みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

頭皮のオイルマッサージのやり方|頭皮クレンジングで臭いもスッキリ解消

f:id:m-danjyo:20171205191537j:plain

頭皮のオイルマッサージとクレンジングのやり方

毎日シャンプーしているのに、フケやかゆみが気になっている人はいませんか?

また頭皮の臭いが気になって、髪を下ろせない人もいるかもしれません。

 

「髪は女の命」と言われているので、しっかりとケアしたいですよね。

 

そこで、頭皮のケアに最適なアイテムが「オイル」なんです。

頭皮にオイルをつけると、「マッサージ」と「クレンジング」のW効果が期待できるのです。

 

では、どのようにオイルで頭皮ケアをすれば良いのでしょうか?

 

頭皮のオイルケアは、3つの効果がある

頭皮環境を良くするためにオイルケアをするのですが、おもに3つの効果が期待できます。それぞれご紹介していきましょう。

 

頭皮マッサージで血行を促進させる効果

頭皮をオイルでマッサージすると、血行促進の効果が期待できます。

オイルで滑りを良くして、マッサージ効果を高めることができます。硬くなった頭皮を柔らかく揉みほぐすことで、血行をうながし、抜け毛やフケなどを防ぐことができます。

 

頭皮の汚れをクレンジングする効果

メイク落としにもオイルを使うように、頭皮の汚れもオイルでクレンジングすることができます。オイルには、高いクレンジング効果があり、汚れをごっそり落とすことができます。

 

ただしオイルクレンジングは、乾燥しやすいというデメリットがあり、やりすぎると頭皮の乾燥を招きますので、ご注意ください。

 

頭皮をオイルで保湿する効果

頭皮のオイルケアとしては、頭皮を保湿する効果も期待できます。

ただ先述のように、オイルは乾燥を招きやすいので、保湿を目的とする場合には気をつけましょう。

 

少量を手に取り、保湿効果の高い「馬油」や「椿オイル」を使うのがおすすめです。オイルには真逆の作用があるため、使い方やオイルの種類は厳選しましょう。

 

頭皮のオイルマッサージとクレンジングのやり方

頭皮のオイルマッサージのやり方と、頭皮クレンジングのやり方をご紹介しましょう。

 

オイルマッサージは、頭皮の血行を良くすることが目的。

オイルクレンジングは、頭皮の汚れを落とすのが目的。

 

目的は違いますが、オイルで頭皮を揉みほぐすことで、同時に両方の効果が得られます。

そして、ドライヤーの前にオイルをつけることで、「頭皮を保湿する」効果もあります。では、やり方をご紹介しましょう。

 

頭皮マッサージの手順

  1. まずは髪をブラッシングする
  2. オイルを手に取り、頭皮全体に馴染ませる
  3. 指の腹で、頭皮のマッサージとクレンジングを同時にする
  4. 5分程度そのままにし、ぬるま湯で洗い流す
  5. シャンプーをして、落ちない場合は二度洗いする
  6. オイルで保湿をする場合は、ドライヤーの前に少量を馴染ませる

 

4の「5分程度そのままに」する場合には、タオルで頭を覆うと、頭皮の乾燥を防ぐことができます。

 

頭皮マッサージのポイント

髪の毛は意外と汚れているので、頭皮マッサージの前にブラッシングをして、汚れを落としておきましょう。

 

オイルを頭皮に馴染ませる方法は、手に取って直接つけても良いですが、髪が多い人はなかなか頭皮にオイルが届かないかもしれません。

もしやりにくい場合には、次のような方法もありますので、使いやすいものを選んでください。

 

  • オイルボトル(先が細くなってるタイプ)から、直接頭皮に油を垂らす
  • スプレーボトルに入れて、頭皮に噴射する
  • 先が細くなっているケチャップボトルなどを使う

髪をかき分けて、頭皮に直接行き渡るようにしましょう。

 

頭皮マッサージのやり方

頭皮のマッサージ方法は、いくつかありますので、組み合わせてやってみてください。

 

  • 円を描くように、クルクルとマッサージする
  • 下から上に向かって指を滑らせる
  • おでこの生え際から、後ろに向かって滑らせる
  • 耳の後ろ(洗い残しが出やすい場所)を重点的にやる

 

耳の後ろや側頭部は、洗い残しが多い場所です。オイルクレンジングをするなら、やり残しができないように、気をつけましょう。

 

頭皮ケアにおすすめのオイル

頭皮の「オイルマッサージ」や「オイルクレンジング」に、おすすめのオイルをご紹介しましょう。

頭皮ケアにおすすめのオイルは、「オレイン酸」や「ワックスエステル」が含まれているものが良いでしょう。頭皮の皮脂の成分と似ているので、馴染みやすいと考えられます。

 

頭皮用のクレンジングオイルやオイルのメイク落とし

頭皮用のクレンジングオイルを使うこともできますが、保湿用には使えないでしょう。また全身には使えないので、使い勝手が悪いと言えそうです。

メイク落とし用のオイルクレンジングも使えますが、洗浄力が非常に強いので、頭皮が乾燥しすぎないように注意しましょう。

 

オリーブオイル

オリーブオイルは料理で使うことが多いと思いますが、スキンケアや頭皮マッサージなどに使うこともできます。オリーブオイルは種類が豊富にありますが、不純物が混ざっていない「エキストラバージンオリーブオイル」がおすすめです。

 

オリーブオイルには「オレイン酸」含まれていて、頭皮の皮脂と性質が似ているので、馴染みやすくマッサージに使いやすいでしょう。

 

ホホバオイル

ホホバオイルの主成分は、「ワックスエステル」です。ワックスエステルは、もっとも人間の皮脂に性質が似ているため、頭皮マッサージにはおすすめのオイルです。

比較的サラっとしているので、使いやすいでしょう。頭皮だけでなく、顔や全身にも使えます。

 

馬油

馬油は保湿力が高く、スキンケアにもよく使われているオイルです。シャンプーなどに配合されていることも多いようです。

また馬油には育毛効果もあると言われていて、顔につけると産毛が濃くなる場合もあるようです。

 

椿オイル

頭皮や髪をケアするオイルといえば、椿オイルが真っ先に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか? ドラッグストアでも、シャンプーコーナーに椿オイルがありますよね。

 

椿オイルもオレイン酸が豊富で、頭皮マッサージに適しています。また昔から使われているオイルで、カメリアオイルとも呼ばれています。

椿オイルは、クレンジングよりもヘアケアにおすすめのオイルです。

 

頭皮のオイルマッサージやオイルクレンジングの注意点

頭皮のオイルマッサージやオイルクレンジングは、注意点もあります。どんなことに気をつければ良いのか、見ていきましょう。

 

頭皮のオイルケアの頻度は週1回くらい

頭皮のオイルクレンジングは、ディープクレンジングをするようなイメージです。そのため頻繁にやると、頭皮を乾燥させてしまうのでご注意ください。

頻度としては、週1回くらいがベストです。

 

酸化するオイルもあるので、保管場所に注意する

オイルの中には、酸化してしまう物もあります。とくに頭皮マッサージに効果的な「油脂系のオイル」は、保管方法によってはすぐに酸化してしまうので気をつけましょう。

 

酸化を防ぐ、最適な保管方法は……

  • 冷暗所
  • 湿気が少ない場所
  • 空気に触れさせない

という3つのことに気をつけてください。

 

酸化したオイルは、シャンプーで落としにくい上に、頭皮の刺激になる場合がありますので、使わないようにしましょう。

 

オイルマッサージとクレンジングの後は、しっかりと洗い流す

頭皮のオイルマッサージとクレンジングの後は、しっかりと洗い流すようにしましょう。頭皮にオイルが残っていると、毛穴をつまらせてニキビなどの原因になります。

そのためオイルが残っているようなら、シャンプーで2度洗いすることをおすすめします。

 

頭皮のオイルケアは、やり方次第では、乾燥やベタつきの原因になるので気をつけましょう。

 

頭皮のオイルマッサージとクレンジングで、臭いも解消

頭皮のオイルマッサージとクレンジングのやり方をご紹介しました。

頭皮のフケやかゆみが気になる人も、頭皮の臭いが気になる人も、オイルケアでスッキリ解消できます。

 

ただオイルは乾燥を招くこともあるので、アフターケアをしっかりするようにしましょう。オイルは保湿ケアにも使えますので、1本で頭皮環境を改善することができますよ。