みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

あり得ないほど汗を出す【お風呂ダイエット】最強なのは〇〇との組み合わせ

f:id:m-danjyo:20171227171636j:plain

運動ナシ!食事制限ナシ!お風呂ダイエットの効果

お風呂は、1日の疲れを取る「最高のリラックスタイム」ですよね。

そんなお風呂にダイエット効果があるとしたら、嬉しいと思いませんか?

 

「痩せたいけど、運動はしたくない」

「つらい食事制限は、続けられない」

そんなダイエットの悩みを持っているなら、お風呂ダイエットがオススメです。

 

お風呂ダイエットなら、運動も食事制限もなく、ダイエット効果を得ることができるのです。

またお風呂は毎日入るので、続けやすいというメリットもあります。

 

今回は、お風呂ダイエットの効果とやり方、またダイエット効果をアップする方法や注意点をご紹介します。

 

お風呂ダイエットとは?

お風呂ダイエットとは、毎日のお風呂の入り方を変えるだけで、「代謝アップ」「脂肪燃焼」などの効果が得られる簡単なダイエット方法です。

 

「確かにお風呂に入ると汗をかくけど、それで本当に痩せられるの?」

と思っている人も多いことでしょう。

 

お風呂ダイエットには脂肪を燃焼させる効果はありませんが、脂肪を燃焼しやすくする効果があります。つまり、痩せやすい体質をつくることができるのです。

しかも運動や食事制限もなく、リバウンドもしにくいダイエット方法だと言えます。

 

では、お風呂ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか?

 

運動ナシでも痩せる!お風呂ダイエットの効果

お風呂ダイエットには、痩せやすい体質をつくる効果があります。

運動ナシでも、毎日リラックスしてお風呂に入るだけで、基礎代謝量をアップさせることが可能です。その具体的な効果について、ご紹介していきましょう。

 

温熱効果で血行を促進し、代謝アップ

お風呂に入ると、冷えた体がポカポカに温まりますよね。これを温熱効果と言います。

体が温められると、体温が上昇します。すると基礎代謝量が増えて、痩せやすい体質をつくることができます。

 

基礎代謝とは、普段の生活だけで消費されるカロリーのことです。

つまり運動をしなくても、普通に生活するだけで消費カロリーが増えるというわけです。

 

汗を出すことによるデトックス効果

お風呂ダイエットの効果は、体重を減らすことではありません。入浴後に体重が減っているのは、体内の水分が抜けただけで、脂肪が減ったわけではありません。

とはいえ、お風呂で汗を出すと「デトックス効果」があり、ダイエットに良い効果をもたらします。

 

お風呂で汗を出すことは、体内の老廃物を排出する効果があり、痩せやすい体質づくりに欠かせない条件なのです。

 

水圧がリンパの流れを良くし、むくみ解消

お風呂に入ると、水圧で体が締めつけられるような感覚になりませんか?

これはお風呂の水圧が、マッサージのような役割をしているからです。

 

痩せにくい体質の人は、血液やリンパの流れが滞り、むくみが生じていることが多いです。それを解消してくれるのが、お風呂ダイエットです。

お風呂ダイエットの効果は、水圧によるマッサージ効果で、血液やリンパの流れを促進し、むくみを解消することができます。

 

さらに入浴中にふくらはぎをマッサージすると、むくみ解消の効果が倍増します。ふくらはぎは血液やリンパの流れが滞りやすい場所なので、マッサージをすることで全身の血液やリンパの流れが良くなります。

 

また血行が良くなると汗が出やすくなるため、デトックス効果も倍増します。

 

お風呂に入ると、食欲が減る

ダイエットの大敵と言えば、「空腹感」ですよね。空腹を我慢することが、ダイエットで一番つらいことではないでしょうか。そんな時にお風呂に入ると、食欲が減ると言われています。

 

その理由は、胃酸の分泌をおさえ、消化器官に集まっている血流を全身に分散させることができるからです。

 

熱めのお風呂に入ることで胃酸の分泌を減らし、空腹感をおさえる効果があります。また血流が胃腸に集まっていると、空腹感が増すため、入浴で全身の血流を良くすることが効果的なのです。

 

空腹時の入浴の注意点
  • ぬるめのお風呂は、逆に空腹感を増す
  • 空腹時の入浴は貧血を起こしやすいので注意
  • 入浴後の食事は30分空ける

 

◆熱めのお風呂に入る

ぬるめのお風呂は副交感神経が優位になり、胃酸の分泌を増やす効果があります。そのため逆に空腹感が増してしまうので、熱めのお風呂が効果的です。

 

◆貧血に注意

空腹時の入浴は貧血を起こしやすいため、無理をしないように注意しましょう。また、入浴前の水分補給は忘れずに。

 

◆食事は30分後から

入浴によって、血流が全身を巡ります。その血流が胃に集中するまで、しばらく時間がかかります。そのため入浴後30分は空けて食事をしないと、消化不良を起こす恐れがあります。

 

浮力でゆったりストレス解消

「ストレスがたまると太る」と聞いたことはありませんか?

ストレスとダイエットは、直接的な関係がないように感じられますが、じつは大アリなんです。ストレスがたまると「やけ食い」をしがちですが、理由はそれだけではありません。

 

ストレスがたまると血行が悪くなり、それと同時に代謝が悪くなります。そのため痩せにくい体質になってしまうんです。

 

またストレスがたまると、ホルモンバランスも崩れがちになります。女性ホルモンは「女性らしいカラダを作る効果」があり、太り過ぎを防止したり、ダイエット効果をアップさせる働きがあります。

そのためホルモンバランスを整えることは、ダイエット効果をアップさせることに繋がるのです。

 

お風呂ダイエットのやり方

お風呂ダイエットは、普通にお風呂に入っても効果を得られません。やり方にはいくつかのポイントがありますので、ご紹介します。

 

入浴方法は「半身浴」と「全身浴」がある

お風呂ダイエットのやり方には、「半身浴」と「全身浴」があります。

半身浴は、ダイエット効果よりも冷え性改善に役立ちますが、冷え性を改善することで痩せやすい体質になります。

また全身浴は発汗作用が高く、代謝アップに繋がります。

 

38~42℃のお風呂に入る

お風呂ダイエットのやり方は、お風呂の温度も重要なポイントです。ぬる過ぎるとダイエット効果がなく、熱すぎると体に支障があります。

そして半身浴と全身浴では、目安の温度が違います。

 

  • 半身浴の場合は38~40℃
  • 全身浴の場合は40~42℃

 

これを目安にしましょう。

 

半身浴の場合は、1回20分まで

半身浴は、心臓がちょうど湯船から出る程度まで浸かります。半身浴は比較的長い時間入浴するので、心臓に負担がかからないようにするためです。

1回の半身浴の時間は、20分までにしましょう。一旦休憩してから、もう一度入ってもOKです。

 

長すぎる半身浴は体に負担がかかりますし、長く入っているとお湯が冷めるので効果が半減する場合もあります。適温に調整し、体が冷えないように注意しましょう。肩にタオルを掛けておくなど、冷えない工夫をしてみてください。

 

高温浴 or 全身浴の場合は、1回5~10分まで

高温浴(42℃)または全身浴(肩まで)の場合は、なるべく1回5分が目安です。長くても10分までにしましょう。(高温浴の場合は5分まで)

5分くらいの休憩を挟みながら、繰り返し入浴するのはOKです。くれぐれも無理のないように、休みながら入浴してください。

 

◆正しい「高温反復浴」のやり方

高温反復浴とは、42℃のお風呂に繰り返し入る入浴方法のことです。高温反復浴の効果は、以下の3つです。

 

  • 代謝アップ
  • 脂肪燃焼
  • 冷え性・むくみ解消

 

「体を温め、冷やす」の繰り返しをすることで、心拍数を上げ、消費カロリーを増やす効果があります。また体温が上がり、血流が良くなることで、冷えやむくみを解消する効果もあります。

ただし、心臓や血流などに疾患のある人は、やらないでください。

 

  1. まずは肩からかけ湯をして、体を慣らします。
  2. 3分間、肩までお風呂に浸かります。
  3. 5分間、出て休憩します。
  4. 3分間、肩までお風呂に浸かります。
  5. 5分間、出て休憩します。
  6. 最後に3~5分間、肩までお風呂に浸かり終了です。

 

高温反復浴は、心臓などに負担がかかる入浴法のため、絶対に無理はしないように注意しましょう。

 

お風呂ダイエットは〇〇と組み合わせると効果UP!

お風呂ダイエットは、以下の3つと組み合わせると効果が倍増します。

 

  • 有酸素運動
  • 発汗作用のある入浴剤
  • 半身浴と全身浴の組み合わせ

 

①有酸素運動と組み合わせると代謝アップ

お風呂ダイエットと最強の組み合わせは「有酸素運動」です。

ランニングやウォーキングと組み合わせることで、お風呂ダイエットの効果も倍増します。

まず朝か昼に有酸素運動をして、代謝をアップさせます。そして夜にお風呂ダイエットをすることで、代謝アップ効果が持続し、ダイエット効果が倍増するのです。

夜のお風呂は疲労回復の効果もあるので、ちょうど良い組み合わせですね。

 

ただし、運動直後のお風呂ダイエットはNGです。

運動で疲れている状態のときにお風呂に入ると、疲労が抜けずに溜まってしまうと言われています。そのため運動の30分~1時間後に入浴するようにしましょう。

 

②発汗作用のある入浴剤を使うとデトックス効果アップ

お風呂ダイエットは、汗をたくさん出すことでデトックス効果がアップし、ダイエット効果もアップします。

そのため発汗作用のある入浴剤を使うと、効果が倍増します。

 

 

 

入浴剤によっては発汗作用だけでなく、保温効果も持続するため、代謝アップ効果も持続します。湯冷め予防にも効果的ですね。

また汗出しデトックス効果が高いと、毛穴がキレイになり、美肌効果も得られます。女性にとっては、嬉しいオマケ付きですね。

 

③半身浴と全身浴を組み合わせるとダイエット効果アップ

半身浴の主な効果は「冷え性改善」、全身浴の主な効果は「代謝アップ」です。これを組み合わせることで、ダイエット効果がアップします。

 

  1. まず最初に5分間、全身浴をして体を温めます。
  2. 次に半身浴を10~15分くらいして、汗を出します。
  3. 最後に5分くらい全身浴をして上がりましょう。

 

この入浴法は時間が長くなるため、つらくなったら休憩を挟んでください。

また汗がたくさん出ることが予想されますので、途中で水分補給をしながらおこないましょう。

 

お風呂ダイエットの注意点

ダイエット効果の高いお風呂ダイエットですが、注意点もあるのでチェックしておきましょう。

 

最低でも食後30分は入らない

お風呂ダイエットは、食後30分はやらないようにしてください。

食後は血流が胃腸に集中しています。血流が胃腸に集中することで、消化活動をおこなっているのです。

そこでお風呂に入ってしまうと、血流が全身に分散され、消化不良を起こしてしまいます。最低でも30分は空けてから入浴してくださいね。

 

食事制限ダイエットを併用しない

お風呂はリラックスできますが、意外と体力を消耗しています。とくにお風呂ダイエットは体への負担もあるので、食事制限と同時にやると、貧血などを起こしやすくなります。

お風呂ダイエット中は、食事量を減らすのではなく、食事の栄養バランスに気をつけたり、食べ過ぎに注意する程度にしておきましょう。

 

飲酒後や妊娠中はNG

お風呂ダイエットは心臓に負担がかかる場合があるため、飲酒後にやるのはやめましょう。普通の毎日の入浴も、飲酒後はひかえるべきです。

また妊娠中は体に負担がかかるため、お風呂ダイエットはやらないでください。

 

お風呂の前後に水分補給をしっかりする

お風呂ダイエットでは、汗をたくさん出すため、脱水症状になりやすくなっています。そのためお風呂の前後には、しっかりと水分補給するようにしましょう。

とくに長湯をする場合には、入浴中も水分補給を忘れずにおこなってください。

 

苦しくなったら無理をしない

お風呂ダイエットは心臓に負担がかかりやすい方法です。そのため、くれぐれも無理はしないようにしてください。

早く痩せたい気持ちはわかりますが、体調をくずしたらダイエットどころではなくなります。苦しくなったら無理をせず、休憩を挟みながらやりましょう。

 

お風呂ダイエットでデトックス&代謝アップ

お風呂ダイエットの効果とやり方、注意点をご紹介しました。

お風呂ダイエットは簡単ですが、体に負担がかかる場合もあるため、無理をしないようにしましょう。

とはいえ毎日のリラックスタイムをダイエットに有効活用できるため、非常に効率の良いダイエット方法です。

ぜひ、痩せやすい体質づくりをしてみてくださいね。