みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

キャベツのバストアップ効果|ボロンの効果で胸を大きくする方法

f:id:m-danjyo:20171024151222j:plain

キャベツに含まれるボロンにバストアップ効果がある!?

胸を大きくしたい女性の強い味方になってくれる「キャベツ」。キャベツに含まれる「ボロン」という栄養素にバストアップ効果があると言われています。

 

キャベツは安くて、どこでも手に入る食材。カロリーも低いから、ダイエットしながらバストアップできるのは嬉しいですね。そこで今回は、キャベツのバストアップ効果についてご紹介します。キャベツに含まれる「ボロン」には、どのようなバストアップ効果があるのでしょうか?

 

キャベツに含まれる「ボロン」ってどんな栄養素?

キャベツに含まれる「ボロン」とは、ホウ素と呼ばれるミネラルの一種です。ボロンには女性ホルモンを活性化し、バストアップ効果のある「エストロゲン」の分泌を増やす効果があります。そのためバストアップに効果的なんです。

 

ボロンが含まれる食材は、キャベツの他にも「りんご」や「ナッツ類」、「はちみつ」などがあります。女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌を増やすことで、バストアップ以外にも「美肌効果」が期待できます。ボロンは、女性にとって嬉しい効果がたくさんあるんですね。

 

ボロンのバストアップ効果とは?

では、ボロンには具体的にどのようなバストアップ効果があるのでしょうか?

 

ボロンは「エストロゲン」の分泌を増やす

キャベツに含まれるボロンは、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌を増やす効果があります。エストロゲンは、女性らしい体をつくる効果があるため、バストアップに欠かせない「美のホルモン」です。

 

「乳腺」が発達し、バストの脂肪が増える

バストは、「乳腺」と「脂肪」でできています。キャベツに含まれるボロンによってエストロゲンの分泌が増えると、乳腺が発達することでバストアップ効果が期待できます。乳腺はバストに張りめぐらされていて、乳腺が発達することでその周りに脂肪がつきます。するとバストの脂肪が増えて、胸を大きくする効果が期待できるのです。

 

ボロン以外の栄養素による「キャベツのバストアップ効果」とは?

キャベツには、ボロン以外にもバストアップに効果のある栄養素が含まれています。では、キャベツのバストアップ効果について見ていきましょう。

 

ビタミンCでハリのあるバストをつくる

キャベツには「ビタミンC」が含まれています。ビタミンCは、美肌効果があることで有名な栄養素ですよね。ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートして、肌にハリと弾力を与えてくれます。そのためバストにもハリが出て、ツンと上向きのバストをつくるサポートをしてくれます。

 

ただし、ビタミンCは水に溶けやすい「水溶性ビタミン」のため、水で洗うだけでも流れてしまいます。キャベツに含まれるビタミンCを摂るためには、切る前にサっと洗って生で食べましょう。

 

食物繊維とカリウムで血流アップ

キャベツには、「食物繊維」が豊富に含まれています。食物繊維を摂ることで腸内環境が良くなり、便秘の解消に役立ちます。便秘が解消されると体内の老廃物が排出され、血流をアップする効果があります。

 

またキャベツには、デトックス効果の高い「カリウム」も含まれているため、体内の余計な水分や塩分を排出し、むくみを解消する効果があります。むくみが解消されることで血流がアップし、バストに必要な栄養が届きやすくなります。そのためバストアップ効果が期待できるのです。

 

ぽっこりお腹が解消され、バストの大きさが目立つ

食物繊維によって便秘が解消されると、ぽっこりお腹が解消される効果があります。ウエストが細くなると、アンダーとバストの差ができ、バストの大きさが目立つようになります。そのため、見た目のバストアップ効果が期待できます。

 

バストアップに効果的なキャベツの食べ方

では、バストアップのためには、どのようにキャベツを食べれば良いのでしょうか? バストアップに効果的なキャベツの食べ方についてご紹介します。

 

ボロンは加熱に弱いので「生」で食べる

キャベツに含まれるボロンは、加熱に弱いという性質があります。そのため、「生」のまま食べるようにしましょう。加熱すると、ボロンの量が減ってしまうと言われています。

 

バストアップのためには、ロールキャベツや野菜炒めではなく、サラダや塩キャベツなどで食べると良いでしょう。キャベツに含まれるビタミンCも加熱に弱いため、生で食べることでビタミンCもたっぷり摂取できます。

 

キャベツの摂取量目安は、1日200gまで

いくらバストアップのためとはいえ、キャベツをたくさん食べれば良いというわけではありません。ボロンの1日あたりの摂取量目安は、3mgだと言われています。キャベツ100gに含まれているボロンの量は1.45mgなので、キャベツの摂取量は、1日200gということになります。

 

キャベツだけでなく、バランスよく栄養を摂る

キャベツにはバストアップ効果がありますが、食事をキャベツだけにするのはNGです。バストアップのためには、バランスよく栄養を摂ることが大切です。栄養バランスが偏ると、ホルモンバランスが乱れてしまい、バストアップに逆効果になってしまいます。

そのため、キャベツだけ食べるのではなく、普段の食事にプラスしてキャベツを食べるようにしましょう。

 

キャベツには食物繊維が豊富に含まれているため、食事の最初に食べることで食べ過ぎを防ぐ効果があります。バストアップとダイエットが同時にできるのは、とっても魅力的ですよね。

 

キャベツと一緒に摂るとバストアップ効果のある食べ物

キャベツだけではなく、バランスよく栄養を摂ることがバストアップには必要です。では、キャベツと一緒に摂るとバストアップ効果のある食べ物には、何があるのでしょうか?

 

鶏肉や乳製品などの「タンパク質」

バストをはじめ、人間の体はタンパク質でできています。そのためタンパク質は必要不可欠な栄養素です。タンパク質の中でも、「鶏肉」や「乳製品」はバストアップ効果があると言われています。

 

キャベツと一緒に摂ることで栄養バランスが整い、ホルモンバランスを整えることができます。ただし、乳製品は比較的カロリーが高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

「大豆イソフラボン」が含まれる大豆製品

エストロゲンと似たような働きをする「大豆イソフラボン」は、バストアップ効果があることで有名な食材。大豆イソフラボンが含まれる食品は、豆乳や納豆、豆腐やきな粉などの大豆製品です。

 

キャベツとの相乗効果で女性ホルモンを活発にし、バストアップ効果を高めてくれます。ただし、大豆イソフラボンの摂り過ぎには注意しましょう。納豆なら1日1パック、豆乳なら200ml程度に抑えましょう。

 

キャベツの食べ過ぎはNG。ホルモンバランスが崩れることも

キャベツの1日あたりの摂取量目安は、約200gですが、食べ過ぎるとどうなるのでしょうか?

 

エストロゲンが増えすぎると、子宮ガンのリスクがある

キャベツに含まれる「ボロン」には、女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌を増やす効果がありますが、エストロゲンが増えすぎると、子宮ガンや乳ガンなど、女性特有の病気にかかるリスクが高まります。

 

キャベツを食べ過ぎると、必ずガンになるわけではありませんが、バストアップ効果が高いだけに、女性特有の病気には気をつけましょう。食べ過ぎないことが大切です。

 

ホルモンバランスが崩れ、生理痛がひどくなるかも

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」がありますが、キャベツを食べることでエストロゲンの分泌だけが増えると、ホルモンバランスが崩れる原因になります。ホルモンバランスが崩れると、生理痛がひどくなったり、生理周期に乱れが生じることも。

 

女性ホルモンの分泌は生理周期と関係していますが、エストロゲンの分泌が減る「生理前~生理中」にキャベツを食べると、PMSや生理痛がひどくなる可能性があります。

 

 

キャベツ以外の栄養も摂って胸を大きくする!

ボロンのバストアップ効果や、ボロン以外の栄養素によるキャベツのバストアップ効果についてご紹介しました。キャベツにはバストアップ効果がありますが、キャベツ以外の栄養もバランスよく摂ることが大切です。偏った食生活にならないように注意して、効果的にバストアップを目指しましょう!