みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

水太りの解消法|むくみの改善はダイエットよりデトックスが効果的

f:id:m-danjyo:20171027145550j:plain

水太りの解消は、水分補給とデトックス

そんなに食べてないのに、なかなか痩せない……と悩んでいる人は、意外と多いのではないでしょうか?

痩せない原因がわからずに、やみくもにダイエットをしても、痩せられない可能性があります。

 

なぜなら、それは「むくみによる水太り」かもしれないからです。

 

「でも、そんなにたくさん水を飲んでいるわけじゃない」と思っている人もいることでしょう。

じつは、そういう人こそ「水太り」している可能性があります。

 

水太りは、水をたくさん飲むことが原因だと思われがちですが、むしろ水が足りていない場合もあります。

 

そんな水太りを解消するには、まずは適切な量の水を飲み、代謝をアップさせることが大切です。その方法をこれから詳しく解説していきます。

 

水太りとは?

そもそも水太りとは、どんな状態を示すのでしょうか?

あなたが水太りなのかをチェックする方法もご紹介します。

 

水太りとは「むくみ」のこと

水太りとは、おもに「むくみ」のことです。顔や足がパンパンにむくんでしまうのは、水太りになっていることが原因だと考えられます。

 

本来は、適切な量の水(1日1~2リットルくらい)を飲むことで血液循環を良くし、それ以外は代謝機能によって体外へ排出されます。

しかし何らかの原因で体外に排出されなくなると、水分が体内に溜まり、水太りになってしまうのです。

 

水太りのメカニズムには、おもに2通りのパターンがあります。

 

  • 代謝機能が低下していると、水分を排出できなくなる。
  • 水分補給が少ないと、血液がドロドロになり、血行が悪くなる。

 

いずれも、代謝の低下がおもな原因です。

 

だから「むくみたくないから水を飲まない」というのは間違いで、むしろ積極的に水分を補給したほうが良いでしょう。

そして、代謝機能をアップさせることが、水太りの解消法になります。

 

水太りかチェックしてみよう

では、あなたが水太りしているのかをチェックしてみましょう。

 

  • 体が冷えやすい
  • 運動をほとんどしていない
  • お風呂に浸かることが少ない
  • お酒を良く飲む
  • 塩辛い食べ物が好き
  • 足が重い・だるい
  • 冷たい飲み物や食べ物を摂ることが多い
  • 睡眠不足で疲れがたまっている
  • 慢性的な便秘に悩まされている

 

以上のようなことに心当たりがある人は、水太りになっている可能性が高いです。水太りは痩せにくいだけでなく、さまざまな病気の原因にもなりますので、早めに改善しておきましょう。

 

水太りはダイエットで解消できる?

水太りを解消するには、ふつうにダイエットをすれば良いのでしょうか?

 

脂肪で太っているわけではない

水太りは、見た目からすると脂肪がついて太っているように見えますよね。でも実は、脂肪ではない可能性が高いのです。

そのため普通にダイエットしても、解消できない場合があります。

 

水太りを解消するには、脂肪を燃焼させるようなダイエット方法ではなく、代謝をアップさせるようなデトックスが効果的です。

 

水分を排出すれば、すぐに痩せられる

水太りは、体内に水分が溜まっている状態です。

代謝機能が正常ならば、問題なく余計な水分は排出されていきます。

 

しかし塩分の摂り過ぎや代謝機能が低下すると、水分が体内に溜まって、体がむくんでしまうのです。

 

つまり水太りは、代謝機能をアップすれば、すぐに痩せられる可能性が高いと言えます。

 

水分が足りない場合もある

水太りは、水分の摂り過ぎが原因だと思っている人は多いと思います。でも実は、水分が足りないことで、血行が悪くなっている場合があるのです。

人間の体の60~70%は水分だと言われていて、水分が足りなくなると、体のさまざまな機能が低下してしまいます。

 

たとえば水分が足りないと、体が危機を感じて、水分を体内に溜め込もうとします。そのためむくみが生じ、水太りになってしまうのです。

つまり、水太りを解消するためには、ある程度の水分が必要なのです。

 

水太りの原因

では、水太りになる原因とは何なのでしょうか?

 

代謝が悪い

あまり汗をかかない人は、新陳代謝が悪くなっている可能性があります。新陳代謝が悪い人は、体内に溜まっている余分な水分や老廃物を排出できず、水太りになってしまいます。

 

つまり代謝が良くなれば、余分な水分や老廃物を排出して、水太りを解消できます。

 

また「なかなか痩せられない」という人も代謝が低下しているので、水太りを解消すれば代謝がアップして、痩せやすくなる可能性があります。

 

冷え性

手足などの末端が冷えやすい人や、体温が低く寒がりな人は、冷え性の悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

冷え性になるということは、全身の血行が悪くなっている証拠です。血行が悪くなると代謝が低下しますので、体に溜まった水分を排出しづらくなります。

そのため水太りになってしまうのです。

 

塩分の摂り過ぎ

ふだん料理などに使う「塩」は、「天然塩」ではなく、「食卓塩」が多いのではないでしょうか?

食卓塩には塩化ナトリウムが多く含まれていて、水分を溜め込む性質があります。そのため摂り過ぎると、水太りの原因になります。

 

一方、塩田で作られるような「天然塩」には、ナトリウムよりも「マグネシウム」や「カリウム」などのミネラルが多く含まれています。そのため適量の塩分ならば、水太りになる心配は少ないでしょう。

 

スーパーで売られている塩のほとんどは精製された塩ですから、水分を体内に溜めこみ、水太りの原因になると考えられます。とはいえ天然塩を買うのも大変ですから、なるべく塩分をひかえた食生活をする必要があります。

 

デスクワークと運動不足

デスクワークや運動不足の人は、筋肉を動かす機会が少ないので、血行が悪くなりやすいです。またデスクワークだけでなく、立ち仕事の人も、足がむくみやすい悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

体を動かすことが少ないと、筋肉を使わないので、血行が悪くなりやすいです。筋肉には血液を流すポンプのような役割があり、滞りがちな血流を心臓にもどす手助けをしてくれます。

 

血行が改善されれば、水太りも解消されるので、そのためにも適度な運動を取り入れた生活を心がけましょう。

 

水太りを放っておくと、セルライトになる

水太りは脂肪で太っているわけではないので、「放っておいても大丈夫」だと思っていませんか?

たしかに水太りは脂肪で太っているわけではありませんが、放っておくと「脂肪」がつきやすくなったり、「セルライト」になる可能性があります。

 

セルライトになってしまうと、肌がデコボコして見た目が悪いだけでなく、なかなか解消できないというデメリットもあります。

そのため水太りは、早めに解消するようにしましょう。

 

水太りの解消法

では、水太りの解消法はどうすれば良いのでしょうか?

 

入浴はシャワーではなく、湯船に浸かる

暑い夏の日や仕事で疲れて帰ってきた日などは、シャワーでお風呂を済ませていませんか? 残念ながらシャワーでは、水太りを解消することはできません。

 

湯船に浸かるメリットは、「冷え性改善」と「代謝アップ」です。

しっかりと体を温めることで血行が良くなり、冷え性を改善することができます。また体が温まると汗をかきますので、新陳代謝もアップして、体に溜まった水分を排出することができます。

 

また、ゆっくり湯船に浸かると、リラックス効果で疲労回復にも役立ちます。仕事で疲れている時こそ湯船に浸かって、「疲れ」も「水太り」も解消してしまいましょう。

 

運動で全身の血行を良くして、汗を出す

日頃から運動不足の人は、有酸素運動のような軽い運動で、全身の血行を良くしましょう。汗をかく有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的だと言われていますが、水太りを解消する効果も期待できます。

 

「汗を出すなら、入浴でも良いのでは?」と思うかもしれませんが、運動は入浴よりも更に効果的です。

 

筋肉には、血液を流すためのポンプ機能があるとお話しました。そのため「筋肉」を適度に鍛える有酸素運動をすることで、血行が良くなり、水太りを解消できます。

 

とくに、ふくらはぎの筋肉を鍛えると、血流が滞りがちな「下半身のむくみ」を解消することができます。

 

カリウムの多い食べ物を摂る

カリウムには、体内に溜まった余計な水分や塩分を排出する働きがあります。

そのため水太りを解消するには、カリウムを多く含む食べ物を摂ると良いでしょう。

 

  • バナナ
  • アボカド
  • 海藻類
  • アーモンド
  • パセリ
  • 納豆

 

これらの食べ物には「カリウム」が多く含まれていて、水太りを解消する効果があります。また便秘を解消する効果も期待できるので、これらの食べ物を食べて、体の中からキレイになりましょう。

 

デトックス効果のあるお茶を飲む

水太りを解消するには、デトックス効果のあるお茶を飲むのもオススメです。デトックス効果のあるお茶は、血行を良くしたり、体内の水分を排出する利尿作用があります。

なるべくカフェインを含まないお茶のほうが、水太り解消には効果的です。

 

◆ルイボスティー

ルイボスティーには便秘を解消したり、新陳代謝を良くする作用があります。ミネラルが多く含まれていて、体内の毒素や老廃物を排出する「デトックス効果」があります。

 

ノンカフェインなので妊娠中でも飲むことができ、体のむくみを解消して、「妊娠高血圧症」などの予防にも効果的です。

 

◆どくだみ茶

どくだみ茶にはカリウムが多く含まれていて、利尿作用が高く、デトックス効果が期待できます。高血圧予防や血管を強くする効果もあります。

 

ただしカリウムの含有量が多いため、腎機能が低下している人は「高カリウム血症」になる恐れがありますので、ご注意ください。

 

◆ハーブティー

どんな種類でも、ほとんどのハーブティーには「リラックス効果」と「血行促進効果」が期待できます。その中でも、「レモングラス」や「ローズマリー」が水太りの解消にオススメです。

 

とくに寝る前に飲むとリラックス効果があり、睡眠の質を高めることができます。睡眠不足で疲れが溜まっていると、代謝が低下して、水太りになりやすいです。そのため寝る前のハーブティーはオススメです。

 

リンパマッサージで血流改善

夕方になると靴がきつくなるとか、足がパンパンにむくんでしまう人は、リンパマッサージが効果的です。マッサージすることで血行が良くなり、むくみを解消することができます。

 

やり方は簡単なので、毎日のリラックスタイムにやってみてください。お風呂上がりにやると効果的ですよ。

 

◆下半身の血流を改善するマッサージ

手で拳をつくり、第二関節の部分で滑らせるようにマッサージをします。

滑りを良くするために、オイルなどを使うのがオススメです。

 

  1. 足の甲の部分を、指から足首に向かって滑らせます。
  2. スネの部分を、足首から膝に向かって滑らせます。
  3. 膝の裏を手の四本指で指圧します。
  4. 膝から足の付け根に向かって滑らせます。

 

注意点は、あまり強く力を入れないことです。でも弱すぎても効果がないので、痛くない程度の力加減がちょうど良いでしょう。

 

ふくらはぎの筋肉を鍛える

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれていて、血流を心臓にもどす上で、重要な役割を果たしています。そのため、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで、血行が滞りがちな下半身のむくみを改善できます。

 

◆つま先立ちでポンプ機能を高める

つま先立ちなら、いつでもどこでもできるのでオススメです。イスに座った状態でやってもOKです。ふくらはぎにキュっと力を入れることで鍛えられます。

 

  1. 壁や手すりに手を置いて、かかとを床から上げてつま先立ちをします。
  2. 数秒キープしたら、床すれすれまでかかとを下ろします。
  3. もう一度かかとを上げる……と15回くり返しましょう。

 

1日に2~3回くらいを目安にやってみてください。

 

水太りの改善には漢方も効果的

漢方には、体質を改善する効果があります。水太りは代謝機能が低下することが原因なので、その体質改善に漢方が役立ちます。

 

ほとんどの漢方薬には、「血行を良くする効果」「冷え性を改善する効果」がありますので、水太りの解消にも効果的です。そこで、身近にある漢方をご紹介しましょう。

 

シナモン(桂皮)

アップルパイやカフェラテなどに使われる「シナモン」は、漢方薬の「桂皮」とほぼ同じものです。

シナモンの効能としては、鎮痛・解熱作用のほかに、発汗作用もあります。それにより体内の水分を排出しやすくして、水太りの解消に効果が期待できるでしょう。

 

生姜(ショウキョウ)

ショウガも漢方薬の一種で、生薬名では「ショウキョウ」と読みます。生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれていて、加熱すると「ショウガオール」という成分に変化します。

 

どちらの成分にも血行促進や冷え性改善の効果が期待できるのですが、生の生姜はおもに風邪予防などの「殺菌作用」が高く、加熱した生姜は「冷え性改善」の効果が期待できます。

 

水太りの解消には、どちらかというと加熱した生姜に含まれる「ショウガオール」が効果的です。

 

水太りを解消すると、健康になる!

水太りを解消する方法をご紹介しました。

むくみを放っておくと、脂肪やセルライトの元になりますので、早めに解消することが大切です。

 

そのためダイエットというよりも、デトックス効果を意識した方法を実践すると良いでしょう。

 

水太りを解消すると痩せるだけでなく、さまざまな病気予防にもなり、健康な毎日を送ることができます。ぜひご紹介した方法を実践してみてくださいね。