みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

花粉症で肌荒れしたときのスキンケア方法

f:id:m-danjyo:20180222124511j:plain

花粉症で肌荒れしたときの対処法

まだ寒さが残る2月くらいから、飛びはじめる「花粉」。

花粉症の症状には、毎年悩まされている人が多いですよね。

 

鼻水や目のかゆみなどの他にも、この時期、肌荒れに悩まされている人が意外と多いのです。中には、鼻や目の症状はないのに、肌荒れだけが起きる人も。

 

「花粉の時期がすぎるまで、我慢しないといけないの?」

とブルーな気分になっている人もいるかもしれませんが、しっかりとスキンケアをすれば対処できます。

できれば症状が軽いうちに、早めの対策をはじめるのがいちばん効果的ですよ。

 

では、どんなスキンケアをすればいいのか、花粉による肌荒れの原因と対処法をご紹介します。

 

花粉症なのに、なぜ肌荒れするの?

花粉症の代表的な症状といえば、「くしゃみ」「鼻水」ですよね。でも、花粉による肌荒れに悩んでいる人が増えているそうなんです。

花粉症は、鼻やのど、目などに症状があらわれることが多いですが、なぜ肌荒れしてしまうのでしょうか?

 

花粉で肌荒れする1つの原因としては、「摩擦による刺激」が挙げられます。

 

鼻水が出てティッシュで鼻をかむと、肌をこすりますよね。その刺激が、肌荒れを引き起こすそうです。また、花粉の侵入を防ぐためのマスクで、肌がこすれてしまうのも原因です。

さらに、花粉は髪にも付着しますので、花粉のついた髪が肌に触れることで、肌荒れを引き起こすと考えられます。

 

とくに乾燥肌の人は、肌のバリア機能が低下しているため、花粉症による肌荒れを起こしやすいと言われています。また一説によると、乾燥肌の人は、アレルギー体質である場合が多いようです。花粉症は、アレルギー性鼻炎の一種ですから、体質改善が必要な場合もあるかもしれませんね。

 

花粉症による肌荒れの症状とは?

花粉症による肌荒れは、摩擦のような物理的な刺激以外にも、肌に直接花粉が付着することで起こります。では、花粉症による肌荒れの症状には、どんなものがあるのでしょうか?

 

・肌に赤みが出る
・かゆみを感じたり、ヒリヒリする
・赤いニキビのようなブツブツができる
・花粉の季節になると、乾燥肌が悪化する

 

肌に赤みが出る原因は、先ほど説明したような「摩擦」による症状の場合も多いですが、肌にかゆみを感じたり、ヒリヒリ痛むような場合には、皮膚に花粉が侵入して起こる症状であると考えられます。

 

とくに乾燥肌の人は、肌のバリア機能が低下しやすく、花粉が直接皮膚に侵入して、炎症を起こす場合が多いです。花粉の季節になると乾燥肌が悪化するのも、バリア機能が低下している証拠ですね。

 

このように、赤みやかゆみ、湿疹のような症状が出る場合には、「花粉症皮膚炎」を起こしている可能性が高いです。

 

花粉症皮膚炎とは?

花粉症皮膚炎の症状は、おもに肌が露出している「首」や、顔の中でも「口まわり」「頬」「目のまわり」などに出やすい特徴があります。

 

花粉症皮膚炎は、鼻水などの花粉症の症状がないのに、肌荒れだけを起こす場合もあるそうです。一般的には、肌に何となくピリピリとした刺激があったり、赤みやニキビのようなブツブツが増えるもあります。

 

このような症状を引き起こす原因は、花粉だけでなく、「PM2.5」や「黄砂」などの影響もあると言われています。これらは、3~5月くらいに多く飛んでくる傾向があり、花粉症の時期とちょうど重なるのです。

 

花粉症皮膚炎は、軽めの症状の場合が多いですが、あまりにも痛みやかゆみがひどかったり、肌が腫れあがってしまうような場合には、皮膚科を受診することをオススメします。

 

花粉症で肌荒れしたときのスキンケア方法

花粉症で肌荒れしたときのスキンケア方法として、いちばん大切なことは、「肌に刺激を与えない・肌をこすらない」ことです。服装や髪の毛が刺激にならないように注意して、スキンケアをするときにも、手でこすらないようにすることが基本です。

では、その他にはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

低刺激・高保湿の化粧品を使う

花粉症による肌荒れを起こしやすいのは、乾燥肌の人です。花粉の季節は、いつも以上に肌が乾燥しやすいため、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

低刺激で肌に負担がかからず、保湿力が高い化粧品を選ぶようにしましょう。

 

乾燥を改善するスキンケアに最適な成分は、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などです。これらが配合されている化粧品を使うと効果的です。

乾燥肌を改善できれば、肌のバリア機能が回復し、花粉による肌荒れを予防・改善することができます。

 

赤み・かゆみ・ヒリヒリするときは、シンプルなメイク・スキンケアを

赤みやかゆみなどの症状がある場合には、あまり肌に刺激を与えないことが大切です。そのためにも、最低限のスキンケアと、シンプルなメイクをすると良いでしょう。

 

この時期だけはベースメイクを薄めにし、油分の多いファンデーションや、密着力の高いファンデーションは控えめにすることをオススメします。また、皮膚が弱い目のまわりの「アイメイク」は、最低限にしておきましょう。

 

洗顔では、スクラブやピーリングをしない

花粉症による肌荒れを起こしているときは、いつも以上にやさしい洗顔をしましょう。とくにスクラブ入りの洗顔料や、ピーリング剤などを使用しないようにしてください。

 

花粉による肌荒れを起こしている場合は、肌表面の角質がめくり上がり、肌の奥まで刺激を与えてしまう場合があります。すると乾燥肌が悪化するだけでなく、シワやたるみ、シミが濃くなる可能性もあるので、充分注意してくださいね。

 

オイルクレンジングは使わない

オイルクレンジングは、クレンジング剤の中でもいちばん刺激が強いタイプです。そのため、花粉による肌荒れを起こしているときは、使わないほうが良いでしょう。

つまり、オイルクレンジングを必要とするような、こってりとしたファンデーションを使わないことが大切です。

 

できれば、ぬるま湯でも落とせるようなファンデーションを使い、クレンジング剤をなるべく使わないほうが良いでしょう。

 

なるべく早くメイクを落とす

外から帰ってきたら、服や肌に花粉が大量に付着しています。もちろんメイクの上にも花粉がついているので、帰宅したらなるべく早くメイクを落とすことをオススメします。

 

家の中に入る前に、服に着いた花粉をはらい、髪の毛についた花粉もできるだけ落とすようにしましょう。真っ先にお風呂に入るのもオススメです。

 

また、自分は家の中にいても、洗濯物には花粉がついています。洗濯物を取り込むときには、しっかりと花粉をはらってから入れるようにしましょう。手洗い・うがいも忘れずにおこなってくださいね。

 

花粉による肌荒れを予防するための対策とは?

花粉症で肌荒れが起きてからでは、乾燥肌が悪化しているため、改善するには多少の時間がかかります。そのため、花粉による肌荒れを起こさないための対策をするほうが効果的です。未然に肌荒れを防ぐことができれば、快適な春を楽しめますね。

 

マスクやメガネで、花粉の侵入を防ぐ

花粉症対策の基本ですが、肌荒れを起こす前に、マスクやメガネで花粉の侵入を防いでおくことが大切です。鼻やのどの症状がなくてもマスクをしておくと、肌の一部をかくすことができます。

 

ただし、マスクを何日も使い回すのはNG。使い捨てのマスクを使用して、帰宅したらすぐに捨てましょう。花粉だけでなく、マスクの中が蒸れることで、肌荒れを起こす場合もあります。

 

花粉の時期の前から、ティッシュは柔らかいものを

花粉症で鼻水の症状が出る人は、鼻がヒリヒリしてから柔らかいティッシュを使っていませんか? たしかに柔らかいティッシュは高価なので、ギリギリまで節約したい気持ちはわかります。

 

でも、肌荒れをしてから改善するほうが、スキンケア化粧品などにお金がかかります。それを考えると、肌荒れする前から柔らかいティッシュを使うほうが、結果的にコスパがいいですね。

 

保湿ケアは入念におこなっておく

これが、いちばん重要です。乾燥肌の人にとって、保湿することは日頃から大切なスキンケアですよね。でも、とくに花粉の時期の前になったら、いつも以上に入念に保湿ケアをしておくことが大切です。

 

肌荒れを未然に防ぐためには、バリア機能を低下させないことが大切。そのためには、保湿ケアが重要なポイントになります。

 

食生活や生活習慣を整えて、免疫力をアップさせておく

花粉による肌荒れ対策は、食生活や生活習慣を整えて、免疫力を高めておくことが大切です。花粉症の症状が出る原因は、免疫力の低下も大きな理由になるからです。

免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなるだけでなく、花粉症も引き起こしてしまうのです。

 

免疫力をキープするためにも、栄養バランスの良い食生活を心がけ、体を元気にしておきましょう。そして、美肌に必要な睡眠をしっかりとるなど、生活習慣を整えておくことも大切ですよ。

また、アルコールやタバコのような嗜好品も、免疫力を低下させる原因になるので、できるだけ控えましょう。

 

花粉症による肌荒れはメイクとスキンケアで対処しよう

花粉症による肌荒れの原因とスキンケア、予防する対策などをご紹介しました。

せっかくの春のおだやかな季節を楽しむためにも、肌荒れでテンションが下がらないように、しっかりと対処しておきましょうね。

まだ寒い時期から対策をして、万全な状態で春を迎えましょう。