みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

シミ・しわ肌老化の原因は80%が光老化|冬でも室内でも必要な日焼け対策

f:id:m-danjyo:20171207112608j:plain

肌老化=加齢+光老化! シミ・しわを防ぐ日焼け対策

気づかないうちにできているシミやしわ。

このような肌老化は、80%が「光老化(ひかりろうか)」が原因だと言われています。

 

光老化とは、紫外線などのダメージによって、肌が老化する現象のこと。

 

肌老化と言えば、加齢によるものだと思いがちですが、じつはそうではないのです。

加齢による肌老化は、たったの20%にすぎません。

 

年齢肌の悩みである「シミ」「しわ」「たるみ」を防ぐには、光老化を軽減することが大切です。

では、光老化について詳しく見ていきましょう。

 

肌老化とは、加齢が2割・光老化が8割を占める

肌の老化の8割を占める「光老化」は、太陽光によってもたらされる悪影響のことです。

太陽光とは、「紫外線」「可視光線」「赤外線」の3種類がありますが、これがどのように肌老化に関係しているのでしょうか?

 

おもに紫外線が、光老化の原因になる

太陽光の中で、肌を老化させる「光老化」の原因になるのは、おもに「紫外線」です。一年の中でも夏の時期は、紫外線が強いので、日焼けに悩まされますよね。

でも冬でも、または室内にいても、紫外線の脅威から逃れることはできないのです。これが一番おそろしい事実かもしれません。

 

では紫外線とは、そもそも何なのでしょうか?

紫外線はC波、B波、A波の3種類ありますが、C波は地上には届かないので気にする必要はありません。光老化に悪影響を及ぼすのは、B波とA波です。

 

光の波長が長いほど、肌の深いところまで到達すると考えられます。

B波は表皮にシミをつくり、B波よりも波長の長いA波は真皮にしわをつくると言われています。

 

肌の構造は、「表皮」「真皮」「皮下組織」

肌の構造は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の順に奥へ行きます。

太陽光の中で、波長が長い光ほど、肌の奥まで届くと言われています。肌の奥まで届くということは、それだけ深刻なダメージを与えると考えて間違いないでしょう。

 

紫外線は、おもに表皮と真皮に悪影響を与え、シミやしわをつくります。

では肌の一番奥にある「皮下組織」にまで影響を及ぼす太陽光はあるのでしょうか?

 

赤外線も、光老化に関係している

赤外線のうち「近赤外線」は、皮下組織にまで悪影響を与え、たるみをつくると言われています。

赤外線とは、太陽光の約50%を占めていて、紫外線の約5倍の量が降りそそいでいます。にもかかわらず、肌への影響については、はっきりと解明されていないそうです。

 

解明されていないとは言え、肌のより深い部分に悪影響があるということは、わかっているようです。たとえば筋肉組織や血管なども、皮下組織の一種です。

 

これらの光老化を止めなければ、肌の老化を止めることはできません。

では、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

 

光老化を予防する日焼け対策とは?

光老化を予防するためには、日焼け対策を万全にする必要があります。では、具体的にどのような対策をすれば良いのでしょうか?

 

日差しの強い時間帯は、なるべく外出しない

とても単純な日焼け対策ですが、日差しの強い時間帯には、なるべく外出しないという方法もあります。日差しが強く、紫外線が多い時間帯は、午前8時~午後3時くらいまでの間です。

 

朝の8時くらいは、まだそれほど強くありませんが、通勤だけで日焼けした経験がある人も多いのではないでしょうか? そのことからもわかるように、決して安心できない時間帯です。

 

その中でも特に強いのは、午前10時~午後2時くらいです。なかなか難しいかもしれませんが、外出はなるべくこの時間を避けると良いでしょう。

 

◆室内でも紫外線対策は必要

室内なら紫外線の心配はないと思っている人もいるかもしれませんが、残念ながら室内も安心できません。とはいえ屋外よりは、だいぶ紫外線の量は少なくなります。紫外線の影響を比較すると、屋外が10とすれば、室内は1くらいです。

 

でも厄介なことに、紫外線は「蓄積される」という性質があります。そのため少しずつでも、徐々に紫外線による光老化が進行していくのです。

そうならないためにも、室内の紫外線対策を考えなければいけません。たとえば、UVカット機能付きのカーテンをしたり、窓ガラスをUV加工にするなど、いろいろと対策はあります。

 

あとは家の中でも軽めの日焼け止めを塗ったり、UVカットサングラスをかけるなど、できる範囲で日焼け対策をしましょう。

 

適切な日焼け止めを選ぶ

光老化を予防して、シミやしわを改善するには、適切な日焼け止めを選ぶ必要があります。日焼け止めは、UVカット率の強さや持続時間がそれぞれ違います。

 

日焼け止め効果が強ければ、それだけ肌への負担も大きくなるので、効果が高ければ良いというわけでもありません。適切な日焼け止めを選ぶことが大切なのです。

 

肌トラブルを防ぐ日焼け止めの選び方

 

日焼け止めSPF50はホントに最強?

 

また日焼け止めを落とした後や、日焼けした後のアフターケアも重要です。キレイな肌をキープするためには、日焼け止めの選び方と日焼け後の対処法などを、しっかりとマスターすることが大切です。

 

日焼け後のスキンケア3原則|コットンパックのやり方

 

光老化を予防する食材を食べる

光老化は、食べ物で予防することもできます。光老化を予防する食材の条件は、「抗酸化作用が高い食べ物」であることです。

抗酸化作用が高い食べ物といえば、ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなどが当てはまります。

では、具体的にどんな食べ物が光老化を予防してくれるのでしょうか?

 

  • じゃがいも
  • イチゴ
  • すいか
  • トマト
  • アーモンド
  • 豆類

 

光老化を予防する食べ物は、抗酸化作用が高い食べ物のほかに、タンパク質も効果的です。そのため肉や魚、豆類なども食べるようにしましょう。

 

またビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける作用があるため、肌の水分量を保ちハリのある素肌に導いてくれます。さらにビタミンCには美白効果もあるため、シミの改善にも役立ちます。

 

他にも日焼け対策になる食べ物は、こちらを参考にしてみてください。

日焼け予防に効果のある食べ物

 

光老化を予防するには、自力で回復できる肌をつくる

そもそも光老化を予防するには、回復しやすい肌状態をつくることが大切です。

つまり「自力で回復できる強い肌をつくる」ということ。

 

そのためには生活習慣を改善して、ターンオーバーを正常にするなどの対策が必要です。肌状態を良好にする対策として、もっとも効果的なのは、睡眠をしっかりと確保することです。また、睡眠の質も大切です。

睡眠は、免疫力をアップするとともに、美肌をつくる大きな要素になります。

 

光老化を遅らせることが、5年後の肌を大きく変える

肌の老化の大きな原因となる「光老化」について、ご紹介しました。

肌の老化は、進行を完全に止めることはできないかもしれません。

でも、進行を遅らせることは可能です。

 

光老化を遅らせる対策が、あなたの5年後の肌を大きく変えることになるでしょう。対策をはじめるなら、今しかありませんよ。秋冬に肌をつくり上げて、夏に備えるというのがベストな対策になるでしょう。