みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

朝の水洗顔っていいの?肌にうるおいを与える水洗顔のやり方

f:id:m-danjyo:20190207112704j:plain

肌にうるおいを与える水洗顔のメリットと正しいやり方

「水洗顔は、肌に良いって言うけれど、本当に肌がキレイになるのかな?」と思っていませんか? 話題の「水洗顔」をやってみたいけど、どのような効果があるのか良く分からない人も多いと思います。

 

実は、水洗顔は肌質によって向き不向きがあり、「肌のカサつきが改善された」という人もいれば、「ニキビが悪化した」という人もいます。

 

そこで今回は、水洗顔が合う肌質や水洗顔のメリット、正しいやり方などをご紹介します。自分の肌状態や肌質を見ながら、キレイな肌を目指して正しい水洗顔をしていきましょう!

 

 

 

水洗顔が向いている肌質とは?

水洗顔は、肌質によって向き不向きがあります。水洗顔が向いている肌質は、おもに「乾燥肌」や「敏感肌」の人。乾燥肌や敏感肌の人は、洗浄力の強い洗顔料を使うと肌の皮脂を取りすぎてしまうので、肌への刺激が強すぎるのです。そこで水洗顔をすれば、過度な洗浄を防ぎ、肌を守ることができます。

 

また、「インナードライ」で大人ニキビができやすい人も、水洗顔が向いていると言われています。インナードライは、肌が乾燥することで皮脂が過剰に分泌され、それが毛穴に詰まることで大人ニキビができやすくなります。つまり、乾燥が原因のニキビが、大人ニキビの正体なのです。

そこで水洗顔をすれば、適度な皮脂を残せるので、肌の乾燥を防ぎ、皮脂が過剰に分泌されるのを抑えることができます。

 

このような肌質の人には、朝だけ水洗顔がオススメ。ほとんどの人は毎日メイクをしているので、朝も夜も水洗顔というわけにはいきませんよね。昼間に蓄積した汚れやメイクなどは、しっかりとクレンジングや洗顔で落とす必要があります。

そのため、乾燥肌や敏感肌、インナードライの人は、朝だけ水洗顔の習慣にすることをオススメします。

 

水洗顔が向いていない肌質とは?

逆に、水洗顔が向いていない肌質とは、「脂性肌(オイリー肌)」の人です。脂性肌の人は皮脂の分泌が多いので、そのまま放置すると皮脂が酸化して肌トラブルを起こしやすくなります。そのため、しっかりと洗顔することで皮脂や汚れ、古い角質などを落とす必要があります。

 

また、思春期はホルモンバランスが不安定であることから、皮脂が過剰に分泌されてニキビができやすくなります。皮脂が原因でできるニキビ肌の人には、水洗顔は向いていないと言えるでしょう。

 

朝の水洗顔のメリットとは?

f:id:m-danjyo:20170521213316j:plain

では、朝だけ洗顔料を使わない「水洗顔」には、どのようなメリットがあるのでしょうか? 水洗顔で得られるメリットや効果についてご紹介していきます。

 

乾燥肌が改善される

乾燥肌の人は、肌の水分量が足りないことが原因だと思っているかもしれませんが、実は、皮脂量が少ないことが原因で乾燥肌になります。皮脂は、肌の表面に膜をつくることで肌を覆い、肌内部の水分が蒸発するのを防いでいるのです。

しかし、皮脂が足りなくなると肌をカバーすることができなくなり、肌内部の水分がどんどん失われてしまいます。

 

では、なぜ皮脂量が少なくなってしまうのでしょうか? その原因は、洗顔フォームによる皮脂の落とし過ぎや、加齢による皮脂分泌の減少などが考えられます。このような乾燥肌の人は、水洗顔によって適度な皮脂を残し、肌の乾燥を防ぐことでうるおい肌を取り戻せるでしょう。

 

適度に皮脂を残すことで、皮脂の過剰分泌を防ぐ

水洗顔は、肌の乾燥を防ぐとともに、皮脂の過剰分泌を防ぐこともできるのがメリットです。洗顔フォームに含まれる界面活性剤は洗浄力が強いため、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。すると肌は、うるおいを補うために過剰に皮脂を分泌し、肌のベタつきやニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

 

水洗顔は過剰な洗浄を防ぎ、適度に皮脂を残すことができるので、皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。その結果、肌のベタつきやニキビなどの肌トラブルを防ぐことができるのです。

 

肌の自然治癒力を高める

洗顔やクレンジングは肌に強い刺激を与え、角質層を傷つけてしまう恐れがあります。角質層が傷つくと肌のバリア機能が弱まり、肌の自然治癒力がなくなってしまいます。すると、刺激に弱い「敏感肌」になってしまうのです。

 

水洗顔は、肌への刺激が少ないので角質層を守り、バリア機能を回復させることができます。バリア機能が回復されれば、自然治癒力が高まり、健康な肌状態を取り戻すことができるのです。

 

肌にうるおいを与える「朝の水洗顔」のやり方

f:id:m-danjyo:20170522133037j:plain

では、正しい水洗顔のやり方をご紹介します。正しく行うことで適度に皮脂を残し、肌にうるおいを与えることができます。では、順番に従ってポイントを見ていきましょう。

 

手を清潔にする

水洗顔の前は、手を清潔にすることが大切です。水洗顔は洗顔フォームを使わないので、洗浄力や殺菌効果がほとんどありません。そのため、手に雑菌がついたまま洗顔をすると、さまざまな肌トラブルの原因になります。

 

できれば薬用のハンドソープを使って、しっかりと手や指先、爪の間などを洗っておきましょう。

 

ぬるま湯を洗面器に入れる

洗面器に、30~35℃前後のぬるま湯を入れます。水洗顔は、水といっても厳密には「ぬるま湯」で洗うのが正解です。熱いお湯で洗ってしまうと皮脂を落とし過ぎてしまい、逆に、冷たすぎると皮脂や汚れを落としきれなくなります。

熱すぎず冷たすぎず、人肌程度のぬるま湯がベストです。

 

肌をこすらず、やさしく皮脂を落とす

洗面器の水を両手ですくい、顔につけるイメージで20~30回くらい洗いましょう。肌をこすらずに、やさしく皮脂を落としていきます。

 

小鼻の横やおでこ、顎の部分などのべたつく場所は、指の腹で撫でるように皮脂を落としていきます。強くこすらないように注意してください。

 

清潔なタオルで顔の水分を吸い取る

洗顔後は、清潔なタオルで顔の水分を吸い取りましょう。ゴシゴシ拭くのではなく、軽く押さえるだけです。また、清潔なタオルを使うのもポイント。一度使ったタオルは雑菌が繁殖している可能性があるので、必ず洗濯した清潔なタオルを使うようにしましょう。

 

朝の水洗顔の注意点

水洗顔はいつもの洗顔方法とは違うので、スキンケアの方法や注意点も違います。では、朝の水洗顔の注意点を見ていきましょう。

 

乾燥が気になる場合は、保湿ケアをする

水洗顔をした後は、基本的に保湿などのスキンケアは不要です。洗顔フォームを使っていないので、肌に適度な皮脂が残り、水分が保たれている状態だからです。

 

ただし、加齢などによって皮脂の分泌量が減少していくので、どうしても乾燥が気になる場合は、化粧水や乳液などで保湿ケアをしましょう。

また、今まで使っていたスキンケア化粧品をいきなりやめると、肌荒れがひどくなってしまう場合もあるので、肌の様子をみながら保湿ケアをしていきましょう。

 

一定期間は継続しないと効果が感じられない

水洗顔は、一定期間は継続しないと効果が感じられないことが多いです。そのため、1~2ヶ月程度を目安に、朝の水洗顔を続けてみましょう。

肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」のサイクルは、約28日周期で行われます。そのため、最低でもターンオーバーが1回終わるまでは水洗顔を継続しなければ、目に見えた効果が実感できないことが多いです。

 

最初のうちは、スッキリ洗えないので不快感がありますが、この時期を乗り越えれば肌が正常な状態になり、肌本来の力を取り戻すことができるでしょう。

 

肌荒れが起きてしまったら皮膚科などに相談する

水洗顔を始めると、肌荒れが起きてしまうことがあります。乾燥肌や敏感肌の人でも、中には水洗顔が合わない場合もあります。もし、肌にかゆみや赤みなどが出てきたら、水洗顔を一旦やめてみましょう。

症状がひどい場合や、肌荒れが長く続く場合には、皮膚科などに相談してみることをオススメします。

 

肌状態を良くするためにやっている水洗顔で、余計に肌が荒れてしまったら元も子もありません。肌はとてもデリケートなので、少しでも肌に異変を感じたら水洗顔を中止しましょう。

 

肌質に合った洗顔でうるおいのある肌へ!

朝の水洗顔のやり方とメリットをご紹介しました。水洗顔が向いている肌質と、向いていない肌質についてもご紹介したので、それらを参考にして、水洗顔を取り入れるのかどうかを見極めていきましょう。

 

毎日自分のお肌と対話して、自分の肌状態をしっかりと熟知しておくことが大切ですよ。あなたの肌状態に合わせて洗顔し、うるおいのある肌を保っていきましょう!