みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

髪の日焼け対策|日焼け予防に効果的なアイテムとアフターケア

f:id:m-danjyo:20180426101607j:plain

髪の日焼け対策は、帽子だけで大丈夫?

「髪は女の命」と言いますが、美しい髪の女性は、それだけで魅力的ですよね。

お肌の日焼け止めも大事ですが、髪はもっと紫外線ダメージを受けているのをご存知ですか?

体の中でも、いちばん高い位置にあり、遮るものが何もないと、完全に無防備な状態になってしまいます。

 

「わたしは帽子を被ってるから大丈夫!」と思っているあなたは、本当に帽子だけで大丈夫なのでしょうか?

年齢とともに、髪の水分量が失われていき、以前よりも紫外線ダメージを強く感じていませんか?

 

少しでもキレイな髪を保つには、毎日のヘアケアが大事です。

そこで今回ご紹介したいことは、以下の3項目です。

 

  • 髪の日焼け対策
  • 帽子や日傘の日焼け止め効果
  • 日焼けした髪のアフターケア

 

美しい髪を守るために、必ず知っておきたい基本をお伝えします。

 

髪が日焼けしたら、どうなるの?

美意識の高い女性なら、お肌が日焼けした場合のダメージは、だいたい想像がつきますよね。でも、髪が日焼けしたら、どうなるかご存知ですか?

 

髪は、顔や体の3倍も日焼けしやすいと言われています。そんなに紫外線ダメージを受けている髪は、日焼けするとどうなるのかご紹介しましょう。

 

キューティクルが剥がれてパサパサに乾燥する

キューティクルとは、髪の表面にウロコのように重なり合っている皮のこと。このキューティクルは、髪を外部刺激から守り、髪の内部にある水分量を保って、重みのあるツヤ髪をキープしてくれる大切な存在です。

 

でも、髪が日焼けすると、このキューティクルが剥がれて、髪の水分が蒸発してしまいます。すると、髪がパサパサに乾燥してしまうのです。

 

切れ毛や枝毛が増える

気がつくとできている「切れ毛」や「枝毛」。じつは、これも髪が日焼けして起こるダメージなのです。髪が日焼けすると乾燥するので、髪に充分な栄養が行き渡らなくなります。

 

すると、頭皮から遠い「毛先」から先に傷んでいき、最終的には、切れ毛や枝毛になってしまうのです。

 

切れ毛がひどい……原因と対策

 

髪が脱色して赤褐色になる

髪の日焼け対策を何もしていないと、「何だか髪が茶色くなってきた気がする」と感じたことはありませんか? これは、まさに髪が日焼けした証拠なのです。

 

髪が黒くなるのは、「メラニン色素」のおかげです。そう、肌のシミを増やす、あのメラニンです。

 

でも、髪が日焼けすると、メラニン色素をつくる細胞を破壊してしまうので、髪を黒くすることができなくなってしまいます。

そのため、髪が脱色して、赤褐色になってしまうと考えられています。

 

抜け毛や白髪が増える場合も

日焼けによって髪が茶色くなるのは、メラニン色素が作れなくなってしまうからでしたね。このメカニズムからすると、白髪の原因も、髪の日焼けによるものだと考えられます。

 

白髪は、おもに老化現象が原因ですが、もっと掘り下げてみると、髪をキレイに保つ細胞が衰えてしまうから。

この細胞とは、髪を黒くする「メラニンを作るはたらきのある細胞」も含まれています。そのため、髪が日焼けすると、髪を黒くする細胞が衰えて、白髪が増える可能性もあります。

 

さらに、髪が日焼けすると、毛根にある「毛母細胞」のはたらきを妨げてしまうため、抜け毛が増えてしまう可能性もあります。

髪が日焼けすると、美しい髪を保てなくなるどころが、薄毛になってしまう危険もあるのです。

 

髪のツヤ・天使のリングがなくなる

美しい髪の条件といえば、きらめくような「天使のリング」があることですよね。この天使のリングは、キューティクルが整った状態だからこそ、光が髪の平面に反射してできるのです。

 

でも、髪が日焼けしてしまうと、この美しい髪のツヤが失われてしまいます。

では、美しいツヤ髪を保つためには、どのような日焼け対策をすれば良いのでしょうか?

 

髪の日焼け対策!日焼け止めに効果的な予防法

髪が日焼けするとどうなるかわかったので、髪の日焼け対策をご紹介していきます。毎日できる7つの予防法をご紹介しますので、美しい髪を保つために実践してみてくださいね。

 

①髪用のUVカットスプレーを使う

髪の日焼け対策といえば、最近はだいぶメジャーになってきた「髪用のUVカットスプレー」を使うことです。シューっと吹きかけるだけなので、忙しい朝でも簡単に髪の日焼け対策をすることができます。

 

日中に外に出るときは、再度シューっと髪に吹きかければ、日焼け止め効果も持続します。ただし、使用後は、シャンプーでしっかり落とすことが大切です。

 

お肌の日焼け止めと同じで、しっかりと日焼け止めを落としきれていないと、髪にダメージを与える可能性もあるので気をつけましょう。

 

②紫外線カットができるトリートメントを使う

髪の日焼け対策なら、髪用のUVカットスプレーよりも、紫外線カット機能がついている「トリートメント」をするほうが、メリットが多いかもしれません。

 

トリートメントですから、髪の内部のダメージまで修復してくれて、なおかつ日焼け止め効果もある優れもの。

夜のうちに、紫外線カットができるトリートメントをしておいて、朝に髪用のUVカットスプレーをすれば、さらに効果アップですね。

 

夜にトリートメントをしているので、UVカットスプレーによる、髪への刺激を軽減することもできます。

 

③髪を束ねる

髪の日焼け対策は、髪を束ねるだけでも効果があります。「なぜ、髪を束ねるだけで日焼け止めができるの?」と思うかもしれませんが、とくに髪が長い人には効果的です。

 

髪をおろしていると、紫外線に当たっている面積が広くなります。すると、それだけ髪が日焼けしやすいのです。

でも髪を束ねれば、紫外線が当たる面積が狭くなり、ダメージを最小限に食い止めることができるというわけです。

 

④10~14時は外出しないようにする

とっても初歩的な方法ですが、紫外線が強い時間帯に外出しないことが、髪の日焼け対策になります。1日のうちで、紫外線が強い時間帯といえば、10~14時の間。

 

せめて、この時間だけでも外出をひかえると、髪の日焼けをかなり予防することができるでしょう。

もし、外に出るときは、「なるべく日陰を歩く」などの工夫をすると、さらに髪の日焼け対策ができますよ。

 

⑤外出前にシャンプーをしない

朝の出勤時の紫外線は、意外と強いです。わたしも以前、日中は出勤時しか外出していなかったときでも、日に日に日焼けしていったのを思い出します。

このように、朝は意外と日焼けしやすいので、髪の日焼け対策が必要です。

 

だから、もし外出前にシャンプーをしているなら、髪が日焼けしやすい状態になってしまいます。というより、髪がダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

 

シャンプー直後は、キューティクルがめくれ上がっている状態なので、その状態で紫外線に当たってしまうと、髪が日焼けしやすくなり、しかも髪が傷みやすくパサパサになってしまいます。

 

そのため、洗髪はできるだけ夜のうちに済ませ、トリートメントも夜にしておきましょう。眠っている間に、髪にしっかり浸透してくれるので、効果もアップしますよ。

 

⑥日傘をさす

髪の日焼け対策は、日傘をするのが効果的です。帽子よりも広範囲を日陰にできるので、毛先の日焼けまでカバーすることができます。

ただし、UVカット機能がなくなってしまった日傘を使っていたら、髪の日焼け対策は万全にはできません。

 

日傘にも寿命があり、平均して1~2年と言われています。でもこれは、UVカット機能が「最高ランクの優れた日傘」でこの寿命です。そのため、リーズナブルなUVカット加工されただけの日傘なら、1年未満で効果がなくなってしまうことが多いです。

 

⑦帽子を被る

髪の日焼け対策として、帽子を被っている人が増えていますが、確かに帽子も、髪の日焼け対策として効果的です。

問題なのは、日傘と同じく、帽子の紫外線カット効果です。

 

どのような帽子なら、しっかりと髪の日焼け対策ができるのか。次の項目でご紹介します。

 

そして、もう1つ気になることは、帽子だと頭皮が汗で蒸れてしまうので、注意しなければ「抜け毛」が増えてしまうかもしれないということ。帽子で髪の日焼け対策をするなら、帽子の選び方が重要なポイントになりそうです。

 

髪の日焼け対策に効果のある帽子・日傘の選び方

髪の日焼け対策をするなら、帽子や日傘も効果的です。ただし、どんな帽子や日傘でもOKなわけではないのです。紫外線カットの効果がない帽子や日傘は、使っている意味がないので、ぜひここでチェックしてみてくださいね。

 

色は黒のほうが紫外線カット効果が高い

髪の日焼け対策に効果的な「帽子や日傘」の選び方は、黒を選ぶことです。紫外線には、「通しにくい色」というのがあり、その効果がいちばん高いのが「黒」なのです。

もし、紫外線カット率が低めの帽子や日傘を使うなら、黒を選ぶと良いでしょう。

 

でも、黒い帽子や黒い日傘のデメリットは、暑いということ。黒は日光を吸収するはたらきがあるので、熱を集めてしまうのです。

 

紫外線の遮断性は高くても、熱の遮断性がなければ、夏に使うのはちょっとツライですよね。

そのため、通気性や遮熱性の高い帽子や日傘を選ぶと良いでしょう。

 

遮光性(紫外線カット率)の高い素材を選ぶ

髪の日焼け対策に効果的な帽子や日傘は、遮光性の高い素材を選ぶことが大切です。

 

遮光性とは、紫外線カット率のことで、完全遮光と呼ばれる「紫外線(可視光線)を100%カット」できるような、遮光性の高い帽子や日傘を使うと効果的です。

 

帽子や日傘には、たいてい「UVカット加工」などと書かれていますが、UVカット加工とは、生地の上からUVカット用の塗料のようなものを吹き付けているだけの場合が多いです。

 

では、どのように遮光率の高い素材を選べば良いのでしょうか?

 

日傘の場合で言うと、「遮光1級」「遮光2級」「遮光3級」「遮光傘」「遮光1級傘」などと書かれています。これは、遮光率に差があるものの、どれも紫外線カット率が99%以上の日傘にだけ許された記載方法です。

 

毛先まで日焼け予防するにはツバが大きい帽子を

髪の日焼け対策で帽子を被るのも効果的ですが、頭頂部はカバーできるものの、毛先が日焼けしてしまう可能性がありますよね。

髪は、毛先からダメージが進行していきますので、毛先までしっかりと日焼け対策をしたいところ。

 

毛先まで日焼け予防をするには、ツバが大きい帽子を選ぶと良いでしょう。大物女優が被る帽子みたいですが、髪のことを考えたら、ツバが大きいほうがメリットも大きいです。

 

髪が日焼けしてしまったときのアフターケアも大事!

髪の日焼け対策について、長々とご紹介してきましたが、すでに髪が日焼けしてしまったときには、どんなヘアケアをすれば良いのでしょうか? キレイな髪を保つには、日焼けのアフターケアも大事ですよ。

 

Wトリートメントでダメージ補修

髪が日焼けしてしまったときのアフターケアの基本は、「インバストリートメント」と「アウトバストリートメント」の両方で、Wトリートメントをすると良いでしょう。

 

インバストリートメントとは、お風呂の中でやるトリートメントのことで、シャンプー後につけて、時間をおいて髪に浸透させ、洗い流すタイプのトリートメントです。

 

アウトバストリートメントとは、お風呂の外でやるトリートメントのことで、入浴後の髪が濡れた状態でつける、洗い流さないトリートメントのことです。

 

髪が日焼けしてしまったときのアフターケアをするなら、この両方でWトリートメントをするのが効果的です。

トリートメントをすることで、髪ダメージの修復の効果がありますし、髪の日焼け対策にもなります。

 

低刺激のシャンプーで傷んだ髪にダメージを与えない

髪が日焼けしてしまったときのアフターケアには、いつもより低刺激のシャンプーを使うと良いでしょう。顔や体よりも、頭部や髪のほうが日焼けしてしまうので、ダメージは意外と大きいです。

 

刺激の強いシャンプーを使ってしまうと、さらに髪にダメージを与え、傷みが進行してしまうことがあります。

なるべく低刺激のシャンプーを使って、髪をダメージから守りましょう。低刺激のシャンプーとは、おもに「アミノ酸系シャンプー」のことです。

 

保湿効果の高いシャンプーでダメージに強い髪をつくる

低刺激のシャンプーを使うことも効果的ですが、髪が日焼けすると、キューティクルが剥がれて、パサパサに乾燥してしまいます。そのため、保湿効果の高いシャンプーを使うのがアフターケアに効果的です。

 

保湿効果の高いシャンプーとは、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「植物性オイル」などが配合されたシャンプーが効果的です。

 

また、「リピジュア」や「フラーレン」が配合されたシャンプーは、とくに保湿効果が高いので、紫外線で傷んだ髪にオススメです。

 

リピジュアとは、ヒアルロン酸の2倍の保湿力があり、化粧品にも使われる安全性の高い成分です。

フラーレンとは、ビタミンCの約172倍の抗酸化作用があり、髪の老化を防いで、美しい髪を保つ効果があります。

 

保湿効果の高いシャンプーを使って、ダメージに強い髪をつくれば、日焼け止め効果も高くなります。

 

髪が日焼けした後は、カラーリングをしない

髪が日焼けしてしまったときのアフターケアを考えるなら、しばらくはカラーリングをしないほうが良いでしょう。カラーリングやブリーチは、アルカリ性の薬液を使い、キューティクルを強制的に開かせる作用があります。

 

そのため、ただでさえ髪が傷みやすくなるので、日焼けして髪がダメージを受けている状態では、絶対に避けたほうが良いでしょう。

 

髪の日焼け対策は毎日することが大切!

髪の日焼け対策と、日焼けしてしまったときのアフターケアについてご紹介しました。また、日焼け防止に効果的な「帽子」や「日傘」の選び方もご紹介しましたね。

お肌より3倍も日焼けしやすい髪を守るためには、毎日の対策が重要です。いつまでもキレイなツヤ髪を保つために、ぜひ実践してみてくださいね。