みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

家庭用脱毛器の選び方|脱毛効果や脱毛期間をサロンと比較

f:id:m-danjyo:20180607203734j:plain

家庭用脱毛器の選び方で脱毛効果が変わる

脱毛したいけど、数十万もお金をかけられないし、通う時間が取れない忙しい女性も多いのではないでしょうか?

 

そこで考えるのが、家庭用脱毛器ですよね。

でも、たくさん種類があって、どんなものを選べば良いのかわからない、本当に脱毛効果があるのか不安などの心配があることでしょう。

 

脱毛器といっても、じつは様々な種類があり、サロンと同じような脱毛効果があるものから、高性能の毛抜きのようなものまであります。

そこで今回は、家庭用脱毛器の選び方をご紹介します。

 

買ってしまえば、いつまでも使えるのがメリットですよね。ではまず、どのような種類の脱毛器があるのか見ていきましょう。

 

家庭用脱毛器とは

家庭用脱毛器には、色々な種類がありますが、基本的にサロンやクリニックのような脱毛効果があるのは、「光脱毛器」と「レーザー脱毛器」の2種類だと言って良いでしょう。それ以外は、脱毛器という名前がついていますが、一般的に言われるような脱毛効果がありません。

 

バルジ式脱毛器は例外ですが、現段階での購入には向いていないと言えるでしょう。では、それぞれの脱毛器について簡単に説明していきます。

 

光脱毛器

光脱毛器とは、脱毛サロンで使われている「光脱毛」と同じような効果が期待できる脱毛器です。ただし、照射出力が弱めなので、サロンとまったく同じ効果があるわけではありません。

 

家庭用脱毛器は、誰でも安全に使えないといけないからです。繰り返し使うことで、脱毛効果が高まっていきます。

次にご紹介する「レーザー脱毛器」に比べて痛みが少なく、広範囲を脱毛できるので、短時間で脱毛効果を得ることができるのがメリットです。

 

レーザー脱毛器

家庭用のレーザー脱毛器は、脱毛クリニックで使われている医療レーザーと、ほぼ同じ脱毛効果が期待できます。ただし、照射出力はかなり低めに設定しているので、クリニックでの脱毛と全く同じ効果というわけではありません。

 

それに、アメリカ製の製品なので、保証などの面で多少の不安は残ります。とはいえ、脱毛サロンの光脱毛で効果が感じられなかった人には、家庭用のレーザー脱毛器のほうが脱毛効果が高い場合も考えられます。

 

脱毛効果に関しては、光脱毛器よりも高いのですが、光脱毛器と比べて照射範囲が狭いので、全身脱毛をするには手間がかかり、そのぶん期間も長くかかることが予想されます。

 

バルジ式脱毛器

最近注目されている「バルジ式脱毛」ですが、家庭用脱毛器としては、あまりオススメできません。その理由は、2つあります。

 

1つは、脱毛器の価格がズバ抜けて高額なこと。そしてもう1つは、家庭用脱毛器としての脱毛効果の凡例が少ないため、よくわからないことです。

 

バルジ式脱毛とは、従来の脱毛のように「毛根」を破壊するのではなく、「バルジ領域」という場所を破壊して、毛が成長できなくするという脱毛のことで、レーザーのような痛みがないことがメリットです。

もしバルジ式脱毛を希望するなら、脱毛クリニックで施術を受けることをオススメします。

 

超音波脱毛器

超音波脱毛器とは、毛を1本ずつピンセットのような部品で挟んで、超音波を与える脱毛器のことです。つまり、「毛抜きで抜くよりも痛くない」というメリットがあるだけで、脱毛効果は毛抜きとほぼ変わらないと言えるでしょう。

 

高周波脱毛器

高周波脱毛器とは、超音波脱毛器のように、毛を1本ずつ挟んで高周波を与えるのですが、使い続けるほどに毛が細くなっていくメリットがあります。そのため、超音波脱毛器よりは脱毛効果が高いと言えるでしょう。

 

とはいえ、超音波脱毛器と同じように、基本的には毛抜きで抜くのとあまり変わらない効果なので、光脱毛器やレーザー脱毛器のような脱毛効果は期待できません。

 

サーミコン(熱線式)脱毛器

サーミコン式脱毛器とは、毛を熱で焼いてカットする脱毛器です。毛根にも多少のダメージを与えるため、毛が生えてくる周期は多少遅くすることができるようです。

 

とはいえ基本的には、電気シェーバーとあまり変わらない効果と言えるでしょう。メリットは、毛の断面を細くカットできるので、生えてきた時にチクチクしないことです。

 

家庭用脱毛器の脱毛効果はどれくらいある?

では、「光脱毛器」と「レーザー脱毛器」の脱毛効果についてご紹介していきます。

 

太い毛・産毛など、毛質によって脱毛効果が分かれる

家庭用のレーザー脱毛器の中には、太い毛には効果があるけど、産毛には高い効果が期待できない商品もあります。太い毛にも産毛にも、比較的平均的な脱毛効果が期待できるのは、光脱毛器のほうでしょう。

 

ただし、どちらかといえば、光脱毛器は太い毛への脱毛効果が低い場合も予想されます。あなたの毛質によって、選ぶ脱毛器を決めるようにしましょう。

 

ワキだけなど、太い毛の部分脱毛を希望しているなら、レーザー脱毛器のほうがオススメですが、レーザー脱毛器の金額によっては、サロンやクリニックで部分脱毛をしたほうが安い場合もあります。

 

出力が弱いので、サロンよりも脱毛効果が低い

家庭用脱毛器は、基本的にサロンやクリニックよりも照射出力が弱く設定されています。誰にでも使えることが目的なので、技術を持ったスタッフが脱毛するサロンよりも弱い出力なのは仕方のないことです。

 

照射出力が弱いということは、それだけ脱毛効果も低いので、脱毛回数が多くなったり、脱毛完了までの期間が長くなる場合もあります。

でも、脱毛頻度はサロンやクリニックよりも早く処理できるので、場合によっては家庭用脱毛器のほうが期間が短く脱毛完了できるケースもあります。

 

自己処理がほとんど不要になることも可能

家庭用脱毛器は、脱毛効果が低いといっても、自己処理がほとんど不要になるくらいまで、脱毛することも可能です。

適切な頻度で、正しく使うことができれば、家庭用脱毛器でも充分な脱毛効果が期待できるでしょう。

 

ただし毛質には個人差があるので、結果的に効果が感じられなかったという人も中にはいるようです。その場合は、選ぶ脱毛器の種類をしっかりと見極める必要があります。

 

永久脱毛はできない

家庭用脱毛器では、永久脱毛はできません。といっても、脱毛サロンの光脱毛も、永久脱毛はできませんよね。

永久脱毛が認められているのは、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛のみです。

 

とはいえ、これは永久に生えてこないという意味ではなく、「一定期間は脱毛効果が持続する」という意味です。

現在の脱毛方法の中では、「ニードル脱毛」がもっとも永久性が高いと言われていますが、痛みがハンパないので、かなり勇気が必要です。

 

また生えてくるので、使い続ける必要がある

家庭用脱毛器で永久脱毛はできないので、使い続ける必要があります。とはいえ、自己処理がかなり楽になりますし、一定期間は自己処理が不要なレベルまで脱毛することも可能です。

 

これは、脱毛サロンに通った場合でも同じことなので、あなたが優先する条件が、どちらの脱毛方法に合っているかが、選ぶポイントになるでしょう。

 

たとえば……

  • 数年間は完璧に脱毛したいから、お金がかかっても確実な方法が良い
  • この先ずっと使える家庭用脱毛器が欲しい

 

あなたが求めるのは、どちらの脱毛効果でしょうか?

 

家庭用脱毛器の選び方

では、家庭用脱毛器の選び方をご紹介しましょう。脱毛方法の違いによって金額がピンキリなのですが、種類を間違えると「期待していた脱毛器とは違った」ということにもなりかねないので、しっかりと前知識を持っておくことが大切です。

 

「脱毛器」と「除毛器」を間違えないように注意

家庭用脱毛器には、脱毛器という名前がついていても、実際には「除毛器」と呼ばれる種類のものもあります。

 

サロンやクリニックのような脱毛効果を期待するなら、「光脱毛器」か「レーザー脱毛器」を選ぶことが大切です。ここを間違えると失敗してしまうので、しっかりとチェックしましょう。

 

脱毛効果の違いをチェック

光脱毛器とレーザー脱毛器は、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらのほうが良いとは、一概には言えません。あなたが求める脱毛効果によって、選ぶのが良いでしょう。

 

◆脱毛範囲の広さが違う

光脱毛器は、広範囲の脱毛を短時間でできるので、全身脱毛をしたい人や、脱毛に時間をかけたくない人にオススメです。また、痛みに弱い人は、光脱毛器のほうが良いでしょう。

 

一方レーザー脱毛器は、一度に脱毛できるのは狭い範囲だけですが、光脱毛器よりも脱毛効果が高いのが特徴です。ただし、人によっては割と痛みを強く感じるので、痛みと脱毛効果のどちらを選ぶかもポイントになりそうです。

 

◆脱毛効果の強さが違う

光脱毛器よりも、レーザー脱毛器のほうが脱毛効果が高いので、家庭用脱毛器でもしっかりと効果が欲しい人は、レーザー脱毛器をオススメします。

 

ただし、VIOや顔の脱毛ができない機種もあるため、どこまで脱毛したいのかを決めてから、確認して選ぶようにしましょう。

 

本体価格だけでなく、カートリッジなどランニングコストも確認

家庭用脱毛器の金額は様々ですが、一般的には光脱毛器よりも、レーザー脱毛器のほうが安い場合が多いようです。目安としては、光脱毛器が5~10万円の間くらい。レーザー脱毛器は5万円前後です。

 

なぜレーザー脱毛器のほうが脱毛効果が高いのに安いのかは、おそらく使いやすさの違いでしょう。

光脱毛器のほうが、一度に広範囲の脱毛ができたり、使いやすいなどのメリットが多いからです。また、美肌効果の機能もついている脱毛器もあります。

 

さらに、本体価格が安くても、カートリッジの交換が高い機種もあります。ずっと使い続けるには、いずれカートリッジの交換が必要になりますが、このカートリッジの金額もバラバラです。

そのため、トータルでのコスパを確認してから購入しましょう。

 

それ以外の除毛器は、1~2万円で買えるものがあるので、安さだけで選ぶのではなく、しっかりと機能を確認して選ぶようにしましょう。

 

家庭用脱毛器とサロン、それぞれのメリットで比較

家庭用脱毛器の効果や選び方をご紹介しましたが、サロンとの違いをそれぞれのメリットで比較してみましょう。あなたは、どちらの脱毛が向いていますか?

 

脱毛サロンのメリット

まずは、脱毛サロンで脱毛をするメリットを見ていきましょう。ちなみに、脱毛サロンで全身脱毛をすると、総額で20~30万円くらいが相場です。

 

  • 寝ているだけで脱毛が完了する
  • 肌トラブルが起きても対応してくれる
  • 永久脱毛はできないけど、脱毛効果が高い

 

脱毛サロンで脱毛するメリットは、何といっても寝ているだけで施術が完了することです。セルフケアが面倒な人や、プロの技術によって、しっかりと脱毛して欲しい人は、脱毛サロンで脱毛することをオススメします。

 

また、肌トラブルが起きたときに、提携している皮膚科などで対応してくれるのもメリットですね。家庭用脱毛器で肌トラブルが起きても、自己責任になるので、その辺も検討材料に入れたほうが良いかもしれません。

 

さらに、脱毛サロンの光脱毛は、永久脱毛ではありません。その点に関しては、家庭用脱毛器と同じですね。永久脱毛がしたいなら、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛をする必要があります。

 

家庭用脱毛器のメリット

では、家庭用脱毛器で脱毛するメリットを見ていきましょう。家庭用脱毛器の場合は、広範囲を脱毛するほどコスパが良くなります。ワキだけなどの部分脱毛を希望する人は、サロンで脱毛したほうが安い場合もあります。

 

  • いつでも好きな時に脱毛できる
  • サロンに通う手間がかからない
  • 何度でも照射できる
  • 痛みが強ければ、照射の強度を調節できる
  • カートリッジ交換すれば、半永久的に使える

 

家庭用脱毛器のメリットは、通う手間と時間がかからないので、いつでも好きな時に脱毛できることが最大のメリットです。もし脱毛効果が得られない時も、何度でも照射できるので、その点ではお得かもしれませんね。

 

また、痛みが強ければ照射の強度を調節できるので、痛みに弱い人には良いかもしれません。ただし、照射が弱いほど脱毛効果も低いので、時間がかかったり、思ったような脱毛効果が得られない場合もあります。

 

家庭用脱毛器は、カートリッジの交換代がかかりますが、そのランニングコストさえ覚悟しておけば、半永久的に使えます。もちろん、壊れなければですが。

 

家庭用脱毛器での失敗例

家庭用脱毛器の購入を検討している人は、意外と高額な機械なので、やはり失敗はしたくないですよね。

そこで、家庭用脱毛器を購入した場合に考えられる失敗例をご紹介しておきます。

 

  • 充分な脱毛効果が得られず、結局サロンに通う
  • 背中など、手が届かない場所は脱毛できない
  • 自分で処理するのが面倒になった
  • カートリッジの交換に、意外とお金がかかる
  • レーザー脱毛器を買ったけど、光脱毛器のほうが良かった

 

家庭用脱毛器は、サロンやクリニックと同じ脱毛方法とはいえ、やはり脱毛効果では劣ります。そのため、人によっては家庭用脱毛器では効果が感じられない人もいるようです。結局サロンに通うことになったら、脱毛器を買った意味がなくなってしまうので、損したと感じてしまいますよね。

 

また、背中などの手が届かない場所は脱毛できないのもデメリットです。カートリッジの交換に意外とお金がかかって、高く感じる人もいるようです。

 

買う時に、光脱毛器かレーザー脱毛器か迷った挙句、レーザー脱毛器を買ったけど、使ってみたら光脱毛器のほうが良かったという場合も考えられます。

 

そして、一番もったいないのは、そもそも自分で処理するのが面倒になってしまう場合です。これは、事前にある程度予想がつくと思いますので、脱毛器を購入するなら、最後まであきらめずに使い続ける覚悟をしたほうが良いかもしれません。

 

家庭用脱毛器の脱毛期間はどれくらいかかる?

家庭用脱毛器は、脱毛頻度が2週間に1回くらいのペースなので、回数はサロンよりも多くなりますが、脱毛が完了するまでの期間としては、どれくらいかかるのでしょうか?

 

光脱毛器

脱毛サロンで光脱毛をした場合は、12~18回くらいの期間で脱毛が完了しますが、家庭用脱毛器の光脱毛の場合は、30回くらいは脱毛する必要がある場合がほとんどです。

 

でも、脱毛頻度を多くできるので、結果的に脱毛サロンよりも短くなる場合もあります。もちろん、毛質や毛量によって個人差があります。

 

お手入れが面倒になって、結果的には長い期間がかかったとしても、それなりの脱毛効果は期待できるので、サロンに通う時間がない人や、お金をかけたくない人にはオススメできます。

 

ただし金額に関しては、脱毛部位やカートリッジの金額がどれくらいかかるのかによって、脱毛サロンとあまり変わらない場合もあります。

 

レーザー脱毛器

光脱毛器よりも脱毛効果が高いので、レーザー脱毛器のほうが早く効果を実感できます。ただし、脱毛が完了するまでの期間となると、少し話が変わってきます。

 

レーザー脱毛器は、早く効果が実感できるものの、一度に広範囲の脱毛ができないため、脱毛が完了するまでの期間は長くかかるでしょう。

自分で脱毛器を使うのは、想像以上に面倒に感じることが多く、途中で断念してしまう人もいます。

 

そのため、家庭用脱毛器を使うなら、断然「光脱毛器」がオススメです。

 

マメで毛量が少ない人には家庭用脱毛器がオススメ!

家庭用脱毛器の選び方と、サロンとの比較をご紹介しました。毛質には個人差があるので、使ってみないとわからないのが正直なところです。

また、性格的に面倒になってしまう人は、家庭用脱毛器よりも、最初からサロンに通ったほうが失敗がないでしょう。キレイになりたいのは、すべての女性の願いですが、どちらを選ぶかは、あなた次第です。