みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

40代のシミ・クマに効くアイクリーム|くすみを消して輝く肌になるスキンケア

f:id:m-danjyo:20180223154034j:plain

40代のシミ・クマを消すアイクリームでエイジングケア

若い頃は「キレイな肌ですね」と言われた人でも、40代になると、急激にシミ・クマ・くすみなどのエイジングサインが気になりはじめますよね。

 

鏡を見ると、朝から気分も落ち込みがちになり、1日を気持ちよくスタートできないこともあるのではないでしょうか?

メイクで必死にかくそうとしても、元から消さないと、本当の意味で解決できません。

 

そんな見た目年齢を大きく左右する「シミ」や「クマ」を本気で消すには、目元専用のエイジングケアが必要です。

40代という年齢に合った化粧品や、目元の悩みをピンポイントで解決できるアイクリームを使って、キレイな肌を取り戻しましょう。

 

くすみがちな肌を、輝く肌によみがえらせるスキンケア方法をご紹介します。

 

40代の肌が急速に老化する理由は?

40代になると、急激に肌の老化が加速していると感じませんか? 年齢とともに肌が老化するのは仕方のないことですが、あまりにも急速に老け顔になっていくと、焦ってしまいますよね。

エイジングケアをご紹介する前に、まずはその原因となる「40代の肌が急速に老化する理由」からご紹介したいと思います。

 

シミ・クマ・くすみの色素沈着はアイメイクが原因

美意識が高い人ほど、若い頃からメイクの研究を熱心にしていることでしょう。でも、アイメイクが原因で、目元のシミ・クマ・くすみなどの色素沈着ができることが多いそうです。これにはビックリしました。

 

わたしも若い頃は、キラキラのラメやパール系のメイクが好きだったので、かなりバッチリメイクをしていました。じつは、このラメやパールは金属製の物質なので、肌の刺激になるそうなんです。

また、濃い色のアイシャドウは、とくに色素沈着しやすいアイテムなんだとか。涙袋を強調する目の下のハイライトなども、かなり肌の負担になっていそうですね。

 

目元の皮膚は薄くて敏感なので、少しずつ色素沈着していって、シミやクマ、くすみができてしまうのです。

なるべく毎日のメイクでは使用せず、休日のお出かけの時だけにするなど、アイメイクの仕方を見直したほうが良いかもしれません。

 

目元のエイジングサインは、乾燥とターンオーバーの乱れ

40代の目元にエイジングサインが濃く刻まれる理由は、おもに「乾燥」によるものです。加齢とともに肌の保湿成分が失われ、乾燥が悪化していきます。

すると、肌が新しく生まれ変わるための「ターンオーバー」が乱れはじめ、シミやクマなどのエイジングサインが、どんどん濃くなっていくというメカニズムです。

 

そのため40代のスキンケアは、「丁寧な保湿ケア」を何よりも重視する必要があります。

とくに目元の皮膚は薄く、とても乾燥しやすい場所です。何もしないでいると、どんどん見た目年齢が老けていってしまう恐れがありますよ。

 

40代のシミ・クマに効くアイクリームの選び方

40代になると、年齢肌が急激に加速する理由がわかったので、一刻も早くシミやクマを消すスキンケアをはじめる必要がありますよね。では、シミやクマに効くアイクリームの選び方をご紹介します。

 

シミ・クマに効くアイクリームの成分

目元のシミやクマに効くアイクリームは、「美白成分」が配合されている化粧品を選ぶことが一番のポイントです。まずは色素沈着を薄くしていくことが大切なので、美白対策は必須です。

 

また、先ほどご紹介したように、40代のエイジングケアで大切なのは「保湿」です。保湿することで、肌のターンオーバーが活発になり、肌をどんどん新しくしてくれます。

 

そこで、目元のスキンケアに効果的なアイクリームの成分は、以下の4つです。

 

  • プラセンタ……肌のハリをよみがえらせる
  • レチノール……高いアンチエイジング効果
  • ビタミンC誘導体……コラーゲンを増やす・美白
  • エラスチン……肌の真皮の弾力をよみがえらせる

 

プラセンタ入りアイクリームの効果

プラセンタとは胎盤のことで、人間の体に必要な成分が凝縮されています。そのため高価なものが多いですが、効果はバツグンです。ただ、プラセンタには種類がいくつもあり、豚や馬などの「動物性プラセンタ」がオススメです。効果としても、コスパとしても、いちばん無難なのは豚プラセンタです。

 

レチノール入りアイクリームの効果

レチノールはビタミンAのことで、アンチエイジングの強い味方になってくれる成分です。抗酸化作用が高く、血行を促進して、美肌にみちびく効果が期待できます。

つまり、ターンオーバーを活性化させ、加齢とともに減少していく「コラーゲン」「エラスチン」の生成を助けることで、シミやクマを消す効果が期待できるのです。

 

ビタミンC誘導体入りアイクリームの効果

ビタミンCは、言わずと知れた「美肌」「美白」に効く成分ですよね。その他にもビタミンCは、加齢とともに減少していく「コラーゲン」の生成を助ける働きがあると言われています。そのため、肌の若返りに効果を発揮してくれるのです。

 

エラスチン入りアイクリームの効果

エラスチンとは、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を抱え込むことで、肌にハリを持たせる成分です。エラスチンは肌の真皮層にある成分ですが、40歳を過ぎると、急激に減少すると言われています。それをアイクリームで補うことで、ピンポイントで目元のハリを取り戻すことが可能になるでしょう。

 

刺激が少なく、肌にやさしいアイクリームを選ぶ

目元の皮膚は、とても薄くて弱いという特徴があります。そのため刺激に弱く、シミやクマができやすい場所です。

そんな40代の肌に最適なスキンケアは、肌に刺激の少ないアイクリームを使うことです。

 

もともとアイクリームは、フェイスクリームよりも肌にやさしい成分で作られています。そのため、目元のエイジングケアには、目元専用化粧品であるアイクリームを使うことをオススメします。

 

40代のシミ・クマに効くアイクリームの使い方

40代のシミやクマに効くアイクリームの選び方をご紹介しましたので、次に、アイクリームの効果的な使い方をご紹介します。

 

化粧水・美容液などでしっかり保湿ケア

40代のエイジングケアに絶対的に必要なのは、「保湿」です。しっかりと保湿ケアをするためには、アイクリームだけ塗っても、充分な保湿ができません。

スキンケアを基本からする必要があるので、化粧水・美容液を塗ってからアイクリームを使いましょう。

 

そして最後に、乳液や保湿クリームでカバーすれば完璧です。いろいろな化粧品を使うと、お金もかかるし、手間もかかります。でも、この手間をかけることこそ、40代のスキンケアに欠かせないポイントなのです。

化粧品の種類が多ければ良いわけではありませんが、主要なポイントはクリアしないといけません。

 

ホットタオルで温めて、浸透を良くする

アイクリームは、できるだけ伸びが良く、柔らかいテクスチャーのものを使うのがオススメです。そのほうが浸透しやすいからです。

 

さらに浸透を深めるには、ホットタオルで肌を温めてからアイクリームを使うと良いでしょう。アイクリームを塗った後に、ホットタオルで温めてもOKです。

 

ターンオーバーをうながす

40代の肌が急速に老化する原因は、ターンオーバーが乱れることです。そのため、ターンオーバーをうながすことが、目元のシミやクマに効くアイクリームの効果を最大限に発揮させるコツです。

 

ターンオーバーをうながす方法は、以下の3つがポイントです。

 

  • ターンオーバーが活発になる時間帯に、しっかり睡眠をとる
  • 運動などで汗をかき、血行や新陳代謝を良くする
  • 保湿ケアをしっかりすることで、ターンオーバーをうながす

 

ターンオーバーが活発になる時間帯とは、いわゆる「ゴールデンタイム」のことで、22~2時の間です。この時間に睡眠をとると、ターンオーバーが活発になると言われています。

また、運動で全身の血行が良くなれば、肌のターンオーバーも促進されます。さらに、肌を保湿することでも、ターンオーバーを活発にすることができます。

 

これを守れば、エイジングサインが少しずつ消えていくことが期待できるでしょう。鏡を見るのが、楽しみになってきますよ。

 

アイクリームで年齢肌に負けないスキンケア

40代のシミやクマに効くアイクリームの選び方や、効果的な使い方をご紹介しました。

40代のスキンケアは、ただやみくもにやっても意味がありません。効果的なポイントをしっかりと理解して、狙いを定めてケアすることが大切ですよ。

年齢肌に負けないスキンケアで、輝く肌を取り戻しましょう。