みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

玉ねぎの育毛促進効果|頭皮の血行を良くして薄毛を治す

f:id:m-danjyo:20180211161805j:plain

玉ねぎを頭皮に塗ったら8割の人の毛が生えた!?

男女問わず、抜け毛や薄毛に悩む人が増えていますが、「髪の毛さえフサフサなら……」と思っている人もいるのではないでしょうか?

でも、高い育毛剤を使い続けるのは大変だし、自分に合っている商品でないと効果が実感できませんよね。

 

そんなあなたにオススメしたいのが、玉ねぎ。どこの家庭にもある身近な「玉ねぎ」に、スゴイ育毛効果があると言われているのです。

玉ねぎを食べるのも効果的ですが、なんと頭皮に塗ったら毛が生えたという人がいるそうなんです。海外では研究が発表されていて、8割もの人が発毛に成功したんだとか。

 

今回は、気になる玉ねぎの育毛効果と、自宅で簡単に作れる「玉ねぎ育毛剤」の作り方をご紹介します。

 

海外で話題の「オニオンジューストリートメント」って?

さいきん何かと話題になる「玉ねぎ」の効果。

玉ねぎヨーグルトや玉ねぎ氷などの、健康やダイエット効果を実感している人も多いのではないでしょうか?

そんな中、今度は玉ねぎに育毛効果があると言うのです。これはアメリカの研究者が発表したもので、全米で話題になったんだとか。

 

その名も「オニオンジューストリートメント」。

玉ねぎの汁を絞って頭皮に塗ったところ、髪が生えてきた人が多数確認されたそうです。外人さんは薄毛の人が多いので、何だか効果がありそうな予感がしますよね。

 

ところで、玉ねぎのどんな成分に育毛効果があるのでしょうか?

 

玉ねぎの発毛・育毛効果

玉ねぎの発毛・育毛効果は、玉ねぎに含まれる「アリシン」「ケルセチン」「グルタチオン」の3つの成分による効果です。それぞれの成分には、どのような育毛効果が期待できるのでしょうか?

 

アリシンで頭皮の血行を促進する

玉ねぎの健康効果でよく知られているのは、血液サラサラ効果ですよね。この血液サラサラ効果は、アリシンによる作用です。

アリシンは血液が固まるのを防ぎ、血管を拡張することで血行を良くしてくれます。

 

血行が良くなれば病気予防になるだけでなく、頭皮環境を良くして、抜け毛を防いでくれます。さらに栄養が頭皮に届くことで、発毛・育毛効果が期待できるのです。

 

ケルセチンの抗酸化作用で頭皮の老化防止

玉ねぎに含まれる「ケルセチン」は、「玉ねぎの皮」に含まれている成分です。普段は捨ててしまうことが多いと思いますが、じつは発毛・育毛効果があったんですね。

ケルセチンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高く、血行を改善する効果にすぐれています。

 

呼吸すると体内に「活性酸素」が発生しますが、この活性酸素は、増えすぎると老化を速める原因になります。

そんな活性酸素を除去してくれるのが、ケルセチンの抗酸化作用なのです。肌や頭皮の老化を防ぎ、頭皮環境を良くすることで、発毛・育毛効果を発揮してくれます。

 

グルタチオンで肝機能を高め、毛根に栄養を届ける

玉ねぎに含まれる「グルタチオン」は、肝機能を高め、体内の老廃物や毒素を排出する解毒作用が高いと言われています。肝臓に老廃物などがたまると、病気の原因になったり、薄毛や抜け毛を増やす原因にもなります。

そのため発毛・育毛効果には、肝機能が深く関わっていると言えるでしょう。

 

また、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用も高く、血行を良くして、毛根に栄養を届けることで、発毛・育毛効果が期待できます。

 

過酸化水素を除去して白髪予防の効果も

玉ねぎに含まれる「グルタチオン」には、過酸化水素を除去するはたらきもあります。過酸化水素が増えると、白髪が増えると言われているため、玉ねぎには白髪予防の効果も期待できます。

 

玉ねぎで育毛する方法

玉ねぎに含まれる成分が、発毛・育毛効果を発揮してくれることはわかりましたね。では、玉ねぎをどのように使えば良いのでしょうか?

玉ねぎは、食べても良し、頭皮や髪につけても良しの、育毛野菜です。色々な使い方を、ぜひ試してみてくださいね。

 

玉ねぎの皮で出汁(ダシ)をとる

普段は捨ててしまう「玉ねぎの皮」にこそ、育毛成分が含まれているとご紹介しました。でも、茶色い皮を食べるのは、ちょっと抵抗がありますよね。そこでオススメなのが、玉ねぎの皮を出汁に使うことです。

 

玉ねぎの皮をお湯で煮出し、充分に出汁がでたら、皮を取り出して料理に使いましょう。スープや煮物に使うのはいかがでしょうか?

これで、玉ねぎの皮に含まれる「ケルセチン」を摂取することができます。ケルセチンは全身の血行を良くし、頭皮に栄養を届けやすくしてくれます。

 

玉ねぎを食べる

玉ねぎを普通に食べても、全身の血行が良くなり、育毛効果が期待できます。頭皮の血行だけ良くしても、全身の血行が改善されなければ、すぐに頭皮環境も元に戻ってしまいます。だから全身の血行を改善することが大事なんですね。

 

玉ねぎは生で食べるほうが血行促進に良いと言われていますが、加熱して食べてもOKだそうです。玉ねぎを食べて、体の中から育毛するとともに、頭皮に塗って体の外からも育毛していきましょう。

 

では次に、オニオンジューストリートメントの作り方をご紹介します。とっても簡単ですよ。

 

玉ねぎ育毛剤の作り方

これがいわゆる「オニオンジューストリートメント」の作り方です。日本では「玉ねぎシャンプー」とか「玉ねぎ育毛剤」として、さいきん話題になっているようですね。

 

  1. 玉ねぎを半分に切り、フードプロセッサーで細かくします。ジューサーを使う場合は、2の工程は不要です。
  2. ガーゼやキッチンペーパーに包み、玉ねぎの汁を絞ります。
  3. これを頭皮に染みこませて、頭皮マッサージをします。
  4. マッサージ後15~30分放置して、お湯で洗い流してから、シャンプーをします。

 

この「玉ねぎ育毛剤」に、ハチミツを入れるバージョンもあるそうです。ハチミツを入れることで、髪のツヤが出てきそうですね。でも、ちょっとベタベタするのが心配かも。また、赤玉ねぎを使うのも高い育毛効果が期待できるそうですよ。

 

玉ねぎの成分によって頭皮の血行が良くなり、抜け毛や薄毛を改善してくれる効果があるそうですよ。ただし臭いが強いので、休前日に試すと良いかもしれません。

 

玉ねぎリンスの作り方

玉ねぎリンスは、玉ねぎの皮を使って作ります。

普段は捨ててしまう、あの茶色い皮を5分ほどお湯で煮込むだけ。その汁を冷まして、シャンプー後に髪に塗るというもの。

髪の毛がやわらかく、艶やかになるそうです。

 

玉ねぎの育毛効果で黒髪フサフサになる予感!!

玉ねぎの育毛効果と、玉ねぎ育毛剤の作り方をご紹介しました。

どこの家庭にもあって、食卓に並ぶことが多い玉ねぎに、こんなスゴイ効果があったんですね。これからは玉ねぎを食べるだけでなく、頭皮にも塗って薄毛と白髪を予防していきたいですね。

黒髪フサフサで、いつまでも若く元気に過ごしましょう!