みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

100均クリスマスリースの作り方|ダイソーの材料でかんたん手作りリース

f:id:m-danjyo:20171129155838j:plain

100均のクリスマスリースは、誰でも簡単に作れます!

そろそろクリスマスだし、クリスマスリースでも作ってみようかな……。

そんな気分になったら、100均ダイソーの材料で手作りしてみませんか?

 

今回は、たった500円でクリスマスリースを作る方法をご紹介します。

しかも不器用なわたしでも作れたので、誰でも簡単に作れるはず。

 

「クリスマスリースをできるだけ安く、ゴージャスに作りたい!」

「あまり時間をかけたくない!」

「簡単に作れる方法が知りたい!」

 

という人にオススメのクリスマスリースの作り方をご紹介していきます。

 

100均の手作りクリスマスリースを見てみよう

まずは、100均で手作りしたクリスマスリースを見ていきましょう。

みんなは、どんな100均クリスマスリースを作っているのでしょうか?

 

100均材料600円で、シックなメタル系クリスマスリース

 

こちらは600円で作れるそうです。メタリック系のボールを使えば、モダンでシックなクリスマスリースが作れますね。キラキラメタル系と、マットなメタル系をうまく組み合わせています。

グルーガンでくっつけるだけなので、簡単に作れそうですね。

 

大人シンプルな100均クリスマスリース

 

こちらは1200円で作ったクレセント(三日月)リースだそうです。ちょっとお高いですが、大人っぽくて、シンプルなクリスマスリースが好きな人にはオススメです。

 

クリスマスムードを盛り上げるには、ヒイラギの「グリーン」とポインセチアの「赤」の組み合わせは、欠かせないですよね。

下部にボリュームを出すタイプのクリスマスリースは多いですが、左寄せにしているところにセンスを感じます。

 

色の統一感があるナチュラルテイストなクリスマスリース

 

いろいろな色を使っているのに、全体的に見ると統一感があるクリスマスリースですね。垂れ下がっているベルと、「MERRY CHRISTMAS」の文字が可愛いアクセントになっています。

ポインセチアは、くすんだ赤とオフホワイトでナチュラル感が漂います。雪が積もったように白くペイントしてある松ぼっくりも、いい演出をしています。

材料の集め方が上手ですね。

 

拾ってきた松ぼっくりと100均材料でクリスマスリース 

 

お子さまと一緒に、楽しく簡単に作れそうな100均クリスマスリースです。

拾ってきた松ぼっくりと、買ってきた松ぼっくりが混ざっているのかな、という印象。

1つはプレゼントするそうですが、シンメトリー(左右対称)になっているので、2つ並べて飾らないのがもったいない気がします。

 

子どもが喜びそうな100均クリスマスリース

 

こちらは、総額500円の100均クリスマスリースだそうです。

シンプルですが、中央のサンタクロースが可愛くて、子どもが大喜びしそうです。このクリスマスリースを玄関に飾れば、明るく楽しい家庭をイメージさせることができそうですね。

お友達が遊びにきた時も、ワクワクしそうです。

 

簡単なのにインパクトのある100均クリスマスリース

 

中央のリボンが超ビッグで、かなりインパクトがありますね。500~1000円くらいでしょうか。おそらく面倒な作業は一切なさそうなので、「作り方は簡単なのに、派手なのが作りたい」という人にはオススメかも。

 

手作りクリスマスリースの100均材料

手作りでクリスマスリースを作るなら、どんな100均材料があるか見てみましょう。

 

松ぼっくりのリース土台は200円

 

アレンジに松ぼっくりを使う人は多いですが、リース土台が松ぼっくりになっているバージョンです。これならちょっと飾り付けをして、簡単シンプルにアレンジできそうです。

 

松ぼっくりは意外とその辺に落ちているので、拾ってきてアレンジする人が多いようです。100均でも松ぼっくりが材料として売っていますので、拾うのが面倒なら、買ったほうが楽チンです。

 

簡単アレンジ向けのクリスマスリース土台

f:id:m-danjyo:20171129214329j:plain

これはすでにアレンジ済みですが、緑と白のふわふわ感のあるリース土台は100円です。数年前に買ったものですが、今年もダイソーで見かけました。

金色のクリスマスベルは、最初から付いていたと記憶しています。赤いリボンだけを付けた、超かんたんアレンジです。

 

ホワイトのリース土台もステキです

 

ブラウンが主流ですが、ホワイトのリース土台もステキですね。ナチュラルテイストが好きな人には、アレンジしやすいかもしれません。最初からホワイトの土台もありますし(おそらくセリアにあります)、ホワイトに塗ってしまっても良いでしょう。

 

こちらは総額600円だそうです。お家のテイストにマッチしていて、いい感じですね。白いリース土台が、クリスマスカラーを際立てています。

 

100均材料をくっつけるのに便利な200円のグルーガン

 

100均材料をリース土台にくっつける時に使えるアイテムが、グルーガンです。ホットボンドが出てくるようになっていて、ふつうのボンドよりも速く乾燥するのがメリットです。ただし200円です。

しかもコードが短いのが難点なので、延長コードを使ったほうが良いそうですよ。

 

また、材料をくっつける方法は、グルーガンだけではありません。どの100均材料を使うかにもよりますが、「針金(ワイヤー)」があれば簡単に材料をくっつけられます。

針金がむき出しではなく、紙にくるんであるタイプのワイヤーなら安全です。アルミワイヤーなら、柔らかいので使いやすいです。

 

注意点

ワイヤーを使う時は、手を切ったり、目を刺したりしないように気をつけてください。

 

【費用500円】100均クリスマスリースの作り方

お金も時間もかけたくない! でも手作りクリスマスリースを作りたい!

そんなあなたにオススメしたい、簡単100均クリスマスリースの作り方をご紹介します。ちなみに材料は、ダイソーで買いました。

費用はたったの500円です。それ以外は、何も必要ありません。では、ご紹介していきますね。

 

グルーガン・ワイヤー不要!たった500円で手作りクリスマスリース

「ちょっと気が向いたから作ってみようかな」という軽い気持ちでも、簡単に作れる100均クリスマスリースの作り方をご紹介しましょう。

グルーガンもワイヤーも使わずに、買った500円の材料だけで作れます。

 

でもワイヤーがあれば、より簡単に作れます。リボンやガーランドを固定する時に、ワイヤーがあると便利です。

では、まず材料からご紹介していきます。

 

【100均材料ダイソー】リース土台 + ガーランド

f:id:m-danjyo:20171129085232j:plain

 

リース土台はいくつか種類がありますが、わたしはブラウンを選びました。

そして紐状になっているガーランドを買って、グリーンをプラスします。

 

このガーランドには「松ぼっくり(1個)」「ゴールドのベル(2個)」「ヒイラギ(2個)」「赤いリボン(1個)」が付いています。これで100円ですから、個別で買うよりも安上がりですね。「できるだけ安く」がモットーです。

 

【100均材料ダイソー】コットン + リボン + ポインセチア

f:id:m-danjyo:20171129085257j:plain

 

100均材料はいろいろな種類がありますので、お好みで選んでみると楽しいです。でも、なるべく安く、そしてゴージャスに見えるような材料を厳選しました。

 

コットンは3つ入りになっていて、ワイヤーが付いています。リボンはゴールドを選びました。両面ゴールドなので、裏表がなく、使いやすいです。

 

そしてポインセチアですが、花の部分だけ個別で売っていますし、大きさも色々あります。でも、なるべく安くするために、枝のようになっている物を選びました。これを分解して、使う予定です。

ポインセチアの花が3個、グリーンが1個、キラキラ星と茶色リボン1個が、花束のようになって100円です。

 

その他に用意するもの・あると便利なもの

その他に用意するもの、あると便利なものをご紹介しておきます。もし家にあるなら、用意しておくと作りやすいですよ。

 

  • ペンチ……硬い小枝(ワイヤーになっている)を折り曲げるため。
  • ニッパー……硬い小枝を切るために使います。(なくてもOK)
  • ハサミ……リボンを切るので、これは無いとダメです。
  • ワイヤー……材料を固定するために、あったほうが便利です。
  • ボンド……とくに使う予定はありませんが、いざという時に便利かも。

 

どれも、あっても無くても良い物ですが、ハサミだけは絶対に使います。

ペンチとワイヤーは、あったほうが便利です。

ニッパーとボンドは、なくても大丈夫です。

 

100均クリスマスリースの作り方

f:id:m-danjyo:20171129005650j:plain

完成図はこちらです。

わたしは不器用なほうですが、1時間で作れました。

とっても簡単なので、作り方をご紹介します。

 

  1. リース土台に、ゴールドのリボンをらせん状に巻きつけます。適当に、等間隔になるようにグルグルと巻きつければOKです。(写真を見ればわかるように、ほとんど見えないので、あまり神経質にならなくても大丈夫です)
  2. ガーランドもリボンと同じ要領で巻きつけます。「松ぼっくり」や「ベル」が見えるように気をつけながら巻きつけましょう。(最初にガーランドの中心部分を、リースの頂上部分にワイヤーで固定すると、やりやすいです)
  3. ガーランドの端が輪っかになっているので、輪っか同士をワイヤーでくくりつければ固定できます。ガーランドのラベルに付いているワイヤーを捨てないで使います。だから買う必要はありません)
  4. ポインセチアは、小枝の部分をすべて切ります。ニッパーのようなハサミがあれば良いですが、無くても左右に何度も曲げていると、ポキっと折れます。
  5. ポインセチアを好きな場所に配置します。小枝の部分がワイヤーになっているので、リース土台に差し込んだら、クルクルとねじって見えないようにしてください。やりにくい場合は、別のワイヤーで結んだほうが楽かもしれません。
  6. コットンを好きな場所に配置します。コットンに付いているワイヤーが長めなので、切って他の場所に使えば、ワイヤーを買う必要はありません)
  7. ゴールドのリボンでリボン型を作り、中央上に配置します。
  8. そのリボン型をゴールドのリボンで、リース土台に結びつけます。
  9. ポインセチアに付いている星の小枝を、リボン型の中央につけると可愛いです。
  10. ワイヤーや紐、余ったリボンなど、家にある物を使って、壁に引っかければ完成です。

 

クリスマスリースを作っていると、クリスマスムードが盛り上がりますよね。

完成したら、家の好きな場所に飾ってみてください。

 

100均クリスマスリースは、不器用な人でも作れます

100均のクリスマスリースの作り方をご紹介しました。

ダイソーの材料500円分で、かんたんに手作りできます。

 

しかも、不器用なわたしでも作れたので、ぜひあなたも作ってみてくださいね。

早く買いに行かないと、材料が売り切れてしまうかもしれません。

お早めに。