みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

【タイプ別】日焼け止めの選び方と使い方のポイント

f:id:m-danjyo:20180519123349j:plain

タイプ別の日焼け止めの選び方と効果的な使い方

ほとんどの人は、毎日のように日焼け止めを使っていると思いますが、どんな日焼け止めを選べば良いのか迷ってしまうことはありませんか?

 

日焼け止めは、テクスチャーによってタイプが分かれていますし、「SPF」や「PA」の表示も違いますよね。

また、日焼け止めを使うシーンや、肌質によっても適した日焼け止めが違います。

 

そこで今回は、「肌質」「使うシーン」「テクスチャー」などの様々なタイプ別に、日焼け止めの選び方をご紹介します。

 

また、使い方のポイントも併せてご紹介しますので、効果的に日焼け止めを使って、あなたの肌を紫外線から守りましょう!

 

紫外線のタイプ別 日焼け止めの選び方

紫外線には、2種類のタイプがありますが、紫外線のタイプによって、効果的な日焼け止めが違います。では、どの紫外線には、どの日焼け止めが効果的なのでしょうか?

 

UV-A波には「PA」で紫外線カット

UV-A波と呼ばれる紫外線は、真皮層にまで届き、シミやシワの原因になります。いわゆる「肌老化」の原因になる紫外線です。

 

UV-A波は、赤くなってヒリヒリする日焼けではなく、肌の奥でじわじわと肌をボロボロにするタイプの日焼けを引き起こします。

このUV-A波から肌を守ってくれるのは、「PA」です。

 

PAとは、UV-A波から肌を守ってくれる目安の表示で、PA+~PA++++まであります。「+」の表示が多いほど、強い日焼け止め効果が期待できます。

 

UV-B波には「SPF」で紫外線カット

UV-B波と呼ばれる紫外線は、「レジャー紫外線」とも呼ばれ、海や真夏の炎天下など、強い紫外線を浴びたときに影響を受けます。

 

UV-B波の紫外線を浴びると、肌を赤くヒリヒリさせるような強い日焼けを引き起こします。皮膚ガンの原因にもなると言われています。

 

このUV-B波から肌を守ってくれるのは、「SPF」です。

SPFとは、UVB波から肌を守ってくれる目安の表示で、SPF10~SPF50まであります。数字が大きいほど、強い日焼け止め効果が期待できます。

 

成分別 日焼け止めの選び方

日焼け止めは、「紫外線カット剤(紫外線を防ぐ成分)」によって、2種類に分かれています。日焼け止めの主成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。

 

「紫外線吸収剤」はケミカルで刺激が強い

紫外線吸収剤の日焼け止めは、ケミカル(化学物質)の成分で、肌に刺激が強いと言われています。

紫外線吸収剤の特徴は、紫外線のエネルギーをいったん日焼け止めが吸収して、それから発散させるというメカニズムです。

 

肌に密着しやすく、紫外線ダメージから肌を守る効果が高い日焼け止めですが、肌に強い刺激を与えることもあるのがデメリットです。サラっとしたつけ心地で、伸びがよいのは嬉しいメリットですね。

 

「紫外線散乱剤」はノンケミカルで低刺激

紫外線散乱剤の日焼け止めは、ノンケミカルで低刺激な成分です。「ケミカル成分が配合されていない」という意味です。

 

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させて日焼けを防ぐ成分なので、肌への刺激が少ないのが特徴です。「低刺激」や「ノンケミカル処方」などと書かれていることが多いです。

ほとんどの日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方の成分が配合されているそうです。

 

敏感肌の人には「ノンケミカルの紫外線散乱剤」がオススメですが、それ以外の成分に刺激を与えるものが含まれていたり、白浮きしやすいなどのデメリットもあります。

 

日焼け止めタイプ別の特徴・部位別 日焼け止めの選び方

日焼け止めには、様々なテクスチャーの種類がありますよね。日焼け止めタイプによって、どのような特徴があるのでしょうか? また、体の部位別で、使いやすい日焼け止めの選び方も併せてご紹介しましょう。

 

クリームタイプ

もっとも一般的な日焼け止めが、クリームタイプです。肌への密着度が高く、落ちにくいので、汗や水に強いのが特徴です。そのため、日焼け止めを落とすときには、クレンジングが必要になる場合が多いです。

 

日焼け止め効果が高いタイプが多いのも特徴ですが、油分が多いため、ニキビなどの肌荒れを起こしやすいのがデメリットです。

また、伸びがあまり良くなく、白浮きしやすい特徴もあります。クリームタイプの日焼け止めは、全身に使えるものが多いです。

 

ジェルタイプ

ジェルタイプの日焼け止めは、スーっと伸びて、軽いつけ心地なのが特徴です。白浮きしにくく、伸びが良いので、全身に使いやすいタイプです。

ただし、水に弱く、落ちやすいのがデメリットです。

 

刺激が強い日焼け止めが多いのも特徴なので、敏感肌の人は注意が必要です。ジェルタイプの日焼け止めは、サラっとしたつけ心地なので、肌のベタつきが気になる人にオススメです。

 

スプレータイプ

スプレータイプの日焼け止めは、シュっと吹きかけるだけなので、手軽に使えるのがメリットです。だけでなく、にも使えるタイプが多く、また、外出先でのつけ直しに便利です。

 

ちょっとそこまで出かける時に、しっかり日焼け止めを塗るのは大変ですから、スプレータイプの日焼け止めを使うと便利ですね。また、手が届かない背中などにも使いやすいのがメリットです。

 

ただし、日焼け止め効果はそれほど高くないのが特徴なので、長時間の外出などには適していません。広範囲につけられるので、全身にお使い頂けますが、塗りムラができるのがデメリットです。

 

ミルク(乳液)タイプ

ミルクタイプの日焼け止めは、伸びがよく、低刺激のものが多いです。そのため、敏感肌や乾燥肌の人にも使いやすいでしょう。

そのぶん、汗や水で落ちやすく、塗り直しが必要です。近所への買い物など、短時間の外出に適しています。

 

化粧下地として使えるものもあり、落としやすいので、肌への負担が少ないのが特徴です。顔用として使うのがオススメですが、伸びが良いので、全身にもお使い頂けます。

 

パウダータイプ

パウダータイプの日焼け止めは、メイクの上から使えるので、塗り直し用にオススメです。肌への刺激も少なく、白浮きもしないので使いやすいのが特徴です。

 

ただし、日焼け止め効果は低く、汗などで落ちやすい特徴があるため、小まめな塗り直しが必要になります。全身には使いにくいので、顔用として使うのがオススメです。

 

スティックタイプ

最近は、スティックタイプの日焼け止めもあるようです。直接肌に塗るので、手が汚れないし、塗り直しにも便利なのがメリットです。メイクの上からでも使用でき、ベタつかないのが特徴です。

 

白浮きもしないので、全身にもお使い頂けます。液漏れしないので、持ち運びにも便利なのは嬉しいポイント。唇や目の周り、耳など、塗りにくい場所にも丁寧に塗れる日焼け止めなので、使い勝手が良さそうですね。

 

ウォータープルーフ

ウォータープルーフは「テクスチャー」のタイプではありませんが、水や汗に強く、落ちにくい日焼け止めです。ウォータープルーフは、長時間肌にしっかり残ってくれるのがメリットですが、その分、肌への刺激が強いのがデメリットです。

 

また、普通の洗顔料では落ちないので、メイク落としなどでの「クレンジング」が必要になります。しっかり落とさないで肌に残ってしまうと、肌荒れの原因にもなりますので、しっかり落とすことが大切です。

ウォータープルーフの日焼け止めは、クリームタイプが多いです。

 

肌タイプ別 日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方で大切なポイントは、肌質に合っているかどうかです。肌に合わない日焼け止めを使ってしまうと、毎日のことなので肌荒れしてしまいますよね。

では、どの肌タイプには、どんな日焼け止めが適しているのでしょうか?

 

普通肌

普通肌の人なら、どんなタイプの日焼け止めでもお使い頂けます。紫外線が強い場所へ行くときには、肌への密着度が高く、長時間日焼け止め効果が持続する「クリームタイプ」がオススメです。

 

普通肌の人は、日焼け止めタイプで選ぶより、使うシーン別に日焼け止めを使い分けるほうが良いでしょう。(次の項で、シーン別の選び方をご紹介します)

 

敏感肌・子どもの肌

敏感肌の人にオススメの日焼け止めは、「ミルクタイプ(乳液)」です。肌への刺激が弱い日焼け止めが多く、落としやすいので、お子さまにもお使い頂けるものが多いです。

 

また、化粧水のように使える「ローションタイプの日焼け止め」もあるようなので、敏感肌の人にはオススメです。ただし、非常に落ちやすく、日焼け止め効果も低いので、塗り直しが必要なことや、他の日焼け止めとの併用がオススメです。

 

乾燥肌

乾燥肌の人にオススメの日焼け止めは、「クリームタイプ」です。クリームタイプの日焼け止めは、保湿効果が高く、肌が乾燥して紫外線ダメージを受けやすい肌質の人に適しています。

 

ただし、落ちにくい日焼け止めが多いので、クレンジングでしっかり落とした後に、保湿ケアを丁寧にしておくことが大切です。

 

脂性肌

脂性肌の人にオススメの日焼け止めは、「ジェルタイプ」です。ジェルタイプの日焼け止めは、軽いつけ心地で、肌がベタつきにくいので、皮脂が多い肌質の人に適しています。

 

シーン別 日焼け止めの選び方

肌タイプ別で日焼け止めを選ぶことも大切ですが、使うシーン別で使い分けると、もっと効果的です。

どんなときに、どのタイプの日焼け止めを使うと良いのでしょうか?

 

通勤・買い物・近所へ散歩など、街中に短時間の外出

普段の通勤や買い物、近所への短時間の散歩などの場合は、SPF15~30、PA+~PA++の日焼け止めで充分でしょう。

 

紫外線は空からふり注ぐだけでなく、地面からも反射しているのですが、アスファルトからの反射率は10%程度だと言われています。これは、海や雪山に比べると、かなり低い数値です。

とはいえ、直接肌に日光が当たっていなくても、日焼けする可能性があることは意識しておきましょう。

 

屋外でのスポーツや屋外レジャーで長時間の外出

通常の屋外レジャーでは、SPF20~30、PA++~PA+++の日焼け止めが適していますが、長時間屋外にいるときは、小まめに日焼け止めを塗り直すようにしましょう。

 

また、スポーツで汗をたくさんかくときは、汗で落ちにくい「ウォータープルーフ」の日焼け止めがオススメです。

 

海や山でのレジャーや雪山でのスポーツ

海や雪山は、紫外線が強いので、しっかりと日焼け止めを塗ることが大切です。SPF40~50、PA+++~PA++++の最高レベルの日焼け止めを数時間ごとに塗り直すことが必要です。

とくに、海水浴などで日焼け止めが落ちやすいレジャーをするときは、小まめに塗り直しましょう。

 

さらに、スキー場などの雪山では、地面からの紫外線反射率が高く、80~90%もあります。そのため、目から紫外線が入らないように、UVサングラスなどを使用すると良いでしょう。

 

秋冬の紫外線が弱めの季節・室内にいる時

紫外線は一年中ふり注いでいますし、室内にいても紫外線を浴びています。そのため、日焼け止めは一年中必要ですし、室内にいても日焼け止めをつける必要があります。日中は、いつでもどこでも日焼け止めが必要だと考えたほうが良いでしょう。

 

ただし、日焼け止めは肌を守ってくれますが、肌に刺激も与えます。そのため、紫外線が弱めの季節や、室内にいる時は、パウダーファンデーションを塗るだけでも効果があります。

 

パウダーファンデーションには、「UV」と書かれていなくても、日焼け止めの効果があると言われています。その効果は弱めですが、何も塗らないのではなく、パウダーファンデーションだけはつけておくようにしましょう。

 

また、手軽に使えて落としやすい「スプレータイプ」や「ミルクタイプ(乳液)」もオススメです。

 

日焼け止めの使い方のポイント

タイプ別の日焼け止めの選び方を、ひと通りご紹介しました。では最後に、日焼け止めの使い方のポイントをご紹介しましょう。

 

日焼け止めの使用期限は、開封後1年間

日焼け止めに使用期限は書かれていないと思いますが、じつは使用期限があります。未開封の状態なら3年間使えるのですが、開封してしまったら1年が使用期限となります。

 

しかし、これは保存状態が良い場合です。直射日光が当たらない冷暗所で保管するようにしましょう。

 

日焼け止めは、使うときに肌に触れることが多いため、雑菌が繁殖してしまうと劣化します。

もし日焼け止めが分離してしまったり、テクスチャーが変になってしまったら、肌に刺激を与える可能性があるため、使うのをやめたほうが良いでしょう。

基本的には、3ヶ月のワンシーズンで使い切るのがオススメです。

 

パッチテストをおこなう

日焼け止めには様々なタイプがあり、肌へ刺激を与える度合いも違います。そのため、新しい日焼け止めを使う際には、必ずパッチテストをおこなうようにしましょう。

 

ヒジの内側など、皮膚が柔らかく、目立たない場所に少量の日焼け止めを塗り、24時間おいて肌に異変が起こらなければ、使っても大丈夫でしょう。

とくに敏感肌の人は、必ずパッチテストをおこなうようにしてください。試供品で試してみるのもオススメです。

 

適量をムラなく塗る

日焼け止めの効果的な使い方は、指定された適量をしっかりと塗ることが大切です。日焼け止めの量が少ないと、SPFやPAの値が高くても、充分な日焼け止め効果が得られない場合があります。

 

また、全身に塗る場合には、塗りムラができないように、まんべんなく塗ることが大切です。とくに塗りムラができやすいのは、「耳や耳の後ろ」「首筋やうなじ」「顎やフェイスライン」「肩」などです。

忘れずに、しっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

2~3時間ごとに塗り直す

日焼け止めの効果的な使い方は、2~3時間ごとに塗り直すことです。日焼け止め効果が高いものでも、汗や水で落ちてしまうことがありますし、日焼け止め効果の持続性もまちまちです。

 

そのため、小まめに塗り直す必要があるのです。とくに日焼け止めが落ちやすい場所は、皮脂の多い「おでこ」「鼻」「頬骨」などです。高くなっている場所は日焼けしやすいこともあるので、塗り直すことが重要です。

 

いくつかの日焼け止めを使い分けるのも効果的

日焼け止めの効果的な使い方は、いくつかの日焼け止めを使い分けるのもオススメです。日焼け止めは塗り直しが必要ですが、日焼け止めのタイプによっては、塗り直しがしにくいものもあります。

 

使い分けの一例として、朝のメイク前には落ちにくい「クリームタイプ」を塗り、その上からメイクをします。

そして、外出先での塗り直しには「パウダータイプ」や「スプレータイプ」で、メイクの上から手軽に使うのが良いでしょう。

 

肌質によって合う合わないがあると思いますので、あなたに合った使い方を見つけましょう。

 

日焼け止め以外の紫外線対策も併用する

紫外線対策をするには、日焼け止めを塗るのがいちばん効果的ですが、日焼け止め以外の紫外線対策と併用するのも良いでしょう。

 

たとえば肌が弱い人は、日焼け止め効果の高い日焼け止めだと、肌への刺激が強すぎる場合があります。そんなときは、SPF20くらいの日焼け止めを使い、日傘やUVカット服、サングラスなどで紫外線を防止すると良いでしょう。

 

また、肌が弱い人は「飲む日焼け止め」で、体の中から紫外線対策をするのもオススメです。飲む日焼けは、出かける30分~1時間前には飲んでおく必要があり、4~6時間たったら飲み直すことも必要です。

 

タイプ別で日焼け止めを効果的に使い分けよう!

様々なタイプ別の日焼け止めの選び方と使い方をご紹介しました。肌質やシーン別などで、日焼け止めを使い分けることも大切ですね。

あなたに合った使い方で、効果的な紫外線対策をしていきましょう。一年中お付き合いしなければいけないので、肌に刺激を与えない日焼け止めを選ぶことも大切ですね。