みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

美腸ヨガのポーズで便秘解消|自律神経を整えて腸ストレスを改善する

f:id:m-danjyo:20171211164206j:plain

しつこい便秘には、2~3分の美腸ヨガが効果的

ダイエットや美容の大敵である「便秘」。

とくに女性は、しつこい便秘に悩まされている人が多いのではないでしょうか?

 

便秘になると太りやすくなったり、肌荒れしたりしてイヤですよね。

下剤を飲んでも、一時的にしか改善されなかったり、便秘を繰り返している人も多いかもしれません。

 

そんな便秘の原因の1つが、「ストレス」だと言われています。

ストレスがたまると自律神経が乱れて、腸のはたらきが悪くなります。

 

このようなストレスによる便秘を改善するには「美腸ヨガ」が効果的です。

美腸ヨガは自律神経を整えて、ストレスを減らすことで便秘を解消してくれます。

 

たった2~3分の美腸ヨガをするだけで、長年の便秘が解消された人もいるようですよ。

そんな効果バツグンの「美腸ヨガ」について、ご紹介していきましょう。

 

美腸ヨガは、朝と夜にやる

しつこい便秘を解消する「美腸ヨガ」は、朝と夜の1日2回おこないます。

1回のヨガは、たった2~3分なので、忙しい人でも実践できますね。

 

なぜ朝と夜にやるのか、疑問に思っている人も多いと思いますが、それは自律神経に関係しています。

自律神経には「交感神経」「副交感神経」があり、ストレスがたまると「交感神経」が優位になります。

 

交感神経は、緊張や興奮した状態のときに優位になり、副交感神経はリラックスした状態のときに優位になります。

 

この交感神経と副交感神経のバランスが大事なのですが、ストレスにより自律神経のバランスが乱れると、腸のはたらきに悪影響をおよぼします。

 

自律神経を整えるには「ヨガ」が効果的で、それにより腸内環境が整うため「美腸ヨガ」と呼ばれています。

 

  • 朝は「交感神経」を優位にして、腸を刺激します
  • 夜は「副交感神経」を優位にして、下がった腸を戻します

 

では、どのようなポーズが効果的なのでしょうか。短時間で簡単にできるヨガなので、ぜひやってみてくださいね。

 

便秘解消に効果的な「美腸ヨガ」のポーズ

ストレスによる便秘解消には、自律神経を整えることが大切です。自律神経を整える美腸ヨガのポーズを、朝と夜に分けてご紹介していきましょう。

 

「朝」の美腸ヨガのポーズ

夜から朝にかけては副交感神経が優位になっているので、朝日を浴びて交感神経を高めていきます。

朝の美腸ヨガは、交感神経を優位にして、腸のはたらきを活発にすることが目的です。

 

朝起きたら、まずコップ1杯の水を飲み、美腸ヨガをはじめましょう。水分補給をすることで、排便がスムーズになります。

 

◆朝の美腸ヨガ「マーメイドのポーズ」

f:id:m-danjyo:20171211164230j:plain

  1. 横向きに寝ころがり、下の手を伸ばします。
  2. 伸ばした下の手に頭をのせて、足を床から持ち上げます。
  3. 太もも・ウエスト・お尻を意識しながら、わき腹に効いているのを感じましょう。
  4. この体勢のまま5回呼吸をしたら、反対側も同様にやります。

 

◆朝の美腸ヨガ「ヨットのポーズ」

f:id:m-danjyo:20171211164249j:plain

  1. 床に足を伸ばして座ります。
  2. 片足を立てて、その足と反対側のひじを膝に当てます。
  3. ウエストをひねり、腸が刺激されるのを感じましょう。
  4. そのまま5回呼吸をしたら、反対側もおこないます。

 

「夜」の美腸ヨガのポーズ

夜は副交感神経を優位にして、緊張状態からリラックス状態に変えていきます。

副交感神経を優位にすることで安眠効果がアップして、ストレスを減らすことができます。

 

また下がった腸を正常な位置に戻し、腸のはたらきを良くすることが大切です。では、副交感神経を優位にする美腸ヨガのポーズをご紹介します。

 

◆夜の美腸ヨガ「猫のポーズ」

f:id:m-danjyo:20171211164307j:plain

  1. 四つん這いになり、足は肩幅くらいに開きます。
  2. 手を前に伸ばして、おでこを床につけます。
  3. 体が前に傾くので、下がった腸の位置を上げることができます。
  4. そのまま5回呼吸をします。

 

◆夜の美腸ヨガ「バッタのポーズ」
  1. うつ伏せになり、両手を後ろで組みます。
  2. 両足と肩を床から上げて、5回呼吸します。
  3. 腸を圧迫することで、刺激を与えます。
  4. ゆっくりと元の体勢に戻ります。

 

お腹が張っている時の「ガス抜き」のポーズ

便秘になると、腸にガスがたまって、お腹が張ることはありませんか? その場合にはガス抜きすることで、腸のはたらきが正常になります。

 

腸のガス抜きをするには、「赤ちゃんのポーズ」が効果的です。

「赤ちゃんのポーズ」は腸を刺激して、ガスを出やすくする効果があります。腹式呼吸をしっかりしながら、赤ちゃんのポーズをやってみましょう。

 

◆ガス抜き効果のある「赤ちゃんのポーズ」

f:id:m-danjyo:20171211164331j:plain

  1. 仰向けに寝て、両膝を抱えます。苦しい場合には、片足ずつ抱えます。
  2. 息を吐きながら、頭を床から上げていきます。
  3. 体を丸めて、腸を刺激しましょう。

 

美腸ヨガの効果は、早い人なら2日で便秘が解消される

朝と夜の美腸ヨガのやり方を、それぞれご紹介しました。

自律神経を整えるには、朝の美腸ヨガと、夜の美腸ヨガを区別して実践することが大切です。

 

美腸ヨガは、直接腸を動かして活発にさせるため、早い人なら2日くらいで便秘解消の効果が表れるようです。

即効性があるのは、うれしいですね。

 

自律神経のバランスも整って、心身ともに健康になることができるでしょう。

 

美腸ヨガで「腸内環境」と「体のリズム」を整えよう

美腸ヨガのやり方は、とっても簡単でしたね。

なぜ美腸ヨガが便秘解消に効果的なのか、また自律神経を整えるために、朝と夜で違うポーズをご紹介しました。

 

毎日2~3分の美腸ヨガで、体の自然なリズムを取り戻し、心も体も健康になりましょう!