みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

椿油の効果|パサついた髪をうるおいあるツヤ髪にする

f:id:m-danjyo:20180314110220j:plain

椿油の効果は髪や頭皮をキレイに保ちながらツヤ髪へ

オイル美容が注目されるようになって、しばらく経ちますが、「ココナッツオイル」や「ホホバオイル」は、お洒落なイメージがあって人気ですよね。

それに比べて椿油は、地味で古くさいイメージがあるかもしれません。

 

でも椿油(ツバキオイル)は、日本が誇る「世界三大オイル」の1つなんです。

なんと、1200年も前から愛され続けてきたというのだからオドロキ!

椿油には、それだけの理由があったんです。

 

今回は、椿油のさまざまな効果や、ヘアケアとしての使い方をご紹介します。

髪や頭皮をキレイに保ち、しっとりサラサラのツヤ髪を目指しましょう!

 

椿油とは?

椿油(つばきあぶら)は、「椿オイル」や「カメリアオイル」と呼ばれることもあり、髪への効果が高いことで知られています。

でも、母親や祖母の世代の美容オイルというイメージがあり、若い世代には、あまり浸透していないようです。

 

ところが最近、椿油の効果がスゴイということで、注目されるようになってきました。では、椿油にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

日本が誇る「世界三大オイル」の1つ

「世界三大オイル」と呼ばれるのは、「オリーブオイル」「ホホバオイル」、そして「椿油」の3つのことです。

椿油とは、おもに「ヤブツバキの種子」から採ったオイルのことを言います。

 

伊豆大島、長崎県の五島列島、佐渡島などが原産で、純日本産の椿油は純度が高く、人気が高いオイルになっています。

 

皮脂に似た成分「オレイン酸」を多く含む

椿油の最大の特徴は、「オレイン酸」の含有量が多いことです。オレイン酸は、オリーブオイルに含まれていることで知られていますが、なんとオリーブオイルよりも椿油のほうが、オレイン酸の量が多いのです。

 

オレイン酸は、人間の皮脂と似た成分のため、肌や髪に浸透しやすく、保湿効果を高めてくれます。

 

フェイシャルケア・ボディケアにも使える

椿油は、髪のケアだけでなく、顔や体、手のケアにも効果的です。保湿効果や殺菌作用があるので、肌を清潔にしながら、しっとり保湿する効果が期待できるのです。

椿油があれば、全身をケアできるのでお得な感じがしますね。

 

ただし、なるべく「スキンケア用」「ヘアケア用」など、用途に応じた椿油を使うことをオススメします。使えないわけではないようですが、それぞれの効果に合わせて作られているので、より効果を高めるには用途別に選んだほうが良いでしょう。

 

食用ならコレステロールを下げる効果も

椿油に含まれる「オレイン酸」は、食べることで健康効果が期待できます。

血中コレステロールを下げたり、ガン予防にも効果的。スキンケアにも使えて、食べても健康になるなんて、万能オイルですね。もちろん、食べることによる美容効果も期待できます。

ただし、食用と書かれた椿油を食べるようにしてください。

 

椿油の髪への効果とは?

全身のスキンケア、ヘアケア、食用など、まさに万能オイルと呼べる椿油ですが、髪への効果に絞ってご紹介していきましょう。

 

頭皮の汚れを落とし、殺菌作用もある

正しいシャンプーの使い方をしても、頭皮を完ペキにキレイにするのは、意外とむずかしいものです。皮脂をとり過ぎると頭皮が乾燥するし、皮脂や汚れが残っていると、フケや抜け毛の原因になる場合もあります。

 

椿油は、シャンプーではとり切れない皮脂汚れなどを浮かせて落とす効果があるので、頭皮を清潔に保ち、育毛効果も期待できます。また、殺菌作用もあるので、頭皮の皮脂による雑菌の繁殖を防ぎ、皮膚炎の予防にも効果的です。

 

パサついた髪にうるおいとツヤを与える

椿油のいちばんの効果といえば、やはり「髪の保湿」です。傷んでパサついた髪に、うるおいとツヤを与えて、美しい髪を保つことができます。

女性は髪がキレイだと、それだけで美しく若々しい印象を与えることができるので、いつまでもキレイな髪を保ちたいですよね。

 

紫外線ダメージから髪をまもる

椿油には、紫外線によるダメージから髪をまもる「日焼け止め」の効果もあります。

髪は、肌よりも紫外線からのダメージを受けているので、美しい髪を保つには、髪の紫外線対策も大切です。

 

とはいえ、日常的に浴びている紫外線から髪をまもる効果なので、長時間のアウトドアやレジャーのときには、しっかりと紫外線対策をする必要があるようです。

 

フケ・かゆみを防ぐ

椿油は、頭皮にうるおいを与えることで、フケやかゆみを防ぐ効果もあります。

フケやかゆみは、頭皮の乾燥が原因の場合が多いので、椿油で頭皮を保湿できれば、フケやかゆみを防ぐことができます。

 

また、頭皮の皮脂が多くて髪がベタつく人も、もしかしたら乾燥が原因かもしれません。椿油で乾燥を防げば、頭皮のベタつきも改善される可能性がありますよ。

 

椿油の使い方【髪と頭皮のケア】

さまざまな効果が期待できる「椿油」は、どのような使い方をすればヘアケアに効果的なのでしょうか?

 

頭皮マッサージのオイルとして使う

抜け毛や薄毛が気になり始めた人は、頭皮マッサージで頭皮の血行を良くすることが大切ですよね。頭皮マッサージのタイミングは、「シャンプー前」か「ドライヤーの前」です。

頭皮に椿油をなじませて、指の腹でやさしくマッサージしましょう。

 

シャンプー前のスカルプケアとして

おなじ「頭皮ケア」でも、マッサージではなく、頭皮の皮脂や汚れを落とす「スカルプケア」として椿油を使うのも効果的です。

 

シャンプー前に、椿油を頭皮全体になじませ、5分おきます。

皮脂や汚れを浮かせて落としやすくしてくれるので、シャンプー後はすっきりキレイになりますよ。

 

椿油を頭皮につける方法
  1. 小さな器にティースプーン1~2杯程度の椿油を入れます。
  2. 指先に椿油をつけて、頭皮につけていきます。
  3. 前髪をかき上げるように、指先で地肌をすべらせていきます。
  4. えりあしから頭頂部に向かって、指先で地肌をすべらせていきます。
  5. 耳の辺りから頭頂部に向かって、指先で地肌をすべらせていきます。

 

とくに髪が長い人は、手のひらにつけても頭皮になじませることはできません。

指先につけてすべらせることで、やさしく頭皮全体に椿油を浸透させることができますよ。

 

シャンプーやトリートメントに混ぜて使う

椿油をシャンプーに混ぜれば、頭皮を保湿しながら、汚れをすっきり落とすことができます。またトリートメントに混ぜれば、保湿効果がアップします。

 

いつも使用する量のシャンプーやトリートメントに、1滴の椿油を混ぜると良いでしょう。椿油は少量でも効果があるので、まずは1滴から始めてみるのがオススメです。

 

リンス代わりに椿油を2~4滴お湯と混ぜる

椿油をリンス代わりに使うときは、お湯をはった洗面器に、椿油を2~4滴混ぜます。そのお湯を、髪に少しずつなじませていきます。

 

そして、お湯で洗い流さずに、そのままタオルドライをして、ドライヤーで髪を乾かしましょう。

 

洗い流さないトリートメントとして

洗い流さないトリートメントとして椿油を使うときは、シャンプー後のタオルドライした髪になじませます。毛先を中心になじませ、あまり地肌に近い部分にはつけないほうが良いでしょう。頭皮から皮脂が出てくると、ベタつくことがあります。

 

椿油の使用量は、ロングでも3滴ほどなので、まずは1滴から使ってみましょう。椿油はべたつきにくいですが、つけ過ぎるとべたつく場合もあります。少量でも効果があるので、安心して1滴から使ってみてください。

 

外出前の紫外線ケアに

椿油には、紫外線のダメージから髪を守る効果もあります。そのため、外出前のヘアケアとしてつけておくと、保湿と同時に紫外線ケアもできます。

 

手のひらと指に椿油をつけ、手櫛で髪全体になじませましょう。

最後に髪の外側を、手のひらで撫でるようにすればOKです。

 

美髪・育毛効果のある椿オイルでツヤ髪へ

椿油の髪への効果や使い方をご紹介しました。美髪と育毛に効果のある椿オイルで、魅力的なツヤ髪になっちゃいましょう。

椿油は、昔から愛され続けている美容オイルなので、安心して使えますよね。天然成分100%のオイルを使えば、ほとんどの場合はトラブルが起きることはないでしょう。

とはいえ、人によって肌質に合わない場合もありますので、パッチテストをおこなってから使ってくださいね。