みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

お年玉の相場金額は?誰にいくらあげるのが妥当で、何歳まであげるべき?

f:id:m-danjyo:20171228111350j:plain

お年玉の相場は、誰にいくらあげるのが妥当?

子どもの頃、お正月の楽しみと言えば「お年玉」。

でも大人になると、こちらがお年玉をあげなくてはいけません。

 

年末年始はクリスマスや忘年会、そしてお正月や新年会と、お金が出ていく機会が多く、お財布がどんどん寂しくなっていきますよね。

 

そんな時に親戚や友人宅へ新年の挨拶に行くと、子ども達へのお年玉をいくら入れようか迷ってしまいます。

あまりケチるわけにもいかないし、かといって多すぎたら嫌だし。

そんな誰にも聞けないお年玉の疑問を解決していきます。

 

そして、赤ちゃんにはあげるべきなのか?

大学生や社会人の子どもにもあげるべきなのか?

 

そんなお年玉についての豆知識や、意外と多い「お年玉トラブル」を避ける方法もご紹介します。

 

お年玉の相場|年齢別の妥当な金額とは?

お年玉の相場って、かなり曖昧ですよね。これと言った相場が決まっていないので、いくら渡せば良いのか迷ってしまいます。

そこで他の人はどれくらい渡しているのか、だいたいの相場を調べてみました。

 

お年玉の相場【幼稚園児】

幼稚園児へのお年玉の相場は、1000円が多いようです。

幼稚園生くらいの年齢だと、アニメのキャラクターのお年玉袋に入れたら、子どもは大喜びしそうですよね。

またお札ではなく小銭を入れてあげると、お金がたくさん入っている感覚になり、子どもにとっては嬉しいかもしれません。

 

お年玉の相場【小学生】

小学生へのお年玉の相場は、低学年の場合は2000円、高学年の場合は3000円が多いようです。

小学生の場合は、低学年と高学年で年齢がだいぶ違うので、お年玉の相場も変わるようです。このくらいの年齢になると、自分たちで買い物ができるようになり、お年玉に対する喜びも大きくなることでしょう。

 

お年玉の相場【中学生】

中学生へのお年玉の相場は、5000円が多いようです。

3000円くらいの場合もあるようなので、そこはあなた次第と言えるでしょう。ちょうど思春期で反抗期でもありますので、お年玉をもらっても、素直に喜んでくれない場合もあるかもしれません。

恥ずかしがっているだけなので、あげた人が落ち込む必要はないですよ。

 

お年玉の相場【高校生】

高校生へのお年玉の相場は、5000~1万円が多いようです。

高校生になるとアルバイトをしている子もいて、お金に対する感覚がシビアになっているかもしれません。とはいえ、あまり高額のお年玉をあげるのも教育上よくないので、5000円程度でも充分だと思います。

 

親戚の子どもと、友人の子どもでは金額が違う

年齢別のお年玉の相場は、あくまでも「親戚の子ども」の場合です。姪や甥も含まれます。ただし友人や知人の子どもの場合は、相場金額よりも少なくなっています。

やはり血縁関係ではない子どもの場合は、お付き合いの一環としてあげる人が多いのではないでしょうか?

 

そのためお年玉金額の相場としては、年齢に関わらず2000~3000円くらいが妥当なようです。小学生以下なら500円でも良いでしょう。

 

自分が社会人1年目の場合には、2000円程度でもOK

あなたがまだ社会人になったばかりで、親戚の子供たちにお年玉をあげるなら、自分のできる範囲で大丈夫だと思います。

 

それで金額が少ないと言って、文句を言う親はほとんどいないと思いますよ。その場合は、文句を言ってきた人のほうが常識外れだと言えるでしょう。

だから気にせず、2000円程度を渡してあげれば良いのではないでしょうか?

 

お年玉はいつから?何歳まであげるべき?

お正月には親戚や友人などと会う機会が多く、その子供たちには、何歳までお年玉をあげるべきか迷ってしまいますよね。

ちなみに上司の子どもにお年玉をあげるのは失礼になるので、図書券や商品券などをあげる場合が多いようです。

では、一般的には何歳までお年玉をあげるべきなのか、見ていきましょう。

 

幼稚園から高校生までが多数派

お年玉をあげる年齢は、一般的に幼稚園から高校生までが多数派のようです。

人によっては学生のうちはあげる場合や、社会人だとしても20歳まではあげるなど、その人によって違うようです。

 

赤ちゃんなら500円が相場

では、本人と直接やりとりができない「赤ちゃん」の場合はどうでしょうか?

あげない人もいるようですが、あげる場合には500円くらいが相場のようです。親に直接渡すことになるので、お年玉ではなく、お年賀として親に品物をあげても良いでしょう。

 

大学生なら1万円が相場

高校生へのお年玉の相場は5000~1万円でしたが、大学生にお年玉をあげる場合は、いくらが妥当なのでしょうか?

なかなか難しいところですが、だいたい1万円くらいが相場のようです。一般的に、お年玉の金額は1万円が上限だと考える人が多いようですね。

 

お年玉トラブルを避ける方法

親戚の間でも、兄弟の子どもや遠い親戚など、関係性がそれぞれ違いますよね。また友人同士の付き合いでも、人によってお年玉の金額が違うと、ちょっとしたトラブルになることもあるようです。

新年早々トラブルに巻き込まれないための心得として、どんなことに気をつければ良いのか、ちょっとだけ見ていきましょう。

 

親の前でお年玉を渡す

お年玉を子どもに渡す場合、その子の親の前で渡すのが無難です。そのほうが親がその場でお礼を言うチャンスがありますし、自分のいない場所で渡されると、気分を害す人もいるかもしれません。

 

お年玉袋に「子どもの名前」と「自分の名前」を書く

お年玉袋に何を書くか迷ってしまう場合もあると思いますが、相手の子どもの名前を表面に書くのが一般的です。そして裏面には自分の名前、夫婦の場合は世帯主(夫)の名前を書くのが一般的です。

 

そこまで堅苦しく考えずに、世帯主ではなく「○○おばちゃんより」とかでもOKです。要は、「誰が誰にあげたお年玉なのか」がわからないと、親がお礼をする場合に困ることがあるようです。

また子どもがお年玉を落とした場合に、同じお年玉袋だとわからなくなってしまいます。それを防ぐためにも、相手と自分の名前を書いておくと良いでしょう。

 

自分の子どもがもらった金額と同額を渡す

お年玉トラブルでいちばん多いのが、「自分の子どもがもらった金額よりも、自分があげた金額のほうが多かった」という場合です。

ちょっと情けないトラブルのような気もしますが、やはり多く渡したほうは損した気分になるかもしれませんね。

 

このトラブルを避けるには、もらった金額と同額を渡すのが一番です。そのためお年玉をもらったら、まずは親が預かると管理しやすいでしょう。

 

目の前で中身を見ないよう、子どもに言っておく

お年玉をもらった子どもは、金額が知りたくて、その場で中身を見たくなりますよね。でも、もらった人の目の前で中身を見るのは失礼ですし、子どもがうっかり「少ない!」とか言ったら困ります。

 

逆に金額が多い場合には、他の人の面目をつぶすことになります。そのため子どもには、あらかじめ中身を見ないように言っておくと良いかもしれません。

 

子どもがいない夫婦への配慮も忘れずに

お年玉は、子どもたちのイベントです。つまり子どもがいない夫婦の場合は、自分たちがあげるばかりで、誰からももらえないことを配慮する必要があります。

たとえ自分の子どもへのお年玉金額が少なかったとしても、そこは大目に見てあげてください。お正月早々に、そんなつまらないことでトラブルを起こすのは、縁起が悪いですよね。

 

子どもがいなくたって、どこの家庭も家計は厳しいものです。それでも自分の子どもにお年玉をくれたということに、まずはお礼の気持ちを伝えましょう。

お年玉をもらえない夫婦には、お年賀としてお返しをあげるのも良いかもしれませんね。

 

お年玉の悩み解決!スッキリした気持ちでお正月を

お年玉の相場や豆知識、お年玉トラブルなどについてご紹介しました。

これでお年玉の悩みは、スッキリ解決できましたか?

新年は心も新たに、スッキリとした気持ちでお正月を迎えたいですね。