みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

花粉症対策に効果的な入浴法|アロマで症状を緩和するお風呂の入り方

f:id:m-danjyo:20180319200318j:plain

花粉症対策にはアロマの効果でゆったりバスタイム

春の心地よい陽気に誘われて、襲ってくるのが「花粉症」ですよね。

最高の季節に、最悪の症状に悩まされ、うんざりしている人も多いのではないでしょうか?

 

でも、薬を飲んだら副作用があるし、何も対策をしないと、つらい症状で生活に支障をきたすことも。

そこでオススメしたいのが、「花粉症対策に効果的な入浴法」です。

 

お風呂の入り方を変えれば、リラックスしながら、花粉症の症状を緩和できるのです。

とくに「お風呂の温度」と「アロマの効果」に注目して、花粉症に効く入浴法をご紹介していきます。

 

毎日のゆったりバスタイムで、つらい花粉症を撃退しましょう!

 

お風呂で花粉症対策ができる理由

お風呂の入り方を変えるだけで、花粉症のつらい症状を緩和できるなら、それほど嬉しいことはありませんよね。でも、なぜお風呂で花粉症対策ができるのでしょうか? 考えられる理由を挙げてみます。

 

  • 体や髪についた花粉を除去できる
  • 疲労が回復して免疫力が上がる
  • 自律神経を整える
  • 疲労やストレスを緩和できる

 

花粉症の原因と大きく関係しているのが、「免疫力」と「疲労やストレス」です。

これらを改善できるのが、お風呂なんですね。リラックスすることで、自律神経が整い、体の調子が良くなっていきます。

また、物理的にも体についた花粉を洗い流せるので、お風呂は効果的です。いちばんの花粉症対策は、花粉を寄せつけないことですからね。

 

では、どんな入浴法を実践すれば、花粉症対策に効果的なのでしょうか?

 

花粉症対策に効果的な入浴法とは?

お風呂で花粉症対策をするなら、どのような入浴法を実践すれば良いのでしょうか? 花粉症の症状を緩和する、お風呂の効果についてご紹介していきます。

 

ぬるめのお風呂で症状を緩和する

外出して帰って来たら、服や髪、体に花粉がついていますよね。まずは玄関の外で、服や髪についた花粉を落としてから家に入るのが基本です。

そして、帰宅したらすぐにでもお風呂に入ると良いでしょう。

 

そこで大事なのが、「お風呂の温度」です。熱めのお風呂が好きな人もいれば、ぬるめのお風呂が好きな人もいることでしょう。

でも、花粉症対策としての入浴法は、「ぬるめのお風呂」に入るのが効果的。ぬるめのお風呂に入ることで、自律神経のうちの「副交感神経」が優位になり、リラックス効果が得られます。

 

シャワーで済ませず、お風呂にゆったりと浸かることで、リラックス効果が得られます。すると自律神経のバランスが整い、花粉症の症状を緩和することができるのです。

 

◆温度が熱いとヒスタミンが出てくる

花粉症対策としての入浴法では、ぬるめのお湯に浸かるのが効果的。逆に、42℃以上の熱いお風呂はNGです。

熱いお風呂に入ると、「ヒスタミン」という物質が分泌され、花粉症の症状を悪化させてしまいます。

ヒスタミンは、くしゃみ・鼻水などの症状を引き起こす物質なので、花粉症で病院を受診すると、「抗ヒスタミン薬」などが処方されることが多いです。

 

鼻づまり・ノドの炎症は湯気で保湿

お風呂の中には、湯気が立ち込めていますよね。じつは、この「湯気」も、花粉症対策に一役買ってくれているのです。

花粉症の症状として、「鼻づまりで息が苦しい」とか、「ノドが炎症を起こして痛い」などがありますよね。これらを緩和してくれるのが、お風呂の湯気なのです。

 

耳鼻科に行ったとき、「吸入」をしたことはありませんか? 水蒸気を鼻や口に吸い込んで、鼻づまりやノドの痛みを改善する治療法です。

それと同じような効果が、お風呂の湯気にはあるのです。いつもより少し意識して、お風呂場の空気を吸い込んでみましょう。

 

◆洗面器にスーっとする香りをプラス

浴槽の湯気を吸い込むだけでも効果的ですが、より効果を期待するなら、洗面器などにお湯を用意して、そこにスーっとする香りをプラスしてみましょう。

「ペパーミント」のアロマオイルを垂らしても良いですし、市販薬である「メンソレータム」や「ヴィックスベポラップ」などをお湯に溶かしても効果的です。

 

アロマの効果でリラックスする

花粉症対策に効果的な入浴法でオススメなのが、「アロマバス(アロマ入りお風呂)」です。アロマテラピーは、単なるリラックスだけではなく、精神や体の疾患を改善する効果もあります。医療の分野でも取り入れている場合があるほど、効果の高いものです。

 

自分が好きな香りを嗅ぐのが、いちばん効果的だと言われていますので、効果にとらわれず、心地よいと感じるアロマオイルを選んでみるのも良いでしょう。

 

ちなみに純粋なピュアオイルのことを「エッセンシャルオイル」や「精油(せいゆ)」と呼びます。香料などで加工されたアロマオイルでは、効果がありません。その分エッセンシャルオイルは効果が高いので、濃度などの扱いには注意しましょう。

 

◆花粉症に効くアロマオイルの種類

アロマオイルの中には、花粉症の症状に効くものもあります。一般的に、花粉症に効果があると言われているアロマオイルをご紹介しましょう。

 

  • ユーカリ(ノドの炎症・呼吸が苦しいとき)
  • ティートゥリー(免疫力を高める効果)
  • ペパーミント(鼻水・鼻づまりに効果的)
  • カモミール(緊張をやわらげリラックス効果)
  • ラベンダー(目のかゆみ・頭痛に効果的)

 

アロマバスの作り方

バスタブにお湯をはり、アロマオイルを3~5滴くらい垂らしましょう。

あまり入れ過ぎないように注意してください。アロマオイルによっては、肌に刺激を与えるものもあるので、肌が荒れているときは注意してください。

時間が経つと効果が薄れるので、次の人が入るときは、1滴プラスしてください。

 

花粉症の症状を緩和するお風呂の入り方

花粉症対策に効果的な入浴法をご紹介しました。そこで次は、花粉症の症状を緩和する基本のお風呂の入り方をご紹介します。

 

お風呂の温度は38~40℃

花粉症の症状を緩和するには、お風呂の温度を38~40℃のぬるめに設定しましょう。

花粉症を改善するには、リラックスして、ストレスや疲労を回復させることが大切です。そのためには、ぬるめのお風呂が効果的です。

また、リラックスすることで免疫力もアップしますので、花粉症対策になります。

 

入浴時間は15分くらい

花粉症は、炎症による症状が多いです。鼻やノドの粘膜が炎症して、腫れてしまうことも多いですよね。そのため、あまり長くお風呂に入っていると、体が温まりすぎて、炎症がひどくなる場合があります。

花粉症対策で入浴する場合には、15分くらいを目安に入りましょう。

 

蒸しタオルで鼻や目を温める

花粉症の症状は、鼻や目にあらわれることが多いですよね。その場合は、患部の筋肉が緊張して、血流を悪くしていることも考えられます。

そのため、入浴中に蒸しタオルで、鼻や目を温めると良いでしょう。緊張がやわらぎ、血流が良くなることで、症状が緩和されることがあります。

ただし、入浴と同じで、あまり温めすぎると逆効果になる場合もありますのでご注意を。

 

お風呂に入ると花粉症が悪化する場合もある?

お風呂に入ると「副交感神経」が優位になり、リラックスする効果があります。そのためストレスを軽減できて、体の調子が整い、花粉症の症状をやわらげることができます。

 

でも、入浴によって副交感神経が優位になり過ぎると、花粉症の症状が悪化するケースも考えられるのです。

 

入浴後にくしゃみ・鼻水が止まらない

花粉症の症状である「くしゃみ」「鼻水」などは、副交感神経が優位になると、症状が出やすいと言われています。

 

また、入浴後の寒暖差によって、鼻の中の血管が刺激を受けて、花粉症と同じような症状を引き起こす場合もあります。

 

これを改善するには、自律神経のバランスを整えることが大切。そこで効果的なのが「温冷交代浴」です。

 

温冷交代浴のやり方
  1. 少し熱めのお風呂に3分浸かる
  2. 冷たいシャワーを手足に10~20秒かける
  3. これを2~3回くり返す

 

本来の温冷交代浴は、40~42℃の熱めのお風呂に入るのですが、熱いお風呂は花粉症が悪化する場合もあるので、ぬるめのお風呂でもOKです。

 

また冷たい水は、20℃くらいでもOKです。シャワーがつらいときは、桶などに足を入れる方法でもOKです。

 

温冷交代浴は、心臓に負担がかかるので、充分に注意しておこなってください。お風呂を上がるときに、一度だけ冷たい水につけるだけでも効果があると言われています。

 

バスタオルやパジャマに花粉がついていませんか?

入浴後に、くしゃみ・鼻水が止まらなくなる人は、もしかしたらバスタオルやパジャマに花粉が付着しているのかもしれません。

洗濯物をとり込むときは、花粉をしっかりとはらってから部屋の中に入れましょう。

 

せっかくお風呂で花粉を洗い流したのに、バスタオルやパジャマに花粉がついていたら、意味がないですよね。この季節だけ部屋干しにするとか、乾燥機を使うのも1つの方法です。

 

つらい花粉症は入浴法でラクになる!

花粉症対策としての入浴法をご紹介しました。入浴後に症状が悪化するケースは、原因を突きとめることで改善方法がわかります。

つらい花粉症は、毎日のゆったりバスタイムで改善していきましょう。そうすれば、ストレスや疲労も回復して、気持ち良く毎日を過ごせますね。