みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

脱毛の料金プランは月額制と回数制のどっちが安いの?

f:id:m-danjyo:20180530121459j:plain

脱毛料金が安いのは月額制と回数制のどっち? 

脱毛したいと思うけど、料金プランが色々ありすぎて、どれを選んだら良いかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

できるだけ安く脱毛したいのは、誰しも思うことですが、最終的に、どの料金プランが安くなるのか、ひと目ではわかりませんよね。

 

そこで今回は、脱毛サロンの複雑な料金システムについてご説明します。

月額制と回数制では、どっちのほうが安くてお得なのか、それを解明していきましょう。

 

月額制の料金プランってどんなシステム?

月額制の料金プランは、おもに2種類あります。わかっているようで、意外と知らない料金システムについてご紹介しましょう。

 

①いわゆる「月謝」のような料金システム

月額制の料金システムとは、「月々いくら」という月謝のような支払方法になります。入会金も解約料も発生しないなら、気軽に通える料金プランと言えますね。

ただし、「最低でも3ヶ月の継続が必要」などの縛りがある場合があるので、確認したほうが良いでしょう。場合によっては解約料がかかることも。

 

また、月額が安いからという理由だけで脱毛サロンを決めてしまうと、通いはじめてから「こんなはずじゃなかった!」となるケースもあります。

 

たとえば月額が千円台でも、脱毛できる頻度が3ヶ月に1回しかできない場合は、1回あたりの金額は3000~5000円くらいかかる計算になります。また、施術時間が短い場合は回数が必要になるので、結果的に高額になることも考えられます。

 

見た目の料金に惹かれてしまう気持ちはわかりますが、しっかりと内容をチェックするようにしてくださいね。

 

②ローンを月払で返済している料金システム

月額制の料金システムの2つめは、いわゆる「分割払い」の支払方法です。あらかじめ総額が決まっていて、それを月ごとに分割払いをしている契約になります。

つまり、ローンを月々返済している状態ですね。

 

この料金システムの場合は、月額制でも簡単に解約できません。回数制の料金プランもある脱毛サロンなら、どちらが安いのか比較してみることをオススメします。

 

脱毛の料金プランを月額制にするメリット

では、月額制の料金プランにするメリットには、どんなことがあるのでしょうか?

 

いつでも解約できる(月謝型の場合)

「月謝型」の月額制の場合は、いつでも解約できるのがメリットです。入会金も解約料もかからない脱毛サロンなら、好きなときに「解約」「再契約」ができますね。

気軽に脱毛をしたい人には、オススメの料金プランです。

 

初めての脱毛プランとしてはオススメ

分割型や回数制の料金プランの場合は、あらかじめ総額が決まっているので、初めて脱毛する人にとっては、ちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

 

でも、月謝型の月額制なら、初めて脱毛する人でも、始めやすいのがメリットです。とりあえず脱毛を体験してみたい人でも、気軽に通えるのがメリットです。

 

脱毛の料金プランを月額制にするデメリット

では、脱毛の料金プランを月額制にするデメリットとは、どんなことなのでしょうか?

 

シェービング代は別料金のサロンが多い

月額制のデメリットは、シェービング代が別料金になっている場合が多いようです。月額制を選ぶときは、月々の金額だけでなく、追加料金が発生するケースはないかどうかを確認すると良いでしょう。

 

予約が取りにくいサロンがあるかも

脱毛サロンによっては、月額制の人よりも、回数制の人の予約が優先される場合があるそうです。その理由として考えられるのは、回数制のほうが総額を支払う約束がされているので、脱毛サロンからすると良いお客様です。

 

でも月謝型の月額制の場合は、いつ解約されるかわからないし、予約をたくさん入れてしまったら、早く脱毛が終わってしまいます。そのため、サービス面で回数制よりも劣ってしまう場合が考えられます。

 

回数が多いほうがお得とも限らない

月額制の場合、回数が多いほうがお得な感じがしますよね。同じ月額を支払うなら、回数が多いほうが、1回あたりの金額が割安になります。

 

でも、必ずしもそうとは限りません。なぜなら、1回あたりの施術範囲や、施術時間によっては、1回分の脱毛を2回に分けて施術する場合があるからです。

 

脱毛の料金プランを選ぶときは、回数や金額だけでなく、1回の施術がどんなものかまで確認する必要がありますね。

 

回数制の料金プランってどんなシステム?

月額制の料金プランについてご紹介したので、次に、回数制の料金プランについてご説明します。

 

回数と総額が決まっている

回数制の料金システムとは、回数と総額が決まっているパックを購入するようなイメージです。月々の金額ではなく、ある程度の金額を一括で支払うことが多いため、ちょっと抵抗がある人もいるかもしれません。

 

分割払いができる場合もあるので、確認してみると良いでしょう。

 

回数が多いプランのほうが、1回あたりの金額が安い

回数制の料金システムは、回数が多い契約のほうが、1回あたりの金額が安い場合が多いです。いわゆる「まとめ買いがお得」みたいなイメージですね。

確認することと言えば、1回あたりの施術範囲です。1回でどこまで脱毛してくれるのかによって、1回あたりの料金がお得かどうかがわかります。

 

何回プランを選ぶかによって、総額が変わってくる

回数制の料金システムのむずかしいところは、何回プランを選ぶのかを自分で決めなければいけないことです。何回プランを選ぶかによって、総額が変わってきます。

 

たとえば「6回プラン」と「10回プラン」があったとします。とりあえず6回プランにしたけど、それでは足りなくて、もう一度6回プランを買いました。でも、2回分を残して脱毛が完了してしまった場合、最初から10回プランを買ったほうが、総額ではお得になります。

 

脱毛の料金プランを回数制にするメリット

では、脱毛の料金プランを回数制にするメリットとは、何でしょうか?

 

優先的に予約できる場合が多い

回数制のプランで脱毛を契約すると、優先的に予約できる場合があります。でもこれは、必ずしもそうとは限らないので、気になる脱毛サロンの口コミなどを参考にすると良いでしょう。

 

回数が多いほど1回あたりの金額が安くなる

先ほども説明したように、脱毛の料金プランを回数制にするメリットは、回数が多いプランを選ぶと、1回あたりの金額が安くなることです。

 

たとえば、6回プランと12回プランなら、12回プランのほうが1回あたりの金額は安くなります。ただし回数制は、金利がつく場合があり、6回プランは無利子だけど、12回プランには金利がつくなど、回数によって異なるケースがあります。

 

自分のペースで通える・脱毛完了までが早い

回数制のメリットは、月に何回などと決められていないので、自分のペースで通えることです。早く脱毛を終了したい場合には、スケジュールをつめて予約することもできるので、予定が立てやすいでしょう。

そのため、脱毛完了までが早い場合が多いです。

 

脱毛の料金プランを回数制にするデメリット

では、脱毛の料金プランを回数制にするデメリットには、どんなことがあるのでしょうか?

 

脱毛が終わったのに、チケットが余ってしまう場合がある

回数制のデメリットは、脱毛が完了したのに、チケットが余ってしまう場合があることです。そのため、1回あたりの金額はお得でも、総額としてはムダになってしまうこともあります。 

 

回数分の脱毛が終わっても、まだムダ毛が残っている

逆に、回数分の脱毛が終わっても、まだムダ毛が残っている場合も考えられます。その場合は、新たに料金プランを契約する必要があり、月額制にするのか、回数制にするのか選ぶ必要があります。

 

脱毛サロンによっては、料金システムを変えられない場合もあるかもしれません。たとえば追加で回数制の契約をした場合、今度はチケットが余ってしまうことも考えられるので、脱毛が終了するまでの総額で判断するほうが良いでしょう。

 

とはいえ、どれくらいで自分の脱毛が完了するのか、判断するのはむずかしいところがあります。

 

実質的にはローンと同じなので、金利がかかる

回数制のデメリットは、実質的にはローンと同じシステムなので、金利がかかる場合が多いことです。

1回あたりの金額が安いほうがお得なのか、金利なしのプランのほうがお得なのかを、しっかりと見極めることが大切です。

 

月額制と回数制では、どっちの脱毛料金が安いの?

結局のところ、月額制と回数制では、どちらの脱毛料金のほうが安いのでしょうか?

 

総額や回数制限による

月額制と回数制では、どちらの脱毛料金が安いのかは、支払の総額や何回通えるのかによって変わってきます。

 

  • 月々の支払金額はいくらなのか
  • 総額の支払金額はいくらになるのか
  • 月に通える回数は何回か

 

などによって、お得具合が変わってくるので、一概にはどちらがお得とは言い切れません。サロンによって様々な契約があるので、契約内容をじっくり見比べてみましょう。

 

一番わかりやすいのは、脱毛1回あたりの金額を割り出すことでしょう。ただし、脱毛機器によって脱毛効果が違うので、安いプランの場合は、脱毛効果が弱い場合もあるそうです。

 

毛量が多い人は回数制のほうが安い場合が多い

1つの結論として、毛量が多い人、つまり回数が多くなる人の場合は、回数制のほうが安くなる場合が多いです。

なぜなら、月額制だと月に通える回数が決まっていることが多いので、そのぶん脱毛期間が長くなることが予想されます。

 

脱毛期間が長くなれば、それだけ月謝を払い続けることになるので、総額は高くなると考えられるのです。

 

逆に毛量が少ない人の場合は、回数制だとチケットが余ってムダになってしまうこともあるので、月額制のほうがお得な可能性が高いです。

 

脱毛の料金プランの選び方

月額制や回数制のメリットやデメリットがわかったところで、最終的に、脱毛の料金プランは、どのようにして選べば良いのか見ていきましょう。料金プランの選び方のポイントをご紹介します。

 

1回あたりの脱毛料金はいくらなのか?

やはり選び方のポイントは、「1回あたりの脱毛料金」が目安になります。

ただし、1回あたりの脱毛料金を計算したとしても、脱毛サロンによって、1回の施術範囲が違います。たとえば、「上半身だけ」とか「全身」とか、1回あたりの施術時間が短い場合もあります。

 

そのため、回数が多かったり、頻度が多いほうが安いとも限らないのが、料金プラン選びのむずかしいところです。

 

脱毛完了まで、どれくらいかかるのか?

最初のカウンセリングの時点で、だいたい自分の脱毛完了までに、どれくらいかかるのかがわかれば、料金プラン選びの基準になりますよね。

 

あまり明確には教えてくれないかもしれませんが、「総額」や「脱毛完了までの回数」の目安だけでもザックリとわかれば、月額制か回数制か選びやすいかもしれません。

 

キャンセル・解約料・入会金などの有無

料金プランの選び方は、予約をキャンセルした場合のキャンセル料や、解約料、入会金の有無などを確認しておくことです。

たとえば回数制の場合は、1回分を消化されることもあります。

 

脱毛サロンによってもシステムが異なりますし、同じ脱毛サロンでも、料金プランによって異なる場合がありますので、あらかじめ確認しておかないと、余計な料金が発生してしまう場合があるでしょう。

 

最低契約月数の縛りはあるか?

月額制の料金プランを選んだ場合、たとえ入会金や解約金がなくても、最低契約月数の縛りがある場合があります。

 

たとえば、最低でも3ヶ月は通うことが必要になるなど、脱毛サロンによって契約が異なります。また、途中で通わない期間があった場合に、料金が発生するのかしないのか、確認しておくと良いでしょう。

たいていは、月額が発生する場合が多いです。

 

通った分だけ払う「都度払いシステム」で、月ごとにまとめて払うような月額制の場合は大丈夫ですが、1回分の料金が割高である場合が多いです。

 

シェービング代などは別料金か?

脱毛サロンの施術である「光脱毛・フラッシュ脱毛」の場合は、脱毛前にムダ毛処理をする必要があります。自分で処理してから施術をすることもできますが、脱毛サロンでシェービングをしてもらう場合もあります。

 

そのシェービング代は、別料金が発生するのかを確認して選ぶと良いでしょう。多くの場合、回数制なら無料になることが多いようです。

 

脱毛の料金プランは総額を予想して決めるのが基本です

脱毛の料金プランについてご紹介しました。月額制と回数制のどちらが安いのか、あまり明確にならない理由は、脱毛サロンによってルールがバラバラだからです。

無料お試し体験などをして、くわしく料金システムについて質問しておくと、後で自分で比較しやすいですね。

 

選び方のポイントとしては、「1回あたりの金額」「総額」「1回あたりの施術範囲」などが目安になるでしょう。最終的なポイントは、脱毛完了までの総額で決めるのが基本になります。

できるだけ安く、満足できる脱毛をしてもらうために、脱毛サロン選びは慎重にしましょうね。