みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ランニングソックスの効果とメリット|足をサポートする機能性が高いアイテム

f:id:m-danjyo:20171229142414j:plain

ランニングソックスには、足を守るサポート機能がある

ランニングで「靴ずれ」や「マメ」などができて、痛くて走れないという経験はありませんか?

 

「靴が合っていないのかな?」

と感じる人が多いと思いますが、じつは靴下が原因かもしれません!

 

普通の靴下をランニングソックスに換えるだけで、タイムが速くなったり、足のケガが減ったりすることが多いのです。

 

良いランニングシューズも大事ですが、機能性の高いランニングソックスのほうが、足を効果的にサポートしてくれます。

 

では、普通の靴下とどこが違うのか、ランニングソックスの効果とメリットを見ていきましょう。

 

「ランニングソックス」と「普通の靴下」を比較

「ランニングソックスは、普通の靴下と何が違うの?」という疑問を持っている人も多いことでしょう。ランニングソックスは、ランナーの足を守る重要なサポートアイテムです。

 

たとえ機能性の高いランニングシューズを履いても、足にマメができたり、靴ずれして足が痛くなったりすることがありますよね。

また長距離ランニングをする場合には、足に疲労がたまって、いい走りができないこともあるでしょう。

 

ランニングソックスを履くことで、ランニング中の疲労を軽減し、靴ずれなどを防ぐ効果があるのです。

 

では具体的に、ランニングソックスには、どんな効果があるのか見ていきましょう。

 

ランニングソックスの効果とメリット

ランニングソックスには、普通の靴下には無いサポート機能があります。

ランニングソックスを履くメリットは、おもに以下の4つです。

 

  • マメや靴ずれになりにくい
  • 長時間走っても、疲れにくい
  • 吸汗性や通気性に優れ、蒸れにくい
  • 着地時の衝撃をおさえる

 

では、具体的にどのような効果があるのか見ていきましょう。

 

土踏まずの落ち込みを防ぐ「アーチサポート」

長距離ランニングをすると、徐々に疲労がたまっていき、土踏まず(アーチ部分)が下がってくると言われています。

すると本来の土踏まずの機能である「着地時の衝撃を吸収する働き」「足を前に蹴りだす動作」などが、うまくできなくなっていきます。

そのためタイムに影響が出たり、足のケガなどにつながってしまうのです。

 

それを防ぐのが、ランニングソックスによる「アーチサポート」機能です。

土踏まずを支えることによって、足首や膝にかかる負担を軽減し、長距離ランニングで起こしがちな「膝の故障」を防ぐこともできます。

 

靴の中で足がズレない「滑り止め」

ランニングソックスが普通の靴下と違うところは、滑り止め機能がついていることです。滑り止めがついていることで、靴の中で足がズレるのを防いでくれます。

では、靴の中で足が動くと、どうしてダメなのでしょうか?

 

  • 効率よく前に進む力を発揮できない
  • 靴の中で足が動くと疲れやすい

 

靴の中で無駄に動きがあると、バランスを取るために余計な力が入り、疲れやすくなります。

ランニングソックスを履くことで、足とソックス、ソックスとシューズとのフィット感が高まり、疲労を軽減することができます。

 

汗による足蒸れを防ぐ「通気性」

ランニングソックスは、蒸れにくく乾きやすい素材を使用していることが多く、通気性にも優れています。

そのため汗をかいても蒸れにくく、また雨の日のランニングでも走りやすくなっています。

 

走っている最中にソックスが湿っていると、足が疲れやすくなるため、快適にランニングを楽しむには、ランニングソックスを履くことをオススメします。

 

アキレス腱を守る「アンクルサポート」

アンクルサポートとは、蹴りだす時の足首のブレを防いだり、アキレス腱を摩擦や衝撃から守る「テーピングのような機能」のことを言います。

 

アンクルとは足首のことですが、足首が固定されることによって、安定したランニングフォームで走ることができます。ランニングフォームが安定すると、ランニング中のさまざまな故障を防ぐことができます。

 

ランニングソックスのタイプ別の機能性

ランニングソックスには、さまざまな種類やタイプがあります。どのようなタイプのソックスを履くかによって、機能性にも違いが出てきます。

では、どのようなランニングソックスに、どのような機能があるのか見ていきましょう。

 

ふくらはぎの痙攣や疲労を防ぐ「ハイソックス」

ランニングソックスには、「くるぶし丈」や「ハイソックス」、足首が隠れる「レギュラー丈」などがあります。

その中でも高機能なのが、ふくらはぎを覆う「ハイソックス」です。

 

ランニングタイツの効果と選び方」の記事でもご紹介しましたが、適度に締めつける「着圧機能」があることで、筋肉の揺れを防ぎ、足の疲労を軽減する効果があります。

 

これを「コンプレッション機能」と言います。ハイソックスタイプなら、このコンプレッション機能を発揮して、冷えや血行不良を改善する作用もあります。

 

指同士の摩擦やマメを防ぐ「5本指ソックス」

ランニングソックスには、「レギュラーソックス」と「5本指ソックス」があります。

5本指ソックスなら、指同士が触れ合わないため、摩擦やケガを防ぐことができます。そのためマメや靴ずれ、指が触れ合うことによる切り傷などを起こしにくく、快適にランニングをすることができます。

 

また5本指ソックスのほうが足指の間の汗を吸い取り、さらに蒸れにくい効果を発揮してくれます。

 

着地時の衝撃から足を守る「厚手のソックス」

ランニングソックスには、「厚手」と「薄手」があります。

薄手のランニングソックスは、地面を蹴りだす感覚をつかみやすいため、スピード練習などに適していると言われています。

 

厚手のランニングソックスは、地面に着地した時の衝撃をやわらげ、足にかかる負担を軽減する効果があります。

初心者や長距離ランニングをする場合には、厚手のランニングソックスがオススメです。

 

ランニングソックスは靴より重要な足を守るアイテム

ランニングソックスの効果とタイプ別の機能について、ご紹介しました。

普通の靴下と比較すると、ランニングソックスにはたくさんのメリットがありましたね。

 

ランニングソックスは、じつはランニングシューズよりも重要な「足を守るアイテム」と言えるかもしれません。

快適にランニングを楽しむため、またレースで良いタイムを残すためにも、ランニングソックスを有効に活用してみましょう。