴をつまらせ、雑菌が繁殖して炎症を起こしやすいのです。

これは「大人ニキビ」の特徴でもあります。

 

ニキビができると、多くの人は皮脂をしっかり落とそうとします。そのため洗顔のしすぎで、肌の内部はどんどん乾燥してしまうという状況に陥ります。すると皮脂がさらに多くなり、ニキビが治りにくくなるという悪循環になります。

 

この場合の対処法は、「洗顔をしすぎない」ことと「保湿をする」ことです。

 

化粧ノリが悪い・化粧崩れしやすい

インナードライ肌の特徴として表れやすいのが、化粧くずれしやすいということ。しかも乾燥しているので、化粧のノリも悪いことが考えられます。

「年齢のせいで、化粧ノリが悪くなってきた」とあきらめていた人は、インナードライ肌を改善することで悩みは解消されることでしょう。

 

肌に透明感がない

インナードライ肌の特徴は、ターンオーバーが乱れやすい状態であること。肌の内部が乾燥して、肌のバリア機能が低下している状態です。そのためターンオーバーが乱れ、古い角質が残りやすくなります。

 

すると「シワ」や「シミ」が増えて、肌に透明感がなくなってきます。いわゆる「くすみ」も併発するということですね。そのため肌年齢はどんどん高齢化して、老け顔になってしまう恐れがあります。

 

これを食い止めるには、ターンオーバーを正常にする必要があります。

 

部分的な乾燥とテカリがある

インナードライ肌の特徴は、部分的に「乾燥」と「テカリ」があることです。テカリがニキビの原因になることが多いので、どうしても皮脂を取るほうを優先させてしまいがちに。

するとインナードライはどんどん悪化して、乾燥とテカリが進行してしまいます。

これを食い止めるにも、やはり「保湿」が重要ポイントになります。

 

インナードライ肌になる原因

では、インナードライ肌の原因とは何でしょうか?

 

ターンオーバーが乱れている

インナードライ肌になる原因は、ターンオーバーが乱れていることです。ターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に残り、保湿しても肌に浸透しなくなります。そのためインナードライ肌はどんどん悪化して、シミやシワが増えやすくなるのです。

 

◆ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーが乱れる原因は色々ありますが、とくに以下のことに気をつけましょう。

 

  • ストレスが溜まっている
  • 血行・代謝がわるい
  • 睡眠不足・熟睡できていない

 

じつはこの3つは、つながっているのです。ストレスが溜まると血行が悪くなり、血行が悪くなると、肌の新陳代謝が悪くなります。

しかもストレスで睡眠不足になったり、熟睡できなくなると、肌のターンオーバーが正常におこなわれなくなります。

 

ターンオーバーは眠っている間におこなわれていて、22~2時に熟睡していないと活発になりません。そのため古い角質が残り、インナードライ肌が悪化してしまうのです。

 

肌が乾燥するスキンケア

インナードライ肌になる原因は、肌を乾燥させるスキンケアをしているからです。ニキビができやすく、肌がベタついていると、保湿がおろそかになりがちですよね。実際にワタシもそうでしたから、良くわかります。

 

化粧水での保湿は重要ですが、化粧水だけではダメなんです。インナードライ肌を改善するには、乳液や保湿クリームが必要になります。

 

◆スキンケアは、化粧水で終わらせない

インナードライ肌を改善するには、化粧水の後に乳液や保湿クリームをつけることが大切です。化粧水だけでは、保湿が不十分なのです。

しかも肌は濡れると水分が蒸発しやすくなるので、化粧水をつけただけでは、余計に乾燥が悪化してしまいます。

 

また化粧水のつけ方にも注意が必要です。インナードライ肌はバリア機能が低下して、敏感な状態になっています。

肌を傷つけてしまうので、化粧水をつける時には、パッティングをしないようにしましょう。

コットンでやさしく肌をなでるか、手でプレス(押し当てる)するのが良いでしょう。

 

皮脂の分泌を増やす洗顔をしている

インナードライ肌は表面に皮脂が多くなるので、洗顔を一所懸命にやってしまいがちです。洗顔の回数が増えたり、洗顔を念入りにしたりしてしまうでしょう。

でもそれが、インナードライ肌を悪化させる原因なのです。

 

◆インナードライを改善する洗顔・クレンジングのコツ

インナードライ肌を改善するには、洗顔とクレンジングにちょっとしたコツがあります。

 

  • クレンジング剤は多めに使う
  • 洗顔は1日2回まで
  • 洗顔は1分以内、長くても2分以内
  • 30~35℃のぬるま湯で洗い流す

 

メイク落としをする時は、クレンジング剤を多めに使いましょう。これは、肌になるべく刺激を与えないためです。クレンジング剤がクッションになり、指による肌への刺激を軽減します。

 

また洗顔は1日2回までとし、洗顔時間を1分以内にとどめましょう。長くても2分以内には、洗顔を終わらせます。これが乾燥を防ぐコツです。

そして洗い流す時には、30~35℃くらいのぬるま湯を使うことです。温かいというよりは、ちょっと冷たいくらいかもしれません。

 

熱いお湯を使うと、皮脂を落としすぎるので注意しましょう。

 

ストレス・生活習慣の乱れ

インナードライ肌はスキンケアだけでなく、生活習慣も原因になります。たとえば、こんな生活をしていませんか?

 

  • 夜遅くまで起きている
  • タバコを吸っている
  • お菓子やカップ麺をよく食べる

 

インナードライ肌は、ターンオーバーが乱れていることが多いので、夜遅くまで起きているのは良くありません。眠っている間にターンオーバーがおこなわれるからです。

またタバコは肌を乾燥させて、皮脂の分泌を増やす原因になります。禁煙するだけでも、肌状態はおどろくほど変わりますよ。

 

さらに、毎日の生活が忙しすぎて食事をおろそかにしていませんか? お菓子やカップ麺をよく食べる人は、インナードライ肌が悪化しやすい傾向があります。

 

◆睡眠と食事は、とくに重要

インナードライ肌の改善には、睡眠がとくに重要です。睡眠がターンオーバーを正常にして、インナードライを改善してくれます。

ターンオーバーが正常になると、保湿ケアの効果が感じられるようになるでしょう。

 

また食事は、栄養バランスを良くすることが大切です。色々な物を少しずつ食べるのが理想ですが、とくに摂りたい栄養は

 

  • タンパク質……大豆・肉類・タマゴ
  • 良質な脂質……アボカド・オリーブオイル・アーモンド
  • 食物繊維……海藻類・キノコ類・野菜類

 

です。タンパク質と良質な脂質は、肌をうるおしてハリを取り戻してくれます。食物繊維は腸内環境をととのえて、便秘を解消してくれます。体の中からキレイになると、肌状態も良くなります。

 

インナードライ肌を改善する化粧水の選び方

インナードライ肌を改善するには、化粧水の選び方が重要なポイントになります。あくまでも乳液やクリームでの保湿が重要ではありますが、どんな化粧水を使うかが大きく左右されるのです。では、選び方のポイントをご紹介しましょう。

 

さらさらタイプorとろみタイプ?

インナードライ肌を改善するには、「保湿」が何より重要です。そのため化粧水を選ぶときに、とろみタイプにする人が多いのではないでしょうか?

 

とろみタイプのほうが、何となく肌がしっとりした感じはしますが、じつはインナードライ肌には「さらさらタイプ」の化粧水がオススメなんです。

その理由は、肌の奥まで浸透しやすいからです。インナードライ肌は、肌の表面ではなく、肌の奥が乾燥している状態。そのため肌の奥まで浸透しないと意味がないのです。

 

とろみタイプの化粧水は、肌の表面を保湿する機能には優れています。でも肌の奥までは、なかなか浸透しにくい性質があるのです。

 

高い浸透性がある

インナードライ肌を改善するには、「保湿」が何よりも重要です。(しつこく言っています笑)そのため高い保湿性が重要なのですが、化粧水は保湿性よりも浸透性のほうが重要です。もちろん保湿性も優れているに越したことはありません。

 

保湿成分で効果的なのは「セラミド」ですが、化粧水にセラミドが配合されていても、そこまで高い保湿効果は発揮できないそうです。セラミドは脂質に近いので、美容液や乳液、クリームに配合されているほうが効果を発揮してくれます。

 

肌にやさしい低刺激タイプ

インナードライ肌は基本的に乾燥していて、肌のバリア機能が低下している状態です。そのため刺激に対して敏感になっているのです。

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液すべてに言えることですが、なるべく肌にやさしい「低刺激タイプ」の化粧品を使いましょう。化粧水でNGなのが、以下の3つです。

 

  • 毛穴を引き締める「収れん化粧水」
  • 毛穴の汚れを取る「拭き取り化粧水」
  • 肌への刺激が強い「アルコール」配合

 

この3つの化粧水は、避けるようにしましょう。

そして化粧水におすすめの保湿成分は、以下になります。

 

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • アミノ酸
  • エラスチン

 

セラミド配合の化粧水も良いですが、とくにセラミドが必要なのは、次のステップです。

 

インナードライ肌を改善する美容液と乳液・クリーム

インナードライ肌を改善するには、化粧水だけでスキンケアを終わらせてはいけません。必ず乳液やクリームを塗るようにしましょう。では、どのような美容液・乳液・クリームを使えば良いのでしょうか? また使い方のコツもご紹介します。

 

セラミド配合の乳液やクリームがオススメ

高い浸透性がある化粧水をつけた後は、セラミド配合の乳液やクリームを必ず塗りましょう。肌は水に濡れると、水分が蒸発しやすくなります。そのため化粧水だけで終わらせると、余計に乾燥が悪化してしまうのです。

 

そのためインナードライ肌のためのスキンケアでは、乳液やクリームが絶対に必要なのです。乳液をつけるとニキビができやすいという人もいるかもしれませんが、じつは乾燥しているほうが皮脂の分泌が多くなり、ニキビができやすくなります。

乾燥を防いで皮脂分泌を減らすためには、乳液やクリームが必要不可欠です。

 

シンプルなスキンケアにすることが大事

インナードライ肌を改善するには、「保湿」が何よりも重要ですよね。だからといってスキンケアが多すぎると、逆に肌へ刺激になってしまうのです。肌に何かをつけるということは、それだけでも刺激になります。

 

そのためシンプルなスキンケアにすることも大事なのです。いちばんシンプルなスキンケア方法としては、「化粧水」→「保湿クリーム」の2つです。顔全体にしっかり塗ることが大切ですが、量は多くなくても大丈夫です。

薄くても、しっかりと全体的に伸ばしましょう。

 

美容液やクリームは部分的でもOK

もし「化粧水」→「乳液」にするなら、保湿クリームは目元や口元などの乾燥しやすい部分だけでもOKです。インナードライ肌は、部分的に乾燥がひどく、部分的に皮脂が多いので、部分的に使い分けるのも有効な手段です。

 

また美容液は「肌に栄養を与える」というイメージなので、肌に元気がない時だけ使用するのでも良いでしょう。

 

インナードライ肌の改善は、保湿が決め手!

インナードライ肌になる原因と改善方法、また化粧水・乳液・美容液の選び方をご紹介しました。

インナードライ肌の改善にいちばん大切なのは「保湿」です。

肌を保湿できれば、皮脂の分泌も減らすことができます。

 

年齢に負けない健やかな肌を作っていきましょうね。