みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

しわに効く化粧品の選び方|深いしわ・浅いしわに効果的な成分とは?

f:id:m-danjyo:20180111152108j:plain

しわに効く化粧品は、タイプ別に成分で選ぶのがコツ

明るい場所で見ないと、意外と気づかないしわ。

まだ軽度のしわの場合は、夜の室内で電気をつけていても、よ~く見ないと気づかないことも多いのです。

 

今は軽度のしわでも、放っておくと加齢とともに深く刻まれてしまいます。その前にしっかりと「しわ対策」をしないといけませんね。

また割と深いしわでも、化粧品の成分によっては改善することもできます。

 

このように、しわのタイプによって効果的な成分が異なるため、まずはあなたの気になるしわの種類と原因について見ていきましょう。

 

【しわの種類別】しわの原因とは?

しわの種類は、大きく分けて3つあります。しわの種類によって原因が違うので、それぞれ見ていきましょう。

 

表皮にある「浅いしわ」の原因は乾燥

目元や口元にできる「浅いしわ」の原因は、おもに乾燥によるものです。肌のいちばん浅い場所にある「表皮」という層が乾燥すると、肌が硬くなり、しわができます。ダイエットや栄養不足、保湿不足など様々な影響によって肌は乾燥していくので、早めの保湿ケアが重要なポイントになります。

 

一般的には、「小じわ」や「ちりめんじわ」がこのタイプになります。乾燥が原因のため、若い人にもできるしわですが、放っておくと加齢とともに深いしわになってしまいます。

 

真皮に刻まれる「深いしわ」の原因は加齢

表皮よりも深い真皮層に刻まれる「深いしわ」の原因は、おもに加齢によるものです。UVケアを怠ったことによる「光老化」や、生活習慣による「ターンオーバーの乱れ」が原因で、肌のハリ・弾力が失われていきます。

このような深いしわを一般的には「真皮しわ」と言います。ここまで進行すると、保湿ケアだけで改善することは難しく、肌のハリを支えている土台をよみがえらせる必要があります。

 

「表情しわ」の原因は表情のクセ

おもに眉間やおでこ、頬などにできる「表情しわ」の原因は、その人の表情のクセによるものです。表情を戻しても、しわが残ってしまうのが特徴で、しわができる表情のクセを直すことも対策の1つとなります。

 

また、表情筋を動かさないことによる「表情筋の衰え」が原因の場合も多く、化粧品での改善のほかに、表情筋エクササイズも効果的です。ただし、表情筋エクササイズはしわが悪化するケースもあるため、あまりやり過ぎると逆効果になるので注意しましょう。

 

しわに効く化粧品は成分で選ぶ

しわに効く化粧品は、しわのタイプによって効果的な成分が違います。そのため、どんなしわを改善したいのかを明確にしてから、そのしわに効く成分が配合されている化粧品を選ぶことが大切です。

 

浅いしわに効く化粧品の選び方

表皮にできる浅いしわの原因は「乾燥」なので、保湿ケアを徹底することが有効なしわ対策になります。とくに保湿効果の高い「コラーゲン」や「セラミド」、「ヒアルロン酸」などが配合された化粧品がおすすめです。

 

これらの成分で保湿するには、美容液や乳液、クリームなどの化粧品が効果的です。保湿の前のスキンケアである、洗顔や化粧水も大事なので、忘れずにおこないましょう。

 

深いしわに効く化粧品の選び方

真皮にまで刻まれる深いしわの原因は、紫外線や生活習慣、加齢とともに減少する「コラーゲン」や「エラスチン」の不足によるものです。足りない成分を肌の奥まで浸透させ、ハリと弾力をよみがえらせることが大切です。

 

深いしわに有効な成分は、コラーゲンの生成を助ける「ビタミンC誘導体」や、細胞を修復する「レチノール」などがおすすめです。レチノールとはビタミンAの一種で、ヒアルロン酸やコラーゲンを増やす作用があります。

肌の奥に有効成分をたっぷりと補うことで、肌本来のハリと弾力を取り戻すことができます。ただしレチノールは、肌の刺激になる場合がありますので、ご注意ください。

 

表情しわに効く化粧品の選び方

表情しわは、加齢による「たるみ」が原因でできる場合が多く、深いしわが刻まれてしまうことも少なくありません。そのため深いしわ対策の化粧品で、肌のハリをよみがえらせることが大切です。また同時に、浅いしわ対策の保湿ケアもおこなうことで、手ごわい表情しわを改善へと導くことができるでしょう。

 

しわに効く化粧品の使い方のコツ

しわに効く化粧品は、それほど特別な使い方があるわけではありませんが、効果を存分に発揮させるには、ちょっとしたポイントがあります。

 

夜のスキンケアで、化粧品を重ね塗りする

しわが目立つ場所には、化粧品を重ね塗りするのも効果的です。朝はメイクをするので難しいですが、夜のスキンケアならそのまま眠るので大丈夫ですね。

 

毎日、朝晩2回のスキンケアをする

しわに効く化粧品は、とにかく毎日使うことが大切です。そして、できるだけ朝晩の2回のケアをするようにしましょう。

 

根気よく、継続して使う

しわに効く化粧品といっても、それほど即効性があるわけではありません。また、加齢とともにしわがどんどん深く刻まれていく可能性が高いので、継続して使うことが必須条件になります。

 

できるだけ早い段階で、予防することが大事

しわができてからでも改善は可能ですが、できるだけ軽度の早い段階でしわ対策をすることが大切です。また、しわは予防することが大事なので、エイジングケア世代に近づいたら、保湿ケアを徹底的にやっておいたほうが良いでしょう。

 

化粧品以外でのしわ予防と改善方法

化粧品でのしわ対策をご紹介しましたが、最後に化粧品以外での「しわ予防」と「しわの改善方法」をご紹介します。どの方法も、ポイントは「肌を乾燥から守ること」になります。様々な原因で肌は乾燥していきますので、しわ対策としては、肌を乾燥させないことが一番大切です。

 

睡眠でターンオーバーを正常にし、肌を再生する

睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、食生活や生活習慣の乱れによりターンオーバーが乱れると、しわができます。ターンオーバーが乱れると肌が再生できなくなるので、古く硬い肌が残り、それがしわとなって現れてしまうのです。

 

またターンオーバーの乱れは、肌の乾燥、しわやたるみ、シミやニキビなど、様々な肌トラブルの原因になります。

ターンオーバーは寝ている間におこなわれるので、充分な睡眠をとり、肌の再生を助けることが大切です。

 

季節を問わず、紫外線対策をする

紫外線による「光老化」は、肌老化の80%を占めると言われています。つまり肌が老化する原因のほとんどは、UVケアを怠ったことによる日焼けだと考えられます。

紫外線によるダメージは、肌から水分を奪い、乾燥肌の原因になります。肌が乾燥すると、しわができやすくなるため、季節を問わず紫外線対策をすることが必要になります。

 

洗顔やスキンケアで肌を傷つけないようにする

肌は毎日のようにメイクや化粧品、洗顔やクレンジングなどの影響で負担がかかっています。そのうえ洗顔やスキンケアでゴシゴシとこすってしまうと、肌が傷つき老化が早まります。間違ったフェイスマッサージも、しわの原因になるので気をつけましょう。

 

さらにファンデーションや洗顔料、クレンジング剤などは、肌に刺激を与えない「肌にやさしいタイプ」を使うようにすると良いでしょう。

 

過度なダイエットや栄養不足に気をつける

美意識の高い女性は、ダイエットのために食事制限をしている場合が多いと思います。適度な食事制限なら良いですが、過度な食事制限は栄養不足になる恐れがあります。

栄養不足になると肌がカサカサに乾燥しやすくなり、しわができやすい状態になります。ニキビなどの肌荒れがひどくなることもあるので、普段から栄養不足には気をつけるようにしましょう。

 

ストレスを軽減し、ホルモンバランスを整える

毎日の生活で溜まるストレスも、肌を乾燥させ、しわの原因になります。ストレスが溜まると女性ホルモンのバランスが崩れ、肌が乾燥したり、肌荒れがひどくなります。

女性ホルモンの分泌は加齢とともに減少するため、ストレスの軽減や食生活、睡眠などによってホルモンバランスを整えることが大切です。

 

女性ホルモンは美肌をつくる作用のほかにも、女性らしいカラダをつくるのに必要不可欠です。日頃から女性ホルモンのバランスを整える生活を心がけることで、しわの改善だけでなく、健康で美しい体づくりに貢献してくれることでしょう。

 

しわに効く化粧品で、うるつや美肌になろう!

しわのタイプ別の原因や、効果的な化粧品の選び方をご紹介しました。

年齢とともにしわが増えるのはある意味仕方のないことですが、化粧品や生活習慣で予防・改善することができます。日頃のケアを小まめにおこない、うるつや美肌を目指しましょう!

5年後、10年後の素肌に差が出てきますよ。