みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ストレスからくる胃痛の対処法|今すぐ胃痛を治したいときに試してほしい4つの方法

f:id:m-danjyo:20180402111859j:plain

ストレスによる胃痛は自分で対処できることから始めよう!

生きていく上で、絶対にゼロにならないもの。

それが「ストレス」ですよね。

 

どんな環境にいても、多少のストレスはあるものです。

でも、ストレスが溜まりすぎると、あなたの体を壊してしまうかもしれません。

 

さいきん胃痛に悩まされている人は、今すぐ自分で対処できることから始めてみましょう。早めの対処で、病気のリスクを回避することができます。

 

そこで今回は、ストレスからくる胃痛の対処法とリラックス法をご紹介します。

仕事中に胃が痛くなったときでも、簡単にできる対処法を知っておけば、怖くないですよね。

 

ストレスのもとになる原因を排除することはできなくても、ストレスに打ち勝つことはできます。

あなたの毎日をストレスからなくし、すこやかな生活を送りましょう!

 

日常生活でストレスを溜めていませんか?

仕事を一生懸命に頑張っている人こそ、溜めてしまうのがストレス。

あなたは日常生活で、こんなストレスを溜めていませんか?

 

仕事が多すぎる・残業で帰りが遅くなる

一生懸命頑張っているのに、次から次へと増えていく仕事に悩まされていませんか?

あなただけが忙しいのなら、誰かに助けを求めてみるのも1つの対処法です。

「頼める人なんて誰もいない」と思っているのは、じつはあなただけかもしれません。周りの人に心を開くことで、意外な信頼関係を築くキッカケになるかもしれませんよ。

 

また、連日の残業で帰りが遅くなる人は、睡眠不足でストレスが溜まっているのかもしれません。時には早めに仕事を切り上げて、プライベートな時間を楽しむ心のゆとりを持ちましょう。

 

人間関係がストレスになっている

仕事のストレスでいちばん多いのが、人間関係ではないでしょうか? どこの職場でも、必ず一人くらいは合わない人がいるものです。人間ですから、合わない人がいるのは仕方のないこと。

 

深く考えすぎてしまうと、またストレスが増えてしまうので、合わない人とは最低限の会話にとどめるなど、あなたが関係をコントロールすることも大事です。

 

また、近隣との人間関係や、家族間でもストレスが溜まることは多いですよね。家がらみの人間関係は、なかなか難しい問題ですが、信頼できる人が一人でもいると、心が楽になりますよ。

 

真面目な性格はストレスを溜めやすい

ストレスからくる胃痛に悩まされている人は、真面目な性格の人が多いです。責任感が強く、何でも自分一人で片付けようと頑張りすぎてしまうのかもしれませんね。

 

また、我慢づよい人は弱音を吐かないので、それが逆にストレスになってしまうことも。一人で頑張りすぎないで、程よくリフレッシュしながら仕事に取り組みましょう。

 

仕事が覚えられない・慣れない仕事

転職や就職、転属などで新しい環境に身を置くと、ストレスが溜まるものですよね。慣れない仕事でなかなか覚えられなかったり、早く仕事を覚えようという前向きな努力から、逆にストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

 

また中高年に多いのが、パソコンなどの慣れない作業でストレスが溜まること。さいきんはペーパーレス化が進み、何かとパソコンを使う機会が増えましたよね。

中高年は、体の機能がおとろえることで胃腸のはたらきが悪くなり、胃痛が起こるケースもあります。それに加えて慣れない仕事となれば、胃痛がひどくなってしまう可能性があります。

 

上手にリフレッシュをして、根を詰めすぎないようにしてくださいね。デスクワークが多い人は、軽い運動でリフレッシュするのがオススメですよ。

 

ストレスで胃痛がするのはなぜ?

では、そもそもストレスで胃痛がするのはなぜなのでしょうか? ストレスからくる胃痛の原因を見ていきましょう。

 

ストレスで自律神経が乱れる

ストレスを感じると、自律神経のうちの「交感神経」を刺激します。交感神経が刺激されると、胃の壁をまもる「胃粘液」の分泌が減ってしまい、胃痛がすることがあります。

 

逆に、胃の壁を荒らす「胃酸」の分泌は増えてしまうので、ストレスからくる胃痛を放っておくと、胃に穴があいてしまうこともあるのです。

 

ストレスがたまると、胃の血流が悪くなる

ストレスにより交感神経が刺激されると、胃の血流も悪くしてしまいます。胃の血流が悪くなると、胃が活発に動かなくなるので、消化不良などによる胃痛が起こることがあります。

 

胃と自律神経には深い関わりがあり、ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、ダイレクトに胃を攻撃してしまうことが多いのです。

 

暴飲暴食により消化不良を起こす

ストレスが溜まると、ヤケ食い・ストレス食いなどをしてしまうことがありますよね。このような暴飲暴食をすると、胃腸のはたらきが追いつかず、胃腸が悲鳴をあげてしまいます。そのため消化不良を起こし、胃痛の症状が出てくることが多いのです。

 

ストレスからタバコやお酒が増える

ストレスが溜まると、つい増えてしまうのが「タバコ」と「お酒」ですよね。

タバコは肺を悪くするイメージが強いですが、じつは胃にも悪影響を与えるのです。

 

また、ストレスが溜まると、お酒を飲んで忘れようとする人も多いですが、お酒は肝臓だけでなく、胃にも悪いのです。少量のお酒は血行を良くする効果がありますが、大量のお酒は不調を引き起こします。

 

ストレスに何とかして対処しようとする姿勢は大事ですが、できるだけ健康的な対処法を実践することをオススメします。そうしなければ、今以上に体を壊してしまいかねません。

 

ストレスによる胃痛は病気のリスクも

ストレスからくる胃痛は、単なる胃の痛みでは終わらない場合もあります。長引くほど病気のリスクが高まりますので、早めの対処が必要になります。

では、ストレスによる胃痛は、どのような病気のリスクがあるのでしょうか?

 

急性胃炎

急性胃炎の原因は色々ありますが、その中の1つが「ストレス」です。胃の粘膜が荒れることで、みぞおち辺りがキリキリ痛むのが特徴です。

 

吐き気や下痢などの症状がある場合は、「急性胃腸炎」である可能性が高いです。

ひどくなると血を吐いてしまうことも。ここまでの症状が出たら、数日間はお休みを取りましょう。もちろん、病院へ行くことをオススメします。

 

慢性胃炎

急性胃炎をくり返していると、慢性胃炎になってしまう場合があります。また、ピロリ菌の感染が原因の場合もあります。

胸やけやゲップの症状が出ることが多くなり、そのまま放っておくと、胃潰瘍や胃ガンになってしまう可能性もゼロではありません。

 

神経性胃炎

ストレスにより自律神経のバランスが乱れると、胃酸を過剰に分泌し、胃が荒れて胃炎を起こすことがあります。

仕事での人間関係や、ノルマの重圧などによって精神的に追い詰められると、自律神経を乱し、胃痛を引き起こします。

 

この場合、病院でも異常が見つからないことが多く、そのまま放置してしまう人が多いようです。すると症状が悪化して、胃に穴があくほど胃潰瘍や慢性胃炎が進行してしまう場合があるので注意が必要です。

 

十二指腸潰瘍・胃潰瘍

十二指腸潰瘍や胃潰瘍は、ピロリ菌や鎮痛剤が原因になることがあります。

ストレスによる頭痛がある人は、日常的に鎮痛剤を服用していませんか? 薬が原因で胃が荒れて、胃痛を引き起こしている可能性もあります。

 

胃潰瘍は、食事中や食後に胃痛が起こることが多く、吐き気や胸やけを伴う場合もあります。

 

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、胃痛や腹部の不快感、下痢や便秘をくり返すなどの症状が多いです。はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレスが溜まると胃腸のはたらきに異常が起こり、症状が何週間も続く場合があります。

 

自律神経失調症

胃痛というよりも、胃の不快感や吐き気などを引き起こす恐れのある「自律神経失調症」は、ストレスによって発症する場合があります。

ストレスが溜まることで自律神経のバランスが乱れ、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

 

自律神経失調症の症状は全身に及び、肺や心臓などの臓器、目や口・手足などの部位、血管や筋肉などの組織にいたるまで、しびれや痛みなど、さまざまな症状を引き起こします。

 

うつ病

過度なストレスが長期間にわたって溜まると、うつ病を引き起こす場合があります。

うつ病は、気力が低下したり、気分が晴れないなどの精神的症状をはじめ、胃痛や吐き気、だるさや食欲の減退などの身体的症状をもたらします。

 

数日から1週間くらいで回復すれば、それほど問題はありませんが、数週間から1ヶ月くらい続く場合には、うつ病を発症している可能性があります。

 

ストレスからくる胃痛の対処法

ストレスからくる胃痛は、症状が軽いうちに対処するのが、もっとも効果的です。症状が悪化するほどに回復がむずかしくなっていくので、まずは自分でできることから始めてみましょう。

 

充分な睡眠をとる

仕事が忙しい人は、なかなか充分な睡眠時間を確保できないかもしれませんが、細切れでも時間が空いたときに眠るようにすると良いでしょう。

 

たとえば昼休みに10分くらい仮眠をとるだけでも、睡眠不足を解消し、頭がスッキリする効果があります。疲れが少しでも回復すれば、胃痛を回復させるための「免疫力」もアップします。

 

よく噛んで食べる

ストレスからくる胃痛の対処法は、食事をするときに、よく噛んで食べることです。

ストレスが溜まると胃腸のはたらきが悪くなり、消化機能がおとろえてしまいます。すると食べた物がうまく消化できなくなるので、胃痛の原因になるのです。

 

胃に負担をかけないためにも、食べ物はよく噛んで、ゆっくり食べましょう。それが、あなたの胃を守ることにつながります。

 

決まった時間に食事をすることも大事

ストレスからくる胃痛の対処法は、決まった時間に食事をすることも大事です。

食事の時間が不規則になると、消化が終わっていないのに次の食事が入ってきて、胃腸の機能が追いつかない場合があります。

 

体は、規則正しいリズムの生活をすることで、正常な機能を果たしてくれるようにできています。そのため、食事の時間がバラバラだと、正常に胃腸がはたらいてくれない場合があるのです。

 

規則正しい生活をすることは、自律神経のバランスを整える効果も期待できるので、食事の時間だけでなく、生活全般を規則正しくすることをオススメします。

 

胃酸を増やさない食事を心がける

ストレスからくる胃痛の対処法は、なるべく胃酸を増やさない食事を心がけることです。

ストレスが溜まるだけでも胃酸が過剰に分泌してしまうので、食事によって更に胃酸が分泌されると、胃痛が回復できなくなってしまいます。

 

胃酸を増やす食べ物とは、「脂肪の多い食事」や「糖分の多い食べ物」などです。揚げ物やお菓子などはなるべく控え、胃腸にやさしい食べ物を選ぶと良いでしょう。

 

胃腸にやさしい食べ物は、「消化の良い食べ物」や「胃腸を温める食べ物」です。

大根やかぶなどの根菜類、うどんやおかゆなどがオススメです。

 

軽めの運動で自律神経を安定させる

ストレスが溜まっていると、疲労感があり、運動をする気分になれませんよね。でも、ストレスの緩和には、軽めの運動が効果的です。

とくにデスクワークの人は、休日だけでも良いので軽めの運動をしてみましょう。気分がスッキリするはずですよ。

 

また、ストレスにより乱れた自律神経を整えるには、軽めの運動が効果的です。どうしても運動をする気分になれない人は、ストレッチをするだけでも効果があります。

 

お風呂上がりの寝る前などに、自宅でゆっくりとストレッチをしてみましょう。安眠効果もアップして、疲れやストレスが少しずつ改善されていくことが期待できます。

 

病院ではなく、気軽に行ける心療内科を受診してみる

ストレスからくる胃痛の対処法は、原因である「メンタル」を回復させることが大切です。そのため、心療内科を受診してみるのも1つの方法です。

心療内科も病院なのですが、胃腸科などの病院を受診するよりは、ストレスを緩和するのに役立つでしょう。

 

あなたの心の中にあるストレスを吐き出せば、次第に心が軽くなっていくはずです。身体的な症状を治すのも大事ですが、ストレスからくる胃痛は、精神的な症状を治すほうが重要です。

 

でも、メンタルクリニックや精神科は、ちょっと行きにくいですよね。そこで心療内科なら、比較的気軽に行けるので、一度受診してみると良いですよ。

ただし、待ち時間がかなり長くなる場合があるので、事前に確認してから行くことをオススメします。

 

今すぐ胃痛を治したいときの対処法

仕事中にキリキリ胃が痛むと、仕事に集中できなくて困ってしまいますよね。そんなときにオススメの対処法をご紹介します。すぐにできることなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

温かい飲み物をゆっくり飲む

今すぐ胃痛を治したいときの対処法は、温かい飲み物を飲むことです。熱すぎたり、ぬる過ぎる飲み物はNG。程よく胃腸を温めるくらいの温かい飲み物を飲みましょう。

 

ただし、カフェインが含まれる「コーヒー」や「緑茶」はオススメできません。

ハーブティーや白湯、ホットミルクなどが、胃痛の緩和に効果的です。

 

深呼吸をして、胃を圧迫しない体勢になる

仕事中に胃が痛くなったら、まずは深呼吸をしてリフレッシュしましょう。席を立てるなら、外の空気を吸いに行くのも良いですし、廊下に出るだけでも気分が変わります。

 

また胃痛がするときは、猫背になり、胃を圧迫している可能性もあります。そのため、なるべく胃を圧迫しない体勢を心がけることも大切ですよ。

 

横になって休む

なかなか仕事中はむずかしいですが、いちばん効果的な対処法が「横になること」です。仰向けになって脱力すれば、リラックス効果がありますし、右を下にして横になれば、消化を促進することができます。

 

トイレに行ってみる

急な胃痛の場合、胃が痛いのではなく、胃の周辺の臓器が痛いことも考えられます。

たとえば、尿がたまっているときは膀胱が痛いのかもしれませんし、便秘のときは腸が痛いのかもしれません。

また、ガスがたまっているときは、腸が張っているのでしょう。トイレに行ってみたら、すんなり治ってしまうことも、たまにあります。

 

急な胃痛に効く市販薬の種類

仕事中に急な胃痛が起こったら、手っ取り早く薬を飲んで、一時的に緩和することも効果的です。では、どんな種類の胃薬を飲めば良いのか見ていきましょう。

 

胃酸を中和する胃薬

急な胃痛に効く市販薬は、胃酸を中和する胃薬が効果的です。

胃酸を中和する成分には、「ケイ酸アルミン酸マグネシウム」や「炭酸水素ナトリウム」などがあります。

 

胃酸の分泌を減らす胃薬

急な胃痛に効く市販薬は、胃酸の分泌を減らす胃薬です。

胃酸の分泌を減らす成分は、病院で処方される薬だと「H2ブロッカー」や「PPI」などがあります。H2ブロッカーは、市販薬としても扱いがあるようですが、H2ブロッカーと似た成分である「M1ブロッカー」が配合されている胃薬もあります。

 

胃の粘膜を保護する胃薬

急な胃痛に効く市販薬は、荒れた胃の粘膜を保護する効果のある胃薬です。

胃の粘膜を保護する成分は、「ピレンゼピン塩酸塩」や「ケイ酸アルミン酸マグネシウム」などです。

 

胃腸のはたらきを良くし、健胃効果のある胃薬

どの胃薬を買えば良いのかわからない場合には、胃腸のはたらきを良くし、健胃効果のある「総合胃腸薬」がオススメです。複数の効果が期待でき、胃痛全般に効果的です。

 

ただし、市販薬を多用するくらい胃痛がひどい場合には、病院を受診することをオススメします。

 

ストレスからくる胃痛に対処するリラックス法

ストレスからくる胃痛に対処するには、リラックスすることが大切です。どのような方法でリラックスすれば、胃痛を改善し、ストレスを緩和できるのかご紹介します。

自分に合った方法を選んで実践してみてくださいね。

 

アロマテラピーでリラックス・胃痛に効くハーブティー

アロマテラピーにリラックス効果があるのは、よく知られていることですよね。好きな香りを嗅いでリラックスするのもオススメですが、胃痛に効くハーブティーもあるのでご紹介します。

 

  • カモミール……荒れた胃の粘膜を修復する
  • ペパーミント……胸やけの緩和・鎮痛作用
  • フェンネル……消化不良・膨満感の緩和

 

ハーブティーなら、仕事の合間に飲むこともできるので、常備しておくと良いかもしれませんね。

 

ゆっくり休む時間をつくる

ストレスからくる胃痛に対処するリラックス法は、ゆっくりと休む時間をつくることです。

毎日10分でもリラックスする時間をつくったり、週に1日は仕事をことを忘れるなど、自分だけの時間を持つことで、本来の自分を取りもどすことができますよ。

 

森林浴・植物を育てる

ストレスからくる胃痛に対処するリラックス法は、森や山などの緑に囲まれた場所で、森林浴をすることです。たまには少しだけ遠出して、自然に触れる時間をつくるのも効果的ですよ。

 

「忙しくて、そんな時間とれない」という人は、自宅で植物を育てるのもオススメ。緑が多く、元気な観葉植物なら、それほど手をかけなくてもスクスクと育ってくれます。

たまに日光を当ててあげて、自分も一緒に日光浴をしてみましょう。植物も生きていますから、手をかけると愛着がわいてきますよ。

 

音楽を聴きながら心を落ちつける

ストレスからくる胃痛に対処するリラックス法は、心が落ち着く音楽を聴くのも効果的です。クラシックやリラクゼーション音楽を聴けば、ストレスの緩和に役立ちます。

 

最近はネットですぐに音楽が聴けますので、CDを買わなくても大丈夫です。気に入った音楽があればお気に入り登録をすることで、いつでも聴くことができますね。

寝る前の10分くらい聴くだけでも、気分が落ち着きますよ。

 

癒される動物と触れあう

ストレスからくる胃痛に対処するリラックス法は、動物と触れあうことです。動物が苦手な人は無理ですが、動物が好きな人には一番オススメの対処法です。

ペットが飼える家なら、新しい家族を迎えて、愛情をたっぷり注いであげましょう。

 

動物には、人を癒すチカラがあります。

やさしく撫でるだけで、心がスゥ~っと軽くなる感じがしますよ。プライベートが充実すれば、仕事でのストレスにも対応できるようになるかもしれません。

 

ストレスに対処できる強いメンタルをつくるのも効果的

ストレスからくる胃痛の対処法をご紹介しました。

ストレスによる胃痛には、リラックスすることが一番大事ですが、逆転の発想で、ストレスに対処できる「強いメンタル」をつくるのも効果的です。

 

仕事のステップアップのために勉強をしたり、メンタルトレーニングをするのも良いでしょう。でも、たまには休んで、心と体の健康管理をすることは大切ですよ。頑張っているあなたは、素敵です。