みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

長続きするカップルの特徴|いつまでも幸せでトキメキを忘れない秘訣とは?

f:id:m-danjyo:20180310115654j:plain

長続きするカップルの特徴はいつまでも幸せが続く関係

大好きな人とカップルになったら、いつまでも幸せでいたいですよね。

穏やかで安定した「居心地の良い関係」をつくれたら、最高に幸せです。

 

でも、その穏やかさの中に、ロマンス要素も忘れてはいけません。

長続きするカップルになるには、「穏やかさ」「トキメキ」の絶妙なコラボが必要です。

 

今回は、「長続きするカップルの特徴」と「長続きする秘訣」をご紹介します。

大好きな人と、一生幸せな関係を築くヒントにしてくださいね。

 

長続きするカップルの特徴は「お互いを必要としている」

長続きするカップルには、いくつかの共通点があります。それを知っておけば、別れの危機が訪れても、二人で乗り越えることができるでしょう。

 

そんな理想的な恋愛関係を築くには、まず大前提として、お互いを必要と感じていることが大切です。

たとえば、お互いに自分のやるべきことに没頭しながらも、お互いを必要と感じているのが、長続きするカップルの特徴です。

 

それは「自分の時間を大切にする」というよりは、「二人の幸せのために、個々で頑張っている」というニュアンスです。

つねに「二人で協力して生きている」という意識が大切なのです。

 

長続きする秘訣は「空気のように愛している」

f:id:m-danjyo:20180310120006j:plain

長続きする秘訣は、物理的なことではなく、目には見えないものを大切に思っていることです。毎日電話をするとか、感謝の言葉を言うとか、そういう目に見えること・耳で聞こえることではなく、「何となく心の奥で感じているような想い」だとわたしは思います。

すごく思っていることではなく、「何となく」思っていることが大事。

 

空気のような存在ではダメ。愛しすぎてもダメ。

まるで空気のように傍にいるのが自然で、代わりなど誰もいないほどの愛があること。

これが、空気のように愛しているということです。

 

大切なのは、傍にいるのが「当たり前」ではなく、「自然であること」なのです。

当たり前になってはいけません。でも、大昔から知っているような感覚を「自然」と呼びます。一緒にいてくれることに感謝するというのは、こういうことではないでしょうか?

 

長続きするカップルの会話には安心感がある

長続きするカップルの特徴は、会話にも表れます。一緒に過ごしているときに、「無言になると気まずい」と感じるのは、相手に遠慮しているか、嫌われたくない気持ちが強い証拠です。

 

長続きするカップルの会話は、相手のことを考えればこそ、きつい言葉も言えることです。怒りにまかせて罵るのではなく、自分の思っていることをさらけ出せる会話が、二人の距離を縮めるのです。

 

きっと理解してくれるという信頼・安心感がある

相手の悪い部分を指摘するとき、「これを言ったら嫌われるかも」と思って我慢することは、結果的に二人のためになりません。お互いに幸せでいるためには、時には不満をぶつけることも大切です。

 

それを言ったときに、「きっと理解してくれる」と相手を信じること。その安心感があれば、お互いに悪い部分を直し、高め合える関係になるのではないでしょうか?

 

「無言」こそが、いちばん愛を感じる瞬間

休日の昼下がり、公園のベンチに並んで座って、楽しそうにはしゃいでいる近所の子どもを眺めながら、ほんわかした気持ちになる。

 

そんな何でもない時間を幸せだと感じられれば、二人の愛は育っていくのではないでしょうか? たとえ無言のまま、しばらく時間が過ぎても、穏やかな気分でいられるのが長続きするカップルの特徴です。

 

長続きするカップルのデートはマンネリだと感じない

f:id:m-danjyo:20180310115852j:plain

長続きするカップルのデートは、何をして過ごしているのでしょうか?

付き合いが長くなってくると、デートプランも出尽くしてしまい、何をしても新鮮さを感じられなくなることってありますよね。

 

でも、デートでいちばん大切なことは、「どこに行くか」ではなく、「誰と行くか」ということ。この当たり前のことを忘れてはいけません。

 

デートがマンネリになる理由はお金をかけているから

デートをすると、お金がかかると思っていませんか? とくに男性が頑張ってしまうデートは、長続きしないカップルの特徴です。

お金がかかると思ってしまう原因は、行き先に注目しているから。長続きするカップルのデートは、ほとんどお金がかからないのが特徴です。

 

「さいきん仕事が忙しくて疲れたなぁ」と感じたら、緑や自然のある場所で、のんびりボーっと過ごす。お弁当を持って行けば、立派なピクニックになります。お弁当は作らなくても、スーパーで買ったお弁当とビールでも良いのです。

現地で調達すれば、荷物も少なくて済みますよ。トイレさえあれば、のんびりと1日を過ごすことができます。

 

お部屋デートは何をして過ごすかが大事

週末になると、恋人の部屋にお泊りデート。そんなとき、何をして過ごしていますか?

毎週となると、やることがなくなってきますよね。だからといって、お互いにスマホをいじったり、個別でゲームに没頭していては、二人で過ごす意味がありません。

 

お部屋デートこそ、何をして過ごすかが大事なのです。二人で一緒に何かをすれば、それだけでOK。料理でも、映画でも、ゲームでも、何でも良いんです。

長続きしないカップルは、お部屋デートばかりするのが原因と言われることもありますが、お部屋デートが問題ではなく、何をして過ごすかが問題なのです。

 

退屈になったら、近所を散歩するのも気分転換になります。お腹が空いたらコンビニまでウォーキング。そのまま河原で食べても良いのではないでしょうか?

 

長続きするカップルは喧嘩も恋のスパイスに!

きっと多くの人が気になっているポイントは、「長続きするカップルは、喧嘩が多いの? 少ないの?」ということではないでしょうか?

この答えは、どちらでもありません。喧嘩が多いカップルが長続きするわけではなく、喧嘩が少ないカップルが別れやすいわけでもありません。

 

大切なのは、「どんな喧嘩をするか」ということ。それは、二人の関係性によっても変わってきます。

 

不満があるなら我慢しないで言う

付き合っていると、相手の行動などに不満を感じることもありますよね。それなら我慢しないで言うことです。指摘された相手は、怒るかもしれません。怒る相手を見て、あなたはイライラするかもしれません。

そこからが、スタートです。

 

ある行動がイヤだから、あなたは不満をぶつけました。でも相手には、ちゃんとした言い分がありました。

その言い分を受け入れられるなら、そこで喧嘩は終了です。その場合は素直に「そういう理由があるなら仕方ないね」と言いましょう。

これが、長続きするカップルの喧嘩です。

 

もし不満をぶつけなかったら? 相手が同じ行動をするたびに、あなたはイラっとして、不満がたまっていきます。なぜ相手がそのような行動をするのか知らないから、あなたはイラっとしてしまうのです。

そして不満がつのって、限界になり別れてしまう。早い段階で言い分を聞けば納得できたのに、我慢することで不満が大きくなってしまった結果です。

 

このような場合には、小出しに喧嘩をするカップルのほうが、長続きするのは言うまでもありませんね。

 

「雨降って地固まる」系の大喧嘩

カップルが大喧嘩をする場合、結果は大きく2つに分かれます。

  • 喧嘩の勢いが収まらなくなり、そのまま別れてしまう
  • 相手の新たな面を発見して、もっと関係が深くなる

 

大喧嘩に発展する理由は、「絶対に譲れないことを指摘された」「お互いに引っ込みがつかなくなった」「相手が最も嫌がることをしてしまった」などがあります。

 

一般的には、「これをしたら終わりでしょ!」と思えることでも、相手が誠意を持って謝り、心の底から愛していることを知れば、それは仲直りできる可能性が充分にあります。

 

長続きするカップルの喧嘩は、他人が口出しできない「本人たちにしかわからないこと」があります。だから恋人と喧嘩したら、友達に相談する前に、相手の言い分をしっかりと聞いて、あなた自身が決断することが大切です。

 

長続きするカップルは記念日を忘れない

f:id:m-danjyo:20180310115835j:plain

長続きするカップルは、記念日を大切にするという特徴があります。

カップルにとって、記念日は大きなイベントですよね。だからといって、壮大な計画を立てる必要はありません。

いつもと同じ日常を、ちょっとゴージャスにするだけで充分。大々的に記念日を祝いすぎると、逆に長続きしない場合もあります。

 

記念日を大切に思う「気持ち」

長続きするカップルの特徴は、記念日を大切に思っていることです。それは「出会った記念日」「相手の誕生日」「付き合った記念日」など、カップルによって色々な記念日があるでしょう。

 

もちろん、記念日の多さが大切なのではありません。記念日を忘れずに、大切に思う「気持ち」を持つことが大切です。

むしろ、何もお祝いしなくても良いのです。ただ覚えていて、「今日は○○と出会った日だね」と話すだけでもステキな記念日になりますよね。

 

記念日はロマンスを演出してくれる

長続きするカップルの特徴は、いつまでもロマンスを忘れないことです。普段はこれといってトキメキがないとしても、ふとした瞬間にキュンとする感じが、いちばん良い関係だと思います。

その演出をしてくれるのが、記念日なのです。

 

長続きするカップルになるには、穏やかさだけでもダメだし、ドキドキ感がありすぎるのもダメです。普段は安定した関係でも、時にはときめく瞬間をつくることが、長続きする秘訣です。

 

誕生日を忘れられても自分が計画する

女性は、好きな人の誕生日を忘れることはほとんどないですよね。でも男性は、好きな人であろうと、誕生日とか記念日にあまり関心がない人が多いです。

 

それを彼女がちゃんと理解していて、彼氏に期待しないことも大切です。もし、自分の誕生日にどこか連れて行ってほしい場所があるなら、事前に催促してしまいましょう。

男性は記念日にうといので、それくらいでちょうど良いのです。

 

「わたしの誕生日、ちゃんと覚えていてくれるかな?」と不安になったり、覚えていないことで、せっかくの誕生日に喧嘩したらもったいないですよね。

 

だから自分で完璧な計画を立てるのです。そうすれば否応なしに彼氏は、その日があなたの誕生日だと認識できますから、ステキなサプライズもあるかもしれませんよ。

 

長続きするカップルの特徴は、相手の性格まで考慮して、先を読むことです。相手が覚えていようと、忘れていようと、あなたが「その日を特別な日にしたい」と思ったら、即行動するくらいのアグレッシブさが必要です。

 

いちいち傷つかず、タフなメンタルでいるほうが長続きしますよ。それに、「今年も覚えていないだろう」と期待してなかった時に、いきなりプレゼントをもらうと100倍うれしいものです。

 

長続きするカップルになる覚悟も必要

長続きするカップルの特徴をご紹介しました。

せっかく縁があってお付き合いしたのですから、その関係を大切に育てたいですよね。一番のポイントは、「おだやかに安らげる関係」です。でも、そのおだやかさの中に、確固たる覚悟も必要です。

「この人だけを一生愛し続ける覚悟」「何があっても信じてあげる覚悟」などです。そんな覚悟があれば、夫婦になっても、子どもができても、年老いても一生うまくいく関係が築けるのではないでしょうか?