みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

男性の太ももを細くする方法|筋肉太り・脂肪太りを解消してスラリとした足になる!

f:id:m-danjyo:20171224161734j:plain

男性の太ももを細くする方法は筋トレ!?

「ダイエットのために運動してるけど、気がついたら足が太くなってしまった」

「学生時代に運動してて、足がなかなか細くならない」

このように、足が太いことで悩んでいる男性が増えているようです。

 

足が太いのは男らしいですが、「太ももがパツンパツンで、ジーンズが入らない」という悩みを抱えている男性が多く、細くスラリとした足になりたいと思っている人が増えているようです。

 

では、どのような方法で男性の太ももを細くすることができるのでしょうか?

じつは男性と女性では、太ももを細くする方法が違います。

 

そこで今回は、男性の太ももを細くする方法をご紹介します。 

では、なぜ男性の足は太くなるのでしょうか?

 

男性の足が太くなる2つの原因とは?

女性の足が太くなる原因は、おもに「むくみ」だと言われています。女性は冷え性が多く、血行が悪くなることでむくみが生じ、足が太くなるのです。そのためむくみを解消すれば、ほとんどの女性の足は細くなります。

 

しかし、男性の足が太くなる原因は違います。

2つの原因は以下の通りです。

 

  • 筋肉太り
  • 脂肪太り

 

学生時代に運動部だった人は、運動をやめてからも足が太くて、悩んでいる人もいるかもしれません。また今でも運動をしている人は、何とかして「足を細くしたい」と思っていることでしょう。

 

このように、一見筋肉太りが原因だと思われる男性でも、じつは脂肪が原因の場合があります。

あなたの足が、脂肪なのか筋肉なのか、チェックする必要がありそうですね。

 

では、純粋に筋肉が大きいから太くなっているのか、筋肉と脂肪のコラボで太くなっているのか、どうやって見分ければ良いのでしょうか?

 

脂肪か筋肉か見分ける方法

あなたの足が、筋肉によって太くなっている「筋肉太り」なのか。

それとも、筋肉と脂肪のコラボによる「筋肉&脂肪太り」なのか。

はたまた、単なる「脂肪太り」なのか。

 

あなたの足をチェックする方法をご紹介します。

 

  1. スクワットのような体勢で、膝を曲げ、腰を落とします。
  2. 太ももに力が加わっているのを感じ、その部分を指でつまんでみましょう。
  3. どうですか? つまめますか?
  4. つまめたら、それが脂肪です。
  5. その奥に、硬い筋肉を感じますか? それが筋肉と脂肪のコラボです。
  6. つまめない人は、ほぼ筋肉であると言えるでしょう。

 

あなたの足が、どのタイプかわかったところで、男性の太ももを細くする方法をご紹介していきます。

 

男性の太ももを細くする方法は「脂肪を減らす」

「筋肉と脂肪のコラボ」タイプ、「脂肪太り」タイプの人は、まず脂肪を減らす必要があります。あなたの足が太い原因は、ほぼ脂肪と判明しましたので、脂肪を減らせば細くなります。

では、どのようにして脂肪を減らせば良いのでしょうか?

 

脂肪を減らすには、筋トレで筋肉を増やして代謝アップ!

脂肪を減らして男性の太ももを細くする方法は、筋トレで筋肉を増やすことです。

筋肉量が増えれば代謝がアップしますので、脂肪はどんどん減っていき、足が細くなるというワケです。

 

では具体的に、どこの筋肉を鍛えると足が細くなるのでしょうか?

 

太ももを細くするには、内側と裏側を鍛える

男性の太ももが太いと感じる原因は、太ももの前側と外側に筋肉がついているからではないでしょうか? この部分に筋肉がつくと、太ももが太く見えてしまうのです。

 

では、どこの筋肉を増やせば、太ももが細くなるのでしょうか?

 

  • 太ももの内側……内転筋
  • 太ももの裏側(後ろ側)……ハムストリングス

 

太ももの内側と裏側は筋肉よりも脂肪が多いので、そこを鍛えることで脂肪を減らすことができます。

ちなみに、太ももの内側を「内転筋」、裏側を「ハムストリングス」と言います。

 

では、どんな筋トレでこれらの筋肉を鍛えることができるのでしょうか?

 

◆ハムストリングスを鍛える「スクワット」

男性の太ももを細くするには、ハムストリングスを鍛えることが大切です。そのために効果的な筋トレ方法が「スクワット」です。

 

www.youtube.com

 

足を広く開く「ワイドスタンススクワット」の場合には、内もも(内転筋)に効くと言われています。どこに効いているかを確認しながら、足の広さを決めても良いでしょう。

 

◆内転筋を鍛える「寝ながら足上げ」

男性の太ももを細くするには、太ももの内側である「内転筋」を鍛えることが大切です。そのために効果的な筋トレが、寝たままできる足上げエクササイズです。

テレビを観ながらでもできるので、ぜひ毎日やってみてください。

 

www.youtube.com

 

ポイントは、2つ。

  • 足が前に出ないこと。
  • 体が後ろに倒れないこと。

この2つができていれば、内ももにしっかりと効いているはずです。

 

筋肉太りタイプは、足を細くする筋肉を鍛える

筋肉には、「足を太くする筋肉」「足を細くする筋肉」の2種類あります。

現在も運動を続けている「筋肉太り」タイプの人は、「足を太くする筋肉」が鍛えられているのかもしれません。

そのため「足を細くする筋肉」を鍛える方法に、チェンジする必要があります。

 

ゆっくりとした動きで「遅筋」を鍛える

足を細くする筋肉とは、「遅筋」と呼ばれる筋肉です。

筋肉には、「速筋(白筋)」と「遅筋(赤筋)」があります。

 

速筋は大きくなる筋肉で、瞬発力があるため短距離走の人についている筋肉です。遅筋は細い筋肉で、持久力があるため長距離走の人についている筋肉です。

 

遅筋を鍛えたい場合には、先ほどご紹介したスクワットを、できるだけゆっくりとした動作でやることで「遅筋」を鍛えられます。

 

そして、もう1つ遅筋を鍛える運動があります。

 

有酸素運動で遅筋を鍛えて、細い筋肉をつくる

もう1つの遅筋を鍛える方法とは、有酸素運動のことです。細い筋肉をつくるには有酸素運動が効果的なので、ランニングやウォーキングをすると良いでしょう。

 

それなら「筋肉と脂肪のコラボ」タイプや、「脂肪太り」タイプの人も「筋トレなんてしないで、初めから有酸素運動をすれば良いのでは?」と思うかもしれませんね。

 

初めから筋トレではなく、有酸素運動をしたほうが良さそうですが、なぜ筋トレが必要なのでしょうか?

 

「脂肪を減らす」「細い筋肉を増やす」には筋トレ必須!

ここまでの話をまとめると、ポイントは2つあります。

 

  • 「筋肉と脂肪のコラボ」タイプ&「脂肪太り」タイプの人は、脂肪を減らすための筋トレが必須。
  • 「筋肉太り」タイプの人は、細くなる筋肉を増やすための筋トレが必須。

 

脂肪が原因で足が太くなっている人の場合、脂肪を減らすことが先決です。

脂肪を減らすには有酸素運動が良いと言われますが、筋トレと並行してやると、更に脂肪燃焼の効果が倍増します。

 

また長期的に足を細くキープするためには、まず筋肉量を増やしておいて、有酸素運動を継続することで、ベストな状態を保てます。

そのためまずは、筋トレをする必要があるのです。

 

さらに筋肉太りの人の場合は、速筋を休ませ、遅筋を鍛える方法にチェンジする必要があります。

 

このように、足のタイプによって細くする方法が違いますが、男性の太ももを細くするには、筋トレが必須ということがわかりますね。

 

男性の太ももを細くして、スラリとした足になろう!

男性の太ももを細くする方法をご紹介しました。筋肉太りの人も、脂肪太りの人も、それぞれに細くする方法がありましたね。

女性は、スラリとした足の男性が好きな人が多いようです。最近の男性の筋トレブームは、細マッチョになれないと意味がないというわけですね。

そのためやみくもに筋トレをすれば良いわけでもありません。効率的にピンポイントで筋トレすることで、思い通りに足を細くすることができますよ。