みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

体を引き締めたい男性の最強メソッド|運動と脂肪燃焼サプリで細マッチョになる!

f:id:m-danjyo:20180521134912j:plain

体を引き締めて「細マッチョ」になる効率的な方法

すでに何らかの運動をしているけど、「もっと効率的に痩せたい!」と思っている男性は多いですよね。

 

  • 毎日、有酸素運動をしているのにあまり痩せない
  • 本当に、筋トレをしても痩せないの?

 

このような疑問や悩みを抱えている男性は、意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「男性の体を引き締める最強メソッド」をご紹介します。

 

細マッチョになるには、どんな運動をすれば良いのか。また、効率的に脂肪燃焼させるメカニズムなどをご紹介していきますね。

 

運動と脂肪燃焼サプリで効率的に痩せるメカニズム

運動による「代謝アップ・脂肪燃焼」の効率を上げて痩せるコツは、「運動」と「脂肪燃焼サプリ」をセットで行うことです。これは、男性にオススメのダイエット方法です。ちなみに女性の場合は、皮下脂肪が多いので、また別の方法のほうが効率的です。

 

脂肪がたっぷりたまっている男性の場合、まずは脂肪を燃焼させることが先決ですが、やみくもに運動をしても、なかなか痩せられません。

 

運動をすると血行が良くなり、代謝がアップすることで痩せていくのが、ダイエットのメカニズムです。もちろん食事を調整をすることで、カロリーコントロールするのも効果的です。でも、それだけでは、なかなか効率よく痩せることができません。

 

運動をするだけでも痩せていきますが、効率よく痩せるには、もっと良い方法があります。それは、脂肪燃焼サプリで効率良く脂肪を減らすことです。

脂肪燃焼サプリには、運動による脂肪燃焼の効果をアップさせる働きがあるので、どうせ運動をするなら、ぜひ摂りたいサプリなのです。

 

では、脂肪燃焼サプリと一緒に行う運動は、どのようなものが効果的なのでしょうか?

運動には大きく分けて、筋トレなどの「無酸素運動」と、ウォーキングなどの「有酸素運動」があります。

それぞれの運動のメリットを踏まえながら、男性にオススメの方法をご紹介します。

 

効率的に痩せる運動は「筋トレ」or「有酸素運動」?

男性が効率的に痩せる運動は、「筋トレ」と「有酸素運動」では、どちらのほうが良いのでしょうか?

 

じつはこの問題は、「痩せるメカニズム」を考えたときに、賛否両論が分かれる話題です。どちらのほうが良いという根拠には、人それぞれ言い分があるようですが、「男性の体を引き締める」という目的に絞って考えていきましょう。

 

男性の体を引き締めるなら「有酸素運動」でダイエットするのが先!

脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があり、男性の場合には「内臓脂肪」のほうが多くついている可能性が高いです。もちろん、その上に皮下脂肪もついているのかもしれませんが、それはすぐに落とせないので、おいおい落としていきます。

 

それに対して内臓脂肪は、食事と運動で比較的簡単に落とすことができます。

皮下脂肪までついてしまっている人も、男性の場合は「有酸素運動」から先にするのが良いでしょう。その理由は、男性なら有酸素運動でも、比較的筋肉がつきやすいからです。

 

有酸素運動をして脂肪燃焼をしながら、筋肉量を増やして、更なる代謝アップを目指すことが可能なのです。

 

体を引き締めることが目的なら、両方を同時進行するのが基本!

とはいえ、体を引き締めることが目的の男性は、筋トレも同時進行で行うことが大事。

男性は、筋トレの効果が出やすいので、筋トレをしないのはもったいないです。できるだけ効率的に「細マッチョ」を目指すなら、筋トレは必須ですよ。

 

では、どれくらいの割合で「筋トレ」と「有酸素運動」をすれば良いのでしょうか?

これを決めるには、あなたの状態によって変わってきます。

 

◆脂肪が多い男性・筋肉がほとんどない男性の場合

有酸素運動をメインで行い、筋トレは軽めで良いでしょう。

順番としては、筋トレをしてから、その後に有酸素運動をしたほうが脂肪が燃焼しやすくなります。有酸素運動がメインなので、1時間くらいキッチリ運動することが大事です。

 

最初に筋トレをして筋肉に負荷をかけることで、筋肉が温まり、エネルギーを消費しやすくなります。

 

筋肉量が少ないといっても、男性なら体脂肪率は女性ほど多くないはずです。そのため、かすかに残っている筋肉に負荷をかけることで、代謝がグンとアップします。

 

◆筋肉があるけど、脂肪もたっぷりある男性の場合

昔スポーツをしていて、比較的筋肉があるけど、脂肪もたっぷりついている男性の場合は、筋トレと有酸素運動の割合は、半々がベスト。

筋肉量が割とある男性なら、筋トレによる「代謝アップ」と、有酸素運動による「脂肪燃焼」の相乗効果で、非常に効率的に痩せることが可能です。

 

また、前項でご紹介した「脂肪が多い男性」も、有酸素運動によって脂肪がある程度減ってきたら、こちらのパターンに変更すると良いでしょう。

 

男性の体を引き締める最強メソッド

では、今回のメインである「男性の体を引き締める最強のメソッド」を見ていきましょう。具体的にどんな運動をすれば良いのかご紹介していきます。

 

筋トレなら「スクワット」「プランク」「クランチ」

体を引き締めて「細マッチョ」を目指したい男性の場合、筋トレといっても、スポーツジムへ行って「ベンチプレス」や「バーベル」をする必要はありません。

ムキムキになりたい男性は、これくらいハードな筋トレで追い込む必要がありますが、体を引き締めて細マッチョになりたい男性は、以下のような筋トレが効果的です。

 

  • インナーマッスルを鍛える「体幹トレーニング」
  • 自分の体重の重みで負荷をかける「自重トレーニング」

 

もし、「筋トレする自分」を演出して、モチベーションを上げたい男性は、テレビを観ながら「ダンベル」で腕の筋肉を鍛えるのもオススメです。

 

スクワット

スクワットは自重トレーニングの一種で、「太もも」と「お尻」に効きます。

足を肩幅に開き、ヒザが90℃になるまで腰を落とすのが基本のスクワットです。

 

もっと負荷をかけたい人には、ポップスクワットと呼ばれる「ジャンピングスクワット」の一種をご紹介します。

 

ジャンプスクワットなら、より高負荷な自重トレーニングができますが、デメリットもあります。それは、「ヒザを痛める恐れがある」ことです。

 

基本のスクワットは、立ち上がったときに、ヒザを完全に伸ばさないことで、ヒザへの負担を軽減しています。

 

しかし、ジャンピングスクワットの場合は、ヒザを伸ばした状態から高負荷がかかることで、ヒザを痛めやすいのです。

体重が多い人や、まだあまり筋肉がない人にはオススメできません。

 

プランク

 

プランクは体幹トレーニングの基本で、「太もも」「お尻」「お腹」に効きます。体幹を鍛えると、体の深部にある「コアな筋肉(インナーマッスル)」を鍛えることができ、代謝アップに効果的だと言われています。

 

クランチ(腹筋運動)

クランチは、肩を床から離す程度の浅い腹筋運動のことで、おもに、お腹の上部に負荷がかかる腹筋運動です。

 

足を上げて、ヒザを90℃に曲げた状態でやると、より効果的です。

 

また、「リバースクランチ」と呼ばれる運動は、上体を上げるのではなく、足を上げるタイプの腹筋運動です。

通常のクランチが「お腹上部」に効くのに対し、リバースクランチは「下腹部」に効きます。どの部分を引き締めたいかによって、使い分けると良いでしょう。

 

有酸素運動は「ランニング」がオススメ

体を引き締めたい男性にオススメの有酸素運動は、「ランニング」です。有酸素運動の中では消費カロリーが多く、筋肉にも負荷がかかるので、効率的に痩せることができます。

 

ただし、今まで運動をしていなかった男性が、いきなりランニングをすると、ヒザや足首、股関節を痛める恐れがあるので、まずはウォーキングから行いましょう。

ウォーキングの消費カロリーは少なめですが、1時間のウォーキングを続ければ、適度に筋肉がついてきます。それからランニングをすると、足を痛めるリスクが減るのでオススメです。

 

脂肪燃焼サプリの効果で効率的に痩せる

体を引き締めて細マッチョになりたい男性は、脂肪燃焼サプリを飲んで運動をすると、効率的に痩せられます。

脂肪燃焼サプリには、様々な種類がありますが、燃焼系サプリの中でも最強なのがコチラ。

 

脂肪を燃焼させるには、運動をするのが一番ですが、この「ファイナルバーン」なら、基礎代謝まで上げることができます。基礎代謝とは、運動をしていない状態の「通常の生活」だけで消費されるカロリーのこと。

この基礎代謝は、加齢とともに減少していくので、昔よりも太りやすくなるのです。

 

ファイナルバーンは、通常の脂肪燃焼サプリに比べて、多角的に脂肪燃焼をサポートしてくれます。また、汗の量がスゴイのも特徴です。それだけ汗が出るということは、体をホットにして、脂肪を燃やしてくれている証拠と言えるでしょう。

 

ちなみに、基礎代謝が上がるということは、「太りにくい体」をつくることができるので、リバウンドのリスクも少ないです。

 

男性の体を引き締める「食事」のポイント

男性がダイエットする場合は、そこまで食事制限にこだわる必要はありません。間違っても、「ほとんど食べない」などの無理な食事制限をしてはいけません。それでは細マッチョではなく、単なるガリになってしまう恐れがあります。

 

摂るべき栄養はしっかり食べて、余計な物は食べないのが、最大のポイントになります。男性でもスイーツ好きだったり、お酒と一緒にお菓子を食べる男性も多いのではないでしょうか?

長期的にゆっくりとダイエットするなら、少しくらいはお菓子を食べてもOKです。でも、短期的に効率よく痩せたい男性は、余計な物は食べないほうが良いでしょう。

 

余計な食べ物とは……
  • 糖分たっぷりのお菓子
  • 揚げ物などの脂肪分たっぷりの食べ物
  • カップ麺やスナック菓子などのジャンクフード

 

これらの食べ物は、せっかく減らした内臓脂肪を増やす原因になります。そのため、効率的に体を引き締めたいなら我慢しましょう。

 

でも、食事量をそこまで減らす必要はありません。必要な栄養をバランスよく食べれば、満足できる量を食べることが可能です。

 

必要な栄養とは……
  • タンパク質……脂肪分の少ないチキン・タマゴ
  • 良質な脂質……ココナッツオイル・アボカド・アーモンドなど
  • 少量の糖質……白米を玄米に変えるのがベスト
  • ビタミン……ビタミン類はたくさんあるのでバランスよく
  • ミネラル……ミネラル類は過剰摂取に注意。少量でOK

 

「ビタミン」とは、ビタミンA~K・葉酸・ナイアシン・パントテン酸・ビオチンといった様々な栄養素の総称です。そのため、「何を食べればビタミンが摂れる」ということはなく、色々なものをバランスよく食べることが大切です。

 

ビタミンとは……
  • ビタミンA……レバー・うなぎ
  • ビタミンB1~B12……豚肉・チーズ・納豆・マグロ・アサリなど
  • ビタミンC……赤ピーマン・小松菜
  • ビタミンD……きくらげ・魚類
  • ビタミンE……アーモンド・アボカド
  • ビタミンK……納豆・かぶの葉・大根葉
  • 葉酸……アスパラガス・トウモロコシ
  • ナイアシン……肉類・魚介類
  • パントテン酸……牛乳・白米
  • ビオチン……ピーナッツ・レバー

 

これを見てもわかる通り、色々なものをバランスよく食べる必要がありますね。

そしてミネラルには、カルシウム・マグネシウム・亜鉛などがありますが、摂り過ぎると過剰摂取になる恐れがあるので、少量を摂ればOKです。

 

脂肪燃焼サプリで効率的に痩せるコツ

脂肪燃焼サプリは、有酸素運動の前に飲むのが効果的だというイメージがありますが、筋トレ前でも効果があります。

 

脂肪を燃やすのは「筋肉」ですから、筋肉に熱を与えることで、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。「脂肪燃焼サプリ」に体を温める効果があるのは、そんな理由からです。

そして、筋トレはまさに「筋肉が熱くなる」運動なので、軽めの筋トレでも効果を高めてくれるのが、脂肪燃焼サプリの効果です。

 

効果的な飲むタイミングは、運動前です。運動前に飲むことで、代謝をアップして、痩せやすくしてくれます。

「運動」と「脂肪燃焼サプリ」の相乗効果で、効率的に体を引き締めていきましょう。

 

体を引き締めて細マッチョになりたい男性は、筋トレ必須!

体を引き締めたい男性の最強メソッドをご紹介しました。細マッチョになるためには、「運動」と「脂肪燃焼サプリ」の相乗効果が大事なポイントです。

そして、「筋トレ」と「有酸素運動」のコラボが、脂肪を効率よく燃焼してくれます。

男性につきやすい「内臓脂肪」は、「運動」と「食事」で落とせるので、トータルバランスを考えたダイエットをすると良いでしょう。頑張ってくださいね。