みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

離れ乳の原因と改善方法|谷間をつくって魅力的なバストになる

f:id:m-danjyo:20180419163228j:plain

離れ乳になる原因って何?治すことってできるの?

「左右の胸が離れてるから、寄せてるのに谷間ができにくい」と悩んでいる女性は、意外と多いようです。

 

他にも、胸が離れていると太って見えたり、貧乳に見えたりするので、なんか損しているような気分になりますよね。

 

そこで今回は、「離れ乳になる原因と改善方法」をご紹介します。

離れ乳は、生まれつきの骨格が原因の人もいるので、完全には治らないこともありますが、日頃のバストケアによって改善していくことは可能ですよ。

 

離れ乳の原因とは?

離れ乳になる原因の多くは、日頃の生活の中にあります。胸が離れやすくなる生活習慣や、体の変化によっても離れ乳になる原因が隠れています。

 

寝る時にノーブラで、胸が横に流れる

家に帰って、ブラを外した瞬間の解放感ほど気持ちいいものはありませんよね。でも、ノーブラの時間が長ければ長いほど、離れ乳になる可能性が高くなります。

 

ノーブラだと胸を支えるものが何もないので、下垂れや離れ乳の原因になります。立っているときは下へ、寝ているときは横に胸が流れてしまうのです。

 

胸の筋肉がおとろえて、胸を支えられない

胸は、もともと筋肉が少ない場所で、ほとんどが脂肪でできています。そのため、しっかりケアをしておかないと、形がくずれやすくなってしまうのです。

 

そんな胸を正しい位置に支えてくれるのが「胸の筋肉(大胸筋)」です。

胸の筋肉がおとろえてしまうと、胸を支えられなくなり、キレイな形をキープすることができなくなります。

 

スポーツ時にノーブラで、クーパー靭帯を損傷

胸を支えてくれるのは、大胸筋ともう1つ、「クーパー靭帯」というコラーゲン繊維です。

このクーパー靭帯が伸びたり、損傷したりしてしまうと、胸の形がくずれやすくなります。

 

スポーツなどをする時に、胸がはげしく揺られると、クーパー靭帯を損傷して胸が垂れてしまいます。そのまま放っておくと、離れ乳になると言われています。

 

ブラが合わず、ちゃんと胸を支えられない

女性の胸の形は、それぞれに違います。カップの大きさが同じでも、アンダーやストラップのきつさなど、すべてが完ぺきに合っていないと、ちゃんと胸を支えることができません。

 

もしブラが合っていないのなら、一度ショップで採寸をしてもらうと良いでしょう。正しいブラの選び方を知って、自分に合ったブラを見つけましょうね。

 

加齢で胸の形がくずれてしまう

バストの形は、年齢によってだんだんと形が変わっていきます。20代の頃はキレイな形だったのに、気づいたらバストの位置が低くなっていたり、離れ乳になっていて驚くこともありますよね。

加齢とともに、バストが重力にさからえなくなり、垂れ乳や離れ乳になってしまうのです。

 

バストの形が変わっていく順番としては、まずバスト上部の脂肪が削ぎ落とされ、次にバストトップが下向きになっていきます。

そして、胸全体が下に下がっていき、最終的には、左右に離れてしまうのです。

 

妊娠出産で離れ乳になりやすい

妊娠出産を終えて、授乳が始まりますが、やっと一息ついた頃に、胸の形が崩れていて愕然とする女性が多いようです。

妊娠中は胸が大きくなり、女性にとってはうれしいことなのですが、それにはある特徴があると言われています。

 

それは、胸が前に大きくなるのではなく、横に向かって大きくなるそうなのです。その状態で胸の大きさが元に戻ると、離れ乳になってしまうことが多いと言われています。

 

姿勢が悪いと胸に栄養が届かない

正しい姿勢を保つことは、胸を大きくするうえで、とっても大切。だから姿勢が悪いと、胸が小さくなってしまうことが多いのです。

 

猫背の姿勢が多い人は、胸のまわりの血行が悪くなり、胸に栄養が届かなくなります。すると胸が小さくなるとともに、垂れ乳や離れ乳の原因になってしまいます。

 

ダイエットや睡眠不足でホルモンバランスが乱れる

バストアップに必要なのは、胸を大きくする栄養です。でも、食事制限によるダイエットをすると、胸への栄養が足りなくなり、胸の形がくずれる原因になります。

 

また、日頃の忙しさから睡眠時間が減ってしまうと、ホルモンバランスが乱れがちになり、女性らしいキレイな胸をキープできなくなってしまいます。

そのため、食生活や睡眠時間など、日頃の生活習慣に気をつけることも、離れ乳の改善に大切なことです。

 

離れ乳チェック!美しいバストの条件とは?

あなたが離れ乳かどうか、チェックしてみましょう。当てはまってしまった人は、次にご紹介する「離れ乳を改善する方法」を実践してみてくださいね。

 

理想のバストの黄金比

鎖骨の中心とバストトップを結んだ形が、きれいな正三角形になっていると、美しいバストであると言えます。

年齢を重ねると、多くの女性が「縦長の二等辺三角形」になると言われています。この状態になると「垂れ乳」であると言えます。

そのまま放っておくと、「離れ乳」になってしまうのです。

 

理想のバストの高さ

バストは年齢とともに形がくずれ、垂れ下がってしまうことが多いもの。では、理想のバストの高さとは、どれくらいなのでしょうか?

バストトップの高さが、肩からヒジのちょうど真ん中にあれば、理想的なバストの高さであると言えます。

 

離れ乳をブラで改善する方法

では、離れ乳をブラで改善する方法を見ていきましょう。どのようなブラをつければ離れ乳が治るのか、またブラの正しいつけ方もご紹介します。

 

自分のサイズに合ったブラをつける

離れ乳を改善する方法は、自分の胸のサイズに、しっかり合ったブラをつけることです。ブラが合っていないと、離れ乳や垂れ乳になるだけでなく、胸が小さくなってしまうこともあります。

 

とくに、加齢によって胸の形が変わるとともに、胸の上部の脂肪が削ぎ落とされていきます。すると胸の位置が下がりやすくなるため、ブラでしっかりと胸を支えてあげることが大切です。

 

では、どんなブラを選べば良いのでしょうか? 正しいブラの選び方をご紹介します。試着したときの参考にしてみてくださいね。

 

正しいブラの選び方
  • 肩ひもがズリ落ちないか
  • バックベルトがゆがんでいたり、きつ過ぎないか
  • 下を向いたときに、カップが胸から浮かないか
  • 腕を上げたときに、アンダーがズリ上がらないか
  • 脂肪がカップの横からはみ出していないか

 

簡単にいうと「胸がキレイにブラにおさまっているかどうか」がチェックポイントです。そして、多少の動きにも対応できるかどうか。ちょっと動いたくらいでブラがズレてしまったら、胸を支えることはできませんからね。

 

正しいブラのつけ方をマスターする

自分に合ったブラを選んだら、正しくブラをつけることも大切です。正しいブラのつけ方をすれば、キレイな谷間をつくることができますよ。

 

  1. まず、ストラップを肩にかけます。
  2. ブラのアンダーを掴みながら前かがみになり、カップに胸をおさめます。
  3. そのまま後ろでホックを留めます。
  4. ストラップの付け根を軽く持ち、右手で左胸をワキから寄せます。
  5. 反対も同じようにやりましょう。
  6. 体を起こして、ストラップのきつさを調整して完了です。

 

ストラップの付け根を持つときは、あまり引っ張ると伸びてしまうのでご注意を。

 

ブラ直しを小まめにする

正しいブラのつけ方をマスターしたら、日中も何度かブラ直しをすることが大切です。動いていると、少しずつブラがズレてきて、胸の脂肪がはみ出してしまいます。この「ブラ直し」をしないと、胸の形がくずれやすくなるので注意しましょう。

 

寝る時はナイトブラをつける

離れ乳をブラを改善する方法は、寝る時に「ナイトブラ」をつけることです。寝る時くらいはブラの締めつけから解放されたい人が多いと思いますが、ナイトブラは締めつけ感が少なく、つけているのを忘れてしまうほどのブラもあります。

 

それでいて、しっかりと胸をホールドし、胸が横に流れるのを防いでくれます。じつは、これが一番の離れ乳の改善方法でもあります。

 

寝ている時にブラをつけないのは、バストアップにおいて、あまりオススメできません。かといって、ふつうのブラをつけて寝ると、血流が悪くなり、バストが育たなくなってしまうのでご注意を。

 

スポーツ時はスポーツブラをつける

胸の位置をキープする役割のある「クーパー靭帯」を守るためには、胸をはげしく揺らさないことが大事。そのためには、スポーツをする時に、かならず「スポーツブラ」をつけるようにしましょう。

 

しっかりとフィット感のあるスポーツブラで、胸をガッチリ支えることが大事。ただし、スポーツブラは締めつけがきついので、スポーツをする時だけにすることをオススメします。

 

離れ乳を日頃のケアで改善する方法

では、離れ乳を日頃のケアで改善する方法をご紹介しましょう。マッサージや、胸の筋肉を鍛えることが効果的です。

 

離れ乳を改善するマッサージをする

離れ乳を改善する方法は、マッサージをすることです。ふつうのバストアップマッサージとほとんど変わりませんが、胸を寄せる効果のあるマッサージ方法をご紹介します。

 

  1. 左手で左胸の下を支えます。
  2. 右手でワキから胸を寄せるように脂肪を集めていきます。
  3. あまり力を入れずに、サーっとなでる程度で充分です。
  4. 反対も同じようにマッサージしてみましょう。

 

「バストアップクリーム」を塗ったり、お風呂でマッサージすると効果的です。

 

胸の筋肉を適度に鍛える

離れ乳を改善する方法は、胸の筋肉を適度に鍛えることです。あまり鍛えすぎてしまうと、胸が硬くなり、女性らしいふんわり感がなくなってしまいます。

胸を支えられる程度の軽い負荷をかけるだけでOKなので、つらくない簡単な方法ですよ。

 

合掌のポーズで胸の筋肉を鍛える
  1. 胸の前で合掌のポーズをします。
  2. 合わせた手のひらを、左右や上に移動すると効果的です。

 

壁の腕立て伏せで胸の筋肉を鍛える
  1. 壁に両手をついて、腕立て伏せをします。
  2. 回数はとくに決まっていませんが、つらいと感じたら終了しましょう。

 

姿勢をよくして、胸の血行をうながす

離れ乳を改善する方法は、日頃から姿勢をよくすることが大切です。姿勢が悪くなると、胸のリンパの流れが悪くなり、胸が小さくなってしまいます。

血の巡りも改善して、胸を育てていきましょう。

 

  • 肩を回して、コリをほぐすことで血流が改善されます。
  • 胸を開き、伸ばすことで、血行がよくなります。
  • パソコン作業やスマホ操作のときは、猫背にならないように注意しましょう。

 

離れ乳を生活習慣で改善する方法

では、離れ乳を日頃の生活習慣で改善する方法をご紹介します。とくに女性は、ホルモンバランスを整えることが大切です。ホルモンバランスが整うと、美しい胸を保つとともに、心身ともに快適な状態になりますよ。

 

睡眠をしっかりとり、ストレスを解消

現代人は忙しく、睡眠不足になりがちです。睡眠不足になると「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスを乱してしまいます。するとバストダウンや離れ乳の原因になるので、睡眠をとることはとっても大事ですよ。

 

とくに女性は、男性よりもストレス耐性がないので、ダイレクトにストレスがホルモンバランスを乱してしまいます。ストレスや疲労を緩和するためにも、良質な睡眠を充分にとり、寝ている間にホルモンバランスを整えましょう。

 

過激なダイエットをして、栄養不足になったらダメ

キレイになりたいと思うあまり、過激なダイエットをしていませんか? 極端な食事制限によるダイエットは、女性ホルモンのバランスを乱してしまいます。

 

体に入ってくる栄養が足りないと、バストを充分に育てることができなくなり、美しい胸を保つことができなくなります。

そのため単品ダイエット糖質制限ダイエットなど、「何かだけ食べるダイエット」や「何かを食べないダイエット」などはNGですよ。

 

食べ物で女性ホルモンのバランスを整える

離れ乳を改善する方法は、女性ホルモンのバランスを整えることが、まず大前提となります。加齢により女性ホルモンの分泌が減少してしまうため、食べ物でおぎなうことが効果的な改善方法となります。

 

女性ホルモンの分泌を増やす食べ物は、「植物性エストロゲン」と呼ばれる「大豆イソフラボン」です。大豆イソフラボンは、納豆や豆乳、きな粉や豆腐などに多く含まれています。

適正な量がありますので、やたらと食べ過ぎることのないようにしてくださいね。納豆なら、1日1パックで充分です。

 

離れ乳を改善して、魅力的な谷間メイクしちゃお!

女性の胸の悩みでも多いと言われる「離れ乳」の原因と改善方法をご紹介しました。

しっかり寄せてるつもりなのに、谷間ができないと感じていた人は、「ブラの選び方」や「ブラのつけ方」が間違っていたのかもしれませんね。

日頃の生活やブラを改善することで、魅力的な谷間をつくりましょう!