みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

股関節が硬いと太る!股関節ストレッチで全身ダイエット

f:id:m-danjyo:20180207160619j:plain

股関節が硬いと太る!股関節ストレッチで全身ダイエット

体が硬いと太ると言われていますが、とくに、股関節が硬いと太りやすいのをご存知ですか? 普段はあまり意識することはないと思いますが、ダイエットや健康において、股関節はとっても重要な部分なんです。

 

女性に多い「冷え性」や「むくみ」、なかなか痩せない「下半身太り」の原因は、もしかしたら「股関節の硬さ」のせいかもしれません。

 

運動やエクササイズも効果的ですが、もっと簡単にダイエットする方法が「股関節ストレッチ」です。

 

今回ご紹介するストレッチは、運動が苦手な人や、体が硬い人でも簡単にできるものばかり。毎日やることで、痩せやすい体へと導いていきましょう!

 

股関節が硬いと太る理由

そもそも股関節が硬いと、なぜ太るのでしょうか? そこには、下半身太りだけでなく、全身も太りやすくする理由があります。

 

股関節の役割と重要性とは?

股関節とは、いわゆる「足の付け根」の関節のことです。体のあちこちにある関節の役割は、前後左右に自由自在に動き、いろいろな動きをするサポートをしています。その中でも、股関節のおもな役割は、以下の3つです。

 

  • 体重を支える役割
  • 体を動かす役割(立つ・座る・歩く)
  • 大きなリンパ節があり、リンパや血液を流す役割

 

股関節は体のほぼ中央部分にあるため、体を支える役割をしています。上半身の体重を支えたり、体を動かすときの中心になる部分です。

毎日の生活で必ずやる動作「立つ」「座る」「歩く」ときに、股関節が硬いと不自然な動きになり、体の歪みをつくる原因にもなります。

 

下半身太りや代謝が落ちる原因になる

毎日の生活では意識していない場所なのに、ちょっとした動きにも関わってくる「股関節」。股関節には大きなリンパ節があり、股関節が硬くなると、リンパや血行が悪くなってしまいます。

すると下半身太りになるだけでなく、全身の代謝が落ちて、太りやすくなってしまうのです。

 

股関節は健康にも関わっていて、全身の血行が悪くなることで疲れやすくなったり、高血圧などの病気を引き起こしたり、冷え性になったりします。

ダイエットだけでなく、健康にも関係している股関節は、なぜ硬くなってしまうのでしょうか?

 

股関節が硬くなる原因

股関節が硬くなる原因には、加齢や日頃の生活習慣が関係しています。色々ありますが、おもな原因は以下の3つです。

 

  • 加齢により血管や筋肉が硬くなる
  • 猫背やXO脚による体の歪み
  • 運動不足による血行不良

 

加齢とともに筋肉が衰えるのはご存知だと思いますが、血管も加齢とともに硬くなってしまいます。血管が硬くなると血行が悪くなるため、代謝が低下して、ダイエットに悪影響を及ぼします。

 

また現代人に多い「猫背」や、デスクワークで長時間同じ姿勢でいることも、股関節が硬くなる原因になります。

さらに日頃の運動不足による血行不良や、X脚・O脚による体の歪みも、股関節が硬くなる原因だと考えられます。

 

股関節が硬いと動きにくく、しかも血行が悪いと疲れやすいので、ダイエットのための運動が続かない原因にもつながります。

そこで、股関節を柔らかくする簡単ストレッチで、痩せやすい体を目指しましょう。

 

簡単ストレッチで股関節を柔らかくして痩せる方法

股関節ストレッチは、健康やダイエットに高い効果を発揮しますが、とっても簡単なのがメリットです。運動が苦手でダイエットが続かない人や、体が硬くてストレッチをしたくない人でも、毎日テレビを観ながらできます。

 

これからご紹介するストレッチは、すべて「股関節ストレッチ」ですが、それぞれ効いている場所が違います。股関節は前後左右に自在に動くため、色々な方向にストレッチするのが効果的です。

 

どれも気持ちいいストレッチなので、全然つらくありません。わたしも毎日ストレッチをしていますが、楽しみで仕方ないくらいです。

そんな「簡単ストレッチ」をあなたにもご紹介しますね。

 

【股関節ストレッチ1】あぐらストレッチ

まずは、あぐらストレッチからご紹介します。「これ以上簡単なストレッチはない」というくらい簡単です。

 

  1. 床に座り、あぐらのような体勢で足裏同士をくっつけます。
  2. 足先を持ち、ヒザを上下に揺らしてほぐしましょう。
  3. ヒザが、なるべく床に近づくように、手でヒザを押します。
  4. 上体を前に倒し、20秒くらいキープします。

 

股関節が硬い人は、ヒザがあまり床に近づかないと思います。いきなり無理せず、少しずつ股関節を柔らかくしていきましょう。

 

【股関節ストレッチ2】股関節(そけい部)伸ばしストレッチ

股関節には大きなリンパ節があり、股関節が硬くなると、リンパや血液の流れが悪くなります。それが代謝の低下や下半身太りの原因になるため、血管を柔らかくして、血行を良くすることが効果的です。

 

血管を伸ばして柔らかくするなら「▶冷え症改善に血管のばしが効く」の記事も参考にしてみてください。

股関節のばしストレッチなら、ヨガポーズにもいくつかありますので、アロマやお香を焚きながら、リラックスした状態でやるのもオススメです。

 

鳩のポーズ

f:id:m-danjyo:20180207152320j:plain

 

スワンのポーズ

f:id:m-danjyo:20180207153343j:plain

 

体が硬い人でも、流れでストレッチをすれば、できるかもしれません。股関節(そけい部)を伸ばすストレッチの流れをご紹介します。

 

f:id:m-danjyo:20180207151028j:plain

参照:https://allabout.co.jp/gm/gc/470987/

 

  1. 左足のヒザを床につき、右足は前に出します。
  2. 両手を右ヒザに置き、前に体重を移動していきます。
  3. お尻がかかとについたら、深呼吸を3~5回します。
  4. 右足のつま先を外側に向け、股関節を開きながら、ヒジを床につきます。
  5. そのままお尻を床について、スワンのポーズに行ってもOKです。
  6. 足を入れ替えて、同じようにやってみましょう。

 

【股関節ストレッチ3】開脚ストレッチ

日頃の生活では股関節を動かすことが少ない上、とくに「開脚」という動作は滅多にしません。そのため硬くなっていることが多いです。

開脚ストレッチについては、「▶開脚ストレッチで下半身痩せ」の記事も参考にしてみてください。

 

  1. 床に座り、両足を左右に伸ばします。
  2. 左右と前に上体を倒してストレッチします。

 

開脚ストレッチのポイント
  • なるべく、背すじが丸まらないようにする
  • ヒザが曲がらない状態で、行けるところまででOK
  • なるべく、つま先が前に倒れないように上を向けておく

 

股関節ストレッチの効果を高める2つのコツ

股関節ストレッチの方法を3つご紹介しました。前後左右に動かして、股関節を柔らかくしましょう。効果を高めるコツとしては、「お風呂上がりにやること」「呼吸を止めないこと」です。

この2つのポイントを守るだけで、ストレッチの効果がグーンと高まりますよ。

 

気持ちいい股関節ストレッチでキレイになろう!

股関節が硬いと太る理由と、股関節を柔らかくして痩せる「簡単ストレッチ」の方法をご紹介しました。

股関節は動かす機会が少ないので、硬くなりやすい場所です。また血管は加齢とともに硬くなってしまうので、Wパンチで血行が悪くなりやすいのです。

気持ちいい股関節ストレッチで痩せやすい体になり、体の中も外もキレイになりましょう!