みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

コーヒーの育毛効果|カフェインで薄毛対策ができる!?

f:id:m-danjyo:20180220133215j:plain

コーヒーの育毛効果はカフェインとクロロゲン酸にあり!

コーヒーの香りは、精神を落ち着かせてくれて、リラックス効果があります。

逆に、目覚め効果でシャキっと、やる気を起こさせてくれます。

 

コーヒーには正反対の効果があるので、なんだか不思議な飲み物ですよね。

 

最近は、コンビニでも淹れたての美味しいコーヒーが飲める時代です。

そんな身近なコーヒーについて、今さまざまな研究がおこなわれています。

 

その中でも、コーヒーに育毛効果があると言われているそうなので、気になる人も多いのではないでしょうか?

今回は、コーヒーに含まれるどんな成分に育毛効果があるのかご紹介していきます。

 

コーヒーに育毛効果があるの?

仕事中や運転中など、眠気を覚ましたいときに重宝するコーヒー。

疲れたときに、気分を落ち着かせてくれるコーヒー。

そんなコーヒーに育毛効果があるなら、何だかお得な感じがしますよね。

 

朝起きたときに、枕についた抜け毛にギョッとした人も、髪のセットが決まらなくなってきた人も、育毛剤を買うのはちょっと迷ってしまう人も多いことでしょう。

でも、身近なコーヒーに育毛効果があるのなら、まずはそこから試してみたいと思う人は多いはず。

 

そこで、コーヒーを飲むだけで本当に育毛効果があるのか、その真相を見ていきたいと思います。コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も、普段はあまりコーヒーを飲まない人も、ぜひコーヒーの育毛効果をチェックしてみましょう。

 

育毛効果があるコーヒーの成分とは?

コーヒーに含まれている代表的な成分は「カフェイン」ですよね。でも、それ以外にも育毛効果が期待できる成分が含まれています。それは、「クロロゲン酸」です。それぞれの成分が、どのように髪の毛に関係しているのか見ていきましょう。

 

カフェインが薄毛の原因を排出する

コーヒーに含まれるカフェインには、薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン」を排出する作用があると言われています。そのため、コーヒーには育毛効果があると考えられているのです。

 

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンであるテストステロンが、酵素と結びついて変化した「薄毛の原因になる男性ホルモン」です。このジヒドロテストステロンが、カフェインの利尿作用により、体外に排出されやすくなるのです。

 

クロロゲン酸には発毛を促す可能性がある

コーヒーに含まれるクロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種で、血行を促進する効果が期待できます。カフェインにも血管を拡張して、血行をうながす作用があります。

このようにコーヒーには、血行をうながす成分が多く含まれているので、育毛効果があると考えられます。頭皮の血行が良くなれば、毛根に栄養を届け、髪の毛の成長を促進することができます。

 

また、クロロゲン酸には、知覚神経を刺激する作用もあると言われています。知覚神経とは、体や内臓の動きを察知する感覚のことで、これを刺激することで「発毛」をうながす効果があると言われています。

 

ただし、クロロゲン酸を摂取することで知覚神経を刺激するには、大量のコーヒーを飲まなければいけません。そのためコーヒーを飲むだけでは、発毛効果までは期待できないと言われています。

 

◆海外ではカフェイン入りのシャンプーや育毛剤がある

海外では、カフェイン入りの育毛剤やシャンプーなどが販売されているそうです。コーヒーの成分は、飲むだけよりも直接頭皮につけるほうが効果的だという意見もあるようです。コーヒーについては、研究が続いていますので、まだまだ奥が深そうです。

 

カフェインで薄毛になると聞いたことあるけど……?

コーヒーに含まれる成分の中には、育毛に効果的なものがあるとわかりましたね。でも、カフェインを摂取すると薄毛になると聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

いったいコーヒーを飲むと薄毛になりやすいのか、育毛効果があるのか、どっちなんでしょうか?

 

カフェインが薄毛に良くない理由

コーヒーに含まれるカフェインが、薄毛に良くないと言われる理由は、おもに以下の2つです。

 

カフェインの覚醒作用で睡眠を妨げる
カフェインの血管収縮作用で血行が悪くなる

 

「あれ? カフェインって、血行を良くするんじゃなかったの?」と思っている人も多いと思います。カフェインには、血管を収縮する作用も、血管を拡張する作用もどちらもあるんです。

 

コーヒーを飲むと、脳血管が収縮されて、頭痛を改善する作用があることで知られていますが、時間の経過とともに、その反動で血管が拡張すると言われています。

結局のところ、どちらの作用が強いのかわかりませんが、飲み過ぎなければ問題ないと言えるでしょう。

 

また、カフェインで薄毛になると言われる一番の理由は、睡眠を妨げることです。安眠できないと、眠っている間に分泌される「成長ホルモン」が、充分に働いてくれません。睡眠は、育毛にとって大切な生活習慣なのです。

そのため、夕方を過ぎた頃からカフェインの摂取は避けたほうが良いでしょう。

 

タンニンは亜鉛の吸収を阻害し、育毛に悪影響

コーヒーに含まれるタンニンには、育毛を阻害する作用があると言われています。その理由は、亜鉛の吸収をさまたげるからです。

 

じつは、タンニンもポリフェノールの一種です。ポリフェノールと聞くと、健康や美容などに良いイメージしかありませんが、中には育毛に悪影響を及ぼすものがあるんですね。

 

タンニンによって吸収をさまたげられる「亜鉛」は、育毛や薄毛対策に必要なミネラルで、とくに男性にとっては必要な栄養素です。コーヒーを飲むことで亜鉛の吸収をさまたげてしまうので、食品で亜鉛を補う必要があります。また、食事中にコーヒーを飲むのは避けたほうが良いでしょう。

 

◆亜鉛を含む食べ物

亜鉛はミネラルの一種で、皮膚や粘膜を健康にしたり、生殖機能を維持する働きがあります。また、抜け毛を予防する効果も高いので、育毛のためには積極的に食べたいところ。

 

でも、過剰摂取に注意が必要なので、適量を守るようにしましょう。そのためサプリで摂るよりも、食品で摂ることをオススメします。食品なら、過剰摂取になることは少ないでしょう。

 

  • レバー
  • 牡蠣
  • うなぎ
  • 玄米
  • 納豆

 

これらを上手に食事に取り入れながら、亜鉛不足にならないようにしましょう。

 

コーヒーを飲んでも薄毛にならない

どこでも美味しいコーヒーが手軽に飲めるようになった今、コーヒー好きの人が増えていますよね。だからこそ、コーヒーを飲んだら薄毛になるのか、ならないのかが気になるところ。

 

結論からすると、コーヒーを飲んでも薄毛にはならないと考えられます。少なくとも今の段階では、そのような研究結果が出ていないようです。もちろん飲み過ぎると、色々と健康に問題があるので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

コーヒーの飲み方次第で育毛を促進できる!

コーヒーに育毛効果がある理由は、「血行を促進すること」と、「利尿作用でジヒドロテストステロンを排出すること」でした。

 

それ以外にもコーヒーには、「ジヒドロテストステロンを抑制する効果」や、「毛根を刺激する作用」もあると言われていますが、コーヒーを飲んだだけでは得られないと考えられます。

というのも、この2つの効果を得るためには、大量のコーヒーを飲まなければいけないからです。それでは育毛効果を得る前に、体を壊してしまいます。

 

だから結論としては、血行促進と利尿作用がメインの効果になります。夕方以降と食事中は避けて、上手にコーヒーを取り入れて育毛を促進していきましょう。