みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

40代の乾燥肌はクリーム選びが重要|うるおいを逃がさない保湿ケア

f:id:m-danjyo:20180304164927j:plain

40代の乾燥対策は保湿クリーム選びで決まる!

40代になると、肌の乾燥によるトラブルが増えてきて、化粧品選びに困ってしまいますよね。お値段が高いわりに、満足するような効果を実感できない人も多いのではないでしょうか?

 

化粧水や美容液にお金をかけている人も多いと思いますが、40代の乾燥肌を治すには、保湿クリームが重要なポイントになります。

 

40代の肌の悩みといえば……

  • 乾燥して化粧がのらない
  • 目元のシワが気になる
  • 目元を中心にシミが増えてきた
  • 肌にハリとツヤがない
  • ニキビが繰り返しできる

 

などがありますよね。

このすべての肌トラブルは、すべて「乾燥」が大きな原因です。そのため、「保湿ケア」だけで解決できる可能性が高いです。でも、やみくもに保湿してもダメ。

 

40代の保湿ケアは、「化粧水」や「クリーム」の役割を理解した上で、それぞれに効果的な「保湿成分」を選ぶことが大切です。

それぞれの特性を理解したスキンケアをすれば、40代の肌は生まれ変わりますよ。

 

今回は、エイジングケアを前提とした、40代の乾燥肌を保湿するクリームの選び方を中心にご紹介します。

 

40代の化粧品選びは「保湿クリーム」に注目!

40代になると、シミやしわ、クマやたるみなどが気になりはじめますよね。それぞれに効果のあるエイジングケア化粧品を使っても、あまり効果が実感できない人も多いのではないでしょうか? その原因は、肌が乾燥しているから。

 

40代の化粧品選びは、とにかく「保湿」に注目することが大切です。保湿さえできれば、すべてのエイジングサインを解消できる可能性が高いのです。

 

化粧水よりクリームで保湿ケア

40代の乾燥肌を改善するには、化粧水にいくらお金をかけても、あまり効果が感じられない場合が多いです。化粧水は、ほとんどが水分ですから、蒸発してしまう性質があります。

 

そのため、化粧水よりも「クリーム」を使って保湿ケアすることが何よりも大切です。もしクリームを使っていないなら、今すぐ使うことをオススメします。

 

シミ・しわ・ニキビも保湿で解決

しわやたるみは、保湿で解決できそうですが、じつは「シミ」や「ニキビ」も、保湿ケアで解決できる可能性が高いです。とくに40代の肌トラブルは、乾燥肌が根本的な原因になっていることが多いので、乾燥肌を治せれば、シミやニキビも解決します。

 

シミは、「紫外線による乾燥」「ターンオーバーの乱れ」が原因の場合が多いです。

肌老化の80%は紫外線による「光老化」と言われていますし、加齢によりターンオーバーが乱れると、シミの元である「メラニン」が排出できなくなります。

 

ニキビは、「肌の内部の乾燥により、皮脂が多くなる」ことが原因だと考えられます。

いわゆる「インナードライ」と呼ばれる肌質の人は、内部の乾燥をおぎなうために、皮脂を多く分泌します。そのため肌の表面がべたつき、ニキビが増えてしまうのです。

 

40代のエイジングサインは、すべて乾燥が原因だとイメージできましたか? そこでもう1つ大切なのは、間違ったスキンケアを今すぐ改善することです。とくに、シミケアには注意が必要です。

 

美白化粧品は乾燥しやすくなる場合も

40代になると、シミがだんだんと濃くなってきますよね。少しでも白くしたくて、美白化粧品を使っている人も多いことでしょう。でも、美白化粧品は、乾燥が悪化する場合があります。

 

美白成分である「ビタミンC」は、皮脂の分泌をおさえる効果があるため、乾燥肌を招きやすいのです。

 

また、乾燥肌の人は「肌のバリア機能」が低下しているため、肌が敏感な状態です。美白化粧品は、肌に刺激を与えるものが多いので、注意する必要があります。

 

40代の乾燥肌は「女性ホルモン」の影響が大きい!

40代の乾燥肌は、女性ホルモンの影響も大きな原因になります。加齢により女性ホルモンの分泌が減少するとともに、日頃のストレスや睡眠不足などによって、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

 

ホルモンバランスが乱れると、肌に次のような悪影響を与えます。

 

  • コラーゲン・エラスチンの減少
  • ターンオーバーの乱れ
  • 皮脂の過剰分泌・皮脂不足

 

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」は、「美肌ホルモン」とも呼ばれていて、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。加齢とともに、コラーゲンやエラスチンが減少しますので、それをおぎなうことが大切です。

 

つまり、女性ホルモンのバランスを整えるとともに、保湿ケアをすることで、肌のハリと弾力を保つことができるのです。

 

40代の乾燥肌を治すクリーム選びのポイント

では、40代の乾燥肌を治すには、どのような保湿クリームを選べば良いのでしょうか? 効果的なクリームの選び方をご紹介しましょう。

 

高濃度の保湿成分「セラミド」は外せない

セラミドは、肌の「表皮」のいちばん外側にある「角質層」に存在している細胞間脂質のことです。セラミドも、加齢とともに減少していく成分です。

表皮は厚さ0.2ミリ程ですが、肌を外的刺激から守っている大切な場所です。

 

この表皮、とくに角質層が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、紫外線やホコリなどの刺激を直接受けて、肌ダメージが大きくなります。

この角質層を保湿する効果的な成分が、「セラミド」なのです。

 

セラミドは、化粧水に配合されていても濃度が低いので、高濃度の「保湿クリーム」が効果的です。肌内部の水分が蒸発するのを防ぎ、うるおいを逃がさない保湿ケアができます。

 

できれば同じメーカーのライン使いがオススメ

スキンケア化粧品は、化粧水・美容液・乳液・クリームなどがありますが、できれば同じ化粧品メーカーの商品をライン使いするのがオススメです。その理由は、それぞれの化粧品に、美容成分がバランスよく配合されているからです。

 

たとえば……

  • 化粧水には、真皮層を保湿する「ヒアルロン酸」
  • 美容液には、コラーゲンを増やす「ビタミンC」
  • 乳液には、真皮層を保湿する「エラスチン」
  • クリームには、角質層を保湿する「セラミド」

 

のように、すべて使うことで完璧な保湿ケアができるラインもあるでしょう。

 

真皮層とは?

真皮層とは、表皮の奥にある層のことで、コラーゲンが網目のように張り巡らされ、ヒアルロン酸やエラスチンなどの保湿成分を抱きかかえています。真皮層が乾燥すると、しわが深く刻まれることがあります。

 

それぞれの化粧品のテクスチャーや、成分の相性もあると思いますので、研究を重ねた化粧品メーカーが提案するライン使いをすれば、効果的なスキンケアができる可能性が高くなります。

 

エイジングケア化粧品は高すぎると続かない

40代の乾燥肌を治すには、効果的な化粧品を使い続けることが大切です。もちろん、肌質が変化したときや、肌に合わない場合は買い替えることが大切ですが、最低でも3ヶ月くらいは使い続けないと、本当の効果が判断できません。

 

でも、エイジングケア化粧品は、高いですよね。高すぎる化粧品は、経済的に使い続けられないので、無理のない範囲のものを選ぶことも大切。

 

ポイントは、「どの化粧品にお金をかけるか」ということ。「ライン使いは高すぎる!」という人なら、化粧水はプチプラでも、乳液や保湿クリームには本気を出しましょう。

 

40代の化粧水は、真皮にまで届く成分が効果的

40代の乾燥肌は、化粧水で保湿することはできない、と考えたほうが良いでしょう。

とはいえ、化粧水でも保湿ケアのサポートをしたいですよね。40代の化粧水選びのポイントは、真皮まで浸透する成分を選ぶことです。

 

肌の真皮にある保湿成分は、以下の3つです。

 

  • エラスチン
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

 

これらは、加齢とともに減少していきますので、化粧品でおぎなうことが大切です。とくに肌の奥まで浸透させたい成分は、化粧水に配合されていると効果を発揮してくれます。また、コラーゲンの生成を助ける「ビタミンC誘導体」も効果的です。

 

化粧水には化粧水の役割があり、クリームにはクリームの役割があります。それぞれの特性を活かしたスキンケアをすれば、40代の肌は生まれ変わりますよ。

 

40代の保湿ケアは、生活習慣も大事!

では最後に、スキンケア以外での保湿ケアについてご紹介します。40代の乾燥肌を治すには、生活習慣の改善も大事なポイントになりますよ。

 

「タバコ」と「お酒」は乾燥肌を悪化させる

仕事や私生活のストレスを紛らわせてくれる嗜好品は、残念ながら肌トラブルの原因になります。とくに「タバコ」と「お酒」は、乾燥肌を悪化させます。

タバコは免疫力を低下させ、アンチエイジングの大敵になります。タバコを吸うと皮脂が多くなるので、ニキビもできやすくなるでしょう。

 

またお酒は、適量なら血行を良くし、リラックス効果をもたらしてくれます。ただし飲み過ぎたり、毎日飲む場合には、体の水分量が減り、乾燥肌を悪化させます。

タバコもお酒も適量を守り、できれば控えたほうが美肌への近道になります。

 

食生活で体の内側からもスキンケア

40代の乾燥肌は、体の中からのケアも大切です。とくに加齢とともに血管が老化し、血行が悪くなっていきますので、健康を保つためにも栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

血行が良くなれば、肌のターンオーバーが活発になり、美肌効果があります。

 

また、エイジングケアに効果的な栄養を摂ることも大切です。

皮膚や粘膜を丈夫にする「ビタミンA」は、美肌効果が期待できます。

「ビタミンC」「ビタミンE」は、抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果が期待できます。

 

睡眠は「美」の基本!

毎日の仕事を頑張っているあなたは、睡眠がおろそかになっていませんか? 忙しくて睡眠不足になると、美肌をつくることはできません。睡眠をしっかりとることで、加齢とともに減少する「女性ホルモン」の分泌をうながし、ホルモンバランスを整えてくれるのです。

 

また、22~2時に「成長ホルモン」の分泌が活発になるため、この時間に眠っていると美肌効果が高くなります。成長ホルモンは、体のあらゆる部分の修復をおこなってくれるので、肌トラブルも修復してくれます。とくに、肌のターンオーバーを正常にする効果があり、最強のエイジングケアと言えます。

 

  • シミの原因「メラニン」を排出する
  • ニキビの治りを早くする
  • しわを改善する
  • 古い角質をとり、肌の水分を保つ

 

ターンオーバーを正常にすることで、こんなにメリットがあります。睡眠は「美」の基本であり、生活習慣を改善するなら、欠かせないポイントです。

 

40代の乾燥肌を治してハリツヤ肌になる!

40代の乾燥肌を改善する保湿ケアの方法をご紹介しました。

乾燥肌を治すことで、すべてのエイジングケアにつながることがわかりましたね。

40代からは、とにかく「保湿」が最優先! 乾燥肌さえ改善できれば、自然と美肌になり、ハリツヤ肌を手に入れられますよ。