みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ワキガ発症年齢と手術の年齢制限は?手術をしなくてもワキガ臭を消す対策

f:id:m-danjyo:20180529150514j:plain

ワキガ発症年齢とワキガ手術について

体臭が気になるようになると、人とのコミュニケーションに支障をきたす場合もありますよね。それがワキガだとすれば、余計に気になってしまうことでしょう。

 

ワキガを発症する年齢は、勉強や仕事、恋にも一生懸命になるお年頃が多いようです。多感な時期だけに、悩みも深いと思います。

でも、それでは人生を損してしまいますので、ワキガについて正しい知識を知っておきましょう。

 

そこで今回は、ワキガを発症する年齢はいつなのか、ワキガ手術は何歳からできるのか、などをご紹介していきます。

 

さらに、手術をしなくてもワキガ臭を改善する対策もご紹介しますので、あきらめないでくださいね。きっとワキガを改善できるはずです。

 

ワキガは遺伝する? 原因はアポクリン腺の数

「ワキガはうつる」と思っている人がたまにいますが、わきがは体質なので、うつることはありません。ワキガのおもな原因は、「遺伝」だと言われています。

ワキガは、アポクリン腺という汗腺の数と、アポクリン腺の発達具合によって臭いを発します。では、具体的に見ていきましょう。

 

アポクリン腺の数は、生まれつき決まっている

ワキガの原因である「アポクリン腺」の数は、生まれつき決まっています。

でも、生活習慣によっては、ワキガ体質であっても、ワキガを発症しない場合があります。

 

発症しないと言うよりも、厳密には「ワキガ臭がほとんどしないワキガ体質の人」と言えます。

 

両親がワキガの場合は80%の確率で遺伝する

両親ともワキガ体質の場合は、約80%の確率で子どもに遺伝すると言われています。これは、かなりの確率と言えますよね。

つまり、夫婦でワキガ体質だった場合は、お子さまにも遺伝する確率が高いので、自分のワキガよりも、お子さまのワキガを気にするご両親も多いようです。

 

ちなみに、ワキガ手術を受けてワキガが完治したとしても、体質は変わらないので、お子さまに遺伝する確率は変わりません。

 

片親がワキガの場合は50%の確率で遺伝する

片親がワキガ体質の場合は、約50%の確率で遺伝すると言われています。五分五分の確率だと、運を天に任せるような感じがします。

 

日本人は、欧米人に比べてワキガ体質の人が少ないので、自分がワキガ体質であることに気づいたらショックですし、ちょっと肩身の狭い思いをすることになるかもしれませんね。

 

でも、ワキガ臭がほとんどしないような対策もありますので、なるべく気にしすぎずに、リラックスして過ごすことがワキガ臭の軽減にもつながります。

 

ワキガの発症年齢はいつ?

では、ワキガ体質を受け継いだ人が、ワキガを発症する年齢は、何歳くらいなのでしょうか?

 

思春期からアポクリン腺が発達する

ワキガの発症年齢は、思春期が多いと言われています。

アポクリン腺の数は、生まれつき決まっていますが、アポクリン腺が活発になることで、ワキガが発症しやすくなります。アポクリン腺は、思春期を境にして、発達することが多いです。

 

◆男性は18歳くらい

一般的には、男性で18歳くらいにワキガを発症することが多いようです。男性はワキ毛の処理をしないことが多いので、臭いが出やすいのが特徴です。

 

◆女性は16歳くらい

男性よりも、女性のほうが成熟度が高いため、ワキガを発症する年齢が、比較的早いと言われています。だいたい16歳くらいが多いでしょう。

 

早い子は小学生でも発症する

ワキガの原因であるアポクリン腺は、10歳くらいから成長していくため、早い子だと小学生でもワキガを発症する場合があります。

 

遅くとも20歳までに発症する確率が高い

ワキガの原因であるアポクリン腺は、思春期から発達しはじめ、20歳くらいまで成長し続けます。そのため、20~25歳を過ぎてからワキガを発症する人は、ほとんどいないと言えるでしょう。

 

ただし、今までの生活環境とガラリと変わった場合、ワキガ臭が発生することがあります。この場合は、もともとワキガ体質であったと考えられるので、ワキガ自体が発症したわけではありません。

 

ワキガ体質のチェック方法

ワキガの原因は、汗腺の1つである「アポクリン腺」の数で決まります。汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」があり、体温調節をする汗が出るのはエクリン腺です。

一方アポクリン腺は、昔はフェロモンの匂いと言われていました。

 

アポクリン腺の数は、生まれつき決まっているのですが、発達しやすい人と、発達しにくい人がいるため、自分がワキガ体質なのかわかりにくい人もいるかもしれません。

 

ワキガ体質をチェックする方法として、もっとも有効なのは「耳アカが黄色くベタベタしているかどうか」です。

 

それ以外にもワキガ体質のチェック方法が詳しく知りたい人は、コチラをご覧ください。

わきが・加齢臭・体臭のチェック方法|ニオイの種類によって違う効果的な対処法

 

女性は生理周期でワキガ臭に変化がある

ワキガ体質だとわかった人は、ちょっとショックですよね。ワキガ体質は、男女比率としてはほぼ同数ですが、やや女性のほうが多いようです。

 

女性の場合は、生理周期によって、ワキガ臭が強くなったり、弱くなったりすることが多いです。それは、ホルモンバランスの変化による影響なので、日頃からストレスのない生活を心がけることも大切です。

 

手術をしなくてもワキガ臭を消す対策

ワキガの原因は遺伝要素が大きいので、残念ながら、ワキガにならない方法はありません。ただし、ワキガ体質だったとしても、必ずしもワキガ臭を発するとは限らないのです。

 

では、どのような対策をすれば、ワキガ臭を発することなく、悩みを解消することができるのでしょうか?

 

食事に気をつければ、ワキガ臭が出にくい 

ワキガ体質でもワキガ臭を軽減する対策は、食事に気をつけることです。食生活によっては、ほとんどワキガ臭がしなくなることもあるようなので、ぜひ改善したいですよね。

 

ワキガ対策になる食事とは、以下のようなものです。

 

  • 動物性タンパク質を控える(肉・乳製品など)
  • 栄養バランスの良い食生活をする
  • 和食や野菜中心の食事をする

 

このような食生活にすれば、アポクリン腺を刺激することが減り、ワキガ臭が軽減される可能性が高いです。

 

体の洗い方・お風呂の入り方で対策も可能

ワキガ体質でもワキガ臭を軽減する対策は、体の洗い方やお風呂の入り方を変えることです。では、どのようなことに気をつければ良いのか、ポイントをご紹介しましょう。

 

◆お風呂でたっぷり汗を出す

アポクリン腺は体温調節で汗が出るわけではありませんが、かなりの量の汗をかくと、アポクリン腺からも汗が出ると考えられます。

 

またアポクリン腺は、一度活動すると、24時間は休止すると言われているので、1日1回ガッツリと汗をかけば、ワキガ臭を消せる可能性が高くなります。

 

◆アポクリン腺がある場所をしっかり優しく洗う

ワキガ対策になる体の洗い方は、アポクリン腺がある場所をしっかりと洗うことです。

アポクリン腺がある場所とは……

  • ワキ
  • 乳輪
  • デリケートゾーン
  • お尻
  • おへそ

この場所をしっかり洗うことが、ワキガ臭を軽減する対策なのですが、ゴシゴシ強く洗うと、ワキガ臭が悪化する恐れがあります。

 

肌に刺激を与えると、アポクリン腺も刺激を受けて、ワキガ臭が強く出る傾向があるのです。そのため、やさしい力で洗うことが大切ですよ。

 

◆ワキに保湿クリームを塗ると臭いが軽減される

ワキガ対策として、さいきん注目されているのは「保湿」です。ワキガ臭は、肌が乾燥したり、荒れていると強く発せられることが多いようです。

 

そのため、お風呂上がりには、ワキを保湿ケアしてあげると、ワキガ臭を軽減できる可能性が高くなります。

 

◆お風呂上がりにデオドラントクリームなどを塗る

ワキガ臭に効くデオドラント剤は少ないですが、ワキガ専用のデオドラント剤を使うことで、効果的なワキガ対策ができます。

 

とくに「デオドラントクリーム」と呼ばれる種類なら、肌にしっかりと密着して、ワキガ臭を抑えてくれる効果があります。

 

激しい運動・15分以上の有酸素運動

ワキガ体質でもワキガ臭を軽減する対策は、運動によって汗をかくことです。運動は、激しい運動でも有酸素運動でもOKです。

 

一気に激しい運動をして、ダクダクの汗をかくこと。もしくは、最低でも15分以上の有酸素運動をすることで、じっくり汗をかくことが大切です。

 

また、運動することでストレスが軽減できたり、ホルモンバランスが整ったりする効果もあるので、健康のためにもワキガのためにも、運動することをオススメします。

 

小まめに汗を拭き、できれば着替える

ワキガ体質でもワキガ臭を軽減する対策は、小まめに汗を拭いて、服が汗で濡れたら着替えることが効果的です。

 

アポクリン腺から出る汗は、最初は無臭なのですが、皮膚にある雑菌と混ざり合って繁殖することで、強い臭いになります。そのため、小まめに汗を拭けば、臭いを軽減できるでしょう。

 

また、服についた汗が、強い臭いを発することが多いため、できれば着替えることをオススメします。

 

ワキ毛を処理する

ワキガ対策に効果的なのは、ワキ毛を処理することです。ワキ毛があると、雑菌が繁殖しやすくなるため、ほぼ確実にワキガ臭が強くなります。

 

とはいえ、ワキ毛を抜くと、アポクリン腺を刺激してしまい、ワキガが悪化する恐れがあるので、絶対に抜かないでください。カミソリで剃るのが一般的ですが、肌も一緒に削り落としてしまうため、自己処理するなら「電気シェーバー」がオススメ。

 

できれば、「ワキ脱毛」をすることをオススメします。ただし、ワキ脱毛をしても、ワキガ臭がなくなるわけではありません。でも、だいぶ軽減されるはずです。

 

塩化アルミニウムなどの薬で臭いを消すことも可能

ワキガの度合いによって変わるとは思いますが、皮膚科で処方される「塩化アルミニウム」という薬は、ほぼ完全にワキガ臭を消すことも可能だと言われています。

 

ただし、定期的に皮膚科を受診しなければならないので、時間的・費用的にも大変かもしれません。また、最近では処方してくれる場所が減っているというウワサもありますので、事前に確認してから受診すると良いかもしれません。

 

ワキガは手術しないと治らない? 手術の年齢制限はあるの?

ワキガ体質であっても、臭い対策や対処法があるということをご紹介しました。では、そもそもワキガは、手術をしないと治らないのでしょうか? また、ワキガ手術をするなら、何歳からできるものなのでしょうか?

 

手術以外で治ることはない

残念ながら、ワキガは手術以外で治ることはありません。ただし、先にご紹介したような対策や対処法がたくさんあるので、その全てに効果がなかった場合のみ、手術を検討するようにしましょう。

 

なぜなら、ワキガ手術で100%治るとは限らないからです。ワキガ手術は、最終手段と考えておきましょう。

 

中年以降にワキガ臭が軽減すると言われている

ワキガの原因であるアポクリン腺は、思春期に発達し、中年以降には衰退していくと言われています。そのため高齢になると、ワキガ臭が軽減されることが多いようです。

 

それを考えると、できるだけ手術しない方向でオススメしたいのですが、なにせ多感な思春期や、恋愛・結婚の適齢期ですから、気になるのは当然のことですよね。

 

ワキガ臭をほとんど消せるような対処法もありますので、日頃の生活で改善できるように努めたほうが良いと考えられます。

 

ワキガ手術は、15歳以上が望ましい

どんなワキガ対策をしても効果がなく、生活に支障をきたすほどの状態なら、ワキガ手術をすることも検討して良いかもしれません。

 

一般的にワキガ手術をするなら、15歳以上が望ましいと言われています。あまり若いうちに手術をすると、その後でアポクリン腺が発達することもあるため、できれば20歳以降にワキガ手術をしたほうが良いでしょう。

 

といっても、病院によって年齢制限は異なり、大人でも積極的に手術を勧めない病院がほとんどです。その理由は、先ほども言ったように100%治る保証がないからです。

できるだけ手術以外の方法で、ワキガに対処することをオススメします。

 

ワキガ手術の方法|リスクや費用は?

「どうしてもワキガ手術をしたい」という場合には、どんな方法があって、リスクや費用はどうなっているのでしょうか?

 

ワキガ手術の方法は、おもに3種類

ワキガ手術の方法は、最近では増えていますが、おもに3種類あります。「皮膚を切り取る方法」「アポクリン腺を見ながら取りのぞく方法」「皮膚を小さく切って、見えないアポクリン腺を取り出す方法」です。

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、費用は保険が適用される手術と、自費の手術があります。

 

切除術

もっとも古くから行われているワキガ手術ですが、現在は行っている病院が少ないようです。

皮膚を切除して、縫い合わせる方法です。アポクリン腺も、ワキ毛が生えている場所も、皮膚ごと取りのぞくので、効果は高いですが、切り取れる皮膚の範囲が限られるので、完全に取り除くことはできない場合もあります。

 

また、皮膚を寄せて縫い合わせるので、傷口が目立つことと、皮膚が突っ張った感じになるというデメリットがあります。保険は適用されます。

 

皮弁法(ひべんほう)

皮膚を3~5センチほどめくり上げて、アポクリン腺を見ながら取りのぞく方法です。効果は高いですが、技術が必要になるため、医師によってメリット・デメリットが変わってきます。

 

保険適用で総額5万円くらい(検査など含む)、自費で30万円くらいの費用がかかります。医師の技術によって、リスクが異なるので、病院選びが大切です。

 

吸引法・小切開法

傷口は小さくて済むのがメリットのワキガ手術ですが、保険が適用されないことと、完全にワキガを治せる確率が低いのがデメリットです。

自費で15万円くらいかかります。

 

最新技術のワキガ手術

ワキガ手術は、最新の方法がいくつかあります。どれも傷口が目立ちにくいのはメリットですが、保険適用外の場合が多いので、自費で30~40万円くらいかかります。

 

病院によって、できる手術が異なるので、事前に下調べをしておくことが必要です。また、手術の方法によって、ワキガ再生率が変わります。

 

ワキガ手術の費用は高額になることが多い

ワキガ手術の費用は高額になることが多く、保険が適用されても3~15万円くらいかかります。自費の場合は30~40万円くらいが相場です。

 

高額な割に、アポクリン腺が再生されることも多く、100%完治できるかは、手術の方法や医師の技術によって異なります。

 

ワキガ手術にリスクはあるの?

ワキガ手術で考えられるリスクといえば、以下の2つです。

  • 傷跡が残る
  • ワキガが再発する恐れがある

 

ワキガの悩みは、人生を左右するほど大きいとは思いますが、できれば手術以外の方法で、ワキガ対策をすることをオススメします。

 

大人になってからワキガを発症することはあるの?

基本的には、20歳以降でワキガを発症する確率は極めて低いと考えられます。ワキガは、何らかの原因がある「病気」ではなく、両親から受け継いだ「体質」によるものです。もしくは、両親ではなく、親類の誰かがワキガの場合もあるかもしれません。

 

いずれにしても、アポクリン腺の数は生まれつき決まっているので、大人になってからワキガを発症することはほぼありません。では、なぜ大人になってからワキガが気になり始める人がいるのでしょうか?

 

アポクリン腺の数は変わらないが、何らかの原因で発達する

冒頭のほうでもご紹介したように、アポクリン腺の数は、生まれつき決まっています。そのため、大人になってからワキガを発症することはありません。

 

でも、今までワキガ臭を感じなかったのに、とつぜんワキガ臭が気になりはじめたなら、生活環境の変化が原因かもしれません。

 

◆もともとワキガ体質で、生活環境の変化によって発達する

もともとワキガ体質だったけれど、食生活や生活習慣によって、かなり臭いを軽減できていた場合、生活環境が変わると、ワキガを発症したと感じることがあります。

 

とくに、「ストレスが増えた」「食習慣が変わった」などが考えられます。

 

動物性の食品をなるべく食べないようにして、和食中心の食事を心がければ、ワキガ臭を抑えることができるでしょう。また、ストレスによって汗の質が変わったり、ホルモンバランスが崩れると、ワキガ臭が強くなる傾向があります。

 

欧米化した食習慣で、ワキガが発症したと感じる

欧米人の約80%、黒人のほぼ100%は、ワキガ体質だと言われています。そのことからもわかるように、欧米化した食習慣によって、ワキガが発症したと感じる場合があります。

 

その理由は、アポクリン腺が発達しやすいからです。ちなみに日本人でワキガ体質なのは、約10%強だと言われています。

 

つまり、和食や野菜などを中心に食べることで、ワキガ体質であっても、ワキガ臭を軽減することができます。

 

ワキガ手術をする前に、まずは対処法を試してみて!

ワキガの発症年齢やワキガ手術についてご紹介しました。

思春期から悩み始めることが多い「ワキガ」ですが、なるべく手術をしないで対処する方法を見つけることをオススメします。ワキガの度合いにもよりますが、ワキガ臭をほぼ完全に消すことができる対処法もありますので、ぜひ試してみてくださいね。