みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

仕事をすぐ辞める人の特徴|仕事を続ける理由をつくれば人生楽しくなる

f:id:m-danjyo:20171109235341j:plain

仕事をすぐ辞める人は、自分研究で新たな境地へ

「なんで仕事が続かないんだろう」

「なんで良い職場にめぐり合えないんだろう」

 

あなたは、そんな「なんで」を抱えていませんか?

ではこれから、その「なんで」という疑問を一緒に解決していきましょう。

 

逆に考えると、あなたの「なんで」を解決できなければ、またすぐ仕事を辞めるかもしれません。

そのスパイラルから抜け出すには、考えを一歩先へ進める解決策が必要です。

 

ではまず、仕事をすぐ辞める人の特徴を見ていきます。

その後で、仕事を続けるコツをご紹介します。

これは人生を楽しくするコツでもありますので、参考にしてみてください。

 

仕事をすぐ辞める人の特徴

仕事をすぐ辞めると、またすぐ辞めてしまいますよね。それって、なぜなのでしょうか? 仕事をすぐ辞める人の特徴を見ていきましょう。

 

もっと自分に合った仕事があると信じている

仕事をすぐ辞める人の特徴は、仕事に対して過度な期待をしているのかもしれません。自分の生きがいと言えるような仕事に出会える日を夢見ているのです。ワタシもそうでした。「もっと自分に合った仕事が、他にある」と信じているんですよね。

 

でも、それを漠然と考えているだけでは、「いい大人が、甘えたこと言ってるんじゃない!」と叱られてしまうでしょう。真剣に、自分に合った仕事を探す行動を取ったときに初めて、認めてもらえるのです。

 

もちろん探すだけでなく、あなたが勇気を持って飛び込んだときに、本当に満足できるのです。初めは満足する余裕なんてありませんが、いつか必ず、そう思える日が来ます。

 

競争社会に適応できない

社会に出ると、否応なしに競争させられている感覚になります。競争なんてしたくないのに、相手が勝手に敵対心をむき出しにしてくるのです。そんな競争社会に適応できない人は、仕事をすぐに辞めてしまうでしょう。

 

適応できないなら、無理に適応する必要もないのです。仕事の種類は、色々あります。競争しなくても良い仕事が、どこかにあるはずです。多少は競争の要素が絡んできますが、気にしないで仕事ができる場所もあります。

たとえば、相手の顔が見えない状況なら、気になりませんよね。

 

条件や待遇だけで転職先を選んでいる

仕事をすぐ辞める人の特徴として、いちばん有力なのは、条件や待遇だけで転職先を選んでいる人です。給料がいくらとか、住宅手当がいくらとか、役職に就けるとか。

 

条件や待遇だけで転職先を選んでしまうと、入社してから「仕事内容が合わない」と感じて辞めてしまうのです。では次に仕事内容で転職先を選ぶと、今度は「給料が安すぎる」と不満を持って辞めてしまうのです。

 

他人の会社のために働く以上は、多少の妥協は必要になります。それがイヤなら、起業すれば良いのです。そのほうがきっと楽しいですよ。

 

仕事を続ける理由がない

そもそも、仕事を続ける理由がない人もいるかもしれませんね。親の遺産があるとか、実家が金持ちとか、一生遊んで暮らせるお金があるなら、無理に働く必要はないのでは? そんな恵まれた状況の人なら、いっそ遊んで暮らしましょう。

 

逆に、今は実家暮らしで親がいるけど、いなくなったときに困るなら、今から働いておいたほうが良いでしょう。一種の危機管理です。ギリギリになってから慌てて就職先を見つけても、それこそすぐに辞めてしまうかもしれません。

 

いじめのターゲットになりやすい

世の中には悪質な人がたくさんいて、あなたをいじめる人がいるかもしれませんね。ワタシも比較的、いじめのターゲットになりやすいタイプでした。人は、自分と違う価値観の人を受け入れられないのです。

でもワタシをいじめるような人は、不幸な人ばかりだったと思います。そもそも自分が不幸だから、人をいじめるのです。

 

ただし、自分から威嚇して孤立する人は、人生損しています。たった一言あいさつをかわせば、友好的に接してくれる人もいます。ほんのちょっと助けてあげれば、すごく感謝してくれる人もいます。そういう人を相手にすれば良いのです。それ以外は、ビジネスライクで一線を引きましょう。

 

仕事での成長を実感できない

仕事をすぐ辞める人の特徴は、仕事での成長を実感できない人です。平たく言えば、向上心のない人です。そのような人は、雑務などのどうでも良い仕事をナメてる節があります。

「こんな仕事は、自分の仕事じゃない」と思っているのでしょう。

 

でも、どうでも良い仕事をしない人が、大きな仕事を任されることはありません。多くの人は「成功して輝いている人」の現在しか見ていないのです。

下積み時代とか、失敗ばかりだった日々もあったという想像ができないのです。初めから何でもできる人なんて、世界中でごくわずかしかいません。

 

仕事を続ける理由をつくれば人生楽しくなる

あなたが「仕事をすぐ辞める人」のスパイラルから抜け出したいと思うなら、考えを一歩先へ進めてみましょう。「仕事を辞める理由」を探すのではなく、「仕事を続ける理由」をつくるのです。

 

そこから、あなたの人生はきっと楽しくなります。では、どんなことを考えれば良いのでしょうか?

 

俺がやらなきゃ誰がやる

この言葉は、ワタシが今やっている仕事の意味を見失っているときに見つけました。毎日やる気が出なくて、憂鬱になりながら、仕方なく仕事をしていたときです。

何かわからないけど、ワタシはこの言葉をノートの表紙に書きました。確かその人は、この言葉が書かれているノートを買ったと言っていたような……。

 

何もやる気が出ないなら、とりあえず真似してみようと思いました。そのノートは、今でも使っています。

あなたが今やっている仕事は、あなたじゃなくてもできますか? ほとんどの仕事は、他の誰かでもできる仕事のはずです。あなたがやらなければ、誰か他の人がやります。でも他の誰かがやるなら、あなたがやってみませんか?

 

追い詰められて、初めて仕事が楽しくなる

過労死するほど馬車馬のように働かされる鬼のような会社は別として、大抵の仕事は、追い詰められてからが本番です。

仕事を毎日やっていると、いつか慣れてきます。慣れてくれば楽になります。その状況に甘んじていては、仕事を辞めたくなる日が来ます。人間って、楽になるとつまらなくなるのです。

 

でも自分を追い込んで、周りに追い込まれて、ギリギリの限界に挑戦していると、楽しくなる瞬間が必ず訪れます。何かちょっとでも成果が出れば、嬉しいですよね。それが達成感であり、自信につながるのです。

 

インプットは思考停止、考えてアウトプットする

これもどこかで読んだような気がしますが、色々と混ざっているかもしれません。印象に残っている言葉をつなぎ合わせたり、そこから派生させたりして、ワタシなりに解釈を深めていくのです。

まさにこれが、「考えてアウトプットする」という意味です。記事に書くというアウトプットではありません。考えを深めて、自分のスタイルをつくることがアウトプットなのです。

 

人は本を読んだりしてインプットしているときは、思考が停止している状態です。(確かそう書いてありました)つまり何も考えていないのです。知識を得ることは、思考ではありません。

得た知識をいかに工夫して自分の物にするかが、考えるというアウトプットになります。今こそ、それを試すときなのではないでしょうか?

 

逃げ場はない。ただ進むだけだ。

何だか偉い人の格言みたいになってしまいましたが、ワタシはいつも、こう思っています。実際、ワタシには逃げ場がありません。逃げ場がないなら、その場所にとどまるか、進むしか選択肢はないのです。後ろには戻れないのですから。

 

でも、ずっと同じ場所にいたら飽きます。だから結局、進むしか選択肢はないのです。そして、どうせ進むなら成長しながら進みたい。すると、また追い詰められて限界になる。でも逃げ場はないし、進むしかない……。これの繰り返しです。ワタシの人生は。

だから、とりあえず今の道を進んでみてはいかがですか?

 

自分研究をして、新たな境地を開拓する

ワタシは最近、「自分研究」をはじめました。自分探しではありません。ワタシはココにいますから、探す必要はありません。

自分研究とは、「自分の考え・行動・過去・現在・未来など、自分についてのあらゆることを考えてみよう」という、どうでもいい研究です。まぁ、どうでも良くないですけどね、ワタシにとっては。

 

人って、自分のことを意外と知りません。だから「よし、自分を研究してみよう」と思ったのです。まだ誰もしたことがない研究です。だって、ワタシを研究した人は誰もいませんから。

 

でも、自分を知るメリットはかなり大きいと思っています。自分を知り尽くせば、自分をコントロールできますし、どんな時にやる気が無くなるのかもわかります。それを仕事に活かせると思いませんか? まだ見ぬ場所に行けるかもしれません。

 

自分の人生を生きるプロになろう!

仕事をすぐ辞める人の特徴と、仕事を続けるコツをご紹介しました。

あなたの「なんで」は、解決できましたか?

 

これから先、また仕事を辞める日が来るかもしれません。

でもあなたは、あなたの人生をやめることはできません。

これからは、「あなた」という人生を生きるプロになりましょう。

 

あなたを楽しませるのは、あなた。

あなたを悲しませるのも、あなたなのです。

あなたは今、どんな気持ちですか?