みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

シミ取りクリームのおすすめは?効果を実感できるシミの種類とクリームの選び方

f:id:m-danjyo:20180108172347j:plain

効果のあるシミ取りクリームが欲しい!

シミを消すならシミ取りクリームが効果的ですが、種類が多くて、どれを選んだら良い迷ってしまいますよね。本当に効果のあるシミ取りクリームを選ぶなら、有効成分をしっかりチェックすることが大切です。

 

シミ取りクリームなどの「美白化粧品」は高価なものが多いため、安易に選ぶとお金をムダにしてしまいます。

 

そこで、「おすすめのシミ取りクリーム」を2種類と、「シミに効果のある有効成分」についてご紹介します。

 

シミの原因|シミ取りクリームでシミは消えるの?

シミの種類は、1つだと思っていませんか? じつはシミには、いくつかの種類があるのです。原因がそれぞれ違うので、シミ取りクリームが効果的なものや、効果がないものもあります。

では、ホームケアで消せるシミと、クリニックでないと消せないシミをそれぞれ見ていきましょう。

 

ちなみにクリニックでの主な処置法は、レーザー治療になります。その他にもシミのタイプによっては、切除やピーリングなどが有効な場合もあります。

 

シミ取りクリームで薄くなるシミの種類

シミを薄くするホームケアには、美白化粧品が欠かせません。その中でも「シミ取りクリーム」が効果的です。では、どのようなシミなら薄くすることが可能なのでしょうか?

 

◆老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑とは、紫外線が原因でできたシミのことです。いわゆる「光老化」によるシミです。紫外線を浴び過ぎたことでメラニンが過剰に生成され、更にターンオーバーが乱れることによってシミになります。すぐにシミになるのではなく、年齢とともに出てくるのが特徴です。

 

老人性色素斑の中でも、ホームケアで薄くなるシミは、以下のタイプです。

  • 盛り上がっていない平らなシミ
  • まだ、それほど濃くないシミ

 

基本的にこのタイプのシミは、予防することが大切です。できてから薄くすることも可能ですが、日頃から美白ケアを怠らないようにしましょう。

 

◆肝斑(かんぱん)

肝斑とは左右対称にできるのが特徴で、ぼんやりと薄くできるため、くすんでいるようにも見えます。また男性にはできないことから、原因は女性ホルモンの乱れによると考えられています。30~40代に多く、閉経すると薄くなることが多いようです。

 

レーザー治療をすると、逆に濃くなる場合もあるため、ホームケアがおすすめです。

 

◆炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とは、ニキビやケガ、虫刺されや肌荒れなどで炎症を起こし、その跡が茶色く色素沈着してできたシミのことです。いわゆる「ニキビ跡」や「傷跡」が、紫外線に当たることで濃くなってしまう症状です。

アトピー性皮膚炎や衣服の擦れ、かきむしった跡などが、そのままシミになることもあります。

 

ターンオーバーを改善したり、シミ取りクリームによって改善しやすいシミなので、地道にホームケアをしましょう。

 

◆そばかす

そばかすは別名「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれ、2種類に分かれます。

1つは子どもの頃にできるタイプで、「遺伝的要因」だと考えられています。この場合は、大人になるにつれて、薄くなっていく場合が多いようです。

もう1つは大人になってからできるタイプで、「紫外線が原因」だと考えられています。紫外線によるそばかすは、比較的ホームケアで薄くなる可能性が高いです。

 

遺伝によるそばかすは簡単に消すことはできませんが、紫外線によるそばかすなら、医薬部外品に指定される「ハイドロキノン」などの有効成分を使って薄くすることも可能です。

 

クリニックでしか消えないシミもある

シミの種類によっては、自宅での美白ケアでは消えないシミもあります。医療機関での処置法には、以下のようなものがあります。

 

  • レーザー治療……メラニン色素を破壊したり、古い角質を取る
  • 光治療……レーザー治療より弱いものの、肌への負担が少ない
  • ピーリング……ターンオーバーをうながし、シミを排出する
  • 外用薬を塗る……ハイドロキノンなど、シミ取りクリームより高濃度
  • 内服薬を飲む……ビタミンCなど、メラニン色素の還元に有効な成分

 

では、ホームケアでは消せないシミの種類を見ていきましょう。

 

◆脂漏性角化症

脂漏性角化症は別名「老人性イボ」とも呼ばれていて、茶色く盛り上がった良性腫瘍です。80歳以上になると、ほとんどの人にできると言われています。紫外線の影響を受けやすい顔や頭、また皮脂の多い場所にできやすいのが特徴です。

 

盛り上がっている種類のシミは、シミ取りクリームでケアするのは難しいため、レーザー治療による切除が有効です。ちなみに市販薬の「イボ取り」では効果がないと言われています。

 

◆花弁状色素斑

花弁状色素斑は、強烈な紫外線を集中的に浴びることでできるシミです。いわゆる「サンバーン」と呼ばれる火傷のような状態になると、花弁状色素斑ができやすくなります。このシミは肌の深い部分にできるため、ホームケアでは改善がむずかしいと言われています。

 

軽度の場合はシミ取りクリームなどで改善できる場合もありますが、基本的にはレーザー治療・塗り薬・内服薬など、クリニックでないと消せないと言われています。

クリニックで処方される塗り薬や内服薬は医薬品のため、高い効果があるものの、レーザー治療と併用しないと改善できない場合が多いようです。

 

シミ取りクリームの効果|市販の美白化粧品との違い

ドラッグストアなどで市販されている美白化粧品は、種類が豊富でプチプラなのが嬉しいですよね。でもそれって、本当にシミを消す効果があるのでしょうか?

 

シミを消す効果のある有効成分は、医薬部外品にしか使えない成分が多いため、市販で効果のあるシミ取りクリームは限られてきます。また、美白成分が配合されていても、含有量が少なく、充分な効果が実感できない市販品もあります。

 

そのため本気でシミを消したいなら、有効成分をしっかりと肌に届けるシミ取りクリームを使うことをおすすめします。

 

シミ取りクリームの選び方

効果のあるシミ取りクリームを探しているなら、シミに効く有効成分をチェックして探すと良いでしょう。どの成分にどのような効果があるのか、それぞれの有効成分をご紹介します。

 

代表的な美白成分「ビタミンC誘導体」

「美白にはビタミンCが効く!」というのは、多くの人が知っていると思います。でもビタミンCのままでは肌に浸透しにくいため、ビタミンC誘導体にすることで肌の奥まで浸透しやすくなり、様々な美肌効果をもたらしてくれます。

 

シミに効くのはもちろん、ニキビ予防や保湿効果を高めるなど、皮脂のコントロールをすることでも有名な有効成分です。

 

ただし高濃度なら良いというわけではなく、濃度が濃いと肌に刺激を与えたり、皮脂を抑えすぎて乾燥する場合もあるようです。そのため実際に使ってみて、自分の肌に合った化粧品を使うことをおすすめします。

 

本気のシミ消しなら「ハイドロキノン」

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、シミを消す効果が高い有効成分だと言われています。ホームケアだけでシミを消したいなら、ハイドロキノンが最も効果的だと言えるでしょう。

以前は医療用として使用されていた成分ですが、現在は医薬部外品に限って、美白化粧品に配合できるようになりました。それだけ効果が高い有効成分ですから、使用方法にもいくつか注意が必要です。

 

ハイドロキノンの注意点
  • 紫外線に当たるとシミが濃くなる場合があるため、ナイトケアとして使用する。
  • 集中ケア用の高濃度のタイプは、効きすぎて部分的に白くなる恐れがある。
  • 繰り返し同じ場所に塗ると、肌が弱くなる場合がある。
  • 肌に刺激になる場合があるため、パッチテストを行う。

 

ハイドロキノンは、次にご紹介する「アルブチン」の10~100倍の美白効果があると言われているので、扱いには注意しましょう。

 

シミ予防に効く「アルブチン」「トラネキサム酸」

アルブチンはハイドロキノンに比べて肌への刺激が少なく、美白効果が高いことで知られている有効成分です。できてしまったシミを薄くする効果が高い「ハイドロキノン」に対し、「アルブチン」はシミを予防する効果が高いと言われています。つまり、シミになる前に、メラニン色素を排出する効果が期待できるのです。

 

アルブチンと似た成分に「トラネキサム酸」があります。どちらもシミの初期に効果的で、白くクリアな素肌へと導いてくれます。もし、すでにシミができているなら、ハイドロキノンやビタミンC誘導体とセットで使用すると、さらに効果的です。

 

シミ取りクリームのオススメは?

シミに効く有効成分を配合した「シミ取りクリーム」を2つご紹介します。トライアルセットなので、まずは効果を実感してから、じっくりと検討してみてください。

 

シミ予防と改善に、高保湿の薬用美白化粧品

シミ取りクリームが欲しくても、「敏感肌だとピリピリするからイヤ!」と悩んでいませんか?

実績のある「ポーラ」や「オルビス」グループの薬用美白化粧品「サエル」なら、敏感肌にもやさしく、ピリピリしないのが特徴です。

 

シミ予防に効果的な「アルブチン」は美白美容液に配合され、シミを改善する「ビタミンC誘導体」はシミ取りクリームに配合されています。

また、セラミドの中でも抜群の保湿力がある「ヒト型セラミド」が配合されているため、乾燥肌に悩む女性がリピート買いしています。

 

薬用美白化粧品「サエル」の特徴をまとめると……

  • 高保湿の「ヒト型セラミド」が肌の奥まで浸透する
  • 美白有効成分である「ビタミンC誘導体」でメラニンを元に戻す
  • 美白有効成分である「アルブチン」でメラニンを作らせない

 

▼POLA・ORBISグループの 薬用美白化粧品

【通常使用】サエルトライアルセット 

 

美白化粧品特有のピリピリ感がないので、敏感肌のあなたも安心してシミケアができますよ。また、抜群の保湿力があるため、正常なターンオーバーをうながすことで、シミを排出しやすくする効果が期待できます。

 

アルブチンの100倍の美白効果「ハイドロキノン」

シミに悩むあなたが、最後の手段として選ぶなら「b.glen(ビーグレン)のホワイトケア」がおすすめです。

本気でシミを消したいなら、アルブチンの10~100倍の美白効果があると言われている「ハイドロキノン」配合のシミ取りクリームで、白い肌を取り戻しましょう。

 

ビーグレンのホワイトケアは、医学会が認めた独自の技術で、肌の奥まで浸透させる「ハイドロキノン」を開発しました。そのためシミに直接届き、薄くする効果が期待できるのです。

 

▼医学会が認めた肌の奥まで浸透する美白成分

 

 

シミ取りクリームは美白ケアの救世主!

シミ取りクリームのおすすめ2つと、クリームの選び方などをご紹介しました。ホームケアをするなら、シミ取りクリームは、まさにあなたの救世主になってくれることでしょう。

迷っているなら、まずはトライアルセットから試して、じっくり考えてみると良いですよ。効果が高いのは言うまでもないので、あとはお財布と相談ですね。