みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

背中・二の腕痩せとバストアップが同時に叶う夢のマッサージ

f:id:m-danjyo:20180504153903j:plain

二の腕を細くしながらバストアップできる方法!

二の腕はタプタプなのに、バストはしょんぼり……。

「この脂肪が、胸に移動してくれればいいのに!」と思ったことはありませんか?

 

そもそも「二の腕」と「背中」の脂肪は、バストから流れてしまった「ハミ肉」の可能性大!

だから、脂肪を柔らかくほぐしてあげれば、バストに戻すことができるんですよ。

 

そこで今回は、背中と二の腕のハミ肉を胸に戻すバストアップマッサージをご紹介します。

二の腕を細くしながらバストアップもできるお得な方法なので、何だかワクワクしますよね。では、この夢のコラボを一緒に見ていきましょう!

 

背中と二の腕の脂肪は、胸から流れてしまった「ハミ肉」だった!

背中に脂肪があると、ブラジャーのラインが食い込んで、Tシャツの上からでも見えてしまうことがありますよね。それに、通称「振りそで」と呼ばれる二の腕のタプタプは、どうにかして細くしたいところ。

 

じつは、この2つの脂肪は、胸から流れてしまった「ハミ肉」の可能性が高いのです。それなら絶対に胸に戻して、バストアップに活用しないともったいないですよね。

 

胸から流れたハミ肉を胸に戻してバストアップ

胸から近い場所にある脂肪は、胸に元々あった脂肪が流れてしまった「ハミ肉」の可能性が高いので、その脂肪を胸に戻してあげることで、バストアップが可能になります。

 

「でも、本当に脂肪が移動するの?」と思うかもしれませんが、胸から近い場所にある脂肪なら移動できます。

さすがに「お腹」や「太もも」などの脂肪を胸に移動させることはむずかしいですが、背中と二の腕の脂肪なら可能です。

 

ただし、考え方によっては、お腹の脂肪をほぐして減らすことができれば、胸とウエストの差が大きくなるので、「見た目バストアップ効果」はありますね。

 

胸周辺の血流やリンパの流れを良くするとバストアップできる

いろいろなバストアップ方法を実践しても、なかなか効果が実感できない人は、胸周辺の血流やリンパの流れが悪くなっている可能性があります。

 

バストアップには、胸だけでなく、胸周辺のリンパの流れを良くすることが大切なポイントなのです。

 

その中でも二の腕は、とくに「老廃物がたまりやすい場所」。痛みがある場所を揉みほぐしてあげることで、リンパの流れが良くなり、バストアップ効果が期待できます。

 

❤もちろんバストアップマッサージも同時進行で!

背中や二の腕だけでなく、もちろんバストアップマッサージも同時進行でおこなうことが大事。今まで効果が感じられなかった人も、背中や二の腕をほぐしてあげれば、バストアップ効果が感じられるようになるでしょう。

 

ブラジャーの正しい使い方で、戻した脂肪をホールドするのが大事

背中と二の腕のハミ肉を胸に戻すことができても、それをキッチリ「ホールド」できていなければ、また脂肪が流れてしまいます。

そのため、昼間のブラジャーと、寝るときのナイトブラを併用して、脂肪を胸に定着させることが大事なんです。

 

ブラジャーをつけるときは、脇から脂肪をかき集めてカップにしっかりと納めましょう。そして、寝ている間に脂肪が横流れしないように、ナイトブラをつけて寝れば完ペキ! これができれば、今回ご紹介するバストアップマッサージの成果が、長続きすることでしょう。

 

背中・二の腕痩せとバストアップが同時に叶うマッサージ

では、背中と二の腕のハミ肉を胸に戻すマッサージ法をご紹介していきます。4つのポイントをしっかりクリアできれば、背中・二の腕痩せとバストアップが同時に叶うことでしょう。

 

まずは「むくみ」を取り、血流アップ

背中と二の腕のハミ肉を胸に戻すには、まず「むくみ」を解消することが大事。とくに二の腕は「老廃物がたまりやすい場所」なので、むくみを解消しなければ脂肪を移動させることができないのです。

 

むくみを解消させるには、やはりマッサージが効果的です。痛みがある場所は、老廃物がたまっている証拠なので、しっかりとほぐしてあげましょう。

 

脂肪と筋肉をマッサージして、柔らかくほぐす

背中と二の腕の「脂肪と筋肉」をマッサージして、柔らかくほぐすことで脂肪が移動しやすくなります。普段あまり動かさない場所は、血流がとどこおって硬くなっていることが多いです。

 

硬いままでは脂肪が移動できないので、しっかりとほぐしてあげましょう。といっても、二の腕はリンパの多い場所なので、あまり強くマッサージすると、リンパを傷つけてしまうのでご注意を。

 

二の腕のマッサージ方法

www.youtube.com

 

ヘッドスパのゴッドハンドとして有名な、高橋ミカさん直伝の二の腕マッサージ方法をご紹介します。誰でも簡単にできる方法なので、ぜひやってみましょう。

 

  1. まずはマッサージオイルなどをつけて、滑りを良くしておきます。
  2. ヒジからワキに向かって、お肉をつまむように流していきます。
  3. 手首からワキに向かって、腕をつかむように流していきます。
  4. ワキの下にあるリンパ節を4本指で押します。

 

二の腕の力を抜いた状態でやるのがポイントです。仰向けに寝ころがり、手を空中に上げてやると、リンパが流れやすくなるため、リンパマッサージの効果がアップしますよ。

また、お風呂でしっかりと温めてからリンパマッサージすることで、脂肪を柔らかくほぐしやすくなります。

 

背中(肩甲骨あたり)のマッサージ方法

背中の肩甲骨あたりも、普段はあまり動かさない場所ですよね。猫背気味の人は、とくに硬く、こり固まっている可能性があります。

また、肩こりがある人は、肩甲骨付近が血行不良になることで、バストアップ効果が半減しているのかもしれません。

 

  1. 左のワキの下から、右手を後ろに回し、肩甲骨の脂肪をつまみます。
  2. 10ヶ所くらい移動しながらつまんで、ほぐしていきましょう。
  3. 反対側も同じようにほぐします。

 

血流やリンパの流れが良くなってくると、スゥ~っとしてくるのを感じると思います。肩を揉んでいるわけではないのに、肩も軽くなったような感じがしませんか?

 

背中に手が届かない人や、脂肪がつまめない人は、ストレッチでほぐしましょう。

左腕を右手でつかみ、右側にグーっと引きつけてストレッチしましょう。

 

脂肪を胸まで移動してバストアップ

では、いよいよ脂肪を胸まで移動していきます。

 

  1. 先ほどの二の腕マッサージの要領で、ヒジからワキを通って、胸の上部に向かって5回ほど流します。
  2. 反対も同じようにやります。
  3. 背中からワキを通り、バストの上部に向かって流していきます。
  4. 反対も同じようにやります。

 

脂肪を胸に集めるように意識して、しっかりと流していきましょう。これを毎日続けることで、少しずつ脂肪が胸に戻っていきますよ。

 

移動したハミ肉をブラジャーに納める

せっかく移動したハミ肉を逃さないために、しっかりとブラジャーの中に納めましょう。これをしないと、今までのマッサージの効果が半減してしまいます。

 

ブラジャーのホックを留めた後に、二の腕から胸へ、背中から胸へ、脂肪をしっかりとカップの中に入れます。

動くとズレて、また脂肪がハミ出してしまうので、トイレに行った時は、必ずブラ直しをしましょう。

 

◆ナイトブラをしないとバストアップ効果が半減!

昼間はこれでOKですが、自宅に帰ってきたら、ブラを外した解放感に浸っていませんか? ハミ肉を胸に戻すには、つねに脂肪を「ホールド」することが大事です。

 

そのため、バストアップ効果を最大限に引き出すには、ナイトブラが必須! ナイトブラは、つけて寝るだけで、寝ている間もしっかりバストアップしてくれる便利アイテムなんですよ。

 

【背中・二の腕ストレッチ】冷え・むくみ解消でバストアップ

背中と二の腕のハミ肉を胸に戻すバストアップ術をご紹介しましたが、さらに効果を高めるためには、女性に多い「冷え」と「むくみ」を解消することがとっても大事。

 

これまでにご紹介したマッサージ方法でも解消できますが、ストレッチにも抜群のバストアップ効果があります。それにストレッチには、もっと良いことがあるんです。

 

冷え&むくみは血行不良になり、脂肪が移動しにくくなる

女性に多い悩みといえば、「冷え」と「むくみ」ですよね。体が冷えると代謝が悪くなり、ダイエット効果も半減してしまいます。また、足のむくみに悩む女性も多いことでしょう。

 

このような冷えとむくみは、上半身にも起こります。すると、血行が悪くなることで脂肪が硬くなり、ハミ肉が胸に移動しにくくなってしまうのです。

だから、今回ご紹介したリンパマッサージは、毎日継続することが大事。

 

それに加えてストレッチをすれば、グッとバストアップ効果が高まります。つねに血流やリンパの流れを良くしておけば、冷えやむくみが解消し、バストアップ効果があるだけでなく、疲れにくくなったり、痩せやすくなる効果もありますよ。

 

女性ホルモンを活発にするには、冷えは大敵!

バストアップには、女性ホルモンの働きがとっても大切ですよね。胸が大きくなるメカニズムは、女性ホルモンを活発にすることで乳腺を発達させ、その周りに脂肪がつきやすくなるというもの。

 

だから、そもそも乳腺が発達しなければ、胸の脂肪が増えてくれないのです。では、女性ホルモンを活発にするには、どうすれば良いのでしょうか?

色々な方法がありますが、とくに大事なのは「体を冷やさないこと」。

 

体の冷えは、バストアップの大敵なんです。女性ホルモンを活発にする「大豆イソフラボン」や「プエラリア」などを食べ物やサプリで摂っても、体が冷えていたらバストアップできないのです。

そこでオススメなのが、ストレッチです。

 

ストレッチでリラックスすれば、ストレス解消&バストアップ!

女性ホルモンを活発にするには、ストレスも大敵です。ストレスがたまると血行が悪くなり、体が冷えやすくなってしまうのです。それに、イライラすることが多いと、女性ホルモンの分泌が減ってしまうので、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

そこで、女性のためにオススメなのが「ストレッチ」です。

ストレッチにはリラックス効果がありますので、女性ホルモンを活発にして、その効果を胸までしっかりと届けてくれます。呼吸を止めないで、リラックスしながらストレッチすれば、バストアップ効果も高まりますよ。

 

肩甲骨のストレッチ方法

f:id:m-danjyo:20180504135045j:plain

画像元: YOIKOTO LABO (ヨイコトラボ)

 

女性ホルモンを活発にして、バストアップ効果を高めてくれるのが「肩甲骨ストレッチ」です。肩甲骨の血行がよくなると、胸の血行も良くなり、バストアップ効果が高まります。簡単な方法なので、ぜひやってみてください。

 

  1. イスや壁に両手をつきます。
  2. そのまま体を前に倒していきます。
  3. 肩甲骨がしっかりとストレッチできるところまで倒しましょう。
  4. ヒザは曲がっても大丈夫です。

 

ストレッチは、気持ちいいと感じるところがベストです。痛すぎるとやり過ぎの証拠なので、気をつけてくださいね。

 

二の腕のストレッチ方法

www.youtube.com

 

二の腕のマッサージ方法はご紹介しましたが、ストレッチするのも、血流やリンパの流れを良くします。お風呂から上がり、マッサージの前にストレッチすることで、より血流が良くなりますよ。肩こり解消にも効果的です。

 

  1. 右の腕を上に伸ばし、頭の後ろでヒジを90℃に曲げます。
  2. 左手で右のヒジを持ち、無理のない範囲で引きます。
  3. 肩を意識するよりも、二の腕が伸びているのを感じられる位置に調整してください。

 

あまり無理に引くと、肩関節をこわしますので、気をつけてくださいね。

ここまでやれば、バストアップ効果も高まりますし、体調がかなり良くなってくるはずですよ。毎日だるさを感じている人は、ぜひマッサージ&ストレッチで体をスッキリさせましょう。

 

トータルボディケアがバストアップに大切なポイント!

背中と二の腕のハミ肉を胸に戻すバストアップ術をご紹介しました。二の腕と背中は、普段の生活では、あまり動かさない場所なので、意識的に動かしたり、マッサージしてあげることで、血流がアップします。すると脂肪をバストまで戻しやすくなるので、バストアップが簡単にできますよ。

 

バストアップには「冷え」や「むくみ」を解消するなど、トータルボディケアも大事。2つの悩みが同時に解決する夢のコラボで、ぜひ女性らしい体を手に入れましょう!