みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ハイドロキノンのシミ消し効果|最強の美白成分でめざせ美白美人

f:id:m-danjyo:20180424175914j:plain

ハイドロキノンの効果でシミが消せるの?

ハイドロキノンといえば、美白効果が高いことで知られている成分です。

シミやそばかす、肌のくすみが気になる女性なら、ハイドロキノンにどれくらいの美白効果があるのか知りたいですよね。

 

今まで、どんな美白化粧品を使ってもシミが消せなかった人や、これからできるシミを徹底的に予防したい人には、ぜひ使ってほしい美白成分が「ハイドロキノン」です。

 

ただ、シミ消し効果が高すぎて、配合量によっては副作用も心配です。

そこで今回は、「ハイドロキノンのシミ消し効果」「取り扱いの注意点」などをご紹介します。

 

市販のハイドロキノンと、皮膚科で処方されるハイドロキノン、どちらを選べば良いか迷っている人も必見ですよ。

 

ハイドロキノンのシミ消し効果

では早速、ハイドロキノンのシミ消し効果についてご紹介していきます。そもそもハイドロキノンとは何なのか。また、どれくらいの美白効果があるのかなど、疑問を解決していきましょう。

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンのシミ消し効果を見る前に、まずは「ハイドロキノンとは何なのか?」をご紹介します。

 

ハイドロキノンはシミ消し効果が高すぎて、「気になるけど、使うのが怖い」と感じている女性も少なくないはずです。でも、ご安心ください。

ハイドロキノンとは、もともと植物などに含まれている「天然成分」なのです。

 

化粧品では、「シミ消しクリーム」や「美白美容液」にハイドロキノンが配合されている場合が多いです。また、美容皮膚科などで処方される医薬品にも、ハイドロキノンが高濃度で配合されています。

 

肌の漂白剤と言われるほど、シミ消し効果が高い

ハイドロキノンの効果は、「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、シミを消す効果が高いと言われています。美白成分には、「アルブチン」や「コウジ酸」、「ビタミンC誘導体」などがありますが、それらの美白成分に比べて、なんと約10~100倍のシミ消し効果が期待できるのです。

 

一般的な美白成分は、おもに「メラニンの生成を抑える効果」「シミを予防する効果」があります。それに対してハイドロキノンは、「できてしまったシミを消す効果が期待できる」のです。

 

肌の表面にできたシミ(表皮にできたシミ)を薄くしていく効果があり、メイクでかくす必要がなくなるほどまで、シミを改善できるケースが多いようです。

 

ただし、肌の奥である「真皮」にまで達しているシミを改善するのはむずかしいと言われています。

 

メラニンの生成を抑える「シミ予防」の効果がある

ハイドロキノンには、メラニンの生成を抑えて、シミを予防する効果もあります。

わたしたちは、毎日酸素を体内に取り入れていますが、その酸素が体内で活性酸素に変わり、体を老化させていきます。これを「酸化(さびる)」と言いますが、この酸化こそがシミの原因なのです。

 

紫外線やストレスなどを受けて、体内に活性酸素が増えると、メラニンを作る細胞である「メラノサイト」を刺激して、「チロシナーゼ」という酵素がメラニンを作り出します。

 

そのはたらきにストップをかけるのが、ハイドロキノンの効果なのです。シミを作るメカニズムを、根本的にバッサリと断絶してくれるハイドロキノンだからこそ、強力にシミを予防する効果が期待できるのです。

 

ハイドロキノンの効果があるシミの種類

シミのおもな原因は、紫外線ですよね。ハイドロキノンの効果が期待できるのは、紫外線やストレスなどによって、酸化した(老化した)体を元に戻す効果です。これを「還元作用」と言います。

 

ハイドロキノンのシミ消し効果が期待できるシミの種類は、以下の4つです。

 

  • 老人性色素斑
  • ニキビ跡などの炎症後色素沈着
  • 肝斑(かんぱん)
  • そばかす

 

「肝斑(かんぱん)」と「そばかす」に関しては、紫外線によって濃くなったシミを薄くする効果があります。

肝斑のもともとの原因は、紫外線や老化ではなく、ホルモンバランスが関係しているため、すべての肝斑に効果が期待できるわけではないようです。

また、そばかすも遺伝が原因になることが多く、その場合には、ハイドロキノンの効果がない場合もあります。

 

ハイドロキノンの効果が出るまでの期間

ハイドロキノンのシミ消し効果が高いといっても、だいたいどれくらいの期間で効果が出てくるのでしょうか?

 

シミが消えるメカニズムは、ターンオーバーと関係していて、ターンオーバーによって、シミになる前の「メラニン」や、できてしまったシミを排出していきます。

 

そのため、ハイドロキノンを使いはじめてから効果が出るまでの期間は、ターンオーバーの周期である28日くらい。つまり、1ヶ月くらいで効果が出てくる人が多いようです。

 

ただし、年齢やシミの濃さ、ハイドロキノンの濃度や体質などによっても変わってくるため、個人差があることを考慮して、ひとつの目安とお考えください。

ハイドロキノンでも効果がないのは、「肌の奥(真皮層)まで深く色素沈着してしまったシミ」です。

 

ハイドロキノンは市販と皮膚科、どっちが効果的なの?

ハイドロキノンを手に入れるには、市販で買うか、皮膚科で処方してもらうかのどちらかの方法になります。ハイドロキノンは、以前まで医薬品という扱いだったため、市販はされていませんでした。

 

しかし、2001年から化粧品(医薬部外品)にも配合できるようになり、市販でも手に入るようになった経緯があります。

では現在、ハイドロキノンは「市販」と「皮膚科」のどちらで入手したほうが効果的なのでしょうか?

 

市販のハイドロキノンは1~4%

市販のハイドロキノンと、皮膚科のハイドロキノンの違いは、配合されているハイドロキノンの量です。市販のハイドロキノンの場合は、配合量が1~4%までと決められています。

 

ハイドロキノンの配合量が多いほうが、シミ消し効果も高くなるのはもちろんですが、多ければ良いというわけでもありません。

ハイドロキノンのシミ消し効果が高すぎると、部分的に白くなり過ぎてしまったり、副作用が出る場合も考えられます。

 

また、市販のハイドロキノンは、ハイドロキノン以外にも「保湿成分」などが配合されているため、その相乗効果によって、ターンオーバーなどによるシミ消し効果も期待できます。

 

皮膚科でもらう薬は、5%以上

皮膚科や美容皮膚科などで処方されるハイドロキノンは、5%以上の含有量があるため、高い効果が期待できます。

 

もともとシミを消すための薬なので、強い効果が欲しい人は、皮膚科に相談してみるのが良いかもしれません。ただし、副作用の可能性もあります。

 

では、金額的には、市販と皮膚科では、どのように違うのでしょうか?

 

ハイドロキノンの金額

「ハイドロキノンは高い」というイメージがありますが、実際には、市販と皮膚科では、どれくらいの差があるのでしょうか? 基本的には、ハイドロキノンの「含有量が多いほど高い」というのが普通です。それぞれの平均的な金額を比較してみましょう。

 

市販のハイドロキノンクリームは、10~20g程度で6000~8000円くらいが相場になっています。

市販のハイドロキノンの場合は、ハイドロキノン以外にも「保湿成分」や、その他の美白成分が配合されていることもあり、皮膚科で処方されるハイドロキノンとは、少し目的が違います。

どちらかというと、スキンケア(化粧品)に近いものが多いです。

 

一方、皮膚科のハイドロキノンクリームは医薬品で、金額はだいぶ安くなります。5g程度で2500円くらいが相場です。ただし、皮膚科によって、倍以上も金額の差があるので、どんな成分が含まれているのかなどを確認してみると良いでしょう。

 

皮膚科のメリット&デメリット

ハイドロキノンクリームの金額だけで考えると、皮膚科のほうがメリットが多く感じますよね。でも皮膚科でハイドロキノンクリームをもらう場合には、他にも費用がかかります。

 

その他にかかる費用は、診察料・初診料・再診料などがあり、定期的に通院する必要もあります。ハイドロキノンが安くても、トータルで市販とどちらが安いのか、どこの皮膚科が安いのかなどを比較してみると良いでしょう。

 

また、医薬品のほうが配合量が多いですが、そのぶん刺激が強く、副作用も起こりやすいことは、頭に入れておいてくださいね。

 

はじめて使う人や敏感肌の人は、市販がオススメ

ハイドロキノン以外でも、美白化粧品は刺激が強いと言われています。そのため、敏感肌の人は敬遠しがちですよね。ハイドロキノンも例外ではなく、シミ消し効果が高いぶん、刺激が強いのも否定できません。

 

そのため、はじめて使う人や、敏感肌の人は、含有量が医薬品よりも少ない「市販の化粧品(医薬部外品)」を使うことをオススメします。

 

市販のハイドロキノンは、薬局でも買える?

市販のハイドロキノンといっても、実際には、どこで買えるのでしょうか? 使ってみたいけど、入手方法がわからないと困りますよね。近所のドラッグストアでも買えるのでしょうか?

 

通販で販売されていることが多い

市販のハイドロキノンは、通販で販売されていることが圧倒的に多いです。とくに、「b.glen(ビーグレン)」「アンプルール」などが有名どころでしょうか。はじめてハイドロキノンを使う人は、お試しセットなどから使ってみると良いかもしれませんね。

 

肌に合うかどうかを確かめてから、本格的に使いはじめたほうが良いでしょう。もし肌に合わなかった場合、「高かったから」という理由で、無理やり使うと悪化してしまうかもしれません。

 

薬局のハイドロキノンは含有量が多い

市販のハイドロキノンは、ドラッグストアでも買えます。一般的には、通販よりもハイドロキノンの含有量が多いことがあるそうです。実際に配合量をチェックして、他にどんな成分が入っているのかも確認したうえで、あなたに合ったハイドロキノンを買いましょう。

 

ドラッグストアで買えるハイドロキノンは、あまり種類が多くありませんが、ロート製薬の「Obagi(オバジ)」が有名ですね。

 

ハイドロキノンの使い方・取り扱いの注意点

では、ハイドロキノンを手に入れたら、実際に使用するうえで、どのようなことに気をつければ良いのかをご紹介します。取り扱いを間違えると、肌にとって逆効果になる場合もあるので注意しましょう。

 

紫外線に当たるとシミが濃くなる場合がある

ハイドロキノンの使い方は、夜のスキンケアに使用するのが基本です。ハイドロキノンを使った後に紫外線に当たってしまうと、シミが濃くなる可能性があると言われています。

 

せっかくシミを消すために使っているのに、逆効果になったらもったいないですよね。そのため、朝は使わず、夜のスキンケアのみで使うようにしましょう。

 

ハイドロキノン使用期間中は日焼け止めを忘れずに

ハイドロキノンを使っている間は、紫外線対策をしっかりとおこないましょう。ハイドロキノンを使っているときは、肌のターンオーバーが活発になり、肌のバリア機能が低下することが多いです。

そのため紫外線の刺激を受けやすい状態なので、しっかりと紫外線対策をしましょう。

 

また、ハイドロキノンを外出前に塗った場合は、必ず日焼け止めを塗るようにしてください。ただし、肌にやさしい「SPF20」くらいの日焼け止めを使うことをオススメします。

 

顔全体に塗らない

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、高いシミ消し効果があるため、シミがある場所以外には、あまり塗らないほうが良いかもしれません。

肌への刺激が強いのも特徴なので、できるだけピンポイントで使い、顔全体には塗らないことをオススメします。

 

洗顔・化粧水・乳液の後に使う

ハイドロキノンの使い方は、いきなり洗顔後につけるのはオススメできません。刺激が強いため、効果が出すぎて、部分的に白くなってしまうことがあります。

そのため、洗顔で肌を清潔にした後、化粧水や乳液で肌を整えてから使うようにしましょう。

 

パッチテストを必ずおこなう

ハイドロキノンをいきなり使うのではなく、使用前に、必ずパッチテストをおこないましょう。ハイドロキノンは刺激が強いので、肌に合わない人もいるからです。

 

腕の内側など、目立たない場所で、皮膚が弱めの部分でパッチテストをしてみると良いでしょう。24~48時間たっても異常がない場合には、顔に塗っても大丈夫だと考えられます。

 

酸化しやすいので、冷暗所に保管する

ハイドロキノンは、非常に酸化しやすい成分です。その取扱いが大変なことから、以前は病院でしか使用できなかったのです。しっかりと説明書に従って、正しく使うことが大切です。

 

とくに気をつけたいのは、しっかりとフタを閉めて、冷暗所に保管すること。冷蔵庫で保管しても良いそうです。

 

1ヶ月以内に使いきる

ハイドロキノンは酸化しやすい成分のため、使用期限は1ヶ月が目安です。封を切ったら、1ヶ月以内に使いきるようにしましょう。

 

それ以上経過したハイドロキノンを使うと、肌に悪影響を与える可能性があります。そのため、ハイドロキノンの取り扱いには充分注意しましょう。

 

皮膚科処方のハイドロキノンの使用は3ヶ月まで

市販の美白化粧品の場合は、ハイドロキノンの配合量が少ないので、継続使用しても大丈夫な場合が多いのですが、皮膚科処方のハイドロキノンは、強い作用があるため、3ヶ月以上は使わないように指導されるそうです。

 

市販の美白化粧品でも、配合量が多いものは、注意して使うようにしましょう。3ヶ月使ったら、一度肌をお休みさせると良いかもしれません。

継続して使用した場合には、副作用も考えられるので、次にご紹介します。

 

ハイドロキノンの副作用

かなり高いシミ消し効果が期待できる「ハイドロキノン」ですが、副作用を起こすこともあります。どのような症状が考えられるのかご紹介しておきます。

 

炎症を起こし「赤み・かぶれ」が出る場合も

ハイドロキノンを使いはじめて、比較的早い段階で起きる副作用として考えられるのは、「赤み」や「かぶれ」などです。

この場合に考えられる原因をいくつか挙げておきます。

 

  • ハイドロキノンの含有量が多すぎる
  • アレルギーなどがあり、肌に合わない
  • ハイドロキノンが劣化している

 

もし、皮膚科処方のハイドロキノンや、化粧品の中でもハイドロキノンの含有量が多いものを使っているなら、ちょっと濃すぎる(強すぎる)のかもしれません。

また、体質的に合わないことも考えられるので、皮膚科を受診してみると良いでしょう。

 

まだらに白くなる「白斑(はくはん)」

ハイドロキノンを継続使用していて、起こる可能性のある副作用は、「白斑(はくはん)」と呼ばれる症状です。

肌が、まだらに白くなってしまうので、見た目的に良くないのはもちろんですが、改善するのがかなりむずかしいとも言われています。

 

ハイドロキノンの含有量が5%以下なら、白斑になる可能性はかなり低くなるそうですが、それでも含有量の多いハイドロキノンを長く使い続けるのは、注意が必要になりそうですね。

 

ハイドロキノンを上手に使って、シミをキレイに消そう!

ハイドロキノンのシミ消し効果と、使い方の注意点をご紹介しました。

ハイドロキノンは、美白成分の中でも、群を抜いて効果が高い美白成分です。そのため取り扱いにも注意する必要があり、どのハイドロキノンを使うのかも慎重に選ぶようにしましょう。

とはいえ、ハイドロキノンを上手に使えば、シミのない真っ白な肌になるのも夢ではありません。ハイドロキノンの効果を最大限に引き出し、美白美人を目指しましょう!