みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ!ノンシリコンシャンプーって本当にいいの?

f:id:m-danjyo:20180321132732j:plain

ノンシリコンシャンプーは髪に良い成分で選ぶ!

「ノンシリコンシャンプーは髪に良い」というイメージが定着していますが、実際に使ってみると、髪がきしむと感じていませんか?

 

「髪に良いはずのノンシリコンシャンプーは、本当は髪に悪いのでは?」と感じている人も多いことでしょう。

シリコンシャンプーよりも高価だし、本当にこのまま使い続けて良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、「ノンシリコンシャンプーは本当に髪に良いのか」という疑問を解決し、正しいノンシリコンシャンプーの使い方をご紹介します。

中には、ノンシリコンシャンプーが合わない人もいるので、あなたに合ったシャンプー選びの参考にしてみてください。

 

ノンシリコンシャンプーは本当に髪に良いの?

ノンシリコンシャンプーは髪に良いのか、それとも悪いのか。ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットをご紹介します。

 

シリコンシャンプーは手触りが良く、きしまない

そもそも、なぜシャンプーにシリコンが配合されているのでしょうか? その理由は、手触りが良く、髪がきしまないからです。

 

シリコンは髪の表面をコーティングして、髪をダメージから守る効果があります。

 

「シリコンは髪に悪い」というイメージが強いですが、シリコンが悪いわけではありません。

むしろシリコンが、髪の表面にある「キューティクル」をはがれにくくし、髪同士が摩擦によって傷むのを防いでいるのです。

 

ノンシリコンシャンプーは頭皮ケアにオススメ!

では、なぜノンシリコンシャンプーは髪に良いと言われているのでしょうか?

それは、髪や頭皮に余計な成分を残さず、自然な状態をキープできるからです。いわば、髪がすっぴんの状態ということですね。

 

シリコンが頭皮の毛穴をふさぐことは、ほとんどないと言われていますが、髪や頭皮に残っているのは確かです。

シャンプーしても、「頭皮が何となくスッキリしない」と感じるなら、ノンシリコンシャンプーをオススメします。

 

とくに抜け毛が増えてきた人は、シリコンが頭皮に残って、頭皮環境が悪くなっているのかもしれません。

使用感を重視したシャンプーは、配合されている「シリコンの量が多すぎる」場合もあるようです。

 

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ理由

髪が傷んでいると、ノンシリコンシャンプーを使ったときに「髪がきしむ」と感じやすいようです。今まではシリコンで髪をコーティングしていたので、はがれたキューティクルを保護してくれていたのです。

 

でもノンシリコンシャンプーに変えたら、髪を守ってくれる成分が入っていないので、ダメージをダイレクトに感じるのでしょう。

 

この問題を解決するには、シャンプーの成分を変えるか、シャンプー後のヘアケアで補う必要があります。

 

ノンシリコンシャンプーは、どんな人に効果ある?

ノンシリコンシャンプーは、結局どんな人に効果があるのでしょうか? じつは、ノンシリコンシャンプーを使わないほうが良い人もいます。

 

ヘアアイロンでセットする人はシリコンで守る

毎日ヘアアイロンで髪をセットしている人は、シリコンシャンプーでないと、髪のダメージがかなりひどくなってしまう可能性があります。

そのため、ヘアアイロンを愛用している人は、ノンシリコンシャンプーを使わないほうが良いです。

 

というよりも、そもそもヘアアイロンを毎日使うのをやめたほうが良いという気がします。髪を傷める行為は色々ありますが、その中でも一番髪にダメージを与えるのが、ヘアアイロンだと思います。

 

髪が傷んでいる人はノンシリコン+トリートメント

髪が傷んでいる人は、シャンプー選びに翻弄されているかもしれません。自分の髪を守るには、どれを使えば良いのか悩みますよね。

オススメの使い方は、ノンシリコンシャンプーとトリートメントのコラボです。

 

シリコンシャンプーは髪をコーティングしてくれますが、ダメージを修復してくれるわけではありません。多少は保湿効果もあるようですが、それは内部に浸透するのではなく、コーティングして水分の蒸発を防ぐ程度。

髪が傷んでいる人は、それだけでは足りないのです。

 

まずは髪をまっさらな状態にするため、ノンシリコンシャンプーを使います。その後に、髪の内部までトリートメントをしっかり浸透させて、ダメージを修復してくれる「良質なトリートメント」を使うようにしましょう。

 

ぺたんこ髪の人はノンシリコンでふんわり仕上げ

シリコンシャンプーは、髪に重みを持たせ、真っすぐにしてくれる効果があります。

そのため、もともと髪がぺたんとしていて、ふんわり感がない髪質の人は、ノンシリコンシャンプーを使うと良いでしょう。

頭皮や髪が軽くなり、髪がふわっと仕上がります。

 

髪がきしまないノンシリコンシャンプーは成分で選ぶ

ノンシリコンシャンプーは、髪を自然な状態にするのでオススメします。でも、選び方や使い方を間違えると、ダメージがさらに進行してしまいます。

そこで大切なのが、シャンプーに配合されている「成分」です。

 

洗浄力が強すぎないシャンプー

ノンシリコンシャンプーの人気が高まったことで、さまざまなノンシリコンシャンプーが売り出されています。

たとえば、「シリコンは使っていないけど、シリコンに似た成分を配合している」「ノンシリコンだけど、添加物が多すぎる」「ノンシリコンだけど、洗浄力が強すぎる」などなど。

 

つまり、ノンシリコンシャンプーは、無条件で髪に良いわけではないのです。その中でも、とくに注目すべきなのが「洗浄成分」です。

 

頭皮や髪を乾燥させて、抜け毛やパサパサ髪を増やしてしまう恐れがあるのは「高級アルコール系シャンプー」です。洗浄力が強く、頭皮の皮脂をすっきり落としますが、時間が経つと頭皮がベタつくことも多いはずです。

それは、頭皮が乾燥することで皮脂の分泌を増やしてしまうからです。

 

それに対して、頭皮や髪をやさしく洗い、適度な皮脂を残してくれるのが「アミノ酸系シャンプー」です。洗浄力ががマイルドで、頭皮の皮脂をとり過ぎる心配がありません。

では、2つのシャンプーをどのように見分ければ良いのでしょうか?

 

◆アミノ酸系シャンプーの成分の見分け方

アミノ酸系シャンプーには、以下のような成分が配合されています。

 

  • ココイル~
  • ラウロイル~

 

この文字が書かれているシャンプーなら、アミノ酸系シャンプーだと思って良いそうです。アミノ酸系シャンプーは、比較的「オーガニック」「無添加」のシャンプーが多いですが、必ずしもそうとは限らないので、成分をチェックして選びましょう。

 

◆高級アルコール系シャンプーの成分の見分け方

頭皮を乾燥させ、髪がパサつく恐れのある「高級アルコール系シャンプー」には、以下のような成分が配合されています。

 

  • ラウリル~
  • ラウレス~

 

「~硫酸」と書かれた成分が多いです。といっても、ほとんどのシャンプーは、これらの成分が入っていると言われています。ドラッグストアに行ってみると、ちょっと値段が高めのシャンプーでも、これらの成分が含まれていることが多いです。

 

体験談

わたしは長年このシャンプーを使っていましたが、フケやかゆみに悩まされていました。体調が悪いのか、頭皮に何か原因があるのか、色々なことを考えましたが、原因は「高級アルコール系シャンプー」のせいだったのです。

 

「アミノ酸系のノンシリコンシャンプー」に変えてから、フケやかゆみが驚くほどスッキリなくなりました。今までの苦労は何だったんだというくらい、あっさりと解決できたことが、うれしいやら悲しいやら複雑な気持ちだったのを思い出します。

わたしのように、頭皮にフケやかゆみが出るのは、頭皮が乾燥していることが原因の可能性が高いです。

解決方法は、アミノ酸系シャンプーを使うか、酸化しにくいヘアオイルでケアするのもオススメです。

 

ヘアオイル系が配合されたシャンプー

ノンシリコンシャンプーで髪がきしまないためには、ヘアオイルが配合されたシャンプーを使うと良いでしょう。

ノンシリコンシャンプーだと髪が無防備な状態になり、傷みやすくなってしまいます。

 

髪をコーティングしてダメージから守り、保湿効果もあるヘアオイルは以下のものがオススメです。

 

  • 椿オイル
  • ホホバオイル
  • ココナッツオイル
  • アルガンオイル

これらのオイルは、酸化しにくく、ベタつきにくいので、ヘアケアにおすすめのオイルです。

このようなヘアオイルが配合されているノンシリコンシャンプーなら、髪がきしみにくいでしょう。ただし、シャンプー後にも、しっかりとトリートメントをする必要があります。

 

ノンシリコンシャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーの選び方は、成分が決め手ということはわかったけど、実際「自分には、どっちがいいの?」と思っている人もいるかもしれません。

そこで、シャンプーの選び方をまとめてみます。

 

抜け毛が増えてきた人は「ノンシリコン」で洗浄力が弱いもの

抜け毛が増えてきた人は、頭皮環境に原因があるケースが多いです。その原因は、「頭皮の皮脂が多すぎる」か、「頭皮が乾燥しているか」のどちらも考えられます。

 

洗浄成分が強いシャンプー(高級アルコール系シャンプー)を使っていた人は、洗浄力の弱いシャンプー(アミノ酸系シャンプー)に変えて、様子を見てみると良いでしょう。

 

また、頭皮をスッキリさせるためにも、ノンシリコンシャンプーを使うことをオススメします。

 

◆頭皮の皮脂が多い人は「石鹸系シャンプー」後に保湿を

「頭皮の皮脂が多すぎて、アミノ酸系シャンプーではキレイに洗えない」という人は、石鹸系シャンプーを使うと良いかもしれません。

ほとんどは天然成分で作られているので、頭皮への刺激をできるだけ抑え、ベタつきをスッキリと洗い流してくれます。

 

でも、そのままでは頭皮が乾燥して、逆に皮脂が多くなる場合もあります。そのため、シャンプー後には少量のヘアオイルなどをつけて、保湿するようにしましょう。

 

フケ・かゆみが多い人はアルコール系はNG

フケやかゆみが多い人は、高級アルコール系シャンプーを使っていることが原因かもしれません。

いま使っているシャンプーを「アミノ酸系シャンプー」に変えるだけで、改善できる可能性があります。

 

このタイプの人は、シリコンかノンシリコンかよりも、アミノ酸系シャンプーを重視して選ぶと良いでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーで髪がきしまないヘアケア方法

ノンシリコンシャンプーで、しかもアミノ酸系シャンプーを選んでも、髪がきしんで困るという場合、どのようなヘアケアをすれば良いのでしょうか?

 

リンスではなくトリートメントを使う

ノンシリコンシャンプーを使う場合は、シャンプー後そのままにするのはNGです。必ず何かをつけないと、髪のダメージが進行してしまいます。

ノンシリコンシャンプーを使うなら、リンスではなく、「トリートメント」を使うようにしましょう。

 

リンスは、髪の表面しか補修できませんが、トリートメントなら、髪の内部のダメージまで補修してくれます。

 

ドライヤー前に「洗い流さないトリートメント」

ノンシリコンシャンプーでは、ドライヤーの熱ダメージを防ぐことができません。そのため、ドライヤー前に「洗い流さないトリートメント」を使うことをオススメします。

 

髪が傷んでいるなら、洗髪後に「洗い流すトリートメント」を使い、ドライヤー前に「洗い流さないトリートメント」や「ヘアオイル」を使うのも良いでしょう。

 

髪をしっかりと乾かしてヘアオイルをつける

ノンシリコンシャンプーには、キューティクルを保護してくれるシリコンが入っていないので、髪が傷みやすい状態になります。

そのため、キューティクルを守るには、髪をしっかりと乾かすことが大前提です。

 

でも忘れてはいけないのが、ドライヤーの前後に「ヘアオイル」か「洗い流さないトリートメント」をつけることです。

髪が乾いた後は、少量つければOKです。

 

きしまないノンシリコンシャンプーでサラサラな髪へ

ノンシリコンシャンプーを使っても、髪がきしまない成分の選び方をご紹介しました。シャンプーだけでなく、シャンプー後のヘアケアも大事ですね。

結論として、ノンシリコンシャンプーは、髪に良いとも悪いとも言えません。自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。とくに成分で選ぶことをオススメします。

きしまず、サラサラな髪を保ちましょう。