みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

家庭用脱毛器で永久脱毛はできないの?脱毛器の効果と注意点

f:id:m-danjyo:20180608173918j:plain

家庭用脱毛器で永久脱毛はできるの?脱毛効果は?

ムダ毛に悩んでいる人は、何とかしてツルツル肌を目指したいですよね。

できれば、脱毛して一生毛が生えてこないようにしたいところですが、家庭用脱毛器でも永久脱毛はできるのでしょうか?

 

今回は、「家庭用脱毛器で永久脱毛はできるのか」、また「家庭用脱毛器の脱毛効果」についてご紹介していきます。

効果のある脱毛器を選んで、ツルツル肌を目指しましょう!

 

家庭用脱毛器で永久脱毛はできないの?

「脱毛はしたいけど、サロンやクリニックは高くて通えない」という人も多いですよね。そこで、家庭用脱毛器でも永久脱毛ができるのか、という疑問にお答えいたします。

 

永久脱毛とは?

永久脱毛というと、「一生、毛が生えてこなくなる」と考えてしまいますが、じつは違います。

永久脱毛とは、以下のような定義で決められています。

 

  • 脱毛の施術をした1ヶ月後に、毛の再生率が20%以下であること
  • 脱毛の施術を3回して、6ヶ月後に67%以上の毛が減っていること

 

この条件をクリアしていれば、「永久脱毛」と名乗って良いと言われています。しかし日本では、医療行為以外での永久脱毛が認められていないため、脱毛サロンでは永久脱毛はできません。

 

永久脱毛ができるのは医療機関だけ

永久脱毛ができるのは、医療機関だけに認められた「医療行為」になります。そのため、脱毛クリニックでの「医療レーザー脱毛」のみが、永久脱毛なのです。

 

このことからもわかるように、家庭用脱毛器では永久脱毛はできません。

 

脱毛サロンでの光脱毛では、永久脱毛はできませんし、家庭用のレーザー脱毛器でも永久脱毛はできません。

でも個人差があるので、光脱毛でも、ほとんど生えてこなくなる人もいます。こればかりは、脱毛してから何年も経ってみないとわかりません。

 

医療レーザー脱毛でも永久に生えないわけではない

医療レーザー脱毛は永久脱毛といっても、一生毛が生えてこなくなるわけではありません。ひと昔前のレーザー脱毛なら、2~3年で生えてくることが多かったそうですが、最新のレーザー脱毛なら、わりと長期間、脱毛効果が持続するそうです。(個人差があります)

 

「じゃぁ、永久脱毛は不可能なの?」と思いますが、じつは、医療レーザー脱毛よりも効果の高い脱毛方法があります。

 

1番永久性が高いのは「ニードル脱毛」

現在ある脱毛方法の中で、1番永久性が高いのは「ニードル脱毛」です。美容電気脱毛とも呼ばれています。「針」を毛穴に刺して、電気を通して毛根を破壊する脱毛方法です。

 

このニードル脱毛なら、かなり剛毛の人でも10年くらい脱毛効果が持続する可能性があります。中には、30年経っても生えてこない人もいるようです。

しかし、ニードル脱毛にはデメリットが多く、あまり希望する人がいないのが現状です。

 

ニードル脱毛のデメリット
  • 痛みが強すぎる
  • 施術に時間がかかる
  • 料金が高い
  • 全身脱毛には向いていない

 

ニードル脱毛の1番のデメリットは、痛みが強すぎることです。その痛さときたら、医療レーザー脱毛とは比べものになりません。また、1つ1つの毛穴に施術していくので、恐ろしく時間がかかります。

 

脱毛効果がズバ抜けているので、ワキだけの部分脱毛ならオススメですが、全身脱毛にはオススメできません。その理由は、料金が高いこと、デリケートな部分には痛すぎること、全身の施術には時間がかかり過ぎること、などです。

 

家庭用脱毛器の脱毛効果はどれくらい?

では、肝心の家庭用脱毛器の脱毛効果は、どれくらいあるのでしょうか?

 

生えてくるまでの期間が長くなる

家庭用脱毛器の脱毛効果は、次の毛が生えてくるまでの期間が長くなることです。

最初のうちは、数日で次の毛が生えてくるので、「なんだ、脱毛できないじゃん」と思うかもしれませんが、何度も繰り返すうちに、徐々に脱毛効果が実感できるようになります。

 

生えてくる毛が細くて少なくなる

家庭用脱毛器の脱毛効果は、生えてくる毛がだんだんと細くなり、そして少なくなっていくことです。

 

そのため、電気シェーバーでの自己処理と併用すれば、かなり毛が目立たなくなっていくことでしょう。30回くらい脱毛すると、ムダ毛処理が不要なレベルまで脱毛することも可能です。

でも、また生えてくるので、脱毛を続ける必要はあります。

 

また生えてきてもすぐに処理できる

家庭用脱毛器のメリットは、また生えてきても、すぐに処理できることです。永久脱毛はできないわけですから、いずれはまた生えてきます。それが数ヶ月なのか、1年なのかは人によりますが、いつでも処理できるのは嬉しいですね。

 

脱毛サロンやクリニックの場合は、また生えてきたら、再度高額な契約が必要になります。でも家庭用脱毛器なら、カートリッジさえ交換すれば、いつまでも脱毛できます。

 

半永久的に脱毛器が使える

家庭用脱毛器のメリットは、半永久的に脱毛器が使えることです。ただし、回数を多く使えば、カートリッジを交換する必要が出てきます。

 

このカートリッジが意外と高いのですが、これさえ交換すれば半永久的に使い続けることができるのがメリットですね。いつでも使えるのは安心です。お手入れをしっかりして、壊れないように使いましょう。

 

家庭用脱毛器には、どんな種類があるの?

では、家庭用脱毛器には、どのような種類があるのでしょうか? 効果の高い脱毛器は、どの種類なのでしょうか?

現在、売られている脱毛器の中で、サロンやクリニックのような脱毛効果が期待できるのは、2種類だけです。

 

それは、「光脱毛器・フラッシュ脱毛器」と、「レーザー脱毛器」です。

では、脱毛効果はどのように違うのか、特徴を見ていきましょう。

 

光脱毛器・フラッシュ脱毛器の特徴

光脱毛器・フラッシュ脱毛器の特徴は、広範囲の脱毛に向いていて、痛みが弱いことです。家庭用脱毛器で全身脱毛をしたい人や、産毛までしっかり脱毛したい人は、光脱毛器・フラッシュ脱毛器がオススメです。

 

  • 広範囲の脱毛に向いている
  • 痛みが弱い
  • 脱毛効果は弱め
  • 産毛の脱毛にも効果がある
  • サロンより全身脱毛が早いことも
  • 本体価格が高め

 

広範囲の脱毛が短時間でできるので、どちらかというと、レーザー脱毛器よりも使いやすいのがメリットです。でも、脱毛効果はレーザー脱毛器よりも弱めです。

そのぶん産毛まで処理できるので、あなたがどのような脱毛効果を求めるかによって、選ぶべき脱毛器が変わってきます。

 

レーザー脱毛器の特徴

レーザー脱毛器の特徴は、照射範囲が狭いですが、脱毛効果が早く実感できることです。痛みは強めですが、毛根を破壊するには多少の痛みが付き物です。

 

  • 照射範囲が狭い
  • 痛みが強い
  • 脱毛効果が早く実感できる
  • 太い毛の脱毛にも効果がある
  • 全身脱毛には時間がかかる
  • 本体価格は安め

 

レーザー脱毛器は、広範囲の脱毛にはあまり向いていないので、全身脱毛をするなら光脱毛器がオススメです。でも、ワキなどの太くて濃いムダ毛に悩んでいる人は、レーザー脱毛器のほうが効果が高いのでオススメです。

 

それ以外は除毛器なので本体価格が安い

脱毛器といっても、毛抜きや電気シェーバーと変わらない効果しかない脱毛器もあります。それは、除毛器といったほうが正しい商品です。

 

サーミコン式脱毛器は、毛を焼いてカットするので、カミソリとあまり変わりません。高周波脱毛器や超音波脱毛器は、痛みがなく毛抜きができる機械です。

本体価格が安いので惹かれますが、脱毛効果が欲しいなら、光脱毛器かレーザー脱毛器を買わないと後悔します。

 

家庭用脱毛器を購入する際の注意点

家庭用脱毛器の脱毛効果についてご紹介しましたが、購入する際の注意点はあるのでしょうか?

 

カートリッジの交換にお金がかかる

家庭用脱毛器を購入する際には、カートリッジの交換にお金がかかることも考慮して買いましょう。本体価格が安くても、カートリッジがいくらなのかをチェックして、後悔しないようにしてくださいね。

 

また金額だけでなく、何回くらいでカートリッジの交換が必要なのかも考えて、効果が高く、お得な脱毛器を選びましょう。

 

中古品はカートリッジが買えない場合がある

家庭用脱毛器は、意外と高いですよね。安くても5万円くらいで、高いものだと10万円以上のものもあります。

 

そうなると、中古品を買おうか検討する人もいると思いますが、脱毛器の中古はオススメできません。

その理由は、いくつかあります。

 

  • 肌に直接つける商品なので、衛生的に良くない
  • 新品を買わないと、カートリッジが買えない
  • 保証期間が過ぎている可能性が高い

 

などが考えられます。一番困るのは、カートリッジが買えない可能性があることです。カートリッジが買えないのでは、脱毛器を買う意味がありませんよね。

ちょっと高いので考えてしまいますが、家庭用脱毛器は新品を買うしかありません。

 

顔・VIO脱毛には使えない場合がある

家庭用脱毛器を買う際の注意点は、脱毛できない部位があるかどうかをチェックすることです。というのも、「顔」と「VIO」には使えない脱毛器がけっこうあるからです。

 

あなたが脱毛したい部位に使えないのでは、買う意味がありませんよね。これはしっかり確認してから購入しましょう。

 

肌トラブルの対処法を確認しておく

家庭用脱毛器で脱毛する場合は、肌トラブルが起きても自己責任です。機器についての保証はしてくれる場合が多いですが、肌トラブルに関しては保証してくれません。

 

そのため、脱毛に関する肌トラブルへの対処法を確認しておきましょう。場合によっては、自分で皮膚科に行くことも検討しなければいけないかもしれません。

 

脱毛後のケアと注意点|脱毛後の自己処理や控えるべき行動とは?

 

家庭用脱毛器でもツルツル肌をキープできる!

家庭用脱毛器では、永久脱毛ができないことが判明しましたね。でも、使い続けるほどに、脱毛効果が高まっていきます。それに、また生えてきても好きな時に脱毛を再開できるのはメリットですよね。

毛質や毛量によって個人差はありますが、家庭用脱毛器でもツルツル肌をキープすることは可能ですよ。