みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

胸が蒸れるとニオイやかゆみの原因に|蒸れを防いで快適なバストになる方法

f:id:m-danjyo:20180531105631j:plain

胸が蒸れる原因と対策でサラサラなバストへ!

暑い夏のレジャーや運動後、胸の谷間が汗でビッショリになってしまうことってありませんか?

また、冬でも暖房が効きすぎて、胸が汗ばんでしまうこともありますよね。

 

そのまま放っておくと、いつの間にかイヤなニオイがしたり、胸が蒸れてかゆくなってしまうこともあるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「胸が蒸れる原因」と、「胸の蒸れを防いでサラサラ快適にする方法」をご紹介します。

なかなか人前でケアできない「胸汗」の悩みを解決していきましょう。

 

胸が蒸れるとニオイやかゆみの原因になる

胸に汗をかくと、色々と困ったことが起こりますよね。あなたも、こんなことで悩んでいるのではないでしょうか?

 

  • 汗蒸れで胸がかゆい
  • 胸ニキビができやすくなる
  • 胸のニオイが気になる

 

胸は汗の量が多く、流れているのを感じることもありますよね。でも人前で拭くこともできないし、困っている女性は多いことでしょう。

 

また、汗で服が濡れると、肌にペタペタと貼りついたり、ブラが透けてしまうこともありますよね。着替えを持っていないと、蒸れやニオイが気になります。

 

もし着替えを持っていたとしても、ブラがビショビショに濡れていると、着替えた服まで濡れてしまうことも。そうなると、せっかく着替えても意味がないですよね。

 

胸に汗をかいて蒸れると、かゆくなったり、ニオイが気になる人も多いと思います。また、胸ニキビができやすくなり、対策に困っている人も多いかもしれませんね。

では、そもそも胸って、なぜそんなに汗をかくのでしょうか?

 

胸が蒸れる原因は?

胸って意外と汗をかきやすいですが、それもそのはず。じつは皮脂腺が集まっている場所なのです。つまり、汗が多く、雑菌も溜まりやすい場所という条件がそろっているのです。

 

そのため胸ニキビができやすくなったり、ニオイが気になったりすることが多いのです。毎日清潔にしている人でも、なぜか蒸れてしまう胸。その原因をご紹介していきます。

 

ブラのサイズが合っていない

胸が蒸れる原因は、もしかしたらブラのサイズが合っていないのかもしれません。サイズが小さいと締めつけ過ぎて、汗が出やすくなったり、胸が蒸れやすくなります。

逆にサイズがゆる過ぎると、肌とこすれてかゆみの原因にもなります。

 

バストアップのためにも、胸の蒸れを防ぐためにも、サイズの合ったブラジャーをつけることが基本なんですね。

 

胸を寄せると肌が密着して蒸れやすい

少しでもキレイなバストに見せたいのが、すべての女性の願いと言っても良いでしょう。でも、胸を寄せると肌同士が密着して、蒸れやすい状態になってしまうのです。

 

そのため汗をかきやすくなったり、胸が蒸れてニオイやかゆみの原因にもなります。

これを改善するには、締めつけ過ぎない「ノンワイヤーブラ」をつけたり、胸が蒸れにくくなる素材のブラを選ぶことが大切です。

 

ブラや下着の素材にこだわるなら、シルクやコットンがオススメです。汗を吸いとりやすく、乾きやすいのが特徴の素材です。

 

洗い方によってはニオイの原因になりやすい

毎日お風呂で清潔にしているのに、胸に汗をかくと、イヤなニオイがすることってありますよね。胸には、ニオイの強い汗を出す「アポクリン腺」という汗腺があるため、ニオイが気になる場合があるのです。

 

ワキガ体質の人は、俗に言う「チチガ」になっている可能性もあり、汗をかくとニオイが気になるのかもしれません。

これを改善するには、ニオイ対策に効果的なボディソープを使ったり、肌を守るように優しく洗うことが大切です。

 

肌を守ることで雑菌の繁殖を防ぎ、ニオイの原因を軽減することができます。

 

胸の蒸れを防いで快適なバストになる方法

では、胸の蒸れを防いで快適なバストになるには、どのような方法があるのでしょうか? 対策は、おもに2つあります。

 

  • 汗をかかないようにすること
  • 胸が蒸れないように対処すること

この2つのポイントに沿って、解決策を見ていきましょう。

 

ブラや肌着は、汗を吸いとる素材にする

ブラの素材は、ナイロンやレースなどの化学繊維の場合が多いですよね。すると、あまり汗を吸いとらずに、蒸れてしまうことが多いのです。

 

このような胸の蒸れを防いで快適なサラサラバストになる方法は、ブラの素材を汗を吸いとりやすいものに換えることをオススメします。

また、ブラだけでなく、汗を吸いとり、すぐに乾くような素材の「肌着」を着ておくと良いでしょう。

 

小まめにシートなどで拭く

胸の蒸れを防いで快適なバストになる方法は、汗をかいたら、なるべく小まめに拭くことです。汗ふきシートやティッシュ、ハンカチなどで汗を拭きとることで、イヤなニオイを防ぐことができます。

 

汗をかいて時間が経つと、雑菌が繁殖してニオイが発生するので、なるべく早めに拭きとることが大切です。

 

取り外しが簡単な「胸用の汗とりパッド」で汗を吸いとる

胸の汗をすぐに拭くことが大事だといっても、なかなか人前で拭くことができないのが胸汗ですよね。その場合には、胸の谷間の汗を吸いとってくれる「胸用の汗とりパッド」を使うと良いでしょう。

 

胸パッドにはいくつかの種類があり、ハート型になっていて、薄着をしてもバレにくいものもあるようです。胸パッドが汗で濡れたら、取り外すことでニオイや蒸れを防ぐことができますね。

 

換えの胸パッドを常備しておけば、常に胸が清潔で、快適な状態を保つことができますよ。

 

腸内環境を改善して、ホルモンバランスを整える

胸の蒸れを防いで快適なバストになる方法は、腸内環境を整えることも有効です。腸内環境を整えると、体内の老廃物を排出することができるため、汗のニオイを軽減することができます。

 

また、体の中から健康になり、ホルモンバランスを整えれば、胸ニキビの予防にも役立ちます。

胸の周辺の汗は、ホルモンバランスも大きく関わっているので、やはり女性はホルモンバランスを整えることが大事なのですね。

 

冷却シートや保冷剤で胸まわりを冷やす

胸の蒸れを防ぐには、汗をかかないようにすることが最も簡単な方法ですよね。汗は体温調節のために出るのが基本的な役割ですから、体を冷やすことで汗が出にくくなります。

 

そのため、熱が出たときにおでこに貼る「冷却シート」を胸に貼るという方法もあるようですね。手軽にできて、即効性がありそうなので、良い対策になるかもしれません。しかも持続時間が長いのもポイントです。

 

また、タオルやハンカチで包んだ「保冷剤」を胸に入れる方法もあるようですが、これにはチョット注意が必要です。

 

胸まわりには「心臓」があるので、急激に冷やすのは負担がかかりすぎる場合があります。

たとえば、屋外の炎天下ですごく暑い時や、運動直後で体がほてっている時なら多少は良いかもしれませんが、それ以外では、むやみに「胸を」冷やし過ぎるのはオススメできません。ご注意くださいね。

 

首を冷やすと汗が出にくくなる

首まわりには血管が集まっているので、そこを冷やすと汗が出にくくなります。これは胸だけでなく、顔汗を防ぐ効果もあるので、メイク崩れを防ぐ方法としても役立ちますよ。

 

熱が出たときに、おでこを冷やす保冷剤でも良いですし、首用の保冷剤も売っているので、首に巻き付けておくと汗を防げるでしょう。熱中症対策にも効果がありますね。

 

風通しの良い服を選ぶ

胸が蒸れるのを防ぐ方法は、下着だけでなく、服の素材やデザインを工夫してみると良いでしょう。とくにオススメなのは、「風通しの良い服」です。

 

風通しの良い服とは、たとえば「素材が網目状になっているニット系」や「袖の部分が広く開いているドルマンスリーブ」、そして「胸元が広く開いた服」などのことです。

 

このような服を着れば、胸の風通しが良くなり、蒸れを防ぐことができますよ。胸元が広く開いた服なら、服に胸汗がつくこともなさそうですね。でも、開きすぎにはご注意を。

 

ベビーパウダーで谷間の汗を防ぐ

たくさん汗をかく時期は、蒸れだけでなく、あせもになったりすることがありますよね。

 

首や関節がある場所などは、あせもができやすいので、ベビーパウダーを使っている人もいるかもしれません。

このベビーパウダーは、肌にやさしく赤ちゃんにも使えるので、胸の谷間の汗を防ぐ方法としても効果的です。

 

ベビーパウダーをつけておけば、いつでもサラサラの胸をキープできますよ。制汗スプレーをつけるのも効果的ですが、肌への刺激が強いことを考えると、ベビーパウダーのほうがオススメです。

 

胸の蒸れを防ぐ対策で、さらさらバストへ

胸の蒸れが原因で、ニオイやかゆみが出てくるのは、不快な気分になりますよね。そんな胸の蒸れを防いで、快適なバストになる方法をご紹介しました。

汗が出るのを防ぐ対策や、汗をかいてもさらさらバストをキープする対策をご紹介したので、汗が多い季節に活用してみてくださいね。

いつでも快適なさらさらバストをキープして、気持ち良く過ごしましょう!