みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

胸ニキビの原因と治し方|きれいなデコルテで胸元に自信を

f:id:m-danjyo:20180520145935j:plain

胸ニキビの原因と治し方を知って効果的な対策を!

胸の谷間やデコルテにできる「胸ニキビ」。

普段は服でかくれているけど、胸元があいた服を着たくなったときに困りますよね。

 

そんなときに、自信を持ってオシャレを楽しめないのは残念なことです。

でも、大丈夫!

 

胸ニキビの治し方と、効果的な対策を知れば、きれいなデコルテに自信を持つことができますよ。

 

そこで今回は、「胸ニキビの原因と治し方」、そして「胸ニキビの予防法」もご紹介します。

これから大事な予定を控えている人も、日頃から胸元のあいた服を着たい人も、自信を持って胸元を出せるように、一緒に解決していきましょう!

 

胸ニキビの原因とは?

若い頃は、ニキビに悩んだことなんてないのに、大人になってからニキビが多くなった人もいるかもしれませんね。そもそも胸ニキビは、なぜできるのでしょうか? 顔ニキビとはチョット違う、その原因を見ていきましょう。

 

胸ニキビは「カビ」が原因だった!

ニキビの原因菌といえば、「アクネ菌」ですよね。でも、体にできるニキビの原因菌は、アクネ菌ではないのです。

では、いったい何なのか?

 

それは、「マラセチア菌」という真菌(カビ)です。

聞いたことがある人もいると思いますが、このマラセチア菌は、頭皮の「フケ」や「かゆみ」を引き起こす場合もあります。これは「脂漏性皮膚炎」と呼ばれ、頭皮にニキビのようなできものができることもあります。

 

ニキビの原因は、おもに炎症ですが、顔ニキビとは種類のちがう菌によって、炎症を起こしているのです。

 

皮脂が多い場所なので毛穴が詰まりやすい

顔ニキビと胸ニキビは、炎症を引き起こす菌の種類がちがいますが、皮脂が毛穴に詰まってニキビができるのは、同じメカニズムです。

 

体の中でニキビができやすい場所は、おもに「背中」と「胸」だと言われています。汗をたくさんかき、皮脂の分泌が多い場所なので、毛穴が詰まりやすいのです。

でもじつは、胸ニキビの原因は、それ以外にも考えられます。

 

ストレスによってホルモンバランスが乱れている

じつは胸ニキビは、男性のほうができやすいと言われています。その原因は、男性ホルモンが関係しているからです。でも、女性も無関係ではありません。

女性でも男性ホルモンが分泌されているので、ホルモンバランスが乱れると、胸ニキビができやすくなると考えられます。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を増やす性質があるので、ニキビができやすい環境になってしまうのです。

また、ストレスによってホルモンバランスが乱れることが多いので、日頃のストレスが胸ニキビの原因になっていると考えられます。

 

睡眠不足や偏った食生活など生活習慣の乱れ

胸ニキビの原因は、睡眠不足や偏った食生活など、生活習慣の乱れによってできることが多いです。

顔ニキビもそうですが、昔はニキビができなかったのに、大人になってからニキビができやすくなった人は、生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れが大きく関係しています。

 

とくに睡眠不足や、栄養バランスの偏った食生活をしていると、免疫力が低下して胸ニキビができやすくなります。この原因を改善しなければ、また胸ニキビが繰り返されることになります。

 

繰り返し胸ニキビができると、ニキビが悪化して、ニキビ跡になる確率も高くなるので、この機会に生活習慣を改善していきましょう。

 

化学繊維の下着や服による刺激

顔ニキビと胸ニキビのちがいは、もう1つあります。それは、常に肌に触れている「下着」や「服」による刺激です。綿やシルクなどの天然素材ではなく、化学繊維の素材だと、肌に刺激を与えやすく、胸ニキビの原因になります。

 

一日中、肌と密着しているので、汗を吸いとる「吸汗性」と、蒸れにくくなる「通気性」のよい素材であることが大切です。天然素材ではなくても、この2つの条件を満たしている服ならOKです。

 

とくに、女性の下着の場合は、レースなどの飾りが多く、それが肌に触れて刺激になる場合も多いです。

 

胸ニキビの治し方

胸ニキビの原因がわかったところで、次に胸ニキビの治し方について見ていきましょう。当たり前のことだけど、意外とやってしまいがちなこともあるので、ぜひチェックしておいてくださいね。

 

お風呂で洗う順番に気をつける

あなたはお風呂に入るとき、どの順番で洗っていますか? 体を先に洗って、それからシャンプーをする人は、体にシャンプーが流れて、残ってしまうことが多いです。すると胸ニキビの原因になるだけでなく、背中ニキビの原因にもなります。

 

そのため、お風呂で洗う順番には気をつけるようにしましょう。

  1. まずは、頭を先にシャンプーして、リンスorトリートメントまで終わらせます。
  2. それから体を洗い、しっかりとボディソープを流しましょう。
  3. 先にお風呂で温まる人は、最後にもう一度、お風呂で温まりましょう。
  4. そして、シャワーで上がり湯をして終了です。

 

この順番なら、ボディソープが多少残っていても、浴槽で流れると考えられます。そして、浴槽は意外と雑菌が多いので、最後にキレイなお湯で上がり湯をすることも忘れないでくださいね。

 

そして、胸ニキビがある場所は、絶対にゴシゴシ洗わないこと。胸ニキビがつぶれて出血したり、刺激を与えて炎症が悪化してしまう場合もあるので注意しましょう。

 

汗をかいたらなるべく拭いて、清潔にする

胸はとても汗をかきやすい場所ですが、なかなか人前では、汗を拭くことができない場所ですよね。そのため雑菌が繁殖しやすくなり、不衛生な環境になりやすいのです。

 

大量に汗をかいたときは、トイレに行って汗を拭くなど、何らかの対策を考えたほうが良いでしょう。ただし汗ふきシートは、アルコール成分によって乾燥しやすくなるので、逆に皮脂の分泌を増やしてしまう場合があります。

 

ハンカチやティッシュで拭くだけでもOKです。小まめに拭くことで、蒸れにくくなるし、雑菌が服につくことも減ります。ただし、こすって肌に刺激を与えないように注意しましょう。

 

ホルモンバランスを整える生活習慣にする

胸ニキビの治し方でいちばん大切なことは、ホルモンバランスを整えることです。胸ニキビができる最も大きな原因は、ホルモンバランスの乱れだと考えられるからです。

大人ニキビは、顔ニキビも含めて、ホルモンバランスの乱れが主な原因です。

 

ストレスをためないことも大切ですし、食事や睡眠など、生活習慣を整えることも大切です。無理をしすぎないで、疲れたときは休むなど、バランスをとりながら生活するようにしましょうね。

 

皮膚科で炎症を抑える薬などをもらう

胸ニキビの治し方は、皮膚科で薬をもらうのも良いでしょう。初期~中期のニキビなら、皮膚科で治療することができるそうです。胸ニキビに効果的な塗り薬や、内服薬などを処方してもらえることもあるようなので、早く確実に治したい場合にはオススメです。

 

おもに炎症を抑える薬や、殺菌作用のある薬が多いようです。内服薬なら、抗生物質が多いようですが、多用すると効かなくなるので、必要なときだけ短期間の服用にとどめましょう。

 

また美容皮膚科では、ケミカルピーリングやホルモン療法、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)などの処置をしてくれるようです。面皰圧出とは、ニキビの芯を押し出す処置のことで、自分で出すのと違い、肌を傷つけずに、ニキビ跡が残りにくい施術になります。

 

胸ニキビは「オロナイン」で対処できないので注意!

初期のニキビや、乾燥によるニキビには、オロナインの殺菌作用が効果的だと話題になったことがありますよね。でも、胸ニキビはオロナインで対処できないことが多いようなので、注意が必要です。

 

オロナインで対処できるニキビは、初期の顔ニキビや、乾燥が原因のニキビです。胸ニキビの場合は、逆効果になる場合もあるので気をつけましょう。

 

その理由は、胸は皮脂が多い場所なので、オロナインに含まれる油分で、ニキビが悪化してしまうことがあるそうです。

 

また、オロナインを長期的に使うと、皮膚が薄くなったり、殺菌作用により常在菌まで死滅させてしまう恐れがあります。常在菌とは、皮膚に常に存在する菌のことで、肌を守る役割をしています。

 

このような副作用を避けるには、オロナインを継続使用するのは「1週間」を目安にして、それ以上は連続で使わないようにしましょう。

 

胸ニキビの予防法・対策

胸ニキビは大人ニキビの一種なので、治ってもまた繰り返しできることが多いです。そのため、胸ニキビの予防法や対策を知って、なるべく繰り返さないようにしたいですよね。そこで、効果的な対策をご紹介します。

 

食事や睡眠など、生活習慣を整える

胸ニキビを治すためには、食事などの生活習慣の改善が必要でしたよね。もちろん、胸ニキビを予防するにも、食事や睡眠などの生活習慣の改善が必要です。

 

食事は、なるべく脂っこい食べ物を控えて、ビタミン・ミネラルもしっかりと摂るようにしましょう。そして、いちばん大切なのは「栄養バランスの整った食事」です。

ホルモンバランスを整えて、胸ニキビを予防するには、栄養バランスが何よりも重要な対策になります。

 

日焼け止めはクレンジングで落とす

春夏の季節は紫外線が強いので、体にも日焼け止めを塗ることが多いですよね。とくにデコルテは日焼けしやすいので、しっかりと日焼け止めを塗っている人が多いと思います。

 

でも、日焼け止めは普通の洗顔料やボディソープでは落としにくく、肌に残ってしまうことがあります。肌に日焼け止めが残っていると、毛穴をふさいでしまうため、胸ニキビができやすくなります。

 

そこで効果的な対策は、日焼け止めを塗ったら、しっかりとクレンジングで落とすこと。顔はクレンジングをしていると思いますが、胸に塗った日焼け止めも、落とし方は同じなのです。

 

ボディソープだけでは、なかなか落としきれないので、しっかりと洗うようにしましょう。でも、ゴシゴシこすって強く刺激を与える洗い方は避け、やさしく洗うようにしてくださいね。

 

ニキビ用の化粧水&保湿ケアも忘れずに

ホルモンバランスが崩れること以外で、皮脂が増える原因といえば、肌の「乾燥」です。肌が乾燥していると、皮脂を多く分泌してしまう作用があり、そうなると皮脂が毛穴をふさいで、胸ニキビができやすくなってしまうのです。

 

そのため、胸ニキビをこれ以上増やしたくないなら、保湿ケアをすることも忘れないようにしましょう。顔と同じように、化粧水や美容液、乳液などで保湿するのがオススメです。

 

また、せっかく化粧水を使うなら、「ニキビケア用の化粧水」を使うと効果的です。ニキビケア用の化粧水は、抗菌・殺菌作用が期待できるものも多いので、ちょっともったいないですが、ぜひ胸にもつけてみてください。

 

髪が胸に触れないようにする

髪の長い人は、胸に髪が触れてしまうことが多いのではないでしょうか? 髪は意外と汚れているので、胸に雑菌がつき、胸ニキビができやすくなってしまいます。

 

これを予防するには、胸に髪が触れないように束ねたり、髪を前に垂らさないようにすることが大切です。

 

ボディソープや洗濯洗剤は肌に合うものを

胸ニキビを予防するには、ボディソープや洗濯洗剤にも気をつけてみると、効果的な対策になります。ボディソープは肌に直接つけて洗うものなので、低刺激のものを選ぶと良いのは想像がつきますよね。

 

意外と盲点なのは、洗濯洗剤です。直接肌に触れる下着やブラウスを洗う洗剤の成分が、肌に刺激を与えている場合も考えられます。

そのため、無添加の洗濯石鹸や、オーガニックの柔軟剤を使ってみると良いでしょう。洗剤を変えて胸ニキビが軽減されたら、洗剤が原因だったのかもしれません。

 

胸ニキビを治して、きれいなデコルテに自信を

胸ニキビの原因と治し方、効果的な対策をご紹介しました。きれいなデコルテを手に入れて、自信を持って胸元のあいた服を着こなしましょう。

胸ニキビは、生活習慣を改善すれば治ることが多いので、毎日を健やかに過ごすことが大切です。体も心も、快適な生活を送れるように気をつければ、胸ニキビを予防することができますよ。