みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

花粉症を改善するヨガ|自律神経を整えてスッキリ快適な生活を

f:id:m-danjyo:20180320134850j:plain

つらい花粉症に効果的なヨガと呼吸法で自律神経を整える

花粉症のつらい症状を改善するために、いろいろな方法を試している人も多いことでしょう。年々、花粉の飛散量が増え、花粉症に悩まされる人も増えています。

 

くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどの症状を、ダイレクトに改善する方法にとらわれがちですが、じつは「自律神経を整える」ことによって、花粉症のつらい症状を改善できるんです。

 

自律神経を整えるには、「運動」が効果的ですが、きつい運動では続けられませんよね。

そこでオススメしたいのが、「花粉症ヨガ」。ヨガなら、ゆったりとした気持ちで続けられるのが魅力です。

 

健康的に、しかも美しさを保ちながら、花粉症のつらい症状まで改善できるなら、ぜひやってみたくなりますね。

 

そこで今回は、「花粉症にヨガが効く理由」と、「花粉症の改善に効果的なヨガポーズ」をご紹介します。

「毎年のことだから仕方ない」とあきらめていた人は、リラックスしながら「花粉症ヨガ」にチャレンジしてみてください。

 

花粉症の改善にヨガが効く理由

花粉症を改善する方法は色々ありますが、ヨガはあまり関係ないように感じますよね。

なぜ花粉症の改善に、ヨガが効果的なのでしょうか? その理由をご紹介します。

 

花粉症の原因をなくすヨガの効果

花粉症の原因といえば、他でもない「花粉」ですよね。花粉に体が反応して、「アレルギー症状」を引き起こすのです。これを「花粉症の外的要因」と言います。

 

花粉症の外的要因

  • 花粉の飛散量が増加する
  • ホコリや大気汚染による化学物質が飛散する
  • 室内のダニやハウスダストがアレルギーを引き起こす

 

しかし花粉症の原因は、外的要因ばかりではないんです。

ヨガには、「花粉症の内的要因」を改善する効果が期待できるんです。

 

◆ヨガで改善できる「花粉症の内的要因」とは?

花粉症の内的要因とは、生活習慣による「自律神経の乱れ」です。

自律神経とは、おもに体温調節の働きをしていますが、自律神経が乱れると、精神的に不安定になったり、免疫力が低下したりします。

 

花粉症の内的要因
  • 高タンパク・高脂肪な「食の欧米化」
  • ジャンクフードによる「添加物の摂り過ぎ」
  • 「ストレス」による自律神経やホルモンバランスの乱れ

 

このような原因で自律神経が乱れると、「免疫力の異常」が起こり、花粉を防御できなくなってしまうのです。

 

免疫力の異常は、大きく分けて2種類あります。

  • 免疫力が過剰に反応してしまう
  • 異物と勘違いして、免疫力を作動させてしまう

 

このように、免疫力が誤作動してしまうことを「アレルギー反応」と呼びます。これを改善するには、自律神経を整えることが大切です。

ヨガには自律神経を整える効果があるので、花粉症の内的要因を改善することができるのです。

 

自律神経を整えるには「運動」が効果的

日頃の生活習慣の中で、自律神経が乱れる原因として考えられるのは、「ストレス」や「睡眠不足」、「栄養不足」や「運動不足」などです。

 

しかし、いきなり全部を改善するのは大変ですよね。そこで、いちばん簡単に生活に取り入れられるのは「運動」です。

 

運動の中でも、花粉症の改善に効果的なのは、「有酸素運動」と「ヨガ」

有酸素運動やヨガに共通しているメリットといえば、「呼吸法」です。有酸素運動は、酸素を取り入れながら運動するので、「有酸素運動」と呼びます。

 

そしてヨガは、自律神経を整える効果のある「腹式呼吸」を取り入れているのが特徴です。

 

自律神経を整える「ヨガ呼吸法」で花粉症を改善

ヨガ呼吸法として取り入れられている「腹式呼吸」には、副交感神経を優位にし、精神を安定させる「リラックス効果」があります。とはいえ、ヨガポーズによっては、交感神経を優位にする効果もあります。

 

自律神経には「副交感神経」と「交感神経」があり、このバランスが整うことで、花粉症の症状を改善することができるのです。

 

交感神経ばかり優位になると、ストレスがたまり、神経が過敏になってイライラしやすくなります。逆に副交感神経ばかり優位になると、くしゃみや鼻水などの花粉症の症状が出やすくなります。

 

花粉症の症状を改善するには、自律神経のバランスが何よりも大事。そのためには、ヨガ呼吸法が効果的なのです。

 

花粉症の改善に効果的な「ヨガポーズ」

では、つらい花粉症を改善する「ヨガポーズ」をご紹介します。ヨガは体のストレッチ効果と、リラックス効果が得らえるので、自律神経のバランスを整えて、心身ともに健康的にしてくれます。

 

胸を開く「魚のポーズ」

www.youtube.com

 

魚のポーズは、胸を開くことで、酸素をたくさん取り込むことができるヨガポーズです。酸素を取り込むことで免疫力がアップし、花粉症の改善に効果的です。

呼吸が楽になれば、肩こりの解消や、安眠効果も得られます。

 

  1. 仰向けになり、手をお尻の下に入れます。手のひらを下に向けます。
  2. 足をそろえて、体を真っすぐにします。
  3. 息を吸いながらヒジで地面を押し、上体を起こします。
  4. もう一度息を吸いながら体を反らし、頭頂部を床につけます。
  5. 深呼吸しながら30秒間キープします。
  6. ゆっくりと上体を起こし、元の体勢にもどります。

 

魚のポーズの注意点

魚のポーズは、頭頂部(頭のてっぺん)を床につけるので、首に負担がかかるポーズです。そのため、頭で体重を支えるのではなく、8割くらいはヒジで体重を支えるようにしましょう。

 

体をひねる「ねじりのポーズ」

www.youtube.com

 

ねじりのポーズは、体の循環を良くし、自律神経を整える効果のあるヨガポーズです。

血流を良くして老廃物を排出してくれるので、デトックス効果もあります。

 

  1. 床に足を伸ばして座り、右足のヒザを立てます。
  2. 右手はお尻の後ろに置き、左手は右ヒザに引っかけます。
  3. 息を吸いながら、背すじを伸ばします。
  4. 息を吐きながら、右にねじります。(顔も一緒に)
  5. そのまま呼吸を数回くり返します。
  6. 息を吸いながらもどり、反対の足も同様に行いましょう。

 

ねじりのポーズの注意点

どのヨガポーズも同じですが、呼吸を止めないで行いましょう。

ヨガポーズはストレッチ効果があり、血流を改善してくれます。その状態で呼吸をすると、酸素が全身にい行きわたり、体のさまざまな不調を改善してくれます。

 

自律神経を整える「ヨガ呼吸法」のやり方

自律神経を整えて花粉症を改善するには、ヨガ呼吸法も効果的です。呼吸は、人間が生きていく上で大切な「酸素」を全身に届けてくれる役割があります。

その中でも、自律神経を整えて、花粉症を改善できるのが「ヨガ呼吸法」なのです。では、そのやり方をご紹介しましょう。

 

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸をすると「副交感神経」が優位になり、リラックス効果をもたらしてくれます。リラックスすることで自律神経のバランスが整い、花粉症の改善に役立ちます。

 

  1. 鼻から息を吸って、お腹を膨らませましょう。お腹に手を当てると、わかりやすいです。
  2. 口から息を吐いて、お腹をへこませていきましょう。ゆっくりと細く長く吐きます。
  3. これを3~5回くり返しましょう。

 

腹式呼吸のポイント

腹式呼吸は、息を吸うよりも、息を吐くことを意識して行います。吸う倍の時間をかけて、ゆっくりと息を吐きましょう。次第にリラックス効果が高まり、自律神経が整っていきますよ。

 

片鼻呼吸法のやり方

花粉症の症状によって鼻がつまると、酸素を取り込みにくくなるので、脳に酸素が行き届かなくなります。すると集中力が欠けたり、眠気が襲ってきたりします。

 

片鼻呼吸法は、脳に新鮮な酸素を送ることができるので、花粉症による「だるさ」や「やる気の減退」を回復させてくれます。

 

  1. はじめに両鼻で深呼吸をします。口は閉じましょう。
  2. 片手で鼻をつまみ、左鼻を解放して、息を吸います。
  3. 息を吐ききったら両鼻をつまみ、右鼻を解放して、息を吸います。
  4. 息を吐き切ったら両鼻をつまみ、左鼻を解放して息を吸います。
  5. これを10~20回、慣れてきたら5分くらい続けると効果的です。

 

左鼻の呼吸は「副交感神経」を優位にし、右鼻の呼吸は「交感神経」を優位にすると言われています。

意識的に両方の鼻で呼吸をすると、自律神経のバランスが整い、花粉症の症状を改善してくれます。

 

片鼻呼吸法は自律神経を整える

人間は、普段から両方の鼻で呼吸していると思っていますが、じつは2~3時間おきくらいに片鼻呼吸を繰り返しているそうです。仕事中に眠気が襲ってくるときは、もしかしたら左鼻で呼吸している時間なのかもしれませんね。

 

また、花粉症で鼻づまりの症状があると、片鼻もしくは両鼻から酸素が入りにくくなり、やる気の減退につながります。

 

定期的に片鼻呼吸法をすることで、「リラックス効果」と「やる気アップ」の効果が得られ、自律神経を整えることができます。鼻の通りが少し良くなったタイミングで、片鼻呼吸法をやってみてください。

 

ヨガを続ければ、花粉症予防にも効果的

花粉症の改善に効果的な「ヨガポーズ」と「呼吸法」をご紹介しました。

ヨガで花粉症の症状を改善できるのは、一時的な効果です。でも、ヨガを続けることで、花粉症の予防ができたり、根本的に花粉症を治すことにもつながります。

美容にも健康にも良いヨガで、花粉症を撃退しましょう。