みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

生理痛がひどいときに効く食べ物|お腹を温めてつらい日を乗り切ろう

f:id:m-danjyo:20180228232556j:plain

生理痛を緩和する食べ物でつらい日を乗り切ろう!

生理が近づくと、痛くなる前に、鎮痛剤を飲んでおく生活を続けていませんか?

つらい生理痛を薬で治せるなら、決して悪いことではありませんが、できれば薬に頼らずに過ごしたいですよね。

 

生理痛は個人差がはげしいので、同じ女性ですら理解してもらえない場合もあるかもしれません。人知れず我慢しているあなたに、ぜひ知ってほしいのが「ひどい生理痛をやわらげる食べ物」です。

 

生理痛がひどいときに効く食べ物や、日頃から食べておくと効果的な食べ物、また、知らないうちに食べている「生理痛を悪化させる食べ物」にも気をつけたいところ。

そして、「つらい日を乗り切るための飲み物」まで、余すところなくご紹介します。

 

なぜ痛くなるの? 生理痛が起こるメカニズム

月に一度くらいのペースでやってくる生理。生理痛がひどい人は、毎回ゆううつな気分になりますよね。生理痛には個人差があり、まったく痛くない人もいれば、寝込むほどひどい人もいます。

では、この生理痛はなぜ起こるのでしょうか? まずは、生理痛が起こるしくみを知っておきましょう。

 

生理痛の原因は「プロスタグランジン」

生理痛はつらいものですが、生理は女性にとって大切なシステムです。妊娠・出産を望む人にとっては、元気な赤ちゃんを産むための準備を整える機能です。

また、そうでない人も、女性の体を健康で美しく保つために必要です。とはいえ、やっぱり生理痛はつらいですよね。

 

生理の経血は、子宮内膜の「粘膜」と「血液」が体外に出てきたものです。これを出すときに、「プロスタグランジン」というホルモンが作り出されます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させることで、経血を押し出しますが、この「子宮が収縮する」という現象が、生理痛を引き起こしているのです。

 

体の冷えが生理痛を悪化させる

生理の経血は、体が冷えると出にくくなります。すると、プロスタグランジンをもっと増やして、経血を出しやすくするのです。

つまり、体が冷えるとプロスタグランジンが増え、生理痛がひどくなるというメカニズムなのです。そのため、生理中はとくに体を温めることが大切です。

 

ストレスでホルモンバランスが乱れる

ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れ、自律神経も乱れます。自律神経は、おもに体温調節をする神経なので、それが乱れると血流が悪くなったり、体が冷えたりします。

 

体が冷えると、プロスタグランジンが増えて生理痛が悪化しますし、血流が悪くなると、経血が出にくくなり、やはり生理痛が悪化する原因となります。

 

生理痛のつらい症状と原因

生理痛にはさまざまな症状がありますが、それぞれの痛みには、それを引き起こす原因があります。何が原因なのか、見てみましょう。

 

プロスタグランジンの分泌により腹痛が起こる

生理痛のおもな原因である「プロスタグランジン」というホルモンは、子宮内膜で作り出されます。そのため、子宮を収縮させて「腹痛」や「下腹部痛」を引き起こします。

 

筋肉の収縮によって全身にも痛みが出る

プロスタグランジンは、血流に乗って全身に巡っていきます。すると、子宮だけでなく、全身の筋肉を収縮させることができるのです。そのため生理痛は、腹痛だけでなく、「腰痛」や「肩こり」、「むくみ」や「倦怠感」なども引き起こします。

 

エストロゲンの減少で頭痛が起こる

生理痛による頭痛は、プロスタグランジンが原因の場合もありますが、おもに女性ホルモンである「エストロゲン」の減少が原因だと考えられます。

 

生理前からエストロゲンが急激に減少することで、脳の血管が拡張し、頭痛を引き起こすことがあります。また、片頭痛の人は、生理による頭痛が起こりやすいと言われています。

 

生理痛がひどいときに効く食べ物

では、生理痛がひどいときには、何を食べれば痛みをやわらげることができるのでしょうか? 生理痛の緩和に効く食べ物をご紹介します。

 

血流を良くする食べ物

生理痛の原因の1つは、血流が悪くなることでしたね。生理痛がひどいときは、血流を良くすることで経血を出やすくし、痛みをやわらげることができます。

 

血流を良くする食べ物は、以下のものが効果的です。

 

  • 玉ねぎ(加熱してもOKですが、生のほうが効果的)
  • 青魚(サバ・さんま・アジ・いわしなど)
  • 海藻類(ワカメ・昆布など)
  • ナッツ類(アーモンド・くるみなど)

 

ナッツ類はビタミンB群やビタミンEなどが含まれていて、血行を促進する効果が見込めます。生理痛がひどいときは、おやつにナッツを食べると良いですね。なるべく油や塩分の少ないものを選びましょう。

 

体を温める食べ物

生理痛の原因物質である「プロスタグランジン」は、体が冷えると分泌が増えて、痛みを悪化させます。そのため、体を温める食べ物を摂ると、生理痛をやわらげることができます。

 

体を温める食べ物は、以下のものが効果的です。

 

  • 根菜類(ゴボウ・ニンジン・レンコンなど)
  • 冬野菜(カボチャ・大根・白菜など)
  • タンパク質(卵・肉など)
  • ニンニク

 

ニンニクは免疫力を高め、体温を上げてくれます。また、辛い食べ物も体を温めるので、発酵食品でもある「キムチ」がおすすめです。キムチ鍋に、根菜や冬野菜、キノコなどを入れて食べれば、体がポカポカになりますね。

 

鉄分の多い食べ物

生理中は経血がたくさん出るため、貧血になる人も多いと思います。そのため、貧血予防に効果的な「鉄分」を多く含む食べ物を食べると良いでしょう。生理中のイライラを緩和する効果もあります。

 

鉄分の多い食べ物は、以下のものが効果的です。

 

  • プルーン・柿・みかんなど
  • レバー(牛・豚がオススメ)
  • 鮭・いわし・あなご・ひじきなど
  • しじみ・あさり・牡蠣
  • 小松菜・ブロッコリー・切り干し大根など

 

生理痛の改善に効果的な食べ物

毎月の生理痛がひどい人は、日頃の食生活を見直すことで、生理痛そのものを改善することも可能です。日頃から、どんな食べ物を積極的に食べると効果的なのかご紹介します。

 

ホルモンバランスを整える「イソフラボン」

生理痛で頭痛がひどい人は、日頃からホルモンバランスを整える食生活をすることが、生理痛の改善につながります。そのためには、生理前後に急激に減少する「エストロゲン」と似たような働きをする「イソフラボン」を摂ると効果的です。

 

イソフラボンはポリフェノールの一種で、大豆製品に多く含まれています。

納豆・味噌・豆乳・豆腐などを食生活に取り入れると良いでしょう。イソフラボンは摂り過ぎると逆効果になりますので、納豆なら1日1パックで充分です。

 

体の機能に必要な栄養素「タンパク質」

人間のあらゆる機能を正常にするためには、「タンパク質」は絶対に欠かせません。生理痛の緩和だけでなく、どんな不調にも効果的です。またタンパク質は、毎食で食べることが大切です。

 

タンパク質は高カロリーな食べ物も多いので、ある程度はカロリーを考えて食べたほうが良いでしょう。先ほどの大豆製品にも植物性タンパク質が含まれていますが、「動物性タンパク質」のほうがタンパク質の量が格段に多いです。

 

タンパク質は、肉や魚、卵や牛乳、ヨーグルトやチーズなどの乳製品にも多く含まれています。

 

乳酸菌やカルシウムが豊富な「ヨーグルト」

ヨーグルトは便秘解消に効果的な食べ物ですが、最近は、生理痛を緩和する効果もあると注目されています。

 

ヨーグルトに含まれる栄養と言えば乳酸菌ですが、そのほかにも「カルシウム」などのミネラルが豊富に含まれています。

生理痛を緩和するには、豊富な栄養がバランスよく含まれている食べ物が効果的です。

 

◆乳製品の摂りすぎは逆効果になることも

ヨーグルトなどの乳製品は、生理痛の改善に効果的とはいえ、食べ過ぎると逆効果になります。そのため適量を守るようにしましょう。

 

また、ヨーグルトは冷たいので、お腹を冷やさないように気をつけてください。100~200gくらいのヨーグルトを、電子レンジで30秒くらい温めて「ホットヨーグルト」にすると、乳酸菌の量が増えると言われています。

ただし、温めすぎると逆に乳酸菌が死んでしまうので、温めすぎには注意しましょう。

 

つらい日を乗り切るための飲み物

ここまで、生理痛の改善に効果的な食べ物をご紹介しましたが、飲み物にも効果的なものがあります。つらい日は、次のような飲み物を飲んで、体を温めて乗り切りましょう。

 

ハーブティーでリラックス

ハーブティーのリラックス効果は、生理痛のイライラやゆううつな気分を緩和してくれます。とくに生理痛に効果的なハーブティーは、「カモミール」「ラズベリーリーフ」「パッションフラワー」などがオススメです。

 

  • カモミールは心身をリラックスさせ、生理痛を緩和する効果があります。
  • ラズベリーリーフは子宮の筋肉をゆるめ、生理痛の改善に効果があります。
  • パッションフラワーはストレスや頭痛を緩和し、神経や筋肉の緊張をやわらげてくれます。

 

生姜で体を温める

体を温める食材といえば、生姜ですよね。食べ物としても効果的ですが、いろいろな飲み物に入れて飲むと、体がポカポカになりますよ。ただし紅茶は、カフェインが含まれているので、あまりオススメできません。

 

「生姜はちみつレモン」をホットで飲むのはいかがでしょうか?

生理痛は体を温めることで改善できますので、つらい日はホットドリンクに生姜を入れて飲むと良いでしょう。すりおろしの生姜や、パウダーでもOKです。

 

ココアで血行を良くする

ココアには、「ポリフェノール」「マグネシウム」「食物繊維」など、血行を良くする栄養素が豊富に含まれています。そのため栄養価も高く、生理痛の緩和にも効果的です。

自律神経を整える作用もあり、生理中のイライラ解消にもオススメです。

 

生理痛を悪化させる食べ物・飲み物

生理痛を改善する食べ物・飲み物をご紹介しました。最後に、生理痛を悪化させる食べ物や飲み物をご紹介しましょう。

 

  • 夏野菜・南国の果物
  • 冷たい食べ物・飲み物
  • チョコレート・コーヒー
  • ジャンクフード・お菓子

 

まず、体を冷やす食べ物は、生理中は控えたほうが良いでしょう。冷たい物はもちろん、暑い時期や暑い土地で栽培された野菜や果物は、体を冷やす作用があるのでNGです。

また、チョコレートやコーヒーなどは「カフェイン」が含まれていて、体を冷やす効果があるのでNGです。

 

さらに、砂糖や油、食品添加物を大量に含むジャンクフードやお菓子も、生理中は我慢するようにしましょう。

 

生理中は体を温めて、食べ物と飲み物で乗り切ろう

生理痛がひどいときに効く食べ物をご紹介しました。

生理痛をやわらげるには、体を温めることと、血行を良くすること、そしてリラックスすることが大切です。

栄養ある食べ物と、温かい飲み物を飲んで、つらい日を乗り切りましょう!