みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

1ヶ月で痩せる方法|痩せる食事と痩せる運動で1ヶ月後の自分が変わる!

f:id:m-danjyo:20171206083221j:plain

1ヶ月後に「痩せた自分」に会いたいあなたへ

1ヶ月後に同窓会がある

1ヶ月後にパーティーに出席しなければいけない

1ヶ月後に久しぶりの人と再会する予定がある

 

そんな時は、どうしても1ヶ月で痩せたいと思いますよね。

1ヶ月で痩せるのって、短期ダイエットのような気もするけど、よく考えてみると意外と長い。

そのため計画的にダイエットを実践すれば、確実に痩せることができます。

 

ただしダイエットのポイントを間違えると、リバウンドしたり、痩せられなかったという失敗を経験することになるかもしれません。

そんな悲しい失敗をしないためにも、そして1ヶ月後に「痩せた自分」に会うためにも、今日から1ヶ月のダイエットを始めてみませんか?

 

1ヶ月で痩せる方法はあるの?

そもそも1ヶ月で痩せることはできるのでしょうか?

結論から言うと、痩せることは可能です。

 

でも間違った方法だと、痩せたように見えても、じつは痩せていない可能性もあります。それは、どういうことなのか見ていきましょう。

 

脂肪が減らないと、痩せたとは言えない

どうなれば「痩せた」と感じるのか。それは、人によって感じ方が違うかもしれません。とはいえ、そもそも「脂肪」が減らないと痩せたとは言えないと思いませんか?

 

痩せるということは、スタイルが良くなることを想像する人は多いと思います。それは体重が減ることではなく、脂肪が減り、体のバランスが良くなることを表しています。そのため体重が減っただけでは、スタイルが良くなるとは限らないと言えます。

つまりダイエットとは、体重の減少が目的ではなく、見た目の変化が、結果として満足につながっているのですね。

 

体重を減らしても、体脂肪が減っていない可能性大!

1ヶ月間のダイエットを長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれでしょう。でも1ヶ月くらいのわりと短いダイエットだと、やり方によっては、体脂肪が減っていない可能性があります。

 

そのため体重が減ったと思っていたのは、じつは水分が減っただけの可能性もあります。この場合、水分を飲むと簡単にリバウンドするので、痩せたとは言えないような気がしますね。

 

そもそも水分が足りないと代謝が低下するので、健康状態としては最悪です。

体重ばかり気にすると、水分不足になりやすいので、くれぐれも水分を減らしすぎないように気をつけましょう。

 

体脂肪1キロ落とすのに、7200キロカロリー消費しないといけない

「痩せる」とは、体脂肪を減らすことだと理解していただけたと思います。

では体脂肪1キロ落とすのに、どれくらいの消費カロリーが必要なのでしょうか? 消費カロリーとは、動いた時に消費されるエネルギーのことです。

 

体脂肪1キロの内訳は、「800gの脂肪」と「200gの水分」と言われています。この1キロの体脂肪を減らすには、なんと7,200キロカロリー消費しなければいけません。

 

体重にもよりますが、ランニングを1時間やると、およそ500キロカロリー消費します。そう考えると、7,200キロカロリーは気の遠くなるようなカロリー量ですね。

つまり脂肪は、そう簡単には落ちない仕組みになっているのです。

 

1ヶ月で痩せるには、何をすればいいの?

では、1ヶ月で痩せるには、どんなことをすれば良いのでしょうか? 1ヶ月で確実に痩せるためには、基本的な体の調子を整えることが大切です。具体的には、次の3つです。

 

便秘は絶対にNG!

1ヶ月で痩せるには、絶対に便秘をしてはいけません。「食べたら出す」という循環を良くしておかないと、どんどん体に溜まっていき、痩せられなくなります。

 

食事では、積極的に食物繊維を食べ、腸内環境を整えることが大切です。オススメなのは、「海藻類」「キノコ類」などの食物繊維や、「玉ねぎヨーグルト」です。かなり腸内環境が良くなりますよ。

 

また朝起きた時に「白湯」を飲むのもオススメ。朝起きた時は水分不足の状態なので、いち早く水分補給をして、代謝を良くすることが大切です。

午前中は「デトックスタイム」ですから、できるだけ排出できるように、最善の対策をとりましょう。

 

摂取カロリー 消費カロリーをキープ

1ヶ月で痩せるには、摂取カロリーが消費カロリーよりも少なくならないといけません。

摂取カロリーとは、食べたり飲んだりする物のカロリーのこと。

消費カロリーとは、運動したり、呼吸したり、さまざまな活動によって消費されるエネルギーのことです。

 

ただし、摂取カロリーを少なくすれば良いというわけでもありません。エネルギー不足になると、体が痩せようとする力が弱くなり、逆に痩せられなくなることがあるからです。

 

血行を良くすることが最優先

体の巡りがとどこおっていると、痩せたくても痩せることができません。それは代謝が悪くなっている証拠です。

そのため1ヶ月で痩せる方法は、まず血行を良くすることが最優先なのです。

血行を良くする方法は、いろいろあります。

 

  • お風呂でマッサージをする
  • 軽い運動をする
  • ストレッチをする
  • 水分を補給する

 

デスクワークなどで座りっぱなしの人は、血行が悪くなりやすいので、小まめに休憩をはさむようにしましょう。休憩中は伸びをしてストレッチしたり、トイレなどに席を立つことも大切です。

 

 

 

1ヶ月で痩せる食事法

1ヶ月で痩せるには、食事に気をつければ、ダイエットに成功する確率が高くなります。では、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

カロリー計算は、ざっくりでいい

ダイエットをするというと、事細かにカロリー計算する人がいます。でも本当に痩せるためには、カロリー計算は必要ありません。いや、必要ないということはありませんが、ざっくり計算できれば充分です。

カロリー摂り過ぎにならないようにできればOKです。

 

栄養バランスの良い食事が基本

人間には「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の三大栄養素が必要ですが、その中でも脂質は高カロリーです。そのため脂質を摂り過ぎると太るので、控えめにするようにしましょう。

ただし栄養バランスが大切なので、良質な脂質を適度に摂ることは必要です。

 

また炭水化物(糖質)は、脂肪になりやすいので、摂り過ぎには注意しましょう。全く食べないのも良くないので、たとえばご飯なら、いつもの半分の量にするだけでも、かなりのカロリーカットになります。

また血糖値が上昇しにくい「玄米」や「雑穀米」に換えるのもオススメです。

 

遅い時間には食べない

基本的なことですが、ダイエット中は夜遅くに、食べ物を食べないようにしましょう。消化が終わってから寝ないと、脂肪がつきやすくなります。また消化不良になる場合もあるので、なるべく食べた直後には寝ないようにしましょう。

 

少しずつゆっくり食べる

食事で太る理由は、おもに血糖値の急激な上昇によるものです。なるべく血糖値が上昇しないような食事の仕方をすることが大切です。

血糖値が上昇しやすい条件は、糖質をたくさん摂ったり、早食いしたりすることです。そのため、少しずつゆっくり食べることが大切なのです。

 

そうすれば満腹中枢も働きやすくなり、適量のご飯でお腹がいっぱいになります。満腹中枢は、食事を始めてから20分後に作動すると言われていますので、食べ過ぎを防ぐこともできます。

 

1ヶ月で痩せる運動

1ヶ月で痩せるには、運動を取り入れるのが一番効率的です。運動ナシで痩せるのは、正直むずかしいでしょう。では、どんな運動をすれば良いのでしょうか?

 

気が向いた時だけジムに行けば良い

「1ヶ月で痩せるぞ!」とやる気を出しても、運動を続けなければ意味がありません。でも仕事で疲れたり、ストレスが溜まったりする日もありますよね。そんな時にジムに行くのは、けっこう大変だと思います。

 

だから「毎日ジムに行く!」と決めないで、「気が向いた時だけ行けばいいや」くらいのほうが良いでしょう。

ただし1ヶ月で痩せるには、そんな悠長なことも言っていられません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

とにかく、いつでも歩く&階段を使う

1ヶ月で痩せるなら、ジムに行くよりも、お金をかけずに運動するほうがオススメです。なぜなら、「ジムに行かないと運動できない」という状況をつくってはダメだからです。

「仕事が終わってからウォーキングするぞ!」というのも、ジムと同じく続かない可能性があります。

 

1ヶ月で痩せる運動のポイントは、運動する時間を確保しないことです。

 

そこでオススメなのが、日常生活の中で、とにかく、いつでもどこでも「歩ける時は歩く」と決めることです。そして、エレベーターは使わず階段を使うことです。

このちょっとした決心が、1ヶ月後のあなたの体を大きく変えることになるでしょう。

 

1ヶ月で痩せるコツは、時間をつくって運動するのではなく、いつでもどこでも動くことが大切なのです。

 

自宅でもできる「ながら運動」で時間をムダにしない

1ヶ月で痩せる運動は、自宅でも簡単にできる「ながら運動」を取り入れることです。テレビを観ながらできる「足上げ運動」や、デスクワークをしながらできる「ポッコリお腹解消エクササイズ」などがあります。ながら運動はたくさんあるのですが、とりあえず、この2つだけご紹介しますね。

 

◆テレビを観ながら「足上げ運動」
  1. イスに座って、両手をお尻の横に着きます。
  2. 膝を曲げた状態で、足を上に持ち上げます。
  3. この時にお腹に力が入るようにしましょう。腹筋を鍛えられます。

 

◆ポッコリお腹解消エクササイズ
  1. イスに座って姿勢を正します。
  2. お腹を引っ込めて、呼吸をくり返します。
  3. ときどきお腹を出したり、引っ込めたりしながら、腹筋を使ってみましょう。仕事中でもできる、ポッコリお腹解消エクササイズです。

 

掃除や家事など、暇さえあれば小まめに動く

1ヶ月で痩せる方法は、家にいる時ものんびりする暇はありません。暇さえあれば、小まめに体を動かすことが、ダイエット成功の秘訣です。

でも「運動」というよりは、もっと実用的なことで構いません。そのほうが続けやすいですからね。

 

たとえば、「床の汚れに気づいたら、すぐに雑巾で拭く」とか、「お風呂に入っていたら、カビが気になって掃除を始めてしまう」とか、「シンクをピカピカに磨き上げてしまう」とか、何でも良いのです。

大切なのは、日常生活とコラボさせて、小まめに動く機会をつくることです。

 

1ヶ月で痩せる生活習慣に変えてみる

1ヶ月で痩せる生活習慣に変えれば、リバウンドしない体をつくることも可能です。根本的に体質が変われば、一生太らない体をつくることもできますね。

では、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

睡眠不足とストレスはつくらない

睡眠不足やストレスは、太ると聞いたことがありませんか?

睡眠不足になるとレプチンというホルモンのはたらきが悪くなり、満腹を感じにくくなります。レプチンとは満腹感を与え、食欲を抑制するホルモンのことです。

 

このレプチンが正常に作用しなくなると、食べ過ぎで太ってしまうというわけです。

 

またストレスがたまると安眠できないことが多いので、同じくレプチンのはたらきが悪くなることが多いです。さらにストレスがたまると血行が悪くなるので、代謝が悪くなり、太りやすくなるというわけです。

 

良くないことばかりですね。このように睡眠不足とストレスは、ダイエットの大敵なので、なるべくつくらないように気をつけましょう。

 

姿勢を良くして、基礎代謝アップ

1ヶ月という限られた時間で痩せるには、何もしていない時間も、ムダにはできません。少しでも消費カロリーを多くするため、姿勢を良くする努力も必要です。

 

姿勢が良くなれば血行が良くなり、代謝が良くなります。また姿勢を正している時は適度に筋力を使っているので、わりとエネルギーを消耗しています。

そのため基礎代謝量がアップして、痩せやすい状態へと近づいていくことができるでしょう。

 

1ヶ月で痩せる方法は、むずかしくない

1ヶ月で痩せる方法をご紹介しました。

1ヶ月というと、わりと短期間のダイエットなので、「むずかしいのでは?」と思いがちですよね。

 

でも実は、それ程むずかしくはありません。痩せるメカニズムがわかっていれば、効率よく、確実に痩せることが可能なのです。

ぜひ1ヶ月後の自分に、自信を持って会いに行きましょう。きっとそこには、満足できる自分がいるはずですよ。